2011年02月14日

シガツェ:鉱山開発に反対した15人のチベット人が連れ去られる

鉱山開発に反対したナムリン村11日付けチベット亡命政府ウェブ
http://www.tibet.net/en/index.php?id=2129.&articletype=flash&rmenuid=morenews&s&tab=1
及び、14日付けphayul.comより
http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=29103&article=15+Tibetans+put+behind+bars+over+anti-mining+protests+in+Shigatse

チベット自治区シガツェ地区シェトンモン県タモ郷の住民はリンカ僧院の近くで始まった政府系鉱山会社による開発に反対し、2010年11月22日より抗議活動を行っていた。

12月18日までは村人たちの巧妙な開発阻止活動により、工事は進んでいなかった。シェトンモンの地方政府は武装警官を送り込み村人たちの活動を阻止しようとしたが、数に勝る村人に警官隊は押し返された。

しかし後、シガツェから多数の公安と武装警官が呼ばれ、衝突となり多くの村人が撲打、逮捕された。

鉱山開発に反対したナムリン村リンカ僧院の僧侶、ケンポ・ケルサン(49・僧院長か?)、ジャミヤン・ツェリン(38)、ツェワン・ドルジェ(37)、リクジン・ペマ(35)、ジャミヤン・リクサン(34)の5人が逮捕され、12人の村人も逮捕されたが、内2人はすでに解放された。残りの15人は現在もシガツェとシェトンモンの拘置所に拘束されている。

住民の意思に反するこのような強制的鉱山開発がシガツェで行われるのはこれが初めてではなく、2010年6月5日にもナムリン県ソクチェン村において付近の鉱山開発に強く反対する住民と武装警官隊が衝突した。この時も多くの村人が撲打され、約30人が逮捕された。この時逮捕された30人の行方は今も分っていないという。

鉱山開発に反対したナムリン村写真は全て、2010年6月5日ナムリン県で起こった衝突の時のもの。
シェトンモン県タモ郷の位置は以下で確認できる。
http://p.tl/Wanq シガツェの北西約150km。





rftibet at 19:18│Comments(0)TrackBack(0) チベット内地情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔