2013年09月21日

国際ペンクラブがチベットの危機的状況に関する決議文を採択

130920100614339月9日から12日までアイスランドの首都レイキャヴィークで行われた第79回国際ペンクラブ総会において、「チベットの危機的状況」に関する7か条の決議文が採択された。

この決議文には、現在収監されているすべてのチベット人歌手、作家、芸術家の即時解放、チベット人作家に対する規制緩和、120人に及ぶ焼身抗議の原因精査、市民的及び政治的権利に関する国際規約批准とこれを中国の法律中に含めること、等を中国政府に要求するという項目が含まれていた。

この決議文の草案はペン海外チベット作家協会から派遣されたロプサン・チュダックとウーセルによって提出されたものであった。

「中国から派遣された代表団がいる前でこの決議文がメンバーにより採択されたのを目撃するのは素晴らしい体験だった」とウーセルは語る。

この決議文のコピーは国連を初め、国際機関、各国政府とリーダーたちに送られるという。

第79回国際ペンクラブ総会には世界70各国から190人の代表者が集まったが、中国ペンクラブからも6人が参加していた。

会議ではインドとビルマに新たな支部を作ることが採択され、世界中の表現の自由と刑務所に囚われている作家の状況について話し合われた。

国際ペンクラブは1921年にロンドンで結成され、現在世界中に144の支部を持つ。ペン海外チベット人作家協会は2002年に承認され、現在90人以上のメンバーがいる。

参照:19日付けRFAチベット語版
20日付けphayul

rftibet at 21:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔