2011年08月24日

08年に拷問証言のビデオを制作した僧ジグメ・ギャンツォ、再び拘束される



ラプラン僧院の僧侶ジグメ・ギャンツォ(グリ、45)はこのビデオを制作し外国に送った。VOAを通じ世界中の人々が彼の証言を聞いた。この中でジグメ師は2008年3月22日に逮捕された後、当局によりどのような扱いを受けたかを詳しく語っている。

突然車に引き込まれ、頭に黒いずきんを被らされ、拘置所に連行された後、自動小銃を突きつけられ、「これはお前たちチベット人を殺すためのものだ。少しでも動けば、必ずお前を撃って殺してやる。死体をゴミ箱に捨ててやる。誰も気付きはしない」と脅される。その後2ヶ月間、彼は激しい拷問を受ける。天井から吊るされ意識を失うまで暴行を受けた。意識を失う度に病院に運び込まれ、意識が戻るとまた拷問を受ける。「まるで人を殴っているのではなく、ブタや犬を殴るような」暴行を受けたという。

彼は2ヶ月後に重体となり家族の下に返された。その後このビデオを制作し、そのために2008年11月、再び逮捕され、2009年5月初めに解放されていた。

そして、8月20日、ツォエ(合作)のホテルでまた拘束された。最近ラプラン僧院に中国側が選んだパンチェン・ラマが来たが、そのとき当局は彼に対し、僧院から出ておくよう命令したという。20日、彼が滞在していたホテルに大勢の保安部隊が現れ、彼の部屋に押し入った。仲間の僧侶10人と他数人のチベット人がこれを目撃していたという。

次の日には(TCHRDによれば、前日)ラプラン僧院の彼の部屋にも保安員が現れ、彼のパソコンやCD等を押収したという。

彼の行方は知れず、家族や僧院の仲間たちは非常に心配しているという。

--------------------------------------------------------------

参照:8月23日付けRFAチベット語版http://p.tl/lB6V
8月24日付けTCHRDプレスリリース英語版http://p.tl/c0I1
日本語ブログ「雪の下の炎」http://p.tl/zKP4<この中にビデオの日本語訳あり。

追記:ウーセルさんも先ほど彼の件、ブログにアップされた。http://p.tl/QvLn 2006年にも拘束されていたと。今回で4度目。

rftibet at 21:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔