2013年06月17日

11日にタウで焼身した尼僧の死亡が確認された 内地死亡確認102人目

1013404_187776914714966_1889138548_n生前の尼僧ワンチェン・ドルマ

6月11日にタウ(四川省カンゼチベット族自治州道孚)で焼身した尼僧ワンチェン・ドルマ(31)の消息は、現地の電話やネットが遮断されていたため不明のままであった。15日の午後から電話とネットが再び通じるようになり、彼女の消息が判明し、写真も伝えられた。

Tibet Expressによれば、焼身後、警察によりダルツェンドの病院に運ばれていたワンチェン・ドルマは14日の午後8時頃、病院で死亡したという。遺体は家族に渡されず、すぐに当局により電気遺体焼却炉で焼却された。

14日、ミニャク・ダパにある家族の元に警官が押し掛け、遺族の下に慰問に来た地区の人々、親戚、僧侶や尼僧を追い払い、家族が外に出ることも禁止した。このような状況の下、家族は追悼法要も行えない状態という。

ワンチェン・ドルマはタウ県ダクト郷ダパ村ギェルブム家の娘。俗名はツェリン・ドルカル、法名はワンチェン・ドルマ、31歳。父の名はテンジン、母の名はユドゥン。

近くに尼僧院がなかったので、タウ、バルシャプ・ダクカルという聖山にあるニンマ派のラマ、トゥルク・チュキニマが始めた僧・尼合同の修行場で修行していた。彼女は焼身の前日、10日にタウの学校を訪問し、生徒たちに「チベット語をしっかり学ぶように」というスピーチをしていたという。

同郷の人の話によれば、ダパ村では、数年前から政府がここにダムと発電所を作るので、村人たちは移住しろという命令を受けているという。これにより、村人たちは非常に困難な状況に陥っているという。

sonam_tserong_tawu1彼女の郷里である、ダクト郷ダパ村はタウの南方63キロのところにある。山に囲まれた寒村である。

地図はタウ県全図。上方の赤い印がタウ、下方の印がワンチェン・ドルカの郷里。

2009年以来、内地焼身119人目、内外合わせ123人目。女性19人目。

内外合わせ、死亡確認104人目。内地死亡確認102人、外地2人。

参照:6月17日付けTibet Express チベット語版http://www.tibetexpress.net/bo/home/2010-02-04-05-37-19/10720-2013-06-16-15-14-10

焼身者顔写真最新




















内地焼身者119人の顔写真:VOT Gurbum Tibet Gyalo制作

rftibet at 15:44│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔