2010年07月28日

子供の絵/Old woman of lhasa /ヌブラの法王

映像系を三つ紹介する。

子供の絵まず、私が2008年春に集めた、ヒマラヤを越えダラムサラにたどり着いた子供たちが描いた絵を基に、YASOUMAN氏が制作して下さった絵本の改訂版。
「日本語、英語、音声入り」

http://web.me.com/kuuku/a6book/japanese_%28revision%29.html

この英語版100冊ほどをルンタ・レストランに置いていたが、瞬く間にはけた。

---------------------------------------------------------------

次はyoutube,「Old woman of lhasa 」
これを見ていて、私は自分が86年にラサに行った時のことを思い出した。

パルコルの途中で老婆に呼び止められ、自分の部屋にお茶を飲みに来なさい、と誘われた。
狭い部屋に入り、自分はダラムサラから来たと伝えると、突然涙をポロポロと流し始めた。
老婆の涙は止まることなく、自分の手を取り、チベットの状況を話し始めた。
最後に「自分はいつか再び法王にお会いできると信じることだけで生きている」と言った。

ツクラカン(ジョカン)では僧侶にお茶を誘われ、部屋で手紙を渡された。



--------------------------------------------------------------------

ヌブラの弥勒菩薩像最後は今回の法王ヌブラ訪問の映像。
地の果てに「愛」を象徴する高さ30mの「弥勒菩薩像」が建立された。

http://www.tibetonline.tv/videos/187/a-blessing-from-hh-the-dalai-lama:-nubra,-ladhak

関連記事は以下:
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27834&article=Dalai+Lama+consecrates+Matreiya+statue+at+Disket+monastery

この映像中、法王のおそばに控えておられる老僧は102代、現ガンデン・ティパ(ゲルク派の最高位の高僧)。
師はこのヌブラ出身だ。

選挙活動中のドクター中松ところで、この現ガンデン・ティパについては最近日本で善からぬことで話題になった。
先の参議院選挙にも立候補し、黄色いゲルク派の帽子をかぶって街頭演説し、もちろん落選したというドクター中松にチベット最高位の称号を与えたと噂された人物だ。

金で称号を与えたのではないかと噂され、チベット仏教の名を貶めたと見なされたりもしている。

で、真相はどうなのか?
情報源はまだ明かすことができないが、これに関し、ガンデン・ティパ本人が弁明したという情報が入っている。

それによると、ある人物を介し、確かにデリーで師はドクター中松に会っているが、
「帽子を与えたこともないし、金も受け取っていない」
ただ、「内容は日本語で自分が読めない書面にサインした」とのこと。
この書面が所謂、ガンデン・ティパから与えられたとする「称号の証明書」だったらしい。
もちろん、自分が読めない書面にサインしたことは師の落ち度と言えるかもしれないが、師の弁明を聞く限り、ドクター側がサギ行為を行ったとしか言いようがない。
何れ、この件に関しては、詳しい報告が近々公にされると思う。









rftibet at 13:00│Comments(7)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ドルマ   2010年07月28日 17:50
「帽子を与えたこともないし、金も受け取っていない」
ただ、「内容は日本語で自分が読めない書面にサインした」とのこと。
---------------------
★ 本人が直接受け取っていないだけで、代わりに誰かがお金を受け取り帽子を与えた、ということですね。

★ 書面が読めないし意味も解らないのに、意味を確認しないで署名したのは、いつものことで「ごっつあん」体質丸出しだと、自分で宣伝しているのに、気がつかない愚か者ですね。
2. Posted by 自由西藏   2010年07月29日 07:15
釈迦の生まれ変わりもチベットの坊さんのお墨付きが必要らしい
3. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年07月29日 14:36
中日新聞から、ラサ・チベットの情報、入らずです。
(手抜きとは言わないが、なるべく入れて欲しいものです。)

Dr・中松の一件やはりそうでしたか。
何か怪しいと思ったんだよねぇ。
かつてのいかがわしい、宗教団体も、ネパールの活物と似たような騒ぎをやってるからなぁ。
裁判沙汰になれば、困るのは、Drだろうと思うけど、向こうは、貧乏僧侶が、国際裁判の場に出てこれないと思っているから、そういうことが、できるんだろうねぇ。
これでは、何処かのお国の言う、「宗教ほどいかがわしいものはない。」と言われてしまう。
4. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年07月29日 14:57
オカルト雑誌、『ムー』で、83〜95年ごろまでの騒ぎをご存知でしょうか。
あれねぇ、名古屋市在住・女性しか分からない状態で、目的も騒ぎの発端も不明なんだなぁ。
共通しているのは、「夢」と「ダライ・ラマ」と「チベット」。
出現場所は、バチカン・ルルド、ペンタゴンからKGB本部まで、色々。(オカルト雑誌の話)
名乗り出なかったのは、騒ぎの方向が違う事と、ダラムサラが、何処にあるのか、分からなかったし、わかってたとしても、それ自体が、、活仏認定テストだと、知ってたから、辞退した。
・・・・・、で、オウム(現・アレフ)が宣伝で使ったのは、言うまでもない。
おそらく、そのときの、騒ぎを知ってて、Drは、リンポチェを利用したんだと思う。
丹羽哲郎もなんとかして、僕と連絡とろうとしてと様だしね。
(亡くなる直前、05年2月突然、瀬戸市中水野町と定光寺を取材旅行している。)
5. Posted by ドルマ   2010年07月29日 15:47
これですね。
http://dailycult.blogspot.com/2010/07/blog-post_03.html

オウム真理教が選挙に出たときとそっくりですね。
6. Posted by 岳要   2010年07月30日 12:56
ドルマさん

全容、全景を観ましょうよ。

大局的に歴史を見れば・・・


1951年5月 中共・チベット17ヶ条協定
http://goo.gl/Ldpu

とソックリです。

中共の手先、ドクター中松氏。

という真相でしょう。
7. Posted by ポールスミス リバーシブルジャケット   2014年08月22日 19:30
http://airticket.no/sale/paulsmith-zh-1506.htmlポールスミス 定期入れ
ポールスミス リバーシブルジャケット http://airticket.no/sale/paulsmith-zh-283.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔