2012年01月10日

カーラチャクラ法要最終日

_DSC2508早朝6時に法王会場にお出ましになる。会場に入るために一般の人たちは朝3時頃から列を組んでいたらしい。一般の人はセキュリティーチェックのせいで中に入るのに2、3時間かかる事もある。毎日本当に大変な労力を使いこの灌頂を受けているのだ。多くの参加者たちは、法王曰く「灌頂を受ければ浄土へのパスポートを手に入れたと思っている」。もちろん法王は「そんなパスポートはどこにもない。仏教を勉強し自分の心を変えない限りそんなことは起こらない」と。

8時頃まで昨日終らなかった、灌頂の続きを行われた。続いて法王の長寿を願う「テンシュク」。その間に壇上には神託の神々が登場し、会場騒然となる。最後にビハール州州知事等が演説。法王も締めのスピーチをされた。

_DSC2625












_DSC2793












_DSC2643神託の女神ツェリン・ツェガ。恐ろしげな顔で暴れながら登場。











_DSC2682法王とチベット政府への重要な神託を担うネチューン。

























_DSC2690神託ガドゥン。チベットで一番古い神と言われネチュンと共に法王と政府への神託を担う。























_DSC2708法王に神託を与えるネチュン。






















_DSC2758ネチュン(左)とガドゥン(右)。















_DSC2763ネチュン












_DSC2769ネチュン












_DSC2776ガドゥン












_DSC2440法王は最後にご自身の母親を思い出され「私の母は非常に優しい人であった。そのお陰で私は人にも優しくでき、安定した心を維持できるのだと思う。愛情が心の安定の基礎となる。幼少時に愛情を受ける事がなかった人は不安多く、暴力的になる人が多い。暖かい心が幸せの元である。慈悲深い人の心は静かだ。だから愛と慈悲の心を育てることは自他ともにとても大事なことだ」とおっしゃった。

_DSC2458今日のリチャード。法王に挨拶され手を合わせ喜ぶ。











_DSC2499今日のカルマパ












_DSC2563サキャ・ティチェン・リンポチェ











_DSC2582心労絶えぬキルティ・リンポチェ











_DSC2397大鍋に浮くバター。後ろ姿はブータンの人。











_DSC2416会場の外にも溢れた人が一杯。




rftibet at 17:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔