2009年03月31日

ウーセル女史の反論

8aa71aa9.bmpウーセル女史が北京版「チベットの歴史」を疑問視

<嘗てのチベット(1950年以前)を悪魔化するプロパガンダ>

以下はPhayul に発表された、Voice of Americaの Zhang Nan氏の記事の一部です。

http://phayul.com/news/article.aspx?id=24330&article=Tibetan+Writer+Questions+Beijing%e2%80%99s+Version+of+Tibetan+History

http://woeser.middle-way.net/
ウーセル女史は「嘗てのチベットは北京が描写するような<この世の地獄>では決してなかった」
「その頃はすべてのチベット人が、貴族も役人も仏教を信じていた。北京が誇張するほどひどい社会ではなかったはずだ」と話す。

<清朝時代に移入された拷問道具>

中国のオフィシャルな歴史ではチベットは昔、野蛮な封建農奴制下にあった、ということになっている。
北京で嘗て行われた「チベット展」でも、その必需品の一つは拷問道具であった。
檻、手枷、足枷、首枷、石それに目玉を刳り出すためのナイフ等だ。

ウーセル女史によれば、ラサには二つの小さな刑務所があったという。「20人ほどしか収容できない小さな刑務所だった。監視は至ってルーズで、受刑者は外に出かけて食を乞うこともできた。チベットの新年(ロサ)には受刑者もそれぞれの家庭に一時的に帰ることができた」という。

ウーセル女史によれば、もっとも残忍な拷問道具は清朝時代(1644〜1912年)に内地から皇帝特使によりチベットに持ち込まれたものだという。

<地獄に住む農奴たち>の時代に一度の抗議活動もなかった。

「チベットの歴史においては、この点中国と異なり、飢餓により人々が死んでいくというような大規模な飢饉も、農民が反乱するということも一度も無かった。
一方中国の歴史には有名な農民一揆が何度も起こっている。チベットでは圧政からくる暴動は一度もなかった。」

ウーセル女史は疑問を呈する。もしも嘗てのチベットが「この世の地獄」であり、改革されたチベットが「この世の天国」であるならば、なぜ、北京の支配下にあったこの50年間に、かくも多くの抗議と暴動が終わりなく続いたのか?
昨年、抗議活動は記録的数に登り、チベット全土で、知識人も学生も立ちあがる事態となった」

「最初は蘭州の北西民族学院の学生数百人だった。そして、次に北京の民族学院、青海、成都の民族学院が続いた。大学だけでは無かった、中学校や小学校でも抗議が行われた。

初め、彼らは座り込んだ。去年の確か3月16日だったと思うが、彼らはバナーを掲げ、「我々は人権を要求する」「我々は自由を欲する」「チベット人殺戮を止めよ」とスローガンを叫び始めた。
興味深いことは、彼らの多くは所謂「農奴」たちの子弟だということだ」

ウーセル女史はチベット人の抵抗の理由について語る時、先にラギャ僧院の一人の僧侶が尋問中に逃げだし、黄河に身を投げ自殺したことを引き合いに出した。
ウーセル女史は2007年にこのラギャ僧院の高僧にインタビューをしたことがあるという。

その高僧によれば、(1950年以前)僧院には2500人の僧侶がいた。1958年の蜂起の後多くは僧院を追いだされた。逮捕された者のうち800人はツァイダム盆地(アムド)の塩鉱山の強制労働所に送られた。そのうち生還できたのは僅かに100人だけだった。

高僧の弟も文革時代の<闘争(タムジン)>に耐えきれず黄河に身を投げて自殺したという。










rftibet at 13:35│Comments(0)TrackBack(0) その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔