2011年03月23日

ウーセルさんブログ「炎の中で自らを犠牲にしたプンツォ:2つの証言、いくつかの思い出」

16日に焼身自殺した僧プンツォについて、ウーセルさんが20日のブログに2つの証言とともに記事を書かれている。

それを雲南太郎(@yuntaitai)さんが翻訳して下さった。

原文:http://woeser.middle-way.net/2011/03/blog-post_20.html

------------------------------------------------------------------------------------

259265694◎炎の中で自らを犠牲にしたプンツォ:2つの証言、いくつかの思い出……

1枚目の写真……亡命チベット人がロウソクをともし、ンガバの街頭で焼身自殺した僧侶プンツォを追悼する。

2枚目の写真……昨年3月16日、アバ県県庁所在地を走る軍車両に立つ兵士。車両には、「アバ県人民に敬意を表する」と書かれた横断幕が掲げられている。「敬意」とは、チベット人に狙いをつけた銃で示すものだったのか。(写真は初出)


002ウーセル記録

日時:2011年3月16日

場所:アムド ンガバ(現在の四川省アバ州アバ県)

事件:キルティ・ゴンパの僧侶プンツォは3月16日午後、軍と警察に厳しく監視されたゴンパを一人離れ、人通りの多い街頭に行き、突然一塊の炎になった。炎の中から「ギャワ・リンポチェ(ダライ・ラマ法王)の帰還を!」「チベットには自由が必要だ!」「ダライ・ラマ万歳!」という声が聞こえてきた。人々は驚いて見つめた。炎の中の僧侶は倒れ、もがきながら立ち上がり、また倒れ込んだ。武装した特殊警察、武装警察、警察、私服警官がすぐに僧侶を取り囲み、棍棒で打ちつけた。これは火を消しているのか、それとも殴っているのか?

3月17日午前3時過ぎ、プンツォは悲壮な死を遂げた。

彼は1991年生まれでまだ20歳、父母はアバ県麦爾瑪郷の村人だということが分かっている。(注1)


0031.最初の証言者:キルティ・ゴンパの僧侶ロブサン・チュゼ(2010年末に、ヒマラヤを越え、インドのダラムサラに逃げ延びた。(注2)

私とプンツォは同じゴンパの同じ班にいて、同じ師についていた。プンツォは師のロブサン・ヤペーをとても尊敬していた。五部大論に精通した有名な師だったからだ。プンツォは師に会うたび、肩に掛けた袈裟を垂らし、恭しく地にひざまずいていた。

プンツォは普段から体を鍛えていた。バスケが好きで、筋肉が発達していて、とてもたくましかった。いつも朗らかで、人を笑わせていた。性格は良く、礼儀正しく、知らない人にも微笑みかけていた。

彼は2008年の抵抗運動に大きな影響を受けていた。当時、彼も街頭で抗議に参加し、たくさんの人が殺されるのを目の当たりにした。犠牲者の遺体はキルティ・ゴンパの大経堂前に運ばれ、僧侶によってお経があげられた。プンツォは法事の時、血まみれの犠牲者を見て、泣き叫んでいた。

2008年に殴られ、逮捕され、殺され、障害者にされ、多くのチベット人は当局に強い反感を持つようになった。

ンガバでは2008年3月16日の抗議で多くの人が亡くなった。だから3年後、多くの人はゴンパと自宅でバターランプをともし、犠牲者のために祈った。プンツォのやり方は焼身自殺だった。

焼身自殺した時、プンツォは軍と警察に囲まれ、ひどく殴られた。僧侶と市民は危険を顧みずプンツォを引き離し、ゴンパに連れて帰った。彼のけがはひどく、県病院に連れて行ったが、病院は受け入れなかった。当局の指示があり、受け入れられなかった。だからプンツォを警察に引き渡すしかなかった。

焼身自殺の後、僧侶と市民は怒って抗議に飛び出し、一部はその場で逮捕された。多くの僧侶と俗人はキルティ・ゴンパの大経堂前に静かに座り、捕まった僧侶を釈放するよう求めた。夜の11時半までずっと座り続けた。

17日午前3時過ぎ、プンツォは亡くなった。当局は彼を24歳と言ったり16歳と言ったりしたが、実際は20歳だ。

プンツォの両親は遊牧民だ。兄弟姉妹が何人いるのかは分からないが、3人の兄弟がいて、彼を入れた4人はみな出家してキルティ・ゴンパの僧になっていた。

0042. 2人目の証言者:キルティ・ゴンパの僧侶(名前は伏せる)。26歳。本土にいる。

プンツォはプンツォという名前だが、キルティ・ゴンパの僧侶の法名には「ロブサン」がつくので、彼はロブサン・プンツォという。私もロブサン・●●という名前です。

キルティ・ゴンパは3000人以上の僧侶がいる。私とプンツォは同じタツァン(学堂)にいるわけではないが、一晩語り明かしたことがある。2009年のタベーの焼身自殺の後のことだ。プンツォは若いのに民族の問題に強い関心を持っていた。当局に閉鎖されたチベット語学校の話になると、彼はとても憤慨した。パンチェン・ラマ11世が5歳で失踪した話になると、彼は苦痛のあまり涙を流した。ギャワ・リンポチ
ェがチベット人のために世界を回っている話になると、また涙をこらえられなくなった。彼はあなた、ウーセルを知っていた。

2009年に撮られた彼の写真を見たことがある。雪山獅子旗を身にまとい、夏の草原であぐらをかいていた。私は警察に見つかったら大変だと言ったが、彼は怖くなんてないと笑った。

2008年が私たちを目覚めさせ、変えた。そう、プンツォも街で抗議に加わっていた。抗議の中、チベット人は撃ち殺され、むごたらしく死んだ。鮮血を流した遺体を私は自分の手でゴンパに運び、お経をあげた。

プンツォの焼身自殺は誰も事前には知らなかった。遺書も遺言もなかった。ゴンパわきの軍キャンプと派出所、銃を持った武装警察の見張り所の前をいつものように歩き、2009年にタベーが焼身自殺を図った街頭を通り、200メートルほど進んだ。突然1瓶のガソリンを飲み、更に体にかけた。そしてガソリンのしみ込んだ自分自身に火をつけ、燃え上がった。

「ギャワ・リンポチェの帰還を!」「チベットには自由が必要だ!」「ダライ・ラマ万歳!」と大声で叫び、地面に2回倒れ込んだ。しかし、すぐにたくさんの軍と警察に囲まれ、ひどく殴られた。

街頭のチベット人たちはショックを受けた。軍と警察の暴行を見て、僧侶と俗人は危険を顧みずにプンツォを連れ去り、ゴンパ隣の病院に駆け込んだ。しかし、病院は既に閉まっていた。人々はまたプンツォを抱えて僧坊に走った。彼の両親もいて、驚きのあまり大声を上げて泣いた。人々はまたプンツォを抱えて病院に走ったが、病院は受け入れず、医者は受け入れられないと言った。僧俗は公安と幹部にプンツォを引き渡し、助けてほしいと懇願した。5時ごろのことだ。

ずいぶん遅くなって、病院はようやく許可を得て、プンツォを助けることに同意した。しかし、もう命を救える可能性はなかった。午前3時、プンツォは死亡した。

病院は遺体を親族に返そうとせず、午後4時過ぎになってようやく引き渡した。役人が遺体をよく調べていたといい、18日午前8時までに葬儀を終えろ、遺体を残しておいてはいけないとゴンパに警告したという。

遺体はキルティ・ゴンパに送られ、白いカタでくるまれ、大経堂前に安置された。17日午後から18日早朝まで、ゴンパの3000人以上の僧侶がプンツォのためにお経をあげた。3千数百人の市民が列を作り、手にカタを持ち、お経を唱え、プンツォに敬意を表した。とてもつらい情景で、泣かない者はいなかった。最も屈強な男でさえ涙を流していた。私たちの伝統では、泣き声と涙は死者の来世に影響するので、中陰の道を歩く死者を見送る時、ひどく悲しむべきではない。しかし
誰もが悲憤を抑えられず、気を失う者もいた。

ゴンパから3キロ離れた場所に鳥葬台がある。しかし、プンツォはガソリンで焼身自殺し、ひどく殴られていて、タカやワシが飛んでくるはずがなかったので、火葬することになった。遺体を載せた車が鳥葬台に向かう時、おびただしい人がカタを投げ、大声で祈り、同行して涙を流した。

プンツォの焼身自殺から火葬まで、現場を撮ったたくさんの写真があるが、送ることができない。当日のンガバはネット接続が断たれ、携帯も通じなかった。後になって携帯は通じるようになったが、ほかの写真は大丈夫なのに、プンツォにかかわる写真は送信できなかった。通話もプンツォの話題になるとアンテナが立たなくなった。

2009年2月27日、ンガバの街頭で焼身自殺を図ったタベーは実際はロブサン・タシという名前だ。タベーは母親がつけた愛称だ。母親はメオ?(梅廓)といい、45歳。タベーはツォボ?(策波)という27歳の兄、ツァラン?(才吉)という18歳の妹がいる。タベーは25歳だ。

焼身自殺を図ったタベーは銃撃されて負傷した。彼はまず成都の病院で治療を受け、現在はアバ州の州都マルカムの軍病院で母親と一緒にいる。外出できないだけでなく、おじ以外の親族や僧侶の見舞いは許されていない。

病院は当時、銃創を残さず、証拠を隠滅するため、撃たれたタベーの脚と右腕を切断しようとした。しかしタベーの母親が必死で拒否し、まだ切断できていない。

脚と右腕を撃たれたので、タベーには障害が残り、歩きにくく、右腕も上げられない。炎に焼かれたため、頬や右手など体の右側に傷跡が残っている。

警察に撃たれたタベーの写真を撮り、外部に渡したキルティ・ゴンパの僧侶ゴツァン・ジャミヤン・プンツォ(通称ジャンコ)は後に懲役6年の判決を受け、まだ獄中にいる。


0052011年3月20日

注1:新華社の報道では、プンツォは当初24歳で、後になって16歳、てんかんを患っていたとされた。また、パトロール中の警察がすぐに火を消し、病院に運んだとも報じられた。「何かを企んだキルティ・ゴンパの僧侶グループがけが人の安否を気にせず、プンツォを無理に連れ去ってゴンパのタツァンに隠れた」ため、地元政府とプンツォの母チャンブルが再三交渉し、3月17日午前3時にようやくプンツォは母に引き渡された。政府とチャンブルはすぐプンツォをアバ県人民病院に運んだが、「ゴンパの僧侶がけが人を隠して治療を遅らせ、救命のための貴重な時間を奪ったため、治療の甲斐なく17日午前3時44分に死亡した」。

新華社は抗議者(プンツォ)を病人に、ゴンパの僧侶を凶悪犯に仕立て上げようとしている。2009年2月27日、ンガバの僧侶タベーが焼身自殺を図って銃撃され、多くの外国メディアに報道された後、新華社は「袈裟を着た男性」の焼身自殺が確かにあったと認めざるを得なかった。しかし、軍と警察が彼に発砲したことは否定し、彼を助け、成都の病院に送ったとした。医師も銃創を否定し、やけどだけがあると話したという。実際はタベーの脚と右腕が撃たれ、危うく切断され、証拠が消されるところだった。

新華社はまた、プンツォの父が「彼は自分で焼身自殺し、やけどがあるだけで、ほかの傷はまったくない」と話していると伝えた。タベーの焼身自殺について、新華社が「あるチベット僧の話によれば、銃撃という話は彼の捏造だ」と書いていたのとまったく同じだ。プンツォは焼身自殺で死んだのではなく、やけどのほか、軍と警察にひどく殴られたけががあった。彼はめった打ちにされて死んだ。殺されたのだ。

注2:この部分の口述はダラムサラにいる漢人作家の朱瑞が18日夜に聞き取り、Skypeで私に伝えた。プンツォをよく知る僧侶が数分後にここに来る、と朱瑞は言った。私は電話で質問しようとしたが、彼は何も言葉にできなかった。面と向かって話していればまだ良かったかもしれない……。


その他の写真はンガバから届いた。現地のチベット人が2010年3月16日のアバ県県庁所在地を撮影した。2008年3月16日には大規模な抗議デモが起こり、僧侶や学生、遊牧民30人以上が軍や警察に撃たれて死亡した。犠牲者の中には妊婦や5歳の子ども、16歳の女子生徒ルンドップ・ツォがいた。これにより3・16はンガバの重要な記念日になった。(写真は初出)

rftibet at 00:44│Comments(3)TrackBack(0)チベット内地情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カルマ・フォーチュン   2011年03月25日 23:15
中国政府への抗議の焼身自殺は、終わりの見えない、出口のない、人権問題への、問題定義に見えるね。

チベット亡命政府だって、それはわかってはいるが、双方が歩みより問題解決をもとめた歩みよりを見せない限り、問題は、なにひとつ解決しない。
なにより、話をややこしくしているのは、中国政府。
法王帝王主義を理由に、民族弾圧を続ける間は、なにひとつ解決しないだろうなぁモ。
2. Posted by gw2 gold   2013年03月16日 22:23
中国政府への抗議の焼身自殺は、終わりの見えない、出口のない、人権問題への、問題定義に見えるね。
3. Posted by Seo Singapore   2013年06月05日 17:51
それは人々 を抑制するために使用、軍を嫌います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔