2013年01月22日

<速報>今日再び新たな焼身 ボラ郷 今年3人目

サンチュ、焼身者の村







今日焼身したクンチョク・キャプの故郷、ギャンリン村。

南インド、デブン僧院僧侶ソナムが先ほどTibet Timesに伝えたところによれば、今日、1月22日、現地時間正午頃、アムド、サンチュ県ボラ郷にあるボラ僧院の討論場の近くで1人のチベット人若者が中国政府のチベット弾圧に抗議するために焼身した。生死は今のところ不明。

若者の名前はクンチョク・キャプ(དཀོན་མཆོག་སྐྱབས་ニックネームはクンベདཀོན་བྷེ་)、年齢は23歳。ボラ郷ギャンリン村の出身。父の名はドルジェ・ツェテンだが、すでに死亡、母の名はリンチェン・ツォ。結婚しており、妻の名前はカルモ・ツェリン。2人の間には10ヶ月の赤子が1人いるという。

mmexport13572091クンチョク・キャプが焼身したというボラ僧院。

現在のところ、その他詳細は不明。

新しい情報が入り次第追記する。

内地焼身101人目。ボラ郷での焼身4人目。サンチュ県ではこれまでに12人が焼身しているが、ウーセルさんによれば全員遊牧民であるという。

参照:22日付けTibet Timesチベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=7227
22日付けphayulhttp://www.phayul.com/news/article.aspx?id=32889&t=1phayul はクンチョク・キャプはその場で死亡した模様と伝える。

rftibet at 20:39│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔