2012年08月28日

<速報>27日 再びンガバで2人焼身 2人とも死亡

8月27日、現地時間午前8時半頃、アムド、ンガバ・キルティ僧院の東門付近でンガバ・キルティ僧院僧侶ロプサン・ケルサン(བློ་བཟང་སྐལ་བཟང་18)とンガバ県チャ郷ラルワ村(རྔ་པ་རྫོང་གཅའ་ཞང་རྭ་རུ་བ་)のダムチュ(དམ་ཆོས་17)が自らの身体に火を放ち、中国政府のチベット政策に抗議した。

目撃者の話によれば、彼らは炎に包まれながら20歩ほど歩き、スローガンを叫んだ後、倒れたという。彼らが叫んだ内容は未だ伝わっていない。保安部隊が駆けつけ、火を消し、ンガバの病院に運んだが、しばらくしてバルカムに転送した。

27日の夕方、2人とも死亡したと伝えられた。死亡した後、遺体はバルカムに運ばれた。遺体が家族に手渡されたかどうかは不明。

事件が起った後、僧ロプサン・ケルサンと僧坊を共にする僧ロプサン・ペルデン(བློ་བཟང་དཔལ་ལྡན་)が警官により連行された。

僧ロプサン・ケルサンの父の名はツェコ・ドルジェ、母の名はサンゲ・ドン、兄の名はツェコ・タシ。家族はこの3人である。

ダムチュの父の名はドシ・ロベ、母の名はツェポ。両親は離婚し、彼は母と一緒に暮らしていた。彼は僧ロプサン・ケルサンの甥(または従兄弟 ཚ་བོ་)である。また、今年2月11日に焼身し、死亡したマミー尼僧院の尼僧テンジン・チュドゥン(リスト中22番 བསྟན་འཛིན་ཆོས་སྒྲོན་)の弟である。離婚後、尼僧テンジン・チュドゥンは父の方に引き取られていたので、世帯は別であった。ダムチュは嘗てンガバ・キルティ僧院の僧侶であった。還俗して後、母と共に遊牧の仕事をしていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内地焼身者52人目と53人目。死亡確認42人目と43人目。

2009年以降の焼身者リスト(8月28日更新分)>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51757842.html

参考:27日付けRFA英語版http://www.rfa.org/english/news/tibet/immolate-08272012150023.html
同チベット語版http://www.rfa.org/tibetan/sargyur/confirmed-reports-of-more-self-immolations-today-in-Ngaba-08272012130745.html

rftibet at 02:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔