2015年06月02日

<続報>先週ツォネで焼身・死亡したサンゲ・ツォは短い遺書を残していた

bdb990646月1日付けICT(International Campaign for Tibet)リリースによれば、先週5月27日に甘粛省甘南州ツォネ県で焼身抗議を行い、その場で死亡した2児の母サンゲ・ツォ(36)は焼身直前に短い遺書を走り書きしていたという。その他、目撃者の情報も伝えられている。

現地よりの情報によれば、サンゲ・ツォは焼身する前に「ダライ・ラマ法王に長寿を。パンチェン・ラマはどこにいらっしゃるのか?チベットに自由を」と書かれた紙を残したという。

また他の情報によれば、彼女は武装警官隊と軍隊の詰め所の前で夜明け前に焼身したが、そのとき、ダライ・ラマ法王の写真を掲げる仮の祭壇を作り、線香による供養を行っていたという。

また、早朝コルラ(右繞)していて、彼女が焼身するのを目撃したという老夫婦にコンタクトしたという情報も入っている。その老夫婦の話は以下である。「コルラをしているとき、少し遠くで炎が上がるのが目に入った。でも、それが人が燃えている炎とは思わず、何かが燃えているのだろうぐらいにしか思わなかった。それでも、なんだろうと近づいてみたが、同時に部隊も焼身に気付き出動して来たので、その場を立ち去るしかなかった」という。

当局はサンゲ・ツォの家族に対し、一切の法要を禁止すると命令し、親族のうち少なくとも1人を拘束したという。またサンゲの焼身に関連しチャプッシ僧院の僧侶1人が連行されたとの情報も入っている。

その他、サンゲ・ツォの生活に関する新しい情報も入っている。彼女は2003年にラサに出て、そこで夫となるタムディン・ドルジェに出会い、2人はラサで結婚し、2人の子供を得た。2人は食堂、店、宿屋を経営するまでになっていたという。しかし、地元の中国人商人たちに追い出し目的の嫌がらせを受け、やむなく北のナクチュで新たに商売を始めたという。最近ツォネに帰って来たが、2人はツォネとラプランに不動産を所有するともいう。子供2人は学校の傍に住む祖父の下に預けられていたという。

rftibet at 19:47│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なま   2015年06月09日 09:35
確かに一番悪いのは中国ですがね。焼身も悪いです。他者のために、というのに、自分の身近な者をすっ飛ばして、というか不幸にして、いきなりチベットのため、というのは、仏教の精神からみても間違いだと思います。
仏教を実践する僧侶が、このような行為を止めるよう呼びかけないのは残念です。
他者の幸せを祈るだけでなく、実際には行動に移すことこそ大事ではないでしょうか。他者が勘違いから悪い行為を行わないように指摘すべきだとおもいます。
焼身を繰り返すと、チベットのイメージが悪くなるだけだと思います。
2. Posted by なま   2015年06月09日 09:36
あと、わたしは、身近な者に与える不幸を無視して焼身した人たちの来世が心配です。
3. Posted by n   2015年06月17日 07:59
そうですね。私も体験したけど、癌やノイローゼや大多数と違う場合は大多数は無視するようです。鏡と写真は私も借金苦のご老人を助ける為に考慮が足りず撮った時があり、感慨深く思います。周りが気がつかない程波動が荒くなると、皆は見ません。末期癌患者などは見ると目が痛くなったり、分裂症のカウンセリングをした時も目が痛くなったりします。悩んだら死にたいとラマに相談出来たら自殺を踏みとどまる事できるかな、やっぱり1人じゃ無理だと思います。ラマみたいに訓練してないし。美人でお金持ちだからまわりからの嫉妬もあったかな…御冥福お祈りしています。
4. Posted by n   2015年06月20日 16:56
少し落ち込むと大変心が傷ついた若き文殊菩薩さまである、ニマ君の姿を思い出します。心がくじけて私がインドに行くより早く、インドのタシルンポ寺にニマ君が帰れたらいいなと思ってます。それなら私は安心して日本に残り修行頑張って生きていけると思うのです。誰かの優しさによって生きてて良かったなと感謝出来るし、生きてても苦ばっかりですが、文殊菩薩様が喜ぶ姿も見てみたいな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔