2010年08月14日

ダライ・ラマ法王のモンラム(祈祷会)、「世界の被災地に向けて」

14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlamドゥ(ク)チュ(舟曲)やレーの犠牲者の数は増えるばかり、、、

今日は朝8時より、ダラムサラのツクラカンでダライ・ラマ法王を導師とし、ギャワ・カルマパも参加され、モンラム(祈祷会)が行われた。

モンラムの対象は始め「ラダックとドゥクチュの土石流災害の犠牲者と被災者」であった。
しかし、法王は法会の最中、短く:

14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam「パキスタンやロシア、南アメリカなど温暖化による異常気象のせいで世界中で災害が発生し、多くの人々が亡くなっている。これらすべての犠牲者と被災者のために祈ろう」

「我々の心からの祈りと同情は、どこで起こった災害の犠牲者に対しても同等のものでなければならない」

とおっしゃった。

法王はレーの鉄砲水災害についてはデリーからダラムサラに向かわれる途中のアムリツァールで「レーで起こったことは大変悲しいことだ。これは自然災害だ。
我々にできることは犠牲者のために祈り、残された家族の人たちを慰め、被災者が立ち直るために募金などを行うことだ」
と語られた。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27956&article=His+Holiness+saddened+by+cloudburst+tragedy+in+Ladakh

14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam法王庁のホームページに今日のモンラムに関する声明も発表されている。
http://www.dalailama.com/news/post/570-his-holiness-the-dalai-lama-prays-for-the-loss-of-lives-in-the-floods

この中で法王は「専門家によれば、これらの前例を見ない洪水やロシアの大火災は、未曾有な地球温暖化その他の環境破壊に起因する、より深い病の症状の現れであるという。
従って、みんなが共有する壊れやすい環境を守る方法を考えるために、国際社会の協調的努力が必要とされる」

とコメントされている。

実際、世界中で相次ぐ今年の水害、熱害のニュースを聞いていると、誰しも、「いよいよ終りが始まりそうだな、、、」との嫌な予感を感じることであろう。

もちろんすべてを温暖化のせいにする訳ではない、中国などの場合には人災の側面も大いにあると思う。

だが、根本要因は温暖化と言えよう。科学者たちは温暖化による洪水と干ばつの多発を兼ねてより指摘し続けている。
温暖化ー>ジェット気流の異常蛇行ー>洪水、熱火災、異常寒波と言うわけだ。

14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam今、ちょうど四川テレビで四川省の水害について報じられている。
洪水地帯はさらに広がり、四川省のチベット側は至る所で相当の水害被害を被っているようだ。犠牲者も益々増加している。
先の四川大地震で被害に遭った地域を中心に大雨が降っているようだ。

チベットに向かう幹線道路も至る所で寸断されている。

この長江(揚子江)上流の大水はこれから三峡ダムに向かう。
大丈夫かな?と心配になる。

中国のテレビでは災害(というより救助活動)の報道もされているが、恒例の募金大会の様子も盛んに映されるようになった。
「中国政府は災害に充てる予算が不足している」なんて言ってるようだが、どういう意味なのか私にはよくわからない。

中国でも追悼活動が始まったというニュース:
「北京共同」http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081401000315.html


14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam以下、今日のダライ・ラマ法王、その他の写真。





















14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam後記:前回のコメントでもお知らせしたが、

ラダックの洪水に関する募金:

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所も募金活動を始められている。
http://bit.ly/bwK0QN

こちらもよろしく。












14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlamウーセルさんのブログにドゥクチュ(舟曲)のチベット人たちの民族衣装などの写真が沢山掲載されている。

http://woeser.middle-way.net/2010/08/blog-post_13.html





14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam












14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam













14.8.2010 Dharamsala Thuklhakan Monlam

rftibet at 17:00│Comments(3)TrackBack(0) ダライラマ法王関連 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年08月18日 00:00
げい下の御写真とても癒されますが、なんか、悲しそうですね。
悲しいです。

災害にあわれた方々に、チェンレシーの御加護がありますように、心から、お祈り申し上げます。

あっそうそう、全然関係ないけど、名古屋、ひょっとしたら、市長選挙になるかもです。
なんでも、減税案が、市議さん達ともめて、議案が、公約道理通らなかったもんだで、公民党を離脱して、新党・減税党をたてて、立候補するらしいです。
意味は、ともかく、中国じゃこんなことやれは、逮捕されるね。
なんせ、与党を抜けて、野党で、出馬になるから。
てか、野党なんて在るの?
2. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年08月18日 08:56
訂正・民主党

間違いだったわ。すまんすまん。
このようすだとなぁ、名古屋市長が考えた新党の名前もまちがえてそうだなモ。
でもまぁ、民主党を抜けてナ、市民税1パーセント減税を看板にしてたんは確かだャなも。
しかし、この公約も、上手くいかんもんでんなぁ。
皆が幸せになれる方法、なんかええ案、無いんかいなぁ。
3. Posted by 佐奈   2010年08月26日 20:17
この記事が載せられたその日の夜、すごく落ち込んでいたので、祈る写真にすごく助かりました。ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔