2012年11月26日

<速報>今日、カンゼ州セルタで若者が焼身 内地85人目

156767_528397363839430_1265442383_nセルタ金馬広場。

今日、11月26日、午前11時半頃、カム、カンゼ、セルタ・ゾン(དཀར་མཛེས་བོད་རིཊ་རང་སྐྱོང་ཁུལ་གསེར་རྟ་རྫོང་四川省カンゼチベット族自治州色達県)セルタの金馬広場でワンギェル(དབང་རྒྱལ་)、20歳前後が中国政府のチベット弾圧に抗議する焼身を行った。

目撃者の話によれば、彼は広場に通じる大通りで焼身し、炎に包まれながら「ダライ・ラマ法王をチベットに!チベット人には自由が要る!」と叫びながら金馬像の前まで走り、そこで倒れたという。この広場には常時警備部隊が大勢配備されており、彼らが倒れたワンギェルの火を消し、運び去った。目撃者は「炎は大きく、彼は酷く焼けていた。助かる見込みはないであろう」と話した。その後の安否は未だ不明。

tn_-_Copy_(2)追加写真:ワンギェルの写真。

ワンギェルはセルタ県ケンレップ郷カシュル村(མཁན་ལེབ་ཡུལ་ཚོའི་ཁ་ཤུལ་སྡེ་བ་)の出身。両親は彼が幼い時に死亡したという。彼は元僧侶であり、現在は地元の人民中学校に通っていた。

セルタでの焼身は初めてである。ただ今年3月12日に同じ金馬広場で17歳のティンレーという中学校生徒が焼身を図ろうとしたが、ガソリンを飲み過ぎ火を付ける前に意識を失い、倒れ、逮捕されたという事件があった。詳しくは>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51736114.html

今年1月24日にはセルタで大規模な抗議デモが発生し、これに対し部隊が発砲し死傷者が出ている。詳しくは>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51728031.html等。

参照:26日付けTibet Timesチベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=6957その他。

626_10151181095656312_1635585592_nワンギェルが焼身したことを知った、同じ中学校の生徒たちが「悲しみを共に・連帯」と書かれた横断幕を掲げ写真を撮っている。

rftibet at 21:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔