2009年10月22日

続・4人処刑

penki引き続き、死刑にされた4人についてです。

亡命政府その他がこれまでに集めた情報を総合すると、
4人は:
ロプサン・ゲルツェン 27歳 ラサ出身
ロヤッ 25歳 ラサ、ソル地区タシガン出身
ペンキ 21歳 サキャ出身
4人目は依然姓名不詳


文革時、処刑されたチベット人 ウーセル女史のブログよりこの内ロプサンとロヤッは4月8日に執行猶予なしの死刑判決を受けていた、
詳しくは4月10日のブログの下の方
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2009-04.html?p=3#20090410

しかし、ペンキは2年執行猶予付きの死刑のはずだった!
詳しくは4月21日のブログ
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2009-04.html?p=2#20090421
その彼女がなぜ、今死刑に処せられたのか?

最初ペンキはニィモ出身といわれていたが、本当に同一人物なのか?
もう一人は「アバ出身のロプサン」との未確認情報もある。

RFAによれば、処刑され家族に遺体が引き渡され、妻が水葬したというロプサン・ゲルツェンには幼い子供が一人いたという。


22.10.09 4人の死刑執行に抗議するデモと集会以下の写真は今夜行われた、追悼と抗議のキャンドル・ライト・ビジルおよび集会。




















22.10.09 4人の死刑執行に抗議するデモと集会「追記」9-10-3の会長も青年会議の会長も今日は、「集まりが悪すぎる! チベットでみんなが命がけでデモを行い、死刑になったというのに、500人ぐらいしかいない。明日はTCVのイベントがあるが、それにはどれほどの人が見物に行くことだろう。」
と何時になく不満を漏らしていた。

デモに参加する外人は多く、今夜は台湾人も多いというので、今日は壇上に上がった台湾人が中国語で説明していたりした。
日本人の姿は全く見かけなかった。丁度日本からもわざわざTCVの記念日に出席するために来られてる団体さんもあるというのに、日本人は子供や法王から仏教を聞くことには少しは興味があるようだが、チベット問題にはあまり関心が高くないという、見本のようだと思った。
知らなかったということでしょう。
ティーチングといいデモといい、ここでは日本は参加人数においては最低の部類です。

22.10.09 4人の死刑執行に抗議するデモと集会3












22.10.09 4人の死刑執行に抗議するデモと集会4ルンタレストランの現と元料理人その他全員かつて政治犯として長期の刑を生き抜いた者たち。
無念の心露わだ。







22.10.09 4人の死刑執行に抗議するデモと集会5

rftibet at 22:10│Comments(0)TrackBack(0) 内地よりの電話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔