2013年06月15日

11日にタウで焼身した尼僧の身元判明

2aebe6b6ニンツォ僧院裏の丘から眺めたタウの街。

6月11日、現地時間午後5時頃、カム、タウ(ཁམས་རྟའུ་རྫོང་། 四川省カンゼチベット族自治州道孚県道孚)のニンツォ僧院近くで焼身した尼僧の身元がようやく判明したが、生死は依然不明のままである。

Tibet Express によれば、彼女の名前はワンチェン・ドルマ(དབང་ཆེན་སྒྲོལ་མ།)、31歳。出身地はタウ県内であるが、南のニャクチュ県とのほぼ県境にあるダパ(འདྲ་པ།)と呼ばれる場所という。所属していた尼僧院はバルシャプ・ダクカルという聖山の中にトゥルク・チュキ・ニマという高僧が創建したダクカル尼僧院(བྲག་དཀར་བཙུན་དགོན།)であるという。同じくこのタウで2011年11月3日に焼身、死亡した尼僧パルデン・チュツォ(35)が所属していた尼僧院であるダクカル・ジャンジュプ・チュリンとは違うが、同じくダクカルにあり、場所は近いという。

彼女の焼身を目撃した人の話によれば、その人の後ろの方から大きな叫び声が聞こえたので、振り向くと炎に包まれる人が立っていたという。その時、同じくこれを目撃した男性が「早く火を消して確保しないと、中国の手に落ちるぞ!」と叫び、火を消そうとした。数人で火を消そうとしたが、そうする内にも部隊が駆けつけ、消火器で火を消し、彼女を車にのせ連れ去った。同時に先ほど「早く火を消して確保しないと、中国の手に落ちるぞ」と叫んだ男性も2人の警官にひどく殴られた後、連行されたという。

ワンチェン・ドルマは最初タウの病院に運ばれた後、大きな軍のトラック3台とともにダルツェンドの病院に移送された。その後、噂では両親か親戚の1人が病院で彼女に面会したらしいと言われているが、確認された消息は伝わっていない。その他、両親の名前、尼僧院の状態、同時に拘束された男性の身元なども、電話やネットが繋がりにくい状態が続いており不明のままという。

参照:6月14日付けTibet Express チベット語版http://www.tibetexpress.net/bo/home/2010-02-04-05-37-19/10716-2013-06-14-16-43-22
6月15日付けphayul http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=33601&article=Latest+Tibetan+self-immolator+identified+as+nun+Wangchen+Dolma

rftibet at 14:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔