2012年10月06日

<速報>更なる焼身 アムド・ツォエ 二児の父

jpg-largeサンゲ・ギャンツォ生前の写真。

グチュスン(9−10−3チベット良心の囚人の会)に先ほど現地より伝えられた情報によれば、今日、現地時間正午頃、アムド、ツォエ(གཙོས་ツゥ、甘粛省甘南チベット族自治州合作市)から10キロ離れたドカル僧院(རྡོ་དཀར་དགོན་པ་)の左手にある仏塔の傍でサンゲ・ギャンツォ(སངས་རྒྱས་རྒྱ་མཚོ་)という27歳の若者が焼身し、その場で死亡したという。

遺体はドカル僧院の僧侶たちにより僧院に運ばれ、現在追悼会が行われている。

サンゲ・ギャンツォはゼロ村の出身、父の名はゴンポ・ドゥンドゥップ、母の名はゴンボ・ツォ。彼にはドルジェ・ドゥンドゥップという7歳の男の子とティンジン・ツォという5歳の女の子がいるという。

焼身直後の写真も伝わっている<閲覧注意>>6日付けTibet Timesチベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=6716

内地焼身56人目(亡命政府発表54人目)、死亡確認46人目(亡命政府発表44人目)。

参照:6日付けTibet Expressチベット語版http://www.tibetexpress.net/bo/home/2010-02-04-05-37-19/9356-2012-10-06-07-11-55

525800_506622649350235_1961301682_n追加写真:妻の名はドルジェ・キ。

VOTが目撃者の話を伝えるところによれば、彼は焼身しながら「チベットに自由を!ダライ・ラマ法王をチベットへ!言語自由!」と叫んだという。















285597_363727957044530_801205350_n遺体はその後家族の下に運ばれ、追悼法要が行われた。ダライ・ラマ法王の写真が掲げられている。




















追記(10月21日)サンゲ・ギャンツォ最後の夜

6日に焼身、死亡したサンゲ・ギャンツォの妻ドルジェ・キが、夫の焼身前夜と翌朝の様子について語った。

焼身の前日の夜、サンゲ・ギャンツォは妻と静かな夕食を取った。その後2人は家族に付いての話を夜遅くまで続けた。妻が「もう遅いから寝ましょう」と言ったが、彼は真夜中まで話を続けたという。

次の日の朝、サンゲは妻にチュバ(チベットの伝統的衣装)を出すようにと頼んだ。友人の車を直すのを手伝いに行くと言って、空のポリタンを手にして家を出た。

そして、正午頃、彼はドカル僧院仏塔前で焼身したのだった。

妻は「夫とは大変仲がよく、どんな争いも一度もした事がない」と言い、「夫がこのような仕方で命を断つとは全く想像もしていなかった」と語った。

rftibet at 19:03│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔