2008年07月25日

パルデン・ギャツォ氏証言会、中国当局、隠遁場を破壊し宗教美術品を押収

4305d840.jpg昨日のポレポレ座におけるパルデン・ギャツォさんの証言会、狭い会場に目一杯の約100人ほどが集まってくださいました。

狭苦しい状態と、つたない通訳で申し訳有りませんでした。

しかし会場が狭い分、パルデンさんを間近に感じられ良かったかも?

パルデンさんも終始リラックスされた様子で話しを続けてくださいました。
しかし内容が内容なので、途中会場で聞かれている方の中には余りに凄惨な拷問の描写を聞き涙ぐまれておられる方も多かったようです。

パルデンさんも一度、

同房の衰弱し切った一人の仲間に水を請われた時、
「水は全くないので、これしかないと言って自分の唾液を何とか絞り出し、口移しに与えた」
それを飲み込んだ彼が
「(監獄を出て、もしも外国に逃れることができたら、この状況をみんなに)知らせる仕事をしてくれないか、、、」
と言ったあと息絶えた。
と、この話をされたとき思わず涙ぐまれた


これには私も涙をこらえるのが精いっぱいだったが、会場の多くの人たちが涙した。

77歳になるパルデンさん。
こうして無念の内に死んで行った多くの仲間のことを思い出しながら、チベットの惨状を世界に訴え続けることを自分の使命と心に強く決心していることが感じられました。

パルデンさんは日本の後すぐにまたアメリカに渡り、シカゴからウィスコンシーのマジソンまで行進されるそうです。おそらく200〜300キロはあるでしょう。
夏の炎天下を77歳の身体を持って歩かれることは大変な負担になるはずです。
無事に歩き通されることを祈ります。

昨日の夜皆で打ち上げで集まっていた時、携帯にパルデンさんからメールが入りました。
「今日は本当に気持ち良く話ができ私も嬉しかったです」
と。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


連帯委員会リリース 2008年7月24日
Y女史訳
http://www.stoptibetcrisis.net/pr240708.html


Authorities Destroy Retreat Centre and Confiscate Religious Artifacts:
<中国当局、隠遁場を破壊し宗教美術品を押収>

信頼できる情報筋によると、12年ほど前、中国のウタイ・シャン(五台山)で長年隠遁生活を送っていたツェジンと呼ばれるチベット人ヨギーが、後援者より10万元の寄付を受けて新しい隠遁小屋を10件ほど建て、ペマ・ゴンと名づけられていた。

これらの小屋は特に、隠遁生活を送っていて住みかの問題を抱えているような僧侶達の悩みを軽減するために、建てられていたものだった。

ツェジンはゴロ・ポンコル・メマ出身で、その慈善的な態度により、この仏教の聖地に巡礼に訪れたり隠遁生活を送りにくる僧侶達によって、大いに尊敬されていた。

しかし、チベットにおける平和的なデモの拡大に続いて、中国政府はウタイ・シャンで隠遁生活を送っていたチベット人僧侶達に、その場から立ち去るように、と命じた。
続いてツェジンも出身地に戻るよう強制された。

立ち去る前に、ツェジンは一人の中国人僧侶にペマ・ゴンを託したが、あいにくこの中国人僧侶も2008年7月19日に中国当局によって強制退去させられてしまった。

10体ほどの貴重な仏像や仏教の尊格を描いた10枚の絵画(タンカ)を含む、ペマ・ゴンのあらゆる財産は没収された。

その翌日には、療養所は跡形も無く完全に破壊されたという。




rftibet at 12:15│Comments(5)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 太田晋平   2008年07月25日 17:03
5 昨日は素晴らしいイベントをありがとうございました。
フライヤーを置かせていただくことだけが目的でお訪ねしたのですが、駄々をこねて入らせていただいてよかったです。
またギャツオ師のお話も素晴らしかったのですが、会場内に貼られた子どもたちの絵にも涙させられました。
東中野は近いので、またお邪魔させていただこうと思っております。
ありがとうございました。
2. Posted by カルマ   2008年07月25日 18:44
屋根の抜けた、ヨギもラマも、荒れ寺や洞窟に隠れ住んでいるだけで、犯罪者扱いなんだろうね。

ヨギやラマは、ともかく、修行僧にすら、中国政府の許可が無いと成れない制度は、もはや、理想的な、修行の場ではない。
住処を追われて、どんどん、逃げるしか手だてが無い。
ギャワ・リンポチェさま、そして支援者の皆様。
心中お察し申し上げます。
どうか、お気をつけて。
頑張ってください。
3. Posted by ツジイマン   2008年07月26日 00:26
証言内容を今読んで
僕も泣きそうです。

パルデンさんの行進の成功を
お祈りします。

こちらインドでは28日デリーで
大規模なハンストが行われるようです。

取り急ぎお知らせまで。
4. Posted by misaton   2008年07月26日 08:37
こんにちわ!
覚えていますか?
インドで会ったシタール弾きの伊藤公朗一家ですが・・
いちど信州の家まで遊びに来てくれました。

ケイはしばらく日本にいるのですか?
ポレポレ座に行きたいと思っているのですが、なかなか時間が取れません。
8月のイベント終わりくらいには行けるかなあ・・と思っているのですが・・
かっくんは日本の会社に就職したって聞きましたが、一緒にイベントをされているんですね。

わたしたちは、去年から富士山の麓に住んでいます。
もうすぐ引っ越す予定ですが。

忙しいとは思いますが、ご連絡いただけたら嬉しいです。
公朗も会いたがっています。

5. Posted by Y   2008年07月26日 10:29
講演会、大成功だったとのこと、よかったですね! 本当におめでとうございます。「チベットを知るための夏」企画の実現に奔走されていた皆様のご尽力に、心から感謝いたします。

さて、ダラムサラでは、パルデンさんと一緒にスペイン法廷で証言されたバクド師のインタビューがとれましたので、停電と闘いながら(笑)とりまとめたものを送信しました、ご確認ください。(パルデンさん講演会と、奇しくも同じタイミングになりました。)

私のURLでも掲載していますので、よかったらどうぞ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔