2012年10月20日

<速報>アムド、ボラ僧院近くで再び焼身 58人目

553565_154855051327733_789111261_n焼身、死亡したラモ・キャップとその家族

Tibet Timesによれば、今日、10月20日現地時間午後2時頃、アムド、サンチュ、ボラ(བླ་བྲང་བསང་ཆུ་རྫོང་འབོ་ར་ཞང་甘粛省甘南チベット族自治州夏河県ボラ郷)ボラ僧院近くの路上でチベット人男性が中国政府に対する抗議の焼身を行い、その場で死亡した。

男性の名前はラモ・キャップ(ལྷ་མོ་སྐྱབས་)。彼には妻と2人の娘がいた。妻の名前はドルジェ・キ、10歳に満たない長女の名前はペマ・ツォ、次女の名前はドゥクモ・ツォ。

それ以外の詳細は未だ不明。

ボラ郷は最近焼身が続いているツゥ(ツォエ 合作)のすぐ南にある。

今年3月20日ボラ僧院の僧侶100人ほどが抗議のデモを行った。詳しくは>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51736267.html
それ以来、ボラ僧院や付近のチベット人に対する弾圧が強化されていた。参考>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51760361.html

内地焼身者58人目(亡命政府発表56人目)、内死亡確認48人目(亡命政府発表46人目)。

参照:20日付けTibet Times チベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=6778

rftibet at 21:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔