2010年06月10日

岩佐監督「チベットの少年」撮影隊の動向

岩佐監督チベット新作撮影中写真中央虹色の傘の下でチベット人にじゃれついているのが岩佐監督。
今回は2週間ほど前から撮影のためダラムサラまで来られている岩佐隊・同行写真を掲載する。
目的は監督の新作への期待を高めて頂くためだ。

まず今回のスタッフを紹介する。
左より、カメラマンの津村さん。通訳・コーディネーターのツェワン(彼はカナダ在住。東京のチベット・デモではいつも最高のコール先導役を務めるドルマさんのお兄さん)。
岩佐監督が寄りかかっている男は実はデブン僧院僧侶、名前はトゥプテン、最近内の家に居候している。機材運びの手伝いに連れて来た。
その右はルンタのアヤちゃん。この日アヤちゃんの部屋の屋上で撮影が行われたので、アヤちゃんが最近飼ってるウサギのベービー「うさ子」を連れて来たところ。
その右がうさ子に夢中の、今回の映画の主人公、オロくん。
右端にちょっと写ってるのは、内によく来るツェリン・ノルブ。今回の映画にもちょっとばかり出演してもらうことになった。
岩佐監督チベット新作撮影中オロとノルブとうさ子

岩佐寿弥監督は今年75歳になられる。
法王と同い年だ。
今までにチベット物を二作品制作されている。
ダライ・ラマ法王へのインタビューを含む「チベット2002〜ダラムサラより〜」
とネパールはポカラのチベット難民キャンプに住む一人のお婆さんを主人公にした「モモチェンガ」。
今回はチベット物、第三作目となる。
監督は本当に長年映像制作に関わってこられたので、チベットもの以外の作品は数え切れないほどあるであろう。

映画作りのコツをよく心得ておられるので、撮影は毎日スムーズに無駄なく行われている。
カメラマンの津村さんもまた、膨大な経験を積まれてきた方なので、効率よくいいシーンがどんどん記録されている。
二人の息がぴったりなので、周りは安心して、何も言うことがない。

そうではあるが、撮影というものは大変な仕事と思う。一日ぐらい休めばよ、と思ったりもするが、二人の日本人は毎日朝から晩まで働き続ける。
坂道ばかりのダラムサラでなんども息切らす監督だが、それでもいつもにこにこして楽しそうだ。
岩佐監督チベット新作撮影中新作の仮題は「チベットの少年」。
幼くしてヒマラヤを越えチベットから亡命した来た、一人の少年オロの物語。

詳しくはまだ秘密。

撮影は学校が休みの時にしかできない。
昨日までTCVは10日間の夏休みだった。
撮影は先の冬休みにも行われた。今回で二回目。さらに次の冬休みに必要ならば三回目の撮影を行い、作品は来年の夏には封切られる予定だ。

主人公のオロ(ニックネーム)はお調子者もので元気いっぱいの男の子。
でもまだ、子供なので時々ラーケギメ(コントロール不可能)になることもある。

岩佐監督チベット新作撮影中映画の中には良心の囚人ドゥンドゥップ・ワンチェン氏の妻ラモ・ツォをはじめ彼がインドに残した家族全員が登場する。

この日は水不足で家では洗濯できないというラモツォ・ファミリーの河原洗濯に付き合った。

ダラムサラの奥にはバグスナートと呼ばれるヒンドゥー教シバ派の古い寺のある観光地がある。
上流にちょっとした滝がある綺麗な谷と河原が広がる。
河原には大小様々な水たまりがあって、そこは子供たちの夏のプールとなる。

夏休みのこの辺の子供たちの楽しみの第一はここで泳ぐことなのだ。

私も子供が小さかったころよくここに来て子供を泳がせていたが、自分はその水の冷たさに耐え切れず、いつもすぐに上がっていた。
チベットの僧侶もよくここにきて泳いでいる。
チベット人が寒さに強いことはここでも証明されている。

岩佐監督チベット新作撮影中ドゥンドゥップ・ワンチェン氏の家族。
いつもはムスリというダラムサラから12時間ほど離れた学校にいて会えない長男も加わり、珍しく夫以外の家族全員が揃い、楽しそうなラモツォの家族。






岩佐監督チベット新作撮影中ドゥンドゥップ・ワンチェン氏と長女のダドゥン。

ダドゥンがまだ幼い。














岩佐監督チベット新作撮影中ラモ・ツォへのインタビューで最後に夫ドゥンドゥップ・ワンチェンの思い出など聞いてしまい、結局泣かせてしまった。


















岩佐監督チベット新作撮影中カメラの前に出ることを頑なに拒否していた、ドゥンドゥップ・ワンチェン氏の両親にも話を聞くことができた。

息子が逮捕されたと聞いたお母さんは間もなく心臓を患い倒れ、手術をした。
お父さんは不眠症が続いているという。

二人に囚われの息子さんのことを聞くのは本当につらいことだった。
お母さんは終始涙ぐんでいた。

岩佐監督チベット新作撮影中ラモ・ツォは二日前、インドの学生たちを前に話をした。
これはダラムサラのSFTが企画したものだ。
話の前にドゥンドゥップ・ワンチェンが撮影した「ジクデル/恐怖を乗り越えて」が上映された。

集まった学生はデリーの大学生ばかり。少人数ではあるが、熱心にノートを取りながら話を聞き、沢山質問もしていた。質問の内容を聞いても、かれらがチベット問題に相当詳しいことが分かった。

この日も最後にラモ・ツォは泣いてしまった。

岩佐監督チベット新作撮影中二女のラモ・ドルマはインド人の学生たちと一緒にお母さんの話を聞いていた。
お母さんが大粒の涙を浮かべながら話し続けるのを見て、ラモ・ドルマも顔を隠しながら泣いていた。














岩昨日は子供たちの夏休み最後の日ということで、少し遠出のピクニックを行った。
ノルブリンカの上の方にある泳げる河原を前にした松林に陣取った。

子供たちはすぐに水に入って大はしゃぎ。



岩姪のワンモは可愛い顔しているがビールの蓋を歯で開けることができる。









岩佐監督チベット新作撮影中この日はチベット人の歌を録音するという仕事もあった。

ワンモの友人である歌自慢のアムドの若い男女5,6人が参加した。






岩佐監督チベット新作撮影中日本のチベットの歌姫、ゆかさんも加わった。










岩佐監督チベット新作撮影中日長一日のんびり過ごした後、最後に撮ったこの日のグループ写真。




























rftibet at 20:00│Comments(13)TrackBack(0) ダラムサラ町の出来事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kuukuu99%   2010年06月11日 00:54
トンバニどん

ありがとう!
すばらしい写真だね!
この2週間の充実した時間が凝縮されているようだね!

惜しむらくは、この中に他ならぬワタクシメがいないことです。

彼らも寂しさがひとしおであったことでしょう!

秋には必ず行くだすよ!
2. Posted by リンポチョ   2010年06月11日 11:32
四月頃中国公安にしょっ引かれた自称作家のお兄さんは今月初めに無事釈放されたらしいが随分早い開放だと不思議に思うのは良くないことだ。

彼がインドに来られるように神仏に祈ろうではないか。
3. Posted by ウーツアン   2010年06月11日 11:42
ワンチェンは志願して鉄砲玉になったのだ。

たった六年の刑の見返りは充分にあるのだ。刑務所から出れば大幹部なのだ。

嫁さんは世界に名を売るチャンスが廻ってきた。子々孫々万万歳なのだ。

この先いつまでもダライラマ一人に世界中を営業に廻らせるのは無理なのだ。

ラモツオはこれから三十年はダライラマに代わって毎年世界を営業に廻って稼がねばならないのだ。
4. Posted by ツァンパカルポ   2010年06月11日 11:54
ドルマさんこんにちは!
最近、人のコメントに絡んでトンデモなく博識な知識から繰り出す珠玉の珍説をご披露していただいては、ヤバくなるとピンポンダッシュ的なノリでダンマリを決め込んでいただくことが少なくなったようにお見受けいたしますが、ご自分のバカみたいな偉大さにお気付きになられたんですかぁ?
ヤブリに来たとお書きになられたのに、ちっとも道場破りになってないですよ。
道場破られですか?
同情します。
5. Posted by リンポニョ   2010年06月11日 12:46
1949年の、
中華人民共和国成立後、チベットの歴史と実状に基づいて、チベット平和解放の方針をとってきた。

1951年
チベット地方政府の代表はチベット平和解放に調印した。

1954年、
ダライラマは第1期全国人民代表大会常務委員会の副委員長に当選し、パンチェンラマは常務委員に当選した。

1956年4月、
ダライラマは西蔵自治区準備委員会の主任委員に就任した。

1965年9月、
西蔵自治区が正式に成立した。
-------------------
★ 余は初代チベット自治区主席に成り損ねた。
6. Posted by ツァンパカルポ   2010年06月11日 14:00
ドルマさんこんにちは!
ちゃんとパンチェンって書けるじゃあないですか!
やればできる子なんですね!
7. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年06月11日 16:59
>1s
ダラムサラに行く予定があるんだ。
いいなぁ。
あ、僕は遠慮し説きます。
スタッフのおじゃまになるし、だんなに怒られるから。
47というう年齢もあるしね。
撮影が、何の障害も無く、順調に進む事を、こころから、チェンレシーにお祈り申し上げます。
8. Posted by チャン   2010年06月11日 17:19
ワンチェンの嫁さんは子供を連れて世界中を涙を流して廻るのだ。

涙の数だけお金が集まるのだ。

パンを売るより儲かる。
9. Posted by 宇宙犬   2010年06月11日 21:05
5 チベット人の子供たち、なにゆえこんなに、賢さに満ちた輝く顔をしているのでしょう。

コーディネーション本当に大変かと存じますが、ご尽力により一層素晴らしい作品となりますこと、今から楽しみにしております。
10. Posted by 毛沢山   2010年06月11日 21:22
ドルマ=ターラ菩薩=アパチャン=その他出鱈目=五毛党ご一行さま

毎度、目にする我々が赤面してしまうような低濃度のコメントありがとうございます。

最近のあなた(あなた方)のコメントの腰砕け・テイタラク振りは、仄聞するに、あまりにふがいないブログ荒らしのコメントに五毛党の上部組織が五毛の報酬を与えるのを停止したことで、三度の飯にも事欠くようになったからだというのは本当でしょうか?

権力内部の事とは言え、あなた方のレベルでは「やんぬるかな」致し方ないでしょうね。

五毛欲しさに頑張ってこられたのに、頼みの綱の同胞から兵糧攻めに遭うとはまことに辛いことですね。

でも、恨んではいけません。それもひとえにあなた方の勉強不足と鈍磨した感性のなせることなのです。

かくなる上は、しばし雌伏の時を得て捲土重来を期したらいかがでしょうか?

ホンマにあんたらのコメント面白くないっすよ。

出鱈目にも程があります。このブログの多くの読者が期待してるんですよ!がんばって下さい!


11. Posted by トンバニ   2010年06月11日 23:11
kuukuu様
今日は朝早くから監督以外のみんなでトリウンドを越えラカまで登ってきました。
津村さん、ツェワン、カルデンは今夜はトリウンド泊り。
今日の夕日と明日の朝日を撮るためです。
この前の嵐で山には雪があり、いい映像が撮れることでしょう。
明日の朝、帰るあっ子ちゃんと一緒に私は降りてきました。
津村さん63とは思えない位、元気に3400mまで登ったよ。
12. Posted by kuukuu99%   2010年06月12日 00:08
トリウンドからさらに先まで行ったんだね!
すごいね!津村カメラマン!

帰国後のラッシュ上映が楽しみです。

あっこちゃんからは涙、涙のメールが届いてます。行きたかったけど秋までおあずけです。

実りゆたかなロケだったと思います。

お疲れさまでした!!
13. Posted by ツァンパカルポ   2010年06月12日 20:47
ドルマさんこんばんわ!
やっとチャンさんのキャラが決まりつつあるようですね!
変な関西弁はアパさんですから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔