2009年03月27日

「チベ夏」よりニントップリンに寄付

26,3,09ニントップリン 1今回ダラムサラまで日本から一緒に来たM.KuuKuu(以下K)氏は三週間の滞在を終えられ今夜デリーに発たれました。
K氏は去年東京で一か月以上に渡り開催された「チベットを知る夏」イベントの実行委員長を駆って出てくれた友人です。
彼と他の実行委員、多くのボランティアの方々のおかげでイベントは大成功(自画自賛?)でした。

26.3.09 ニントップリンに寄付金を渡す昨日ニントップリン(勇気園)というダラムサラにある亡命チベット人のための「身体障害者施設」に行き、K氏はこのイベントの収益金の中から5万円を寄付されました。
「特に、子供たちの絵、図工、工作など材料費に使ってもらえればうれしい」と話されました。
関係者の皆様、ご了承ください。


26.3.09 ニントップリン3とにかくK氏は子供が好きなので、今回滞在中にもダラムサラのTCVには7回、ここから2時間かかるTCVゴパルプール・スクールに2回、ニントップリンに2回、TCVニマ・ロプタに一回と子供を追いかけておられました。




26.3.09 ニントップリン4本当は子供たちと一緒に絵や彫刻のワークショップを開きたかったようですが、時間が足りなかったようです。






26.3.09 ニントップリン5




rftibet at 17:07│Comments(3)TrackBack(0) ダラムサラ町の出来事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mao   2009年03月27日 21:40
5 クウさんも満腹充実のダラムサラ滞在になりましたね〜♪報告が楽しみです☆

寄付の件了解しました!帰宅したら早速コミュにアップ致しまーす。

2. Posted by トンバニ   2009年03月27日 23:24
mao様へ、お二人は一緒に、ちょうど先ほど夕方7時過ぎ、デリー行きの夜行列車に乗るためにパタンコットへタクシーでルンタレストランから出発されました。
3. Posted by miyuki   2009年03月28日 20:14
「チベットを知る夏」は本当によいイベントでした。また、その収益金を有効に使っていただいていることに東京から感謝します。M.KuuKuuの笑顔、本当に楽しそうですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔