2013年09月29日

<速報>ンガバで新たな焼身 7週間ぶり 俗人41歳 

photo38焼身、死亡したシチュン

ダラムサラ・キルティ僧院によれば、9月28日、現地時間午後4時過ぎにンガバ州ンガバ県ゴマン郷 (རྔ་པ་སྒོ་མང་།)タワ村(མཐའ་བ།)でチベット人シチュン(ཞི་ཆུང་།)、41歳が中国政府のチベット政策に抗議する焼身を行い、その場で死亡した。

シチュンは自宅で身体に火を放ち、外に飛び出し、中国政府を非難するスローガンを叫びながら国道に向かって40歩ほど走り、国道の手前で力尽き倒れ、その場で死亡したという。

ゴマン郷タワ村では、前日から村人たちが草原にテントを張り、「メントゥン」と呼ばれる夏祭りのようなものが行われていた。シチュンは午前中この祭りに参加した後、午後家に帰り、ダライ・ラマ法王の写真の前に灯明を捧げた。そしてその後、焼身を行った。

彼の焼身を目撃し、祭りに参加していた大勢のチベット人が集まり彼の遺体を自宅に運び入れた。しかし、すぐに祭りを監視するために出動していた100〜150人の部隊も家の回りに集まり、遺体の引き渡しを要求した。その内、集まるチベット人の数も増し、大きな衝突が始まろうとしていた。これを見て村の長老たちが仲裁に入り、衝突を回避させた。しかし、その後、遺体は部隊により奪われ、ンガバ方面に運び去られたという。

祭りを準備している間にも中国の役人と大勢の部隊がこれを監視していたという。そして、これを見たシチュンは友人に向かって「こいつら老いぼれ中国人役人たちの座るとこなどない。俺は奴らの目の前で焼身してやる」と言っていたという。

彼は結婚し2人の子供がいた。妻の名前はバロ、39歳、ツェポという18歳になる娘とプンツォという14歳の息子を残した。

家の主な生業は農業であったが、彼はまた針仕事に長けており、人々の必要とする服等を仕立て、人が集まる時等に小さな出店を出し、それらを売っていたという。

内地焼身者121人目。チベット人による焼身抗議は8月6日にネパール、カトマンドゥ、ボドゥナート仏塔傍で焼身・死亡した僧カルマ・ゲンドゥン・ギャンツォ以来およそ7週間ぶり。

内地では7月20日、ゾゲで僧クンチョク・ソナムが焼身して以来2ヶ月以上ぶり。

その他参照:28日付けTibet Times
28日付けRFA中国語版

rftibet at 02:07│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by な   2013年09月29日 13:16
もう、焼身抗議なんかする必要はないと思う。何故ならもうすぐ中国は崩壊すると思うからです。多分、20年も保たないんじゃないかな?と思うのです。早ければ10年以内かもしれない。
だから、焼身抗議なんか止めて下さい。命を大切にして下さい。バカな中国のために死ぬことはない。死なずに生きて、チベットのために役立てて下さい。あなたのその能力を。

以上です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔