2010年12月22日

デブン僧院の受難・高僧に無期懲役

無期懲役を受けたジャンペル・ワンチュックTCHRD<いかなる政治的活動記録もないデブン僧院の指導的学僧に無期等の長期刑>

今回紹介するレポートの一部はすでに以下の過去ブログで報告済みであるが、
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51510375.html
昨日ICT(International Campaign for Tibet)が詳しい関係レポートを発表しhttp://www.savetibet.org/media-center/ict-news-reports/senior-drepung-monk-scholars-“-no-political-record”-sentenced-life-long-sentences-crackdow
これを受けAP(北京)も記事を書いているので
http://asiancorrespondent.com/44168/rights-group-concerned-over-fate-of-tibetan-monks/
主にICTのレポートを使い再び報告する。

----------------------------------------------------------------

クンチョック・ニマ2008年3月、ラサで始まった、中国政府の政策に抗議するチベット人の蜂起活動は一気にチベット全土に広がった。

3月10日、この一斉蜂起の口火を切ったのはデブン僧院の数百人の僧侶たちであった。
この時にも多くの僧侶が逮捕されたが、当局は4月中に何度もデブン、セラ、ガンデンのラサ三大僧院を襲い、多くの僧侶を拘束した。
デブン僧院からだけでも約600名の僧侶が拘束されたという。
その多くはその後ラサから遠く離れた青海省のゴルムドに列車で送られ、軍刑務所に収監された。
当局は後に「彼らは教育のために」送られたのだとコメントした。

4月11日、デブン僧院から多くの高僧たちが引きずり出され、連れて行かれた。
彼らはデモに参加しておらず、政治的活動に直接関わっていた人たちではなかった。
その中、デブン・ロセリン学堂འབྲས་སྤུངས་བློ་གསལ་གླིང་དགོན་པの戒律師དགེ་སྐོས་であったジャンペル・ワンチュック師འཇམ་དཔལ་དབང་ཕྱུག་(55)には今年の6月、無期懲役の判決が下された。

同じ日、ゴマン学堂འབྲས་སྤུངས་སྒོ་མང་གྲྭ་ཚང་の教師དཔེ་ཁྲིད་དགེ་རྒན་クンチョック・ニマ師དཀོན་མཆོག་ཉི་མ་(43)に懲役20年、
ガクパ学堂སྔགས་པ་གྲྭ་ཚང་の教師ガワン・チュニ師ངག་དབང་ཆོས་ཉིད་(38)には懲役15年が言い渡された。


彼らはデブン僧院内だけでなく、ラサのチベット人たちからも尊敬を集める有名な学僧たちであったという。
彼らの消息は途絶えたままであり、ラサの市民たちは彼らの安否について心配している。
あるラサの人は「当局はこのデモを利用して政治的ではない有力なデブンの僧侶たちを逮捕し、デブン僧院の力をそぐつもりなのだ。3人が今どうされているのかが非常に気がかりだ」と話す。

その日、同時に逮捕されたガワン・チョンキ、ガワン・セルト及びギャッパ(でぶっちょ)と渾名されていた料理人の行方も以後不明のまま。

また、僧ギャルポは2009年8月監獄での拷問により死亡したとTCHRDが報告している。
僧ロプサン・ワンチュックは拷問の末ほぼ視力を失った。
亡命政府の発表によればデブン僧院からだけでもその他42人の僧侶に様々な刑期が言い渡されたという。

ガワン・チュニこのICTのレポートでは、その他2008年以降に無期懲役を求刑されたチベット人3人をリストアップしている。
1、ラサで活動していたHIV/AIDS問題を扱うthe Australian Burnet Instituteで働いていたワンドゥは「スパイ罪」で無期懲役。
詳しくは(以下同様)>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51142553.html
2、ドルジェ・タシ、彼は有名な資産家、事業家であり、共産党員でもあった。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51492769.html
3、チャムドの爆破事件に関連し、ギュメ僧院の僧ドゥンドゥップと僧ケルサン・ツェリン。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51112492.html
その他、2008年以前において、カムの高僧テンジン・デレック・リンポチェが最初死刑、後に無期懲役に減刑されている。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51305374.html
2001年には僧チュイン・ケドゥップが独立要求のパンフレットを印刷、配布したとして「国家分裂先導罪」で無期懲役になっている。

写真はICTより、1枚目ジャンペル・ワンチュック師、2枚目クンチョック・ニマ師、3枚目ガワン・チュニ師。





rftibet at 17:44│Comments(2)TrackBack(0) チベット内地情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年12月25日 23:44
いのりのことばをとなえれば、いつわりになり、
王のことばを、つたえれば、罪人になる。
何を、つたえ、何を語れば、誠になるのだろう。
隣人のことばは、偽りだらけ、心の友から、かれらのことについて聞く話は、蜃気楼でできた、虚無の王城。
隣人の話は、だれも、座っていない椅子の所有者の、栄光と理想ばかり。

だから、ぼくらは、法王の帰国を、切望し、チェンレシーに祈る。
2. Posted by カルマ・フォーチュン   2010年12月26日 15:21
日本の企業は、中国との商いをあきらめて、レアアースの取引は、モンゴルとドイツとはじめた。
ユニクロや大手衣料品メーカーの、縫製工場、家電製品の生産工場などを、他の国に移動しはじめた。
日本を仮想敵国とみなし敵視しているうちは、商いすら、怪しいからね。
取引をやめる、潮時だろうね。

ともだちは、かけがえのない存在だよ。
友好国と呼ばれたいなら、それなりの譲歩ってものがある。
が、中国政府には、あまりにも、それがなさ杉。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔