2013年02月13日

<速報>チベット独立100周年記念日にカトマンドゥで若い僧侶が焼身 病院で死亡

01-556136_455238チベットの正月3日目、そして「チベット独立宣言100周年」に当たる今日、2月13日にネパールのカトマンドゥで1人の若いチベット人僧侶が中国政府に対する抗議の焼身を行った。

朝8時15分頃、カトマンドゥ、ボドナートの仏塔を巡るコルラ(右繞)道の上で、21歳とも言われる若いチベット人僧侶が身体に油を掛け、火を点けた。大きな炎に包まれながら「ダライ・ラマ法王に長寿を!」と叫んだ、と目撃者は言う。他にも反中国的スローガンを叫んだという報告もある。

現場にはネパールの警官が大勢集まり、荒っぽく火を消そうとした。火が消された後Tribhuwan University Teaching Hospitalに運び込まれたという。他の目撃者は「おそらく生きることは難しいだろう」と話した。

彼はあるカフェに入り、トイレを貸してくれといったそうだ。そして、トイレから出た時にはガソリンを被っており、そのまま道に出て火を点けたという。

539816_570713706274462_789761795_n現在まだ、焼身者の氏名等詳しいことは伝わっていない。分かり次第、追記する。

ネパール政府は中国政府のご機嫌を伺うかのように、このところ年々チベット人の政治的活動の制限を強化し、市民的権利も制限し続けている。特に最近、この焼身があったボドナートの仏塔付近の警戒が厳しくなり、仏塔の回りは一切の政治的集会が禁止されたばかりである。ネパールには約1万5千人のチベット人が住みついている。

本土以外で焼身抗議は今年初めてである。内外を合わせたチベット人の焼身抗議者の数は1998年のツプテン・ンゴドゥプ以来107人目。2009年以降では105人目。内地101人、外地4人である。カトマンドゥにおける焼身は2011年11月10日の僧ブトゥク以来2人目。

追記(2月14日):RFA中国語版は、焼身者の名前を「ダワ」と呼び、彼は病院に運ばれた後、死亡したという。

参照:13日付けTibet Timesチベット語版http://www.tibettimes.net/news.php?showfooter=1&id=7313
13日付けphayul http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=33030&article=Breaking%3a+Tibetan+monk+self-immolates+in+Nepal
13日付けAP>Washington Post http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/tibetan-protester-sets-himself-on-fire-in-nepals-capital-in-apparent-protest-against-china/2013/02/12/26d43e8a-7592-11e2-9889-60bfcbb02149_story.html

02-c64d672850785











543702_570714836274349_1654101726_n










rftibet at 18:26│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リゾームリー   2013年02月16日 14:27
中原様 ご無沙汰しています。
変わらずご活躍のようですね。
写真と記事サイトでシェアさせて頂きました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Lee
2. Posted by トンバニ   2013年02月17日 11:00
Leeさん ご無沙汰です。学校うまく行っているようでなによりです。
シェア、ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔