仏教

2008年05月30日

ミラレパの詩を一つ

6dee4b3b.JPG朝方のブログの最後の方に少し触れた<ミラレパ>という音にすぐに反応したある人の要望に応えて、ちょっとだけミラレパの詩の一節をご紹介いたします。
相当昔に訳したものです。
チベット人の心を知るにも、人の心を知るにも、自分の心(人生)を知るにも少し役立つはずです。


ミラレパほどチベット人に親しまれている行者、詩人はいないでしょう。多くのチベット人が多くの詩歌を暗唱しています。

ダライラマ法王もここ数年に渡り、新年の長い法話の合間を縫って「ミラレパの十万歌」のルン(説明なしで、ある特定のお経等を全文読み聞かせることにより、教えを伝授すること)を今年終了されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミラレパ(1040〜1123)はその生涯を厳しい苦行と洞窟での瞑想に費やし、ついに完全な悟りに至ったと言われる
残された宗教詩は『ミラグルブム(ミラレパの十万歌)*1』として弟子達によりまとめられた。

その中から有名な『 キラレパとの出会い』の章の始まり、 『 鹿と狩人』と呼ばれる一節より;


 尊師*2に帰依いたす。
 ジェツン・ミラレパは、親しい弟子たちを各々の瞑想場に残し、独りネパールとチベットの境にある ニ・シャン・グル・タと呼ばれる遥かな山上の瞑想場に向かった。道は険しく、雲が湧き、深い霧に覆われ、絶えまなく雪や雨に打たれた。右手には険しい崖があり野獣の叫び声が響き、上空には禿鷹が舞っていた。
左手には厚く緑に覆われた美しい草原の丘があり、そこには鹿やゴワ(チベタン・ガゼル)やナワ(チベタン・ブルーシープ)等が互いに、優しく気持ちよさそうに遊ぶ姿が見られた。
行く手には心地よい森があり、様々な花が咲き乱れる中を、ラグーンや猿が軽快に飛び回り、孔雀や雷鳥等の様々な美しい鳥たちが例えばキュルルルーと鳴き交わしながら飛び交っていた。
 洞窟の辺りでは渓流の音、雪渓から滴る水の音などが重なりあい、優しく響きあっていた。

この洞窟はカタヤと呼ばれ、備えるべき瞑想場の条件をすべて満たした、人里離れた静かで喜ばしいところであった。
ここでミラレパは、善なる鬼神達の庇護を受け、<川の流れのサマーディ(三昧)>の日々を送っていた。

 ある日、遠くから犬の吠える声が聞こえ、続いて大きな音がした。
ミラレパは「今日まで、この場所は瞑想に相応しい所だったが、さて邪魔が入りそうだな」と思った。
そして洞窟から出て、近くの大きな岩の上に座し、<非無縁の慈悲*4>に溶けいった。
しばらくして、いくつもの矢を受け血を流す黒い鹿が、恐怖の様で目の前に現れた。これを見てミラレパの心には耐え難い、深い哀れみの情が込み上げてきた。

「前世の因果によりこのような動物の身に生まれ、今生ではいかなる罪深いことも犯してはいないのに、このような耐え難い苦しみを受けねばならぬとは、何と哀れなこと! いざ、この鹿に大乗の教えを説き、永遠の至福に導くべし」と思い、鹿に歌い掛けた。


ロ・ダク・マルパ尊師に頂礼す

生きとし生けるものの苦しみを救いたまえ!
鋭い角持つ鹿よ、私の歌に耳傾けよ!
お前は今、外に現れた何ものかから 逃れようとするばかりに
内なる無明と迷いから 己を解き放つ機会を得ない

悔やみ悲しまず お前の心と体を忘れよ!
今こそ内なる無明と迷いを 捨て去る時だ
熟した業の力は素早く強い 迷いの体のまま疾走し、いかに業果を逃れよう
逃れたくば 心の精髄の中に逃れよ
逃走したくば 悟りの場へと疾走せよ
他の逃げ場はすべてまやかしでしかない

まやかしの心をすべて破壊し 私とともにここで静かに暮らすがよい
今お前の心には、死が堪え難いものとして現れ
山を越えれば助かる、こちら側にいれば捕まってしまう
この恐れと期待の故に、お前は輪廻に彷徨う

されば今、お前に<ナローパの六ヨーガ*4>を教え
<マハームードラ*5>の瞑想を伝授しよう


この歌は凡天(ブラフマン)の調べのごとくに、心地良く、声のとどくいかなる有情の耳をも魅惑するような声で歌われた。
ミラレパの慈悲を受け、鹿は恐れと苦しみから解放された。
目から涙を流しながら、側にやってきて、衣をなめ、ミラレパの左側に座りくつろいだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


訳注 *1 日本語訳として『ミラレパの十万歌』おおえまさのり訳、めるくまーる社、1983年発行があるが現在絶版。これはGarma C.C. Changの英訳本1962年発行からの翻訳であるが、なかなかの名訳と思う。
今回の翻訳はルペー・ゲルツェン(1452〜1507)編、シェリック・パルカン1994年版のチベット原文を底本とした試訳である。

*2 ここで呼び掛けられている『尊師』とはマルパ(1012〜1097)のこと。マルパはインドから密教の教典を多く持ち帰り、翻訳し、多くの弟子を持った。チベットでのカーギュ派の祖師となった。
ミラレパは若い頃の悪行を悔い弟子となったが、マルパは初めその悪行の浄化のためにと、建設などの苦行を強いた。 

*3 チベットの仏教教学では『慈悲』を、
1『有情を見る慈悲』、
2『法を見る慈悲』、
3『非無縁の慈悲』と分ける。
2は無常の理解と共にある慈悲、3は空の理解と共にある慈悲、1はその他一般に対象を苦しみから救いたいとの思いである。

*4 ナローパはマルパのインドでの師であり、多くの密教の教えをマルパに与えた。
六ヨーガとは
1熱のヨーガ、
2夢のヨーガ、
3幻身のヨーガ、
4バルド(中有)のヨーガ、
5転移のヨーガ、
6光りのヨーガ、でありチャクラ(インドの伝統的生理学に基づいた神経叢)やプラーナ(気)を使った究境次第のヨーガである。

*5 「大印(大いなる印)」と訳される。チベット仏教では日本と比較して「空」の理解は「慈悲」と共に非常に大事とされ、行の中心とされる。カーギュ派に伝えられた止観双運による「空の瞑想」が「マハームードラ」とよばれる。同等のものとしてニンマ派に「ゾクチェン」、サキャ派に「ラムデ」、ゲルクに「ラクトン(時に同じくマハームドラーと呼ばれることも)」がある。

rftibet at 18:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月13日

続トンレンの行

298a0691.JPGゲシェラの授業に入ります。

今日はDream Yoga(夢のヨーガ)でも始めにやろうか?
寝ながら出来るしね!
と冗談から。(先日このクラスに来てる多くの外人が法王から無上ヨーガの潅頂を受けたので、その中には夢のヨーガ等も広くは含まれるので、大そうなものだと軽くから買われた訳)

先週、先々週と菩提心の話をしてきた。
菩提心(ジャンジュップセム)に先立ち、慈悲(ニンジェ)がいる、慈悲に先立ち特別の愛(イオンチャンバ)がいる、特別の愛に先立ち平等心(タンニョン)がいる。

平等心、チベット語のタンニョンには3種の意味がある、
一つは、禅定において対治(個別の治療手段)を使わずとも心が有ると無との中間にほどよく留まっている状態。
二つ目には、感において快・不快を離れて中間にいる状態。
三つ目には、無量の平等心と呼ばれる、四無量心のうちの一つの心。

ここで無量と呼ばれるはその対象がすべての有情をカバーするが故に無量と名づけられる。今ここで言ってる平等心とはこの3番目の無量心のことだ。

ここまでは先週までに話したし、瞑想法も教えた(目前に敵、中性の人、味方を観想し、3人に対して同様の近しい感情が沸くまで行ずる)
平等心はフレスコ画を描く前に下地をでこぼこなくスムーズに均すようなものだ。
そのなめらかな下地ができて初めてその上に素晴らしい菩提心の絵が描けるというわけだ。
敵が苦しめばざまあみろでは菩提心はありえない。

チベット語でイオンチャンバ(親愛の情)と呼ばれる慈悲のもとになる愛が次に必要だ。この心は最終的にはすべての有情をあたかも自分の一人子や母親のように近い、あいらしい、かわいい、存在として感じる心だ。

チベット人は前世来世を信じる。
これは識(心)の原因は識以外にありえず、物質から識がつくられることはないとの考えがあるからだ。それからして子宮内で生まれる新しい識の原因となるサトル(微細)な心が前世からやってくるとした。
またその始まりは無窮、始まりなしだ。終わりもない。

それからして、何万回何兆回と生死を繰り返す間には、すべての有情は一度は自分の母で会ったことがあるとの結論に至る。


少し飛んで、今日の本題のトンレンの行に入る。

この行はもともとチベットに顕密両方をインドより伝えた11cのアティーシャの弟子達が形成したカダム派の師たちによって主に行ぜられ伝えらてきた教えだ。
後にこのカダム派はゲールック派に吸収合併された。それでゲールック派の人たちもこの教えを大事にするのだ。

カダム派の著名な行者ゲシェ ポトワの教え。

まず正座して、目前に今生での自分の母親を観想する。あたかも目の当たりに本当にそこにいるように感ずるように。(どうしても私は母親に対してそんな感情にはなれないと思う人は、誰でもよいから自分ば一番恩を感じる人を思えばよい)

その母を老いて元気のない病気がちの風に思うのがいい。
今にも消え入りそうで誰かの助けがなければ一人では危うい様におもうのがいい。

その母親の苦しみと苦しみの原因をよく分析しそれらすべてを黒い煙、あるいは黒い光と観想し、長めの息と共に両鼻孔より吸い込む、その黒い光の流れが、自分の胸にあらかじめ観想してある、自分の利己心を象徴する黒い塊に衝突させる。

とその黒い母親の苦しみの光が自分の利己心の黒い塊を一瞬にして破壊する。
同時にそこから白い光がまぶしいほどに輝き出る。


その輝く白い光は鼻から吐く息とともに今度は前にいる母親の鼻から母親の胸に到り、すべての幸せと幸せの原因(菩提心、空の理解等)を母親は受取り、微笑み輝くと観想する。

これは本当に自分の心が恩返しの心、慈悲の心に満たされるまで続けることだ。

このようにしてまずは一人の近しい対象に対してこの苦しみを吸い取る行ができたならば、じょじょに対象を広げ、敵味方なく、最終的にはすべての苦しむ有情で廻りの空間を一杯にして、これを行えるようにせよ。
慣れて来たら、対象も多くなるので、すべての毛孔を使って光を出し入れしてもよい。

いづれにせよ、心を変えようと思うなら実際にこれらを実践してみることだ。
ただ話を聞いてだけでは何も変わらない。

これらは実際に苦しむ有情に出会ったときすぐに助けたいと思い、行動することができるように心を訓練するやり方だ。
実際に目の前に苦しむ有情がいるのに呼吸ばかりしていてはいけない、、ハハハ。

実際今のチベットの状況のように遠くにいて助けたくとも助けられない状況もあるだろう。このような時にこのトンレンの行を行うのは良いことと思う。





rftibet at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月12日

ダライラマ法王も中国人に対して行じられると言うトンレンの行とは?

9475d812.JPG今日は月曜日と言うことで週に一度通ってるライブラリー(Library of Tibetan Works & Archives Dharamsala)の仏教講座に行ってきました。

このクラスをもう30年近く担当してるゲシェ ソナム リンチェン師は私の20数年来の師でもあります。

最近このクラスに通ってる数人の日本人に勧められるまま、このところこのクラスのレビュークラスをその時のノートを許にルンタレストランでやってます。
本当のクラスには出ずにこの時だけ現れる日本人も歓迎してます。

クラスは先生がチベット語話し、それを通訳のルースが英語に訳すというスタイルです。ですから英語の苦手な日本人は外人に比べて理解に時間がかかる場合が多いようです。

今日は丁度、トンレンの行についてでした。丁度というのは最近「法王が毎日中国人い対してトンレンの行を実践している」という記事を目にしていたからです。
この記事、4月3日付中外日報に法王の言葉として、M女史が報告していらっしゃいました。
それによると、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この暴動が起きた当初、私は1959年に亡命を余儀なくされた時と同じ悲惨な体験をした。
毎日本土からの情報が届き、この数日は心配と不安で押しつぶされそうだった

しかし、夜いったん眠りに就けば、そういう感情に邪魔されすことなく、眠ることができる。それには秘訣があるのだ。長年の訓練の結果である。

私は毎日朝三時半に起きて瞑想をし、祈りを捧げるのだが、その瞑想の中で<トンレン>と呼ばれる修行を毎日行う。<トンレン>とは<ギブ アンド テーク>の意味だが、相手の抱えている苦しみや不幸を自分が全て引き受け、その代りに自分が持っている徳や心の平和なで、すぐれたものを皆相手に与える、という感想を行うのである。

そこで中国人たちの怒りや憎しみ、不安や疑惑などすべてのネガティブなものを自分が引き受け、自分の心の平和と徳を、中国人や暴動を起こしているチベット人たちに与える、という観想をするのだ。
実際にそうなるわけではないが、私の感情面ではこれが大いにうまく働いている」

「心が怒りに満ちていれば眠ることもできない。心配や不安があると心の平和は乱され、チベット問題の解決はない。

これは個人、家庭、国際社会のレベルにおいても同じことであり、恐怖、不信、疑惑があると、それは問題解決の大きな障害となる。
真の問題解決は、互いを尊重し、信頼することから生まれる。そしてリアリティーを正しく見てアプローチすることが重要であり、心が惑わされているとリアリティーが見えない。だからすべての人達に状況を現実的に見るようにと私は言っている」

暴動が起きてからの状況は、虎が若い小鹿をその爪に捉えているようなものだ。小鹿は虎に立ち向かえるのか?い言えば、気持ちはあってもそれは無理だ。私たちの武器は正義と真理であり、その結果が出るには時間がかかる」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一旦ここまで。


rftibet at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月14日

ツェメーユンテン(真実の祈り)


 <ツェメ-ユンテン>は、法王が亡命されてまもなく、
ご自身で作詞されたものです(もっとも最初から歌にするつもりで作られたかどうかは不明)。
 チベットに残した者たちのことを思って歌われたのです。

 今では国歌よりこの方がポピュラーなのです。

 チベット人は合掌しながらこの歌を歌います。チベット人には泣ける歌詞なのです。


<ツェメーユンテン>

<真実の祈り>
三宝に帰依いたします。

無量の徳の大海と共にある心で
身寄りなき有情を一人子の如く思し召す
三世の諸仏、菩薩、成就者たちよ
どうか、わたくしのこの真実の嘆願に耳傾けたまえ

聖俗二辺の懊悩を払い、最勝の仏の教えは
全世界の利と幸の吉祥を増長せしめる
願わくば、法に巧みなる賢者、成就者たちよ
十行の増大を示したまえ

清め切らぬ、嘗ての悪行の果
その環境の故に絶え間なき苦に喘ぐ薄幸なる有情たち
願わくば、耐え難き病、銃口、飢餓等すべての恐れ消え去り
喜びの大海のうちに、安堵の息を吐けますように

とくに、かの雪の国チベット、仏法と共にある国に生れし有情
たち
悪徳、蛮行、非情なる共産の大軍に
喘ぎ打ちのめされし、血と涙の流れ
速やかに断たれんがため、愛の力の大軍が生まれますように

煩悩の魔に惑わされ、その蛮行により
自他ともに破滅に向かう者たちは憐れむべし
残虐なる者たちに、善悪の目を得させるための慈悲、友愛が生
まれ
吉祥のうちに、すべてが結ばれますように

久しくも、心底からの悲願、全チベットの完全なる自由
吉祥が果たされますよう
聖俗の自然に溶け合う宴と呼ばれた国を再び享受する幸運が
一日も早く訪れますように

仏法とそれに従うサンガ、国と国民のため
かけがいのない己の命、大切な財を投げ出し
千万の苦を耐え続けし人々
願わくば、ポタラの王の慈悲により守られますように

そう、守護尊観音菩薩の威力により
諸仏、諸菩薩照覧のうちに
雪山の国にて祈りの大海をなせし善果が
速やかに、今ここに現前いたしますよう

現空、法空、深淵なる縁起及び三宝の悲の力と
この真実の言葉の力、過たぬ縁起の真理の力により
私たちの真理の祈りが妨げなく
一日も早く実現されますように



rftibet at 20:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)