2011年10月07日

今日、再びンガバで2人の元僧侶が焼身自殺。内1人は死亡か?

015現地と連絡を取ったダラムサラ・キルティ僧院僧侶ロプサン・イェシェとカニャク・ツェリンによれば、今日7日、現地時間午前11時半頃、ンガバの中心街で2人の若者が焼身自殺を行った。

1人はンガバ県タワ・ゴンメ、ズクリ家の息子རྔ་པ་རྫོང་མཐའ་བ་གོང་མའི་འཇུག་རིས་ཚང་གི་བུ་チュペルཆོས་འཕེལ་、19歳。もう1人はタワ・ゴンメ、ソンポ家ケルサンの息子མཐའ་བ་གོང་མའི་གསོང་པོ་ཚང་གི་སྐལ་བཟང་གི་བུ་カヤンམཁའ་དབྱངས་(他の情報によれば彼の名前はルンヤンལྷུང་ཡངས་と)、18歳。

目撃者の話によれば、彼ら2人は町の大通りで炎に包まれながらも両手を合わせたまま、チベット人が団結し中国統治を打破するために立ち上がること、及びチベットの自由と法王の長寿を願うスローガン等を叫び続けていたという。

警官等が駆けつけ2人を殴り倒し、火を消した。その後も暴行を加え、人民病院に運び込んだ。警官たちに運ばれる間にも、カヤンは拳を空に向け振り上げ何かを叫んでいたというが、言葉ははっきり聞き取れなかったという。

多くの人たちが「チュペルは30分後に亡くなった」と言っているともいう。
2人とも元キルティ僧院の僧侶である。(追記:チュペルは3月僧プンツォが焼身自殺した後、僧院を追放され還俗せざるを得なかったという<Free Tibet)
カヤンの叔父であるタシは2008年蜂起の時、当局により殺されている。

ンガバには益々武装警官等が増強され、緊張が高まっている。

VOTに現地から寄せられた電話の中であるチベット人は、涙声で、続く焼身自殺を悲しみ、ンガバの苦境を世界に訴えてほしいと訴えていた。

参照:7日付けTibet Net チベット語版http://tibet.net/tb/2011/10/07/རྔ་པ་རྫོང་ཐོག་ཏུ་ཡུལ་མ/
7日付けphayul http://p.tl/-Rym
7日付けBBC http://bbc.in/qUMULn

rftibet at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔