2013年01月15日

焼身の情報を国外に伝えたとして8人連行

去年11月29日、アムド、ルチュ(甘粛省甘南チベット族自治州碌曲県)でツェリン・ナムギェル(31)が焼身抗議を行い、死亡した。(詳しくは>http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51771156.html

この事件の後、ルチュ警察は彼の焼身に関する情報を国外に伝えたとして、去年12月末に8人のチベット人を連行。内1人は解放されたが、残りの7人は行方不明のままという。

0134最初に連行された僧ケルサン・サムドゥプ

12月20日、地元警察はルチュ県サムツァ郷(ཀླུ་ཆུ་རྫོང་ཟམ་ཚ་ཡུལ་ཚོ་)にあるドンスク・ゲデン・シェラップ・プンツォク・ダルギェリン(僧院གདོང་ཟུག་དགེ་ལྡན་ཤེས་རབ་ཕུན་ཚོགས་རབ་རྒྱས་གླིང་)に押し掛け、僧ケルサン・サムドゥプ(44)を尋問した。次の日、彼は「分裂主義者と関係を持った」との嫌疑で連行された。彼が連行された3日後には、11月29日に焼身、死亡したツェリン・ナムギェルの情報を国外に流し、今も国外と連絡を取っているとしてロツォ村のニマ、ラモ・ドルジェ、ドルジェ・ドゥンドゥプ、ケルサン・キャプ、ケルサン・ソナム、ケルサン・ナムデン、ソナム・キの7人が連行された。

この内、ケルサン・ナムデンは焼身したツェリン・ナムギェルの妻の弟である。また、唯一の女性であるソナム・キは2008年、ラサで商売をしていた時、国外と連絡を取ったとしてラサを追い出されたことがあった。

その後、ニマだけは携帯等を押収された後、解放されたという。その他の7人はルチュで拘束されているのであろうと思われているが、確かな居所は不明のままである。

参照:12日付けTibet Timesチベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=7185
12日付けRFAチベット語版http://www.rfa.org/tibetan/chediklaytsen/amdolaytsen/amdo-stringer/8-tibetan-arrested-from-luchu-amdo-01122013115203.html

056
ケルサン・キャプ

064
ケルサン・ソナム

0416
ドルジェ・ドゥンドゥプ

0314
ラモ・ドルジェ

0229
ニマ


rftibet at 15:42│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 宇野伸二   2013年01月17日 22:46
チベット人は非常に強い意志の人々 です。
2. Posted by gw2 gold   2013年03月16日 22:16
チベット人は非常に強い意志の人々 です。
3. Posted by ピアノ買取   2015年11月17日 03:05
5 ピアノ買取センター ��轡團▲稜禺莪豎膾債

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔