2010年05月09日

慰問金270万元(3716万円!?)、1200人に一時救済金400元

jyekundo現地は悪天候が続いているそうだ。
でも、火事になるとかで、テントの中で火を焚くことは禁止とか。
火が焚けるヤク・テントが懐かしかろう。

昨日の続き。

RFAを聞いてると、昨日、一昨日 ダラムサラの“玉樹地震慈善基金会”(ウーセルさんの中国語訳/私は最初“ユシュ地震慰安協会”と訳した)で聞いたような話しが出ていた。

昨日、「配給票・住民票」を持ってない人は救済金も食糧も貰えない、という話をした。
配給票のある者には一人当たり「450元」が支給されたと、昨日聞いたが、RFAに話していた人は「400元」と言ってた。
その上、これはキグド町の住民だけに限られ、周辺の村には今後も全く救済金は配られないという。

昨日協会で聞いた情報によれば、震源地から半径50km以内にあった村は、大概破壊され、家は残っているが危険で住めない、人々は自分たちのテントで寝起きし、蓄えのツァンパで生き延びている、という状況がほとんどだ。

キグドにいても、「配給票」を持っていない年寄りとか、「配給票」などガレキの下に埋まって見せることのできない人は貰えないという。

胡錦涛氏はキグドを訪問したとき、「地震で家族を失った遺族への見舞金として8000元(約11万円)、震災孤児や養ってくれる子供を亡くしたお年寄り、重い障害が残る負傷者に対し毎月1000元(約1万3500円)の給付を決めた。」ということはすでにお伝えした。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2010-04.html?p=2#20100418

これが支給されるとして予算はたったの6億円ほど。

救済金について、中国国際放送局は5月3日に以下のようなレポートを出している。

http://japanese.cri.cn/881/2010/05/03/144s158199.htm

<青海地震>救済金の支給、全面的にスタート2010-05-03 13:42:01

 青海地震被災地の被災統計作業がこのほど終了し、現在、救済金の支給が全面的に行われています。
 1日までに、青海地震による被災人口は22.3万人に達し、玉樹チベット族自治州総人口の6割以上を占めています。
 2日12時現在、民政省は地震で亡くなった人たちの慰問金270万元(約3716万円)、1200人余りの被災地住民に50日間の臨時手当、1.7万人余りの住民に連日0.5キロの食糧を支給しています。(翻訳:ooeieiチェック:丹羽)

-------------------------

「救済金の支給が全面的に行なわれています」の後に、慰問金270万元(3716万円!?)、、、を支給しています。
と言ってる。
まずこの270万元!?だが、胡錦涛氏の話はどうなったのか?もちろん増えたならいいのだが、その増え方が異常だ。

もしも、これが本当ならこの慰問金だけで予算818億円ということだ。
いくら募金が温泉のように湧いてくると言えども、この数字はおかしいのではないか?
四川地震の被害者はいくらもらったのか知らないが、これほど貰ったとは思えない。知れば怒るであろう。

もっともまだ誰かこんな大金を貰ったという人の話は伝わってこない。

「その次の1200人余りの、、、、臨時手当」というのが、キグドで最近配られたという400〜450元の事と思われる。
しかし、何でたったの1200人なのか? 50日後にはどうなるのか?

次、「1.7万人余りの住人に連日0.5キロの食糧を支給しています」
被災者は22.3万人と自分で言っておいて、その中のたった1.7万人にしか、それもたったの1日0.5キロしか与えてない。
そんなことを自慢話でもするように、平然と書いていることが信じられない。

他に、最近当局はもしも被災地のガレキを漁り泥棒するものは、その場で銃殺される、と発表したとか。

このことを伝えたチベット人は「中国の軍隊や救援隊は泥棒し放題で、家財や犬など盗んで行くのに、誰も罰せられない。それで、チベット人が泥棒したら、銃殺だという、、、」と不満をぶつけていた。

アムドやカムの至る所から被災地に寄付金や食料を届けようとトラックがキグドを目指すが、そのほとんどは追い返されているという。

周辺の村々を支えていた僧侶たちも追い出されたそうだ。

その他、子どもが中国に連れて行かれる話、キグドの町全体が移転される話などが出ていた。

遊牧民が強制的に住まわされた家は鉄筋が全く入っていないブロック・ハウスばかりだったという。
そしてテントを追われた多くのチベット人がブロックの下敷きとなり亡くなった。

政府は計算通り、というだけで済ますのか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<内部告発>

中国で有名な歴史家が、毛沢東を真っ向から批判する映像講義を行い、波紋を呼んでいる。

「日本は歴史教科書を歪曲しているが、中国ほどではない。中国の歴史教科書の記述内容に、真実は5%もなく、あとは完全な虚構」と主張した、そうだ。

http://www.chosunonline.com/news/20100508000036
http://www.youku.com/playlist_show/id_1807031.html



rftibet at 19:10│Comments(22)TrackBack(0)内地よりの電話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ドルマ   2010年05月10日 09:00
ダラムサラで集めたお金を被災地に運ぶ為に費やす費用は、寄付金の額を上回り、寄付金運搬の旅行費用に消えてしまいます。

それはそれとして、その寄付金は果たして一人当たり幾らになるのでしょうか。

寺の再建や僧侶の食費に消えてしまうのでしょう。
2. Posted by ツァンパカルポ   2010年05月10日 10:08
誰の試算なの?
3. Posted by ターラ菩薩   2010年05月10日 11:48
中国政府に集まった義援金の額を詮索して、分け前が少ないと言うのは、さもしいことです。
4. Posted by ターラ菩薩   2010年05月10日 11:56
インドで集めた寄付金は、インドルピーから闇アメリカドルに換えて、中国で再び人民元に換えなければなりません。

両替の都度、手数料で目減りします。

被災者が必要なのは、現金ではなく現物なのです。
5. Posted by ツァンパカルポ   2010年05月10日 14:39
で、その手数料そのほか諸経費が寄付金を上回るってのは、誰の試算なの?
そう結論した根拠は?
そして、現物を調達するのに現金以外にどんな手段があるの?
6. Posted by Gen   2010年05月10日 16:47
この歴史家は、

さらに政府が敏感に扱うチベット問題にも触れ、「チベットは中国建国以後、特定の独立状態を維持して来た。チベットは国旗も持っている」と国家であることを認め、「ダライ・ラマ14世は中国の侵攻に対抗した功績で、ノーベル平和賞を与えられた」と述べた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0509&f=national_0509_001.shtml
7. Posted by ターラ菩薩   2010年05月10日 17:01
ツァンパカルポ 様

若しかして、私への質問ですか?

1)その手数料そのほか諸経費が寄付金を上回るってのは、誰の試算なの?
そう結論した根拠は?
--------------------
★ インドでの寄付金総額や現地への送金経費ETCに関しては、中原様に質問してください。

2)現物を調達するのに現金以外にどんな手段があるの?
----------------
★ 現物を被災者に送るのか、現金を送るのかは、中原様は何も言っていません。

あなたは何故、現物を調達すると断定したのか、その根拠を明らかにしてください。
8. Posted by ターラ菩薩   2010年05月10日 17:08
Gen 様

舌足らずのあなたにはこれで充分なのでしょうか、searchichinaの記事は空虚な記事ですね。

取り敢えず反問します。

1) 「チベットは中国建国以後、特定の独立状態を維持して来た。チベットは国旗も持っている」と国家であることを認め、
----------------------
★ 「特定の独立状態」は何時のことか、そしてそれはどのような状態なのか、を説明して欲しいですね。

2) 「ダライ・ラマ14世は中国の侵攻に対抗した功績で、ノーベル平和賞を与えられた」と述べた。
---------------------
★ 幾らかの真実を言い当てていると思います。
9. Posted by ターラ菩薩   2010年05月10日 17:25
このような時に、
RFAが中国政府の被災者への援助や救援の実態を報道しないのが、不思議です。

反中国のデモなどと同じ様に詳しく報道すれば、インドや世界に散らばっているチベット人にとって、同胞や近親者の様子が解って歓迎されます。

しかしながら、そのような報道をしないのがRFAだと、これを機会に良く解りました。
10. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年05月10日 17:27
中日新聞の話しドマリですが、400元も見舞金すら貰ってないはずですよ一般のチベット系、漢族系、少数民族って。
(東京のひとは、東京新聞でしたね。同系列で、名古屋が本社、なんだって。)
かるま先生がその辺、詳しいと思うけど。

シラユキ先生も、噂のつぶやきへ参加してるようですね。
移動できるかたは、そちらを使うのがいいかもしれません。
移動先が荒れてたら、シャレになんないけどね。
僕は、英語が読めず、未だ登録に成功してません。
しくしく。
11. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年05月10日 17:41
あっそうそう。
いいわすれてたけど。
ひらがなは、やまともじ、カタカナは、カタカムナ文字ともいいます。
むやみやたら、ひとをののしったり、そしったり、ひはんしたりしないほうがええよ。
他人を不幸にしようとすればするほど、自分に災難や不幸を呼び込むことになりますよ。
12. Posted by トンバニ   2010年05月10日 18:05
RFAは現地の状況を中心に報道しています。
中国の援助の実体を、現地の人が証言するままに放送しています。
400元はちゃんと渡ったよと知らせてくれてます。
全く渡ってないんじゃないかと誤解するといけないから。

13. Posted by ツァンパカルポ   2010年05月11日 10:48
集めたお金を被災地に運ぶ為に費やす費用は、寄付金の額を上回り、寄付金運搬の旅行費用に消えてしまいます、ってあんた書いてる。
なんでそう断言できるのか理由を知りたかっただけなんだけど。
被災者が必要なのは、現金ではなく現物なのでしょ?
カネ金かね鐘ガタガタ言ってねえでモノでも配れっよって意味じゃないんかい?
普通のニッポンジンそう思ってしまうアルよ。
14. Posted by ターラ菩薩   2010年05月11日 12:26
トンバニ 様

救援金や食料配布は、中国の報道が事実だと解りますね。
15. Posted by ターラ菩薩   2010年05月11日 12:45
ツァンパカルポ 様

★ 現金支給の場合は、

- インドルピーと闇米ドル交換比率
- インドから玉樹までの往復交通宿泊費
- 闇米ドルから人民元への交換比率
- 現地での人民元配布に要する日数と宿泊費など

を、ご自分で調べてください。

インドで集まる寄付金が、

- その経費をどのくらい上回るのか(この上回り金額が被災者の手に渡る金額)
- 被災者一人当たり幾らになるのか
(仮に一万人にしておきましょう)

を、計算してください。

★ 現物配布の場合は、

物資をどこで調達するかによりますが、

中国国外で調達すれば、中国への梱包費や輸送費や、中国国内での現地までの輸送費や保管費が、寄付金から支払われます。

中国国内で調達しても、現地までの梱包費や輸送費が掛かります。

現物支給で最も困難なのは、現地での保管場所と配給方法たその人件費車両費などです。

現物支給の場合は、これら諸経費全てが寄付金から支出されます。

■ 現金であれ現物であれ、
被災者に漏れなく平等に支給する為の技術的(被災者確認、場所など)難問が残ります。

現地の僧侶に任せるのでしょうか?


★★ カネ金かね鐘ガタガタ言ってねえでモノでも配れっよって意味じゃないんかい?普通のニッポンジンそう思ってしまうアルよ。
--------------------
▼ あなたのような普通ではないニッポンジンの考えそうなことですね。
16. Posted by トンバニ   2010年05月11日 14:17
中国赤十字は四川地震の時、手数料を20%とったとして、後で非難されてますね。
今回は法律に従って3〜5%取ると言ってます。
これに対し、中国人弁護士は額が500億円とかそれ以上なら0%で当たり前だ、と言ってます。

亡命チベット人をなめちゃいけません。彼らの手数料は限りなく0にちかいでしょう。

中心人物たちはそんなケチな手数料を取らなければいけないほど心も経済的にも貧しくないのです。
金持ちが多いのです。
17. Posted by ターラ菩薩   2010年05月11日 14:42
トンバニ 様

私は、亡命政府が手数料を取るとは思っていませんし、書いてもしません。

手数料(両替)を取るのは、インドや香港の銀行や両替商のことです。

中国紅十字が手数料を寄付金から取ったというのは、運営経費が20%ぐらいだった、ということではないですか?

赤十字の寄付金収入が課税対象に成るのか成らないのか、私は日本の場合も含めて知りません。

日本では、所得税の寄付金控除は五千円です。ただし、法律で認定された団体(日本赤十字社など)の領収書が必要です。

パンチョンラマは、10万言寄付したそうです。

ダライラマが負けてはいけませんね。
18. Posted by ツァンパカルポ   2010年05月11日 16:45
ダラムサラで集めたお金を被災地に運ぶ為に費やす費用は、寄付金の額を上回り、寄付金運搬の旅行費用に消えてしまいます、と言い切ってしまえるほど根拠あると判断したあんたのデータが知りたいだけだったんスけど。
アンド、国際送金でなくて、闇チェンとか手で持って行くとかってオプションを使うのも、あ、手で持ってくのになんで香港の銀行や両替商が絡むの?
そういう一切合財、なんであんたがそこまで自信を持って断言してるのか、根拠はもちろんあるんでしょ?ないとは言わせない。

ランチョンラマ?空飛ぶモンティパイソン?


19. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年05月11日 17:15
先日は、大変失礼致しました。
400元は、配給されたんですね。
なって言ったっけ、配給券?みたいなものか、身分証明書みたいなものを、お持ちのカタだけでも。
何分、こちらは、地元の新聞頼みで、報道規制が厳しい話ドマリで、殆どなくなってしまったもので。
本当にすみません。
ただ、いつぞやの中日新聞の朝刊の記事は、2ちゃん掲示板やブログの封鎖や、書き込みの規制を始めてると書いてたよ。
万博がらみだと思うけど。
それに便乗して、非難や批判でもりあがるのは、芳しくないのだろうと、推察される。
後いつだったか忘れたけど、数行だけの、見落としそうな記事で、ブログで、どうのこうのという記事があったが、こっちの話のほうが詳しかったので、
助かってます。お仕事がんばってください。
20. Posted by ターラ菩薩   2010年05月11日 17:18
ツァンパカルポ 様

あなたは、日本から一歩も出たこともないので外貨両替の知識も、闇両替の経験もないのですね。

簡単なクイズ)
ダラムサラで集めるお金は、

- 人民元ですか?
- インドルピーですか?
- アメリカドルですか?

必要経費は、あなたが自分で調べてください
21. Posted by ターラ菩薩   2010年05月11日 17:24
ツァンパカルポ 様

簡単なクイズ)
中国の被災地で配るお金金は、

- 人民元ですか?
- インドルピーですか?
- アメリカドルですか?
- 日本円ですか?
- ユーロですか?
- 台湾ドルですか?
- パキスタンルピーですか?
- ベトナムドンですか?
- インドネシアルピーですか?
22. Posted by ツァンパカルポ   2010年05月12日 01:04
期待を裏切るようで申し訳ないのと自慢ぽくなるのが嫌なんだけど、ワタクシ、海外生活長いです。
でも闇チェンは犯罪だし、最近はカードっちゅうもんがあるからやんない。
つうか、ダラムサラで集めたお金を被災地に運ぶ為に費やす費用は、寄付金の額を上回り、寄付金運搬の旅行費用に消えてしまいます、って言い切るに至る根拠を具体的な数字で教えてほしいだけなのに。
こっちはこっちで調べるんで、あんたが調べた必要経費はいくらなんだと。
大橋巨泉じゃあないんだから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔