2009年03月30日

カム、ダクゴ僧院僧侶が殴殺される

ダンゴの僧侶が撲殺される3月30日付、TCHRDのプレス・リリースより。

<一人のチベット僧侶が中国の公安により殴り殺される>
http://www.tchrd.org/press/2009/pr20090330.html

3月25日、ダクゴ(ダンゴ)僧院の27歳の僧侶プンツォックは公安に凄惨な方法で殴り殺された。

TCHRDに入った情報によれば、僧プンツォックは25日、7ページに及ぶリーフレットをダクゴ公安の派出所の壁、シャラ・タン・ド橋、その他道沿いのユーカリの木に張り出した。

彼のこの行動は去年チベット全土で起こった抵抗運動に関係し、特に3月25日ダクゴで行われたダクゴ僧院僧侶数百名による抗議デモを受けて行われたものだ。
去年の抗議の後、数百名の僧侶が逮捕され、拷問を受けた。この日に合わせた僧プンツォックの抗議はその時の拷問、投獄を糾弾するためのものでもあった。

リーフレットには「餓死しようではないか。去年の平和的デモの後逮捕され、拷問をうけ、傷つき、殺された我らの兄弟・姉妹に対する、敬意と喪と連帯を示すために耕作を放棄しよう。すでに作付けを終わった者たちは収穫を拒否しよう。これは皆さんへのお願いだ。もしも、それでも誰かが作付けや収穫を行うならば、私はその人を祝福するために黒いスカーフとともに現れるであろう」と書かれていた。

彼は車のサービスセンターの壁にリーフレットを張っているところを公安に見つかった。
バイクで丘の麓にあるバタック尼僧院の裏に逃げ込んだ。しかし、大勢の公安は彼をもうそれ以上バイクでは登れない崖の下に追い詰めた。
彼は捕まりその場で激しく棍棒で殴打され、間もなく死亡した。

公安はこの殺害を隠すために、彼の死体を崖の下に付き落とした。自殺に見せかけるためだ。次の日に崖の下で死体は発見された。三日後に地区のチベット人たちにより葬儀が行われた。
中国当局は彼は自殺したとあくまで主張しているが、地元のチベット人は誰も信じていない。死体には沢山の傷や殴られた跡があり、殴り殺されたのは間違いない、と情報提供者は話している。

ーーー

他のニュースとして、ダド村で「耕作拒否」を行ったとして、11人が新たに逮捕された。彼らは村の中を見せしめに引きまわされたという。








rftibet at 21:00│Comments(3)TrackBack(0) 内地よりの電話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カルマ・フォーチュン   2009年03月31日 10:56
最近、ラサの様子に失敗する変わりに、不思議な夢ばかり見る。

ポタラ宮殿の空に、虹が日輪にかかり、その周りを、チェンレシーの印を持ったカラスが舞っていたり、別の日は、廃墟となり捨てられた、お寺の境内で、小鳥が、近いうちにげいかが帰国すると、ユキヒョウの爺さんから聞いたと噂してたりとか、もう色々。

どうなんでしょうねぇ。
2. Posted by トンバニ   2009年03月31日 12:06
法王もよく、潅頂の前の夢占い?の時、夢の良し悪しを解説された後「それにしても、夢はただの夢だからあんまり気にしないように(気にしない方が良い)ハハハハハ、、」と言われてます。
問題は所謂「現実」を全くの「夢・嘘」と理解していないことでしょう。中国には特にこの病気が蔓延しているようです。
3. Posted by カルマ・フォーチュン   2009年04月01日 08:37
でしょうねぇ。それでも、私は、ナローパの禁止手でしか、動きようがないからね。

世俗にまみれた人は、情報がないから、逆に心配になるモンですよ。

ラサの逮捕者が、200人超えてたとしても、シガンチェでデモがあって80人以上の逮捕者が出たとしても、それは、結局、わたしの夢からの情報でしかないようにね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔