2017年07月16日

インド、ベナレスでチベット難民が中国政府に対する焼身抗議

70b18c91-7442-47e2-8a90-47be11bfcf50男子学生寮ホールの監視カメラに映されていたテンジン・チュインが炎に包まれながら出口に向け走る様子。

7月14日、現地時間午前9時頃、インド、ベナレスにあるチベット中央大学(故サンスクリット大学)の男子学生寮のホールでテンジン・チュイン(བསྟན་འཛིན་ཆོས་དབྱིངས། )、19歳(1998年2月12日生)が中国政府のチベット政策に抗議する焼身を行った。目撃した同僚が直ちに火を消し病院に運び込んだ。

現在彼はベナレス(サルナート)の病院に収容され治療を受けている。全身の3分の2の火傷を負い、医師は「生命は保証できない状態」とコメントしている。

目撃者の証言によれば、彼は炎に包まれながらも「チベットに勝利を!」と叫んだという。

テンジン・チュインの焼身は、チベット亡命政府首相ロプサン・センゲが同大学の中央ホールで学生に向かい演説を行っている最中に起こった。それ故に一部学生の間では「首相に抗議する意味もあったのでは?」との疑惑が湧いていたが、意識があり話すことができる彼は病院で、その疑惑を否定し「チベットのために焼身したのだ。チベットに自由がないからだ」と明言している。

テンジン・チュインは焼身の前に親友宛に「遺書」を書いている。その中で彼は「自分の体はチベットのために存在する」と書き、「チベット語を忘れないように」と訴え、友人や両親に対し「泣かないでほしい。皆さんが幸福に生きられますように。来世で再会できますように」と結んでいる。

テンジン・チュインは南インド、コレガルキャンプの出身であり、現在チベット中央大学の中観学上級の生徒である。

彼はチベット青年会議のメンバーであり、かねてよりチベットの自由のために活発に活動していたという。

チベット本土以外でのチベット人の焼身抗議はこれで7人目、本土を合わせ157人が中国政府に対する焼身抗議を行ったことになる。

中国政府がチベット人に対する監視、弾圧を強化する限り、若者を中心に、非暴力的手段ではあるが、命をかけても中国政府に抗議しようという人は絶えることがないと思われる。

参照:7月14日付RFA英語版
同チベット語版
その他





rftibet at 11:28│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by    2017年07月17日 13:56
インドのニュースをチェックしてるけど見なかった。
昨日はNDTVの放送がなかったんだけど、今日なら扱っていたのかな。
2. Posted by チベットの慈悲フリーチベット!   2017年07月20日 18:36
なぜ、中国政府は、これほどまでに、チベットを弾圧するのだろうか?
そもそも、チベットは、中国の領土ではない!
出ていけ!
インド仏教の最高指導者、佐々井氏のように、時として戦う事も必要なのかも知れない。
3. Posted by チベットの慈悲フリーチベット!   2017年07月21日 23:03
ひょっとしたら、私の思う事が正しければ、なのですが、これは、中国の内部崩壊の予兆かも知れません…。
一概に、正しいかどうかは分かりませんが、その様に感じてしまう事が多いです。
ちなみに、チベット問題は、今や世界的な問題でもありますので、他人事でないことは確かなことです。
4. Posted by 樺太の隣の島の島民   2017年07月26日 23:14
チベットは内陸の高地なのでロシアと合衆国を敵に廻して核戦争するためにはどうしても重要な土地であり原住民を保護してる場合ではないのである
5. Posted by 岩崎山法栄寺   2017年07月27日 03:19
この人は助かりましたか?

はやくチベットが再建国されますよう祈念します。

必勝西蔵!!
6. Posted by 柊   2017年08月04日 19:20
焼身自殺で抗議しても意味無いだろ!?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔