2011年01月09日

ダラムサラの野鳥 その14

Chestnut-bellied Rock Thrush (Monticola rufiventris)23cmChestnut-bellied Rock Thrush (Monticola rufiventris) Male 23cm

今日は、ほんと久しぶりのダラムサラの野鳥シリーズ。
(写真はクリックして大きくすることを勧める)

夏までの一年間、凝り性の私がこの辺りで撮りまくった野鳥は250種になり、遠征しない限りはもうほぼ新種は現れない状態。
正直、熱も覚め気味。

それでも、窓の外から聞こえる鳥の声に呼ばれて時には、まだシャッターを切っている。

今回紹介する野鳥も、一種以外はすでに紹介済みではあるが、冬、山から下りて来て、平野にも行かず、この辺にいる鳥たちを再度お見せする。

一枚目のこの美しい青い鳥、最近家の周りに住み着いているらしくほぼ毎日見かける。
ツグミ科で、日本のイソヒヨドリに似ているが目から喉までが黒いところが異なる。

Chestnut-bellied Rock Thrush (Monticola rufiventris) Female 23cmChestnut-bellied Rock Thrush (Monticola rufiventris) Female 23cm

上の鳥はオスでこれがそのメス。

メスは日本のヒメイソヒヨのメスにそっくり。
このオス・メスは稀にしかいっしょに現れない。
普段、お互いに単独行動を好むらしい。












Lammergeier (Gypaetus barbatus)125cmLammergeier (Gypaetus barbatus)125cm

この鳥が今回の新種。
これはダラムサラの裏山であるトリウンド約3000mに最近行った時に撮影したもの。
めったにお目にかかれない鳥だ。

この鳥ラマーゲイヤーは巨大であり、「ユーラシア最大の猛禽類」と言われている。
日本語では「ヒゲワシ」と呼ぶらしいが、日本には日本平動物園に一羽のみいると。
チベットにいる。エチオピアなどアフリカにもいるが数は極めて少ないそうだ。

体長125cm、羽根を広げると3Mにも達するものがいると。
禿鷹の一種だが、普通の禿鷹よりちょっと大きめ。
夏には5000m以上の高山にも住み、冬でも2000m以下には下りて来ない。

この鳥は肉をほとんど食わず、主食は骨の中の髄であるという。
禿鷹などが食べ残した骨を拾い、空中からその骨を岩の上に落下させて割りその中の髄を食べるのだ。
その映像を以下のYoutubeで見る事ができる。
http://www.youtube.com/watch?v=mDMA5ELJ4iQ

ウィキペによれば、「アラビアンナイトに登場する怪鳥ロックは、この鳥がモデルという説もある。古代ギリシアでワシが三大悲劇詩人の一人であるアイスキュロスの頭上にカメを落として死亡させたとの逸話は、ヒゲワシによるものと思われる。」そうだ。

Kalij Pheasant (Lophura leucomelanos) 70cmKalij Pheasant (Lophura leucomelanos) 70cm

このキジはもう、オス、メス、ベイビー共に何度か紹介している。
家族で年中この辺にいる。美しい鳥。

















Red-billed Blue Magpie (Urocissa erythrorhyncha) 70cmRed-billed Blue Magpie (Urocissa erythrorhyncha) 70cm

この鳥も年中、この辺に沢山いる。
日本のオナガやカササギの一種だが、日本にはいない。
この辺ではこの鳥を「Paradise Bird 極楽鳥」と呼ぶ。





Variegated Laughingthrush (Garrulax variegatus)24cmVariegated Laughingthrush (Garrulax variegatus)24cm

英語名をそのまま訳すと「多彩笑いツグミ」。
数羽でチチチ・・・と鳴きながら素早く木々を移動する。
よって撮影するのは非常に難しいという鳥だ。





Blue-fronted Redstart (Phoenicurus frontalis)13cm MaleBlue-fronted Redstart (Phoenicurus frontalis)12cm Male

ヒタキ科の小さな鳥で、日本のジョウビタキの一種と思えばいい。

この子はまだ産毛があり幼鳥と思われる。



rftibet at 15:00│Comments(12)TrackBack(0) その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kuukuu99%   2011年01月10日 10:08

Blue-fronted Redstart の目の愛らしさ!
新春の贈りものでやんした。
2. Posted by トンバニ   2011年01月10日 15:22
そう思ってくれるとうれしいよ!

鳥はやっぱ目がきれいに写ってないとだめよね。
鳥に限らないか・・・
3. Posted by 古東正舟   2011年01月11日 13:59
トンバニさん

神道最高の神様、天之御中主神は、世界の御神体、カイラス
という結論を得ました。

下の拙ブログを御覧いただけませんか。


『神道最大の謎を解明できました』
http://goo.gl/JtVRF


これが事実なら日本とチベットの絆が今以上に
強まります。
4. Posted by カルマ・フォーチュン   2011年01月11日 18:12
〉3氏
そのねた、オームがむかしやった。だれも、来ないよ。

トンバニせんせい。
良いね。良いね。
とりさんは、無垢で、アリのままだし、さえずりは、創造だけど、かわいいんだろうなぁ。
また、たまったらで、いいです。
御願いします。
5. Posted by 古東   2011年01月12日 16:14
カルマ・フォーチュンさん

> オームがむかしやった。

ググりましたが、まったく見当たりませんよ。

新発見だと思います。



カルマ・フォーチュンさんは確か信長にお詳しい方だった
と記憶していますが、
TVで信長を金縛りにした神社を紹介していました。

その神社は、手力雄神社(てぢからおおじんじゃ)。
岐阜県各務原市那加にある神社。
各務原市那加地区の産土神。

この神様は、岩戸隠れの際に岩戸の脇に控えており、
アマテラスが岩戸から顔をのぞかせた時、
アマテラスを引きずり出して(『日本書紀』の一書や
『古語拾遺』では「引き開けて」)、世界に明るさが戻った。
という怪力の神様です。


永禄10年(1567年)、織田信長は稲葉山城攻めの戦勝祈願を行い、戦勝後は広大な社領を寄進したという史料は事実でしょうか?



6. Posted by カルマ・フォーチュン   2011年01月13日 23:15
織田のとのさまは、尾張のでだでナモ、たまたましっとっただけだがね。
ただのオバサンにンなこと、きくな。
そこまで、しらん。

だから、オカルト雑誌でねたやって、えらい大学院の先生に、解説させて、忘れた頃に、入門者あつめるのに使った。
だから、どこさがしたって、あるわけない。

第一、ひとんちの敷地で、討論ふるな。
7. Posted by 古東   2011年01月14日 15:59
カルマ・フォーチュンさん

「オウム 1億円 寄付」で検索したら一番上に
下記のサイトがヒットしますよ。


ダライ・ラマ14世 - Wikipedia http://goo.gl/F7Bpv
ダライ・ラマ14世は、オウム真理教から布施の名目で
1億円にのぼる巨額の寄付金を
受領しており、1989年にオウム真理教が東京都で宗教法人格を取得した際には、ダライ・ラマ14世は東京都に推薦状を提出してオウム真理教を支援した。



上記の事実を私は全く記憶にありませんでした。
或いは初耳かも知れません。

去年のドクター中松騒動で上記の疚しい過去を知りました。
また未だに1億円を返却していない事も知りました。

私の論をオウムと絡められるとは腹立たしい限りです。

> 第一、ひとんちの敷地で、討論ふるな。

偉そうに言う資格が貴方には御有りですかw
8. Posted by カルマ・フォーチュン   2011年01月14日 18:44
チャイナの流したデマにのせられたやからの書いた記事なんか興味ない。
ドクター中松の件は、日本語が読めない、高僧が騙されたと。
公式ホムペに上がっとる。
支援の意志の無いものは、来るな。
ここは、チベット人人権団体のサイト。
それ以上は、たたのあらし。

四月に、へそくりいちまん、ダライラマ法王の日本代表部に送る予定。
9. Posted by カルマ・フォーチュン   2011年01月14日 19:09
別に、怒っとらん。名古屋べんだがね。

知らんかったんなら、あらまるわ。えらいすんませんでした。以後気ぃつけますんで、堪忍してちょうデェなも。

知らんかったついでに、ただどうかんちゅうひとと、河口えかいちゅうチベットにいったことのある坊さんが、出版物のなかで、日本人とチベットじんの先祖が同一とあったで。
やめときなと、言いたかっただけです。
10. Posted by 古東正舟   2011年01月16日 18:07
カルマ・フォーチュンさん

>チャイナの流したデマに乗せられた輩の記事

反共の雑誌の中でも発行部数が日本最多の

『文藝春秋』2006年2月20日 ISBN 978-4-16-660492-0

の記事ですよ。



それから、チベット支援者が去年のドクター中松騒動の時に
オウムの被害者救済の弁護士に「チベットも支援して」
と頼んだら、その弁護士から
「チベット人の境遇をお気の毒だとは思いますが
オウムから1億円の寄付を受け取り、オウムに便宜を図った
という事実があり、返済していない現状では
被害者に立つ側の私としては
チベットを支援する訳にはいきません」
という完璧な論理の返答でした。





私もカルマ・フォーチュンさんとの会話をしていて

その人権弁護士さんの立場

を選ぶ意志が固まりました。




> 河口慧海「日本人とチベット人の先祖は同一」

それは知っています。

私の新発見は“神道の最高神はカイラス山だった”
です。

11. Posted by カルマ・フォーチュン   2011年01月21日 09:35
いみがわからんくなっとる。
第一、きみね、ここは、チベット人人権団体のブログです。
オームといっしよくたにして、ダライラマ法王様の悪口言うならくるな。
やっぱりきみも、宣伝目的のアラシだね。
だいたい、オームなんぞに、法王様が、寄付なんぞするわけかない。
もう、支援する気がないなら、二度とくるな。
12. Posted by 北村直子   2015年07月20日 18:03
はじめまして。野鳥の写真を検索していて、こちらのホームページに伺いました。
このページの一番上の青いとりを子供が気に入り、愛鳥週間のポスターの参考にさせていただきました。支障があるようでしたら、お知らせください。
ダラムサラの美しい鳥を今後もたくさん見られることを願っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔