2015年07月13日

リタンの英雄テンジン・デレック・リンポチェ 獄中死

465「中国当局は彼の親戚に『リンポチェは危篤状態だ』と知らせた。親戚たちはすぐに刑務所に急いだ。しかし、到着したときには『すでにリンポチェは亡くなった』と知らせた」と、ある現地のチベット人はRFAに伝えた

Tibet Timesによればテンジン・デレック・リンポチェ(སྤྲུལ་སྐུ་བསྟན་འཛིན་བདེ་ལེགས་རིན་པོ་ཆེ།)は昨日7月12日、現地時間午後11時頃に亡くなったという。彼は13年間獄に繋がれ、65歳になっていた。親戚たちの懇願にも関わらず、遺体はまだ引き渡されていないという。

地元リタンの人々から英雄と讃えられるテンジン・デレック・リンポチェは2002年4月3日、成都で起こったと当局のいう爆弾事件の罪を着せられ、最初死刑、後無期懲役さらに刑期20年とされた。彼と共に逮捕されたロプサン・ドゥンドゥップは死刑判決を受け、すぐに刑を執行されている。

テンジン・デレック・リンポチェについてはこのブログでも度々報告している。彼は獄中で健康状態が悪化していたことが知られ、世界的な開放キャンペーンが行われていたが、その甲斐もなく遂に治療も受けることなく死亡してしまった。

HRW(ヒューマンライトウォッチ)は彼の裁判に関し「不正な裁判であり、当局は彼の宗教を守り、チベット社会と文化を守り発展させようとする努力を阻害するために彼に冤罪を与えただけである」「当局は彼の影響力を脅威と感じ始めていたのだ」というレポートを発表している。

9a3a4337彼の開放を求め4万人以上のチベット人が危険を承知で拇印付きの請願書を当局に提出している。北京に直訴に行った4人は拘束され、そん他多くのチベット人が彼の開放を求めたが故に刑を受けている。

チベット亡命政府の首相ロプサン・センゲは彼の死を受け以下のようなコメントを発表している。
「テンジン・デレック・リンポチェの死を知り非常に悲しんでいる。彼の健康状態が悪化していることが知られ、多くの弟子たちは健康を理由とした仮釈放を求めていた。仮釈放も行われず、面会も許可されなかったということは中国の強硬姿勢の現れである。このような対応はチベット人たちの反感を煽るばかりである」

チベットの人権団体等は彼の死亡を受け、各地で抗議活動を起そうとしている。

これまでに当ブログで報告したリンポチェ関連の記事は以下である。
テンジン・デレック・リンポチェの解放を求める直訴状
テンジン・デレック・リンポチェを救うために
獄中のテンジン・デレック・リンポチェに姉妹が面会 <リンポチェ獄中で衰弱>
北京に行きテンジン・デレック・リンポチェ解放を直訴したチベット人4人が拘束
獄中12年目 テンジン・デレック・リンポチェ解放キャンペーン
テンジン・デレック・リンポチェの孤児院教師をしていた2人の僧侶が失踪しすでに11年

rftibet at 21:27│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by s   2015年07月14日 10:39
祈祷他安息
2. Posted by 111   2015年07月21日 08:14
国取られた臣民、どんなにむごいことになりても何も言ふこと出来ず、同じ神の子でありながら余りにもひどいやり方、けものよりもむごいことになるのが、よく分かりてゐるから、神が表に出て世界中救ふのであるぞ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔