2010年07月10日

ワールドカップ、スペインチームのプーヨ選手はチベットサポーター

プジョル明日(明後日)、いよいよワールドカップ最終戦<スペイン対オランダ>が行なわれる。
日本時間だと明後日の夜中の3時半からだが、インドは日本より3時間半遅れているので、試合はちょうど明日の夜0時に始まることになるのだ。
3時間半遅れているおかげで、日本戦などもこれまでも楽な時間に見ることができた。

何で、サッカーの話などここでわざわざするのか?
友人にサッカー好きがいるということもあるが、、、、
昨日Voice of Americaをテレビで見てると、サッカーに関する実に興味深いニュースが流されたからだ。

写真を見てすぐ分かる人もいるだろうが、写真に写ってるのはスペインの選手カルロス・プーヨ(プジョル)だ。
彼が準決勝のドイツ戦で決勝点となるゴールをヘッドで決めたのだ。

その彼は何と大のチベット&ダライラマ・ファンだったのだ。

プーヨの刺青その証拠に左手にはチベット語の刺青が彫られている。
これを無理して読むに
「能力は心にある。力あるものは忍をなす」と。

話しによれば、彼は母親を数年前に亡くしそのときから鬱になったとか。
その時スペインにあるナムギャル僧院の院長ワンギェル師に出会い、教えを受けるようになった。

と写真にあるように、2007年法王がスペインを訪問されたときにも個人的に会っている。
それ以来、常に事あるごとにチベット人を擁護する発言を行なっているという。

この前決勝ゴールを決めた時にも<仏や法王に感謝した>と話していたそうだ。

だから、チベットファンのみなさんには、決勝戦を見るとき、このプーヨ選手に特に注目してほしい。


ドゥンドップ・ワンチェンもう一人、ワールドカップと言えばアムネスティー・チームのこの人のことも忘れないでほしい。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51450666.html

-------------------




次に急なお知らせ:

<バイクで世界を回るフリー・チベット活動家ラクパさんを囲む会&激励壮行会>

日本に到着したラクパさんの話は先日紹介したが、急に今日の夕方、東京で彼を囲む会が開かれるそうだ。
時間のある人は是非彼に会いに行ってほしい。

日時:2010年7月10日18:30〜20:30
場所:牛込箪笥地域センターB1「百合」(地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」直結)
参加自由・無料・カンパ歓迎(※目標\3200+お茶代)


どうも、東京では裏ルンタの藤田さんが彼の面倒をよくみて下さっているようだ。
動向は藤田さんのツイッターhttp://twitter.com/uralungtaを見るとよくわかる。

彼は結局自分のバイク(BMW1000ccではなく1200cc)は当分届かないと諦めたようだ。
だれかバイクを貸してやってくれ。
日本ならそんな大きなのでなくても、ゲンチャリでもいいんじゃないかな!?

----------------------------------------------------------------------------

2010年七夕、インド、ダラムサラ<ダラムサラの七夕>

最後は、本当にチベットとの関係は薄いが、載せたくて載せる写真。
(写真は大きくしないとはっきりしないかも)

先日、7月7日の七夕の夜は予想通り快晴で天の川もはっきり見え、天の川を隔てて輝く、 わし座 の1等星アルタイル(牽牛星)彦星と こと座 の1等星べガ(織女星)織姫もはっきり見えた。

というも、夜停電になったので、ふとベランダに出てみて、びっくり!
ものすごい星だった。
これはこれはと急いでカメラを取りだしたが、撮り始めると電気が来てしまった。
すると星の輝きも薄れてしまった。

とにかく、
写真の左下から右上にかけて天の川が確認できるだろうか?
それに沿って白鳥座の十字星が右下向きに見える。

白鳥座の上の方に明るく見えるのがこと座のベガ・織姫。
写真右側中央にある白い星がわし座のアルタイル・彦星。

一年に一度会えればいい方だよね、相手が監獄に入れられたら何年も会えなくなる。










rftibet at 12:40│Comments(13)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ドルマ   2010年07月10日 17:32
BMW1200ccは、新車で300万円近い。

重量250kg余りだ。お金持ちの乗り物だよ。

ヨーロッパやアメリカの高速道路を走るにはいいが、日本の狭い道路では、持て余す。

高速道路の白バイが使うバイクだぜ。

これで、チベット族にはお金がタンマリあることが解っただろう。

哀れむことなんかないさ。
2. Posted by 通りすがり   2010年07月11日 01:03
> ※1
何も知らないでそういうことを書くのは恥ずかしいことですよ。
3. Posted by アパチャンの友   2010年07月11日 01:50
ドルマ姉さん

つまり、姉さんの頭のなかもお金のことしかないんですね。

昔、まだ若き歴史学徒としてアジアの諸民族融和のために心血そそいで研究すると言っていた、あの頃の姉さんはどこに行ってしまったのですか?

研究の成果を権威ある学会に発表し、誰も無視できないアジア近代史の一書を上梓すると意気軒昂に語ってくれたドルマ姉さん。

いまでは、トンバニ氏のブログに土足で上がり込み、あまたの偽名を使い、盗人よろしくコメントを書き連ねているのみではないですか?

もう一度初心に帰って、再度学舎の門に入り、研鑽を積む生活をして欲しいと願うのは、同胞故の過剰な期待なのでしょうか?
4. Posted by kuukuu99%   2010年07月11日 02:11
おお、プジョルがそんなにチベットに共感を持っていたなんて知らなかったよ。

今回、マラドーナのオーラはともかくオランダ・スペインで決勝をと願っていた僕としては嬉しいニュースです。

ドイツ戦のプジョルのシュートはまさに渾身の一撃だったね、彼は90分間惜しみなく走り、危険を顧みず身を挺してゴールを守る。長髪を振り乱しての粉骨砕身振りはどこか崇高な雰囲気さえ持っている・・・。

「能力は心にある。力あるものは忍をなす」

腕の刺青のチベット語、泣かせますな。
あした未明の決勝は必ず見届けよう!

5. Posted by アパ   2010年07月11日 08:45
漢字の入れ墨も流行ってるぜ
6. Posted by アパ   2010年07月11日 08:50
ホンダCB1100は、たったの百万円だっちゃ

BMW1200もドイツなら、そんな値段なんだろにゃ

アッチでBMW売って、コッチでホンダを買えば輸送費がイラン

自転車ならモット安いぜ!
7. Posted by トンバニ   2010年07月11日 12:35
kuukuu殿、
今、三位決定戦の録画をテレビで見てるが、とにかく今日はテレビが度々勝手に切れる。で、よくわからないが、ドイツが買ったみたいだね。
今日(明日)の決勝戦、きっと明日の朝録画で見るだろうけど、楽しみだね。
プーヨは日本じゃプジョルと呼ばれてるのかな?
プジョルだと名前もチベット人みたいだね。

これで断然スペイン応援に回るチベットサポーターが増えるであろう。

8. Posted by アパチャンの友   2010年07月11日 23:49

 ちなみにアパチャンよ

かなり前から北中南米では意味もわからず漢字のTシャツを着たり、漢字の刺青を施した太い二の腕をこれみよがしに見せるやんちゃな若者がいたよ。

パラグァイだったと思うけど、印象的なふたりの若者が連れ立って歩いていた。

ひとりは腕に刺青で、草書体の「禅」、ひとりはTシャツの胸の部分に古印体のような書体の漢字で「中國」背中に縦書きで「沙上的樓閣」(砂上の楼閣)

「意味は知ってるの?」と尋ねたら、禅はZEN
だよ、Tシャツの文字の意味なんて知らないけど日本の字だよと答えてくれました

まあ、当時日本はまだ幻想のジャパン アズ ナンバーワンの時代、中国は天安門事件後の混乱の時代。まだまだ漢字=中国なんて誰も思わなかったんだろうね。

でも、だれが「中國 沙上的樓閣」なんて言葉を考えたのか不思議でならなかった。

いま考えるに、天安門事件で中国から脱出した若き知識人がそのTシャツを広めたのかも、あるいは、中国に詳しいアメリカ人が作ったものかも知れないね。

ある意味で、「沙上的樓閣」という文字は未来の中国を予見した言葉だったのかと思ったわけさ。

アパチャンよ、漢字の入れ墨も流行っている、なんて知ったかぶりをするならもう少し勉強して欲しいよ。

まあ、いずれ中国が世界経済を牛耳る時が来れば、漢字を日本の文字だなんて誰も言わなくなるだろうから安心しておくれ!パアチャン!!

9. Posted by アパ   2010年07月12日 09:06
「中國」「沙上的樓閣」は、繁体字なんやでぇ、しゃあけえ、広めたんは中華民国に決まってるやんけぇなのだア〜

中国は簡体字、日本はこんな漢字、ベトナムでは「チュノム」という漢字が、1945年まで使われていたんだったんだア
10. Posted by 宇宙犬   2010年07月12日 11:51
5 こちらのエントリ見逃しておりました…読んでいたら今朝起きてスペイン応援しましたのに…、、

ラクパさんにはもう一度会いたかったのですが、先約あり叶いませんでした。日本でも再会できたら嬉しいですが、それより、自由になった本土を颯爽とバイクで駆け抜ける姿を見る日が待ち遠しいですね。
11. Posted by トンバニ   2010年07月12日 12:47
私もいつか、生きている間に、自由になったチベットの草原を、思う存分バイクで走って見たいと思っています。
12. Posted by ドルマ   2010年07月14日 13:27
トンバニ 様

そのようなことはチベットの自然環境を破壊することになります。
13. Posted by アパチャンの友   2010年07月14日 21:26

 ドルマ姉さん

よくそんなこと恥ずかしげもなく言えますね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔