2010年10月08日

デブン僧院僧侶2人に無期と20年の刑

5358c677.jpg写真左:無期懲役を受けたジャンペル・ワンチュック.©TCHRD

以下、TCHRD(チベット人権民主センター)10月7日付けリリース。
http://www.tchrd.org/press/2010/pr20101007.html

-------------------------------------------

<デブン僧院僧侶に重刑>

TCHRDが入手した確かな情報によれば、ラサ中級人民法院は今年6月、2008年3月の活動を理由にデブン僧院の僧侶2人に重い刑を言い渡した。
僧ジャンペル・ワンチュックと僧クンチョック・ニマにそれぞれ無期及び20年の懲役刑が下された。

2008年3月10日、約350人のデブン僧院僧侶はラサに向かって抗議の行進を始めた。
警官隊は彼らの行進を阻止した。僧侶たちはその場でハンガーストライキに入った。その後、幾人かの僧侶は拘束され、他の僧侶たちは僧院に引き返した。
警官はアムドやカム出身の僧侶たちをそれぞれの出身地に送り返した。

2008年4月11日、ジャンペル・ワンチュックとクンチョック・ニマはデブン僧院内で逮捕されその後、2人に関する情報は最近まで全く伝えられていなかった。
2010年の6月頃、ラサ中級人民法院はジャンペル・ワンチュックに無期懲役、クンチョック・ニマに20年の懲役刑を言い渡した。
彼らの刑期は明らかにされたが、依然2人がどの刑務所に収監されているかは不明のままである。

ジャンペル・ワンチュック、俗名ツェペル51歳は、ペンボ・ルンドゥップ地区ツォトゥ村の出身。
1982年に僧侶となり、教典を完全に習得していた。逮捕された時彼は僧院の戒律師であった。
クンチョック・ニマ41歳はカム、ゾゲ県ザリ村出身。

2008年の春、多数のデブン僧院の僧侶たちが逮捕され、その内約40名に様々な刑期が言い渡された。
その内、ガワン・チョンキ、ガワン・セルト及びギャッパ(でぶっちょ)と渾名されていた料理人の行方は不明のままだ。
僧ギェルポは2009年中に監獄での拷問により死亡した。

デブン僧院は今も当局の厳しい監視下におかれている。
チベット自治区政府、自治区国家人民議会、人民政治顧問会議の次官級の役人に率先される60人からなる活動チームが行う、政治と法律のクラスに、僧侶たちは毎日出席しなければならない。
さらに、僧院には武装警官隊が消防隊の口実で常駐している。





rftibet at 17:30│Comments(4)TrackBack(0) チベット内地情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ドルマ   2010年10月08日 17:59
知っていて無駄な知識は無いし、無駄な経験もないのです。
2. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年10月08日 23:37
とにかく、多いんだよ。
政治犯。
やっぱし、中国は、一党独裁国家だね。

新党設立するだけで、政治犯だもの。
誰も何も、言えないし、知る権利すらない。

今日の7時のニュースでも、とりあげてたから。
ノーベル平和賞受賞。
とどうじに、海外の衛星放送が、真っ黒になって、見れなくなったと、伝えていた。

さっき、ヤフーのニュースサイトみてきたけど。
反応は、当然だねって感じだね。

なんかもう、劉さんを牢獄から釈放しろと、報じている海外メディアもあるようだ。

彼の思いが、中国の未来をかえ、しんしに皆が、真実を知る権利と自由を、手にできる国になりますように。
心から、チェンレシーにお祈り申し上げます。
3. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年10月08日 23:58
こんなことを、中国で、言い出したらとんでもないことになる案を、名古屋市長はやろうとしている。

今日の名古屋市長は、愛知県知事に、苦言を言った。
「10%減税は、市民の声だ。とうぜんの権利だ。」
って。
市議会解散に必用な、署名を42万人ぶん、選挙管理委員会に提出してから、なんかもめてる。

市長さん、どうやら、共産党も離脱確定みたいだし、どうなるのか、政治じみた話抜きに、面白いね。

市議会議員さんは、市長さんの案が通ると、月給減らされるから、反対みたい。
どうなるのかな。
4. Posted by ドルマ   2010年10月09日 16:35
地方自治体の無駄を無くす為には、その財源(住民税)を減らすのが最も効果があります。

「お金が無い」と言えば「仕方無い」で皆が納得します。

議員定数も、議員歳費も、領収書の要らない政務調査費も減らすことができます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔