2013年12月04日

<速報>ンガバ県メルマ郷でマチュ県の2児の父が焼身抗議 123人目

Konchok-Tseten-Tibet-2013焼身したクンチョク・ツェテン


チベット系メディア等によれば、12月3日、現地時間午後5時頃、ンガバ州ンガバ県メルマ郷中心街の路上でマチュ県出身の遊牧民クンチョク・ツェテン、30歳、2児の父が焼身抗議をおこなった。

目撃者の話しによれば、彼は炎に包まれながら、「『ダライ・ラマ法王に長寿を!ダライ・ラマ法王をチベットに!内外のチベット人が再び結ばれますように!』と叫びながら行き来し、倒れた。倒れ、なお炎に包まれながら、両手を合わせ、なにかしゃべっているようだったが、内容は分からなかった」という。

間もなくして武装警官隊が到着し、彼を連れて行こうとした。焼身者を囲っていたチベット人たちはこれを阻止しようとして、部隊と小競り合いが発生したという。この時数名が連行され、結局、焼身者を守ろうとするチベット人たちは蹴散らされ、生死不明のクンチョク・ツェテンは部隊により連れ去られた。バルカムの病院に運ばれたとの噂はあるが、現時点では生死不明である。が、ある目撃者は「生きる望みは少ないであろう」と語った。

その後、彼の妻と親戚の何人かも拘束されたという。4日の朝からは郷一帯に大勢の部隊が配置され、すべての商店は強制的に店を閉めさせられ、厳しい警戒が行われ、路で携帯を取り出せばすぐに取り上げられるという。

クンチョク・ツェテンは甘粛省ケンロ州マチュ県チュカマ郷ギュラ村の出身、父の名はサムコ、母の名はウンガ、妻の名はナムナン(28)、妻のと間に2人の息子がおり、上はチャクドル・キャプ、4歳、下はパーツェル・キャプ、3歳。クンチョク・ツェテンは妻の家に養子として婿入りしていたのである。

2012年1月23日にこのメルマ郷で政府に抗議する数百人が参加したデモが行われた。この時クンチョク・ツェテンもデモに参加し、一時拘束されていた。

ことしの夏、クンチョク・ツェテンは親戚の1人に「俺は中国政府がチベット人を弾圧し、自分たちが苦しめられていることにもう我慢できない。これを訴え、抗議するために焼身するつもりだ」と明かしたという。打ち明けられた彼はすぐに「そんなことはやらないほうがいい」と諭したが、決心したようないいかたで、まったく話しを聞き入れなかったという。

参照:11月4日付けTibet Times
11月4日付けTibet Express

1452428_10152144940370337_1084298667_n井早智江さんがクンチョク・ツェリンに捧げた絵。

rftibet at 21:11│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔