オバマ

2009年11月13日

オバマ大統領の中国訪問は15日からでした、ボケててすみません。

e37ef630.jpg前回のエントリーに何ともお恥ずかしい間違いを書いたまま、二日以上自分のブログを開けることなく過ごし、今やっと訂正と言うわけです。
「12日にオバマが中国に行く」などと自分で勝手に考えたわけではなく、もちろん英文のそんな文章を読んだからそう思ったのでしょう。
よく確かめずにあほなこと言って済みませんでした。

オバマ氏は確か今日から二日間だけ日本でしたね、中国は15日から18日までの四日間が中国ですよね。
今じゃ中国が日本の倍大事というわけでしょうか?

ところで、最近気づけばチベット関係のニュースは日本にも確実に増えて来たと感じます。
産経さんと共同さんを中心に大手も頑張ってくれてる。
日本にチベット関係の情報があまりに乏しいと感じ、去年の春から突然始めたこのブログだが、もうニュースなどは特別のものでなければいろんなソースから結構日本にも流れ始めたようだから、ニュースは減らして行こうかなとも思います。

以下、そんな具合にすでに日本語になってるニュースの一つ。
一番笑えるやつです。

<ダライ・ラマ面会 強くけん制>

アメリカのオバマ大統領が、今月15日からの中国訪問を終えたあと、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と面会するのではないかという見方が出ていることについて、中国外務省の報道官は「オバマ大統領ならば、ダライ・ラマ14世の活動に反対する中国政府の立場が、より深く理解できるはずだ」と述べ、強くけん制しました。

アメリカ政府は、先月、オバマ大統領とチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の面会について、「互いに合意した時期に行う」と表明しており、オバマ大統領は、就任後初めてとなる今月15日からの中国訪問を終えたあとに、面会を実現させるのではないかという見方が出ています。これについて、中国外務省の秦剛報道官は、12日の定例会見で、ダライ・ラマ14世を「かつてチベットで奴隷制度を実行していた人物だ」と非難しました。そのうえで、初の黒人大統領であるオバマ大統領が、かつて奴隷解放政策を進めたリンカーン元大統領を尊敬していることを指摘し、「オバマ大統領ならば、ダライ・ラマ14世の活動に反対する中国政府の立場が、より深く理解できるはずだ」として、面会をしないようあらためて求めました。中国政府は、オバマ大統領の中国訪問を歓迎していますが、一方で、チベット問題ではアメリカ政府を強くけん制した形です。

NHK 2009年11月12日
http://www3.nhk.or.jp/

ーーーーーーーーーーーーー

オバマ氏は胡錦濤に会ったら、まずこの外務省報道官の発言はただのジョーク(或いはブラック・ジョーク)なのかどうか確認してから話を始めたほうがいいんじゃないでしょうか。

どうせ、オバマ氏も今回人権の話で成金を不機嫌にさせる気はないでしょうが、言い訳に、「平気でこんな発言をする政府に人権の話をするのも馬鹿らしいと思ったから、、」なんて言うつもりでしょう。

結局、インド政府に対しても、アメリカ政府に対しても普通の常識(ジェントルマン)では考えられないような言葉を使うというのも効果があるわけです。
相手に初めからまともな話の希望を全く持たせないことで徒労感を与えることができるわけです。










rftibet at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月16日

ダライラマ・オバマ会談はまだ未定でした

前回の「法王とオバマ大統領の会談が実現!」は、本当は「?」のようです。

http://www.rfa.org/tibetan/sargyur/obama-middle-way-on-tibet-under-scrutiny-09152009212627.html
上はおそらく無理であろうとのRFAの記事。

今、時間ないのくわしくはまた。ティーチングに遅れそう!




rftibet at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月15日

ダライラマ/オバマ会談が11月に!

6fa1c375.jpg<オバマ大統領、インド ダラムサラのダライラマに、使節団を送る>

ICT 発表声明、2009年9月14日

ダラマラマ法王事務所は9月13日と14日に、米国政府高官との会談
が北インド ダラムサラで行われたことを発表しました。使節団
はオバマ大統領の政府間関係と公式実務の上級顧問、兼、大統領補佐官
であるValerie Jarrettが代表し、民主主義と国際問題を取り扱
う国務次官Maria Oteroを含む米国政府高官によるもの。
(Valerie Jarrettはチベット問題の調整官を兼任する)

ダライラマ法王のウェブサイトに発表された声明によると
http://www.dalailama.com/news/432/news.htm
(http://www.dalailama.com/news/432/htm), Jarrett大統領補佐官はオ
バマ大統領の誓約である「チベットの独自な宗教、言語と文化的な伝統
を守ろうとしているチベット人への支援と、彼等の人権と自由の権利が
守られるようする」旨を伝えるとともに、合衆国大統領として、チベッ
ト人のために中国の中にあって、意味のある自治を求めるその一環した
中道のアプローチを称えました。

法王事務所の古参秘書官はJarrett大統領補佐官が、オバマ大統
領とダライラマとの揺るぎない友好の存続を示し、加えて中国ー米国間
外交を強める意向を示しました。これによって、米国は両国間の対話の
進展、人権改善その他のチベット人にとって改善されるべき事情に対す
るより強い立場になるためとしています。

声明では、11月に開かれる米ー中サミットの直後、オバマ大統領とダ
ライラマがワシントンDCで会見する旨も、発表しています。


先出の法王事務所、古参秘書官は、国境問題も含めて、協議するために
オバマ大統領が北京での協議後、大統領とダライラマ法王が会見するこ
とが望ましいと決まったと語る。

ダライラマ特使のロディギャリ氏は、”法王様は(使節団と)大統領が
どのように具体的にチベット人の状況を改善できるかという意見を共有
され、北京サミットでチベットに関して、どのような展開になったかを
大統領から直接伺える機会を大変有り難く思います。と述べられ、今後
年末に向けての法王様のスケジュールはホワイトハウスからの打診を
待って会見の調整をする予定です”と話しました。

中央チベット行政府のサムドン・リンポチェ主席大臣は米国使節団の訪
問を受けて”オバマ大統領のダライラマ法王のリーダーシップとアプ
ローチに対する賞賛と、チベット仏教文化に対する尊敬を示された、今
回の訪問はチベットにとって、重要な訪問です。わざわざ遠路をお越し
いただいて、直に法王様とチベット人にメッセージをお伝え頂き感謝し
ます。”とのべました。

Press contact:
Kate Saunders (in Washington, DC)
Communications Director, ICT
Tel: +1-202-731-3148 or +44 7947 138612
email: press@savetibet.org

訳文責;若松えり






rftibet at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月13日

アメリカはチベットを忘れない。

9ab6dd32.JPGオバマ大統領もアメリカ議会もチベットを見捨てたわけではないようです。

今日3月13日付Phyul.com/Dhramsalaによれば:
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24154&article=Obama+raises+Tibet+issue+with+Chinese+FM
オバマ大統領は昨日12日、オーバル・オフィスで行われた中国政府外務大臣ヤン・ジェチェとの会談の席上チベット問題に言及した。

会談後のステートメントによれば「大統領は中国政府とダライ・ラマ特使の対話の前進を期待している」ことが表明されたという。

会談中、「オバマ大統領は人権促進が合衆国の外交政策の重要な柱である」ことを強調した。

今週初め「チベット蜂起50周年記念日」の当日、合衆国政府は中国政府に対し「チベット政策の見直し」を要求した。
その政策により「チベットの宗教、文化及び生活に有害な衝撃が加えられた。今のチベットの緊張状態はその政策の作り出した結果だ」と表明されている。

ホワイトハウスのスポークスマンであるロバート・ウッド氏は10日、チベットの人権状況に対する危惧を現わしながら、「チベットに真の長期的安定」をもたらすには法王特使との「実質的対話」の実現しかない、と語った。

ウッド氏はさらに、「合衆国政府は、すでに中国政府がチベット地域において、その文化と宗教に対する弾圧を強化したことにより、普遍的人権の基準に反する行為をなしたと結論付けている」とも語った。

昨日3月12日にはアメリカ議会においても、非拘束決議として「チベットの人々、及びその亡命中の精神的リーダーであるダライ・ラマ法王の苦況を認識する」ことが議決された。

その前日の11日には下院においてほぼ全会一致で「チベット問題の長期的、平和的解決のために、各国に持続的な努力を続けることを要請する」ことが決定された。

決議案はさらに中国政府に対し「チベット人に対する弾圧を止めること。愛国教育キャンペーン、自由に政治的意見を表現した者たちや現地の状況を知らせた者たちに対する拘束、虐待を含めたチベット人に対して取られている厳しい政策を即時撤回すること」を要求している。

この決議は賛成422、反対1、棄権9とほぼ全会一致であった。
この決議案が採決される同じ時刻に中国の外務大臣ヤン・ジェチはワシントンで会談を行っていた。
オバマ大統領との会談が次の日であった。

この決議案の提出者の一人であるフランク・ウルフ議員は「この同じ町に今いる中国の外務大臣に聞こえることを願うが、、、これはチベット人社会の枠組みをシステマティックに破壊していくという文化的ジェノサイドだ」と語った。

----------------------------------
成都12.3.09
写真左は3月12日、成都のチベット人街の入り口で、一人のチベット人が警官に囲まれ暴力的に扱われている様子。
チベット人の多い地区には大勢の武装警官が配備され、厳しいチェックが行われ、すべてのジャーナリストは追い返されているという。C/R AP




rftibet at 18:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月22日

法王はオバマ氏に対し、経済危機に対しコメント

fdfc278d.jpg時には私も忙しい人になることもある。
今、バンガロール発デリー行きのフライトの中でこれを書いている。
デカン高原上はほとんど雲もなく快晴。

ーーーーーーーーーーーーーー

まずは、オバマ新大統領の就任にちなみ1月20日、法王はポンディチェリーのオーロビルにて,「オバマ氏を祝福し彼の成功を心から祈願する」と記者団に語られた。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=23655&article=Dalai+Lama+Congratulates+Obama

法王はオーロビルに新しく建設された<国際チベット文化パビリオン>の開館式のためポンディチェリーをご訪問されていた。

これに先立ち法王は11月オバマ氏に宛てた手紙の中で、、、(再掲)
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2008-11.html?p=2#20081106
「アメリカ市民が、アメリカの多様性と誰でも最高の地位に昇り詰めることができるという基本理念を体現した人物を選んだことに、私は勇気付けられた」
「アメリカの大統領選挙はいつも、世界中の民主主義、自由そして機会均等の原則を信じる人々を勇気付ける大きな源泉である」と語り、

キャンペーン中に示した、彼の「決意と正義感に基ずく勇気」、チャレンジを受けた時の「優しさと冷静さ」を讃えた。

今年春の電話会談のことを思い出しながら、「これらのあなたの根本的特質はチベットの現状へのお心遣いにも現わされていた」とコメントし、

アメリカ合衆国の大統領として、あなたはもちろんこれから大きな責任と困難に立ち向かわなければならないことでしょう。しかし一方で、今もなお人間としての基本的最低の要求のために戦い続ける何百万人もの人生に変化を創り出すことのできるであろう、多くの機会を持つことでしょう。どこに居ようと、そのような人々のことを忘れず、そのような人々のために働かれますように」
と訓戒された。

法王とオバマ氏は2005年に出会っている。

キャンペーン真っ最中の7月にもオバマ氏は個人的手紙を法王に送り
私は引き続き法王とチベット人の権利を支持する。あらゆる宗教に所属する人々が法王の行動とその理念を称賛している」と語り、
法王に至上の敬愛を示し、チベット人たちの正義と自由の戦いを支持することを表明している。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に、法王サイトに載ってた法王の今回の経済危機に関するコメント。
http://www.dalailama.com/news.335.htm

<経済危機は際限のない強欲の結果だ、と法王>

1月16日法王はサルナートにて「世界経済の破綻の主原因は人々の際限のない強欲にある」と語られた。

記者会見の席上、法王は「私は経済専門家ではないが、、、市場というものは人間の作り出したものなのに今、それが人間の力でコントロールできない状態になっているということを普通の人は理解できないでいる。
私の思うに、経済危機は人間の際限のない強欲と隠蔽と嘘の結果だ。
これらの要因により経済はほぼ崩壊しかかっている。

精神世界は満足と誠実さ、真理と道徳性を説く。

こんような状況は世界がもっと寛容と精神性を備えていれば起こらないであろう。
このような時、メディアも大事な役割を担うと思う。
メディアはあたかも、もう希望は無いかの如くに大袈裟に書き立てるが、<YES>、希望はあるのだ、将来はあるのだ。
メディアはもっと世界を肯定的に形創る役割を担うべきだ」
と語られた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、デリー空港の中、これからカトマンドゥに向かいます。


rftibet at 12:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年11月06日

オバマ氏へのダライラマ法王よりのお手紙

b52330f8.jpg写真は2005年 C/R phayul.com

ダライラマ法王及び首相のサムドゥ・リンポチェと議会議長のカルマ・チュペル氏は其々バラック・オバマ氏に祝福の手紙を送られたという。http://phayul.com/news/article.aspx?id=23156&article=Tibetan+leaders+congratulate+Obama%e2%80%99s+historic+victory
以下、その要約です。法王以外のお二人の手紙の内容も少し載ってます、興味のある方は上の英文へ。


法王はその中で、「アメリカ市民が、アメリカの多様性と誰でも最高の地位に昇り詰めることができるという基本理念を体現した人物を選んだことに、私は勇気付けられた」
「アメリカの大統領選挙はいつも、世界中の民主主義、自由そして機会均等の原則を信じる人々を勇気付ける大きな源泉である」と語り、

キャンペーン中に示した、彼の「決意と正義感に基ずく勇気」、チャレンジを受けた時の「優しさと冷静さ」を讃えた。

今年春の電話会談のことを思い出しながら、「これらのあなたの根本的特質はチベットの現状へのお心遣いにも現わされていた」とコメントし、

「アメリカ合衆国の大統領として、あなたはもちろんこれから大きな責任と困難に立ち向かわなければならないことでしょう。しかし一方で、今もなお人間としての基本的最低の要求のために戦い続ける何百万人もの人生に変化を創り出すことのできるであろう、多くの機会を持つことでしょう。どこに居ようと、そのような人々のことを忘れず、そのような人々のために働かれますように
と訓戒された。

法王とオバマ氏は2005年に出会っている。

キャンペーン真っ最中の7月にもオバマ氏は個人的手紙を法王に送り
私は引き続き法王とチベット人の権利を支持する。あらゆる宗教に所属する人々が法王の行動とその理念を称賛している」と語り、
法王に至上の敬愛を示し、チベット人たちの正義と自由の戦いを支持することを表明している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AFP発
http://www.afpbb.com/article/politics/2535930/3500935

新華社によると、杜青林(Du Qinglin)統一戦線工作部長は、「チベットの独立は論外。半独立や見かけ上の独立も論外だ」と特使に語ったという。



rftibet at 18:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)