2012年10月27日

25日、ディル県で2人焼身、1人死亡 2日間に4人

2IMG_3295追加写真、ディルで焼身した2人の内の1人テンジンの生前の写真(8年前のもの。彼が一時所属していたスジャスクールから独自入手)

昨夜書いたブログでVOAが伝えた情報を元に「1日に4人焼身」と書いたが、今日になり、ディル県の焼身は26日ではなく25日に起ったものと判明した。訂正、謝罪し「2日間に4人」と言い直す。

今日付けTIbet Times 等によれば、25日現地時間午後4時頃、カム、ディル・ゾン(チベット自治区那曲地区比如県)ぺカル郷ナクロ・タンパ村(བན་སྒར་ཤང་ནག་རོག་ཐམ་པ་གྲོང་唐巴村)で2人のチベット人若者が抗議の焼身を行い、内1人が死亡した。

焼身したチベット人はツェポ(ཚེ་སྤོ་)20歳とテンジン(བསྟན་འཛིན་)25歳。2人は従兄弟同士であり、一緒に焼身した。場所はナクロ・タンパ村第2地区にある学校付近(Free Tibet によれば、政府庁舎の前)。2人は焼身しながら「チベットに独立を!ダライ・ラマ法王をチベットに!チベット人は全員兄弟のように団結してほしい!」と叫んだという。ツェポは病院に運ばれる途中、死亡。テンジンは部隊に連れ去られ生死不明と。

2人は地元ナクロ・タンパの出身。ツェポは父ブチュン、母ガガの息子。テンジンは父ニマ、母ルクゲの息子。テンジンは2008年にインドに亡命し、ダラムサラのソガ・スクールで1ヶ月間だけ学んだことがある。

ディルは2008年以降、抗議デモが続き、常に厳重な統制下にあった。これまでに多くの者が逮捕され、刑期を受けている。特にディル出身の作家グドゥップが10月4日にナクチュ(那曲)で焼身した後には弾圧はさらに激しくなり、このナクロにも大勢の部隊が派遣され、携帯電話が取り上げられたり、拘束される者が出ていた。
例えば>「ディルでチベット語・文化を擁護した若者中心に1000人以上拘束される」http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51758862.html

焼身後、情報網が遮断され、情報が非常に入りにくくなっているという。

チベット自治区内の焼身抗議者はこれで7人となった。内地焼身抗議者64人、内死亡確認53人。

10月20日から26日までの1週間の焼身抗議者は7人。20日にサンチュでラモ・キャプ(28)、22日にサンチュでドゥンドゥップ(61)、23日にサンチュでドルジェ・リンチェン(57)、25日にディルでツェポ(20)とテンジン(24)、26日にサンチュでラモ・ツェテン(24)とツェパック・キャプ(21)。

参照:27日付けTibet Timesチベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=6820
27日付けTibet Expressチベット語版http://www.tibetexpress.net/bo/home/2010-02-04-05-37-19/9510-sss
27日付けFree Tibet英語版http://freetibet.org/news-media/pr/tibetan-cousins-call-independence-they-set-fire-themselves-6th-and-7th-self#.UIvx0kJFky6


2009年以降、焼身したチベット人67人(内地64人、外地3人)のリスト:10月28日更新分
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51757842.html


d6f097ed追記:テンジンの写真は29日に、私が世話しているスジャスクールの子が送って来たもの。学校の記録から探したとのこと。その子はこの焼身した2人と同郷、村まで一緒である。

rftibet at 20:01│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔