2017年05月20日

<速報>チェンツァで22歳僧侶焼身・死亡 内地150人目

a0f67a7d-2749-4f3c-b7d5-ec4994d04740生前のジャミヤン・ロセル

5月19日付RFAによれば、現地時間同日午前5時頃、アムド、チェンツァ(གཅན་ཚ་རྫོང་། 青海省黄南チベット族自治州尖扎県尖扎)市内にある人民病院近くの路上で22歳の僧侶ジャミヤン・ロセル(དབྱངས་བློ་གསལ། )が中国のチベット支配に抗議する焼身を行い、その場で死亡した。

ただちに現場に警官隊と軍隊が集まり、遺体は運び去られた。これを知った家族が警察署に行き、遺体の引き渡しを要求したが、拒否されたという。

ジャミヤン・ロセルはチェンツァの街から南に30キロほどのところにあるナンラ村ケルテン僧院の僧侶。この僧院には約20人ほどの僧侶が所属するという。

事件後、ツェンツァには厳戒態勢が敷かれ、その他の情報は入っていない。

内地における焼身抗議者の数が2009年以来これで150人になった。内外合わせれば156人である。
中国当局は無視を決め込み、亡命側も無策である。弾圧に起因する対立と緊張の出口はどこにも見つからないまま、悲しいことに犠牲者だけが増えて行く。

参照:5月19日付RFAチベット語版 及び英語版



rftibet at 09:26│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by フリーチベット   2017年06月18日 00:10
なんとか焼身を止めさせられないだろうか
そういう抗議が効果的だと思っているのかもしれないが
こういう若者が亡くなってしまったら独立は更に遠くなる
世界中の人々は、もっとチベット、ウイグル、南モンゴルの現状を知り、中国崩壊へ向け動かなければならない
2. Posted by チベットの慈悲フリーチベット   2017年07月04日 21:46
とても、悲しい出来事であります。
そして、とても心が悲しくなり痛みます。
何とかして、チベットという素晴らしい国を独立させたい!
日本の政府は、もっとチベットの現状に耳を傾けるべきです!
何故ならば、チベットの独立は世界平和へと貢献するからです。
チベット仏教を心から守りたいです。
3. Posted by チベットの慈悲フリーチベット   2017年07月14日 19:25
中国の属国になるのは、チベットの僧侶たちが、一番、反対していると思います。
これらの行為は、見て見ぬふりをしては、決していけない。傍観者になってもいけない。
日本や世界の政治家たちは、チベットにもっと目を向けるべきです。
チベットの文化や寺院、それから、宗教を守るべきです。
チベットの独立を支持します!
フリーチベット!
フリーチベット!
4. Posted by    2017年07月15日 14:04
苛烈な抗議手段も日常のように扱われて耳目にできない。
5. Posted by 壁紙   2017年09月01日 02:52
5 素晴らしい記事

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔