オリンピックトーチ

2008年06月19日

アムネスティ報告、カトマンドゥでチベット要人逮捕

c6659df0.JPGオリンピックトーチがラサに到着する日もせまり、アムネスティも控えめながらチベットの人権侵害状況を知らせ、世間に対しチベットへの注目を促してくれている。

http://phayul.com/news/article.aspx?id=21673&article=Amnesty%3a+More+than+1%2c000+unaccounted+for+in+Tibet

Amnesty: More than 1,000 unaccounted for in Tibet
アムネスティ: 1000名以上のチベット人が行方不明

AP[Thursday, June 19, 2008 09:32]
By MEERA SELVA
AP通信 ミーラ・セルバ

【ロンドン】 3ヶ月前のチベットにおける騒乱の時期に、1000名以上の抗議者達
が行方不明になっている――人権団体のアムネスティ・インターナショナルが18
日(水曜)発表した。

アムネスティ・インターナショナルによると、3月のチベット騒乱時に警察によっ
て逮捕された4000名のうち、およそ4分の1が今だに行方不明という。その他の人
々は釈放されたか、正式に逮捕されている。

オリンピックの聖火リレーは今度の土曜日にチベットの首都ラサを通過するとみ
られている。アムネスティのアジア太平洋支部局長サム・ザリフィ氏は、このイ
ベントは行方不明の人々や収監されている人々への注目を集めるだろう、と述べ
ている。

「チベットから外に出てくる情報はきわめて少ない。だが私達の手元に寄せられ
ている情報によると、恣意的な逮捕や拘束者への虐待など、悲惨な実態が伺われ
る」と、ザリフィは言う。「聖火リレーがチベット域内に入ろうとしている今こ
そ、チベットでのこうした実情に光を当てる機会となるべきだ


ラサの僧侶達は3月、中国の支配に対してデモを行った。抗議の波はチベット中に
広がり、抗議者達が警察と衝突する機会が増えるにつれて、暴力を伴うものとな
った。中国当局は治安を名目とした弾圧で対応し、外国人旅行者やほとんどの国
際メディアがチベットの各地域へ入ることを禁止している。

アムネスティ・インターナショナルによると、警察や治安部隊は人々と外の世界
との連絡を絶つため、チベットの僧院や尼僧院、個人の家から携帯電話やコンピ
ュータを没収しているという。

中国は数世紀もの間、チベットを支配してきた、と主張している。だが多くのチ
ベット人は、自分達の母国は中国の言う数世紀の間も、実質的に独立していた、と語っている。

(以上)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上の記事も実はAPがアムネスティに質問して出来上がった記事のようでもある。
流石フランスのAPだけあって人権は頑張ってるみたいですね。
報道といえば、BBCが「オリンピック開催中にもしもカメラに何らかの抗議活動が捕らえられた場合には、必ず発表する」と言明しています。
最近通信社は自前の送信機を中国内に持ち込んでもよいことになったそうです。
もっともその代り取材人数を厳しく制限して一人一人監視できることが基本だそうです。
BBC頑張ってくれ!
誰か開会式のチケットを持ってる人も、頑張ってね!?。


------------------------------------------------

ネパールの主なチベット活動家、および亡命政府責任者たちが逮捕された

先ほどphayul.comに入った情報によれば、

本日午前8時ごろカトマンドゥの亡命チベット人一時収容所所長ケルサン・チュング、チベット女性連盟会長ガワン・サンモ及び同会副会長タシ・ドルマの三名が自宅より逮捕された。
当局はチベット青年会議地区長のダクパ・テンジン及びネパールダライラマ代表部代表ティンレイ・ガンツォをも逮捕するためそれぞれの自宅に現れたが、二人はその時自宅におらず未だ逮捕を免れているという。

自宅に私服警官が現れ逮捕状を示したという。
逮捕の理由は「3月からの連続的デモによりネパールと中国の友好関係を非常に傷つけた」からだという。
彼らは3か月間拘留されるという。

チベット人たちは今日もボスたちの逮捕にも関わらず中国大使館前での抗議デモを計画しているという。


ネパールはまだまだ民主国家にはほど遠いようです。
それだけ中国の圧力が強いということか。
それにしても、一時収容所の所長も逮捕するとは一体どういうことか!?





rftibet at 18:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月13日

聖火リレー、厳戒態勢下のチベットに到着

db0ed08e.JPG写真はTYCの<チベットフリーダムトーチ>こちらも現在世界を廻ってる。

天界にあるべき<シャングリラ>が最近下界世界の至る所に出現している。

6月11日、言葉の国、中国が主張するシャングリラにオリンピックトーチが到着し去って行ったらしい。

「シャングリラにオリンピックトーチ」とは、何も知らない人には二度目出たい話に聞こえることでしょう。
そこは、雲南省の中、デチェン・チベット族自治区の香格里拉(シアンゴーリーラー)、何だか中国読みだとアフリカのどこかの地名かな?とも思えたり。
嘗ては<中旬>、中国に侵略される前は(今でもチベット人にとっては)<ギェルタン>と呼ばれる町のことです。
マツタケの産地としても有名で日本にもたくさん輸出されています。


以下Phayul.comに転載された、ロイター通信のレポートです。
訳Y女史
http://phayul.com/news/article.aspx?id=21601&article=Olympic+torch+arrives+in+Tibetan+areas+amid+tight+security

Olympic torch arrives in Tibetan areas amid tight security
聖火リレー、厳戒態勢下のチベットに到着
Reuters[Wednesday, June 11, 2008 17:09]
By John Ruwitch
ロイター通信 2008年6月11日 ジョン・ルウィッチ

6月11日(水)、中国は山あいの街シャングリラ(香格里拉)で聖火リレーを実施
した。シャングリラは、海外の人権団体からの抗議を意に介さない中国が聖火を
持ち込んだ、チベット地域では最初の地点である。きわめて厳格な警備態勢で、3
月以降チベット全域で相次いでいる抗議行動に当局が神経質になっている様子が
伺える。

シャングリラ郊外のある僧院では、僧侶達は聖火リレーが通過する間は外出を禁
じられていた、という。上師のアドバイスによって外出を控えた僧侶もいれば、
経典の読誦のクラスにあさ7時から午後3時まで強制的に詰め込まれていた僧侶もいた。
宿舎に留まるよう警察に命じられていた、と言う者もいる。
武装警察は通り沿いに警備を固めており、建物の屋上を監視したり、中継地点に
駐留している。

チベット地域における中国当局の弾圧を受けて、海外各国を巡っていた聖火は人
権活動家やチベット支援者達による抗議の的となっていた。聖火を消そうとする
等の抗議活動は、中国人の神経を逆なですることになった。

SHROUDED IN SECRECY
<秘密に覆われて>
以来、中国はチベット域内における聖火リレーの日程を3日間から1日へと短縮し
、正確な日程も公開していなかった。5月にはチベットの象徴であるエベレスト頂
上に聖火を持ち込み、亡命チベット人社会の怒りを買っている。

Students for a Free Tibet (SFT)
は国際オリンピック委員会(IOC)へのアピールを繰り返し、「これ以上の人権侵
害を回避」するべく、チベット域内への聖火リレーの中止を中国政府へ要請する
ように主張している。「IOCが何の発言もなく、聖火のチベットへの進入について
黙認するのであれば、中国当局による暴力まみれのプロパガンダを促しているよ
うなもの」と、SFT事務局長のランドン・テトンは述べている。

2002年までは中甸(ちゅうでん)という地名だったシャングリラでは、チベット
人を含む支援者達がリレーの経路沿いに集まり、通過していく聖火に声援を送っ
た。
チベット自治州は簡略してチベットと呼ばれるが、実際にチベット人の住む地域
は雲南省、四川省、甘粛省、青海省にも広がっている。

北京オリンピックの旗を持っていた25歳のスヌオ・キリンは、「チベットでオリ
ンピック聖火を見て、本当に感動した」と述べた。チベット域内への聖火の持ち
込みをめぐる議論については、中国語で「フェイフア(ばかばかしい)」と答えた。


もう一人のチベット人シラン・クゼンは、レストランでの仕事を休んで、聖火が
通過するのを何時間も待ったという。「他の地域ではトラブルがあったけれど、
雲南省では何もなかった。ここでは聖火が通ることは問題になっていないし、100
%何も起こらないと思う」
共産党もそれを許さないだろう。住民達によると、数千もの駐留軍がこの地域に
やってきているという

約800名の僧侶が生活しているスンツェリン僧院では、ある信者は、たとえ許され
ても聖火を見に行くことはなかっただろう、と語った。「聖火はここに来るべき
ではなかった。チベット人に対する、ちょっとした侮辱ですよ


(Editing by Jeremy Laurence)
(ジェレミー・ローレンス編集)

rftibet at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月29日

28日付委員会プレスリリース

11df6c1f.JPG以下28日付委員会プレスリリース日本語版です。
今回は日本にいらっしゃるY女史に翻訳して頂きました。

オリンピック聖火のチベット高原通過によってもたらされるであろう結果につい

http://www.stoptibetcrisis.net/pr280408.html



国際報道機関によると、中国政府によりオリンピック聖火リレーがエベレスト山頂を通過させる決定がなされてまもなく、中国政府は国際報道機関の一団を現地へ案内し、高地仕様の第二のオリンピック聖火もそこに到着しました。


中国当局は聖火リレーのルートとなるチベット各地に厳重な規制をかけてきています。中国軍が重点的に配備された後、大勢のチベット人が拘束され続けています
加えて、チベット人の各家庭は中国国旗を屋根の上に掲揚するよう強制されています
また、中国は数名のチベット人を選定し、外国の報道機関に対するスポークスパーソンとして発言させていますが、彼らは「言うべきこと」と「言わざるべきこと」について(中国政府によって)指導されています。


これまでのプレスリリースでお伝えしておりますように、チベット人による平和的なデモに対する中国の残虐で暴力的な弾圧によって、大勢のチベット人が殺戮され、
逮捕されています。 
加えて、もしオリンピック聖火リレーがチベット域内を通過することになれば、それはまぎれもなく、極度の抑圧や精神的・肉体的苦痛に耐え続けてきた
チベット人に対する甚だしい侮辱であり、チベット人に対する
著しい蔑視にほかなりません。
それはチベットの人々の傷口にさらに塩を塗りこむような行為であり、人々の心を
深く傷つけることになるでしょう。


チベット自治区知事ジャムパ・プンツォク氏は、2008年4月9日の外国報道機関に対する声明の中で「彼ら(チベット人)は、必ずやチベット域内での聖火リレーでトラブルを起こすだろう」と述べています。
プンツォク氏はさらに「我々はそういった人々を厳格に処分する・・・慈悲はかけない」とまで警告しています。
彼の発言から、次の二点がきわめて明らかです。


つまり、中国当局は、聖火リレー通過にあたって抗議行動が発生することを確信していること
そして当局が抗議活動を最も容赦なく鎮圧するであろうこと。
したがって、(聖火リレーの通過によって引き起こされる)実態は、オリンピックの精神とは完全に矛盾したものになるのです。
中国政府は、すでに戒厳令下のような状態に置かれているチベット人が、
さらなる弾圧・統治・緊張下にさらされるような、厳格で息詰まるような
状況
を作り出すことになるでしょう。


チベット亡命政府議会と中央チベット政府は、これまで決して北京オリンピックに反対は表明してきませんでした。
しかしながら、オリンピック精神を遵守し、貴重な人命のさらなる損失を回避するため、私達は再び、国際オリンピック委員会と関係諸機関に対して、
聖火リレーをエベレスト山およびチベット域内に持ち込むことを
再検討いただくよう
、促すものであります。 


もしIOCが現在の方針の再検討を怠ったために、直接的に人命が
失われる事態となれば、IOCと関係諸機関こそが、その責任を
問われることになるでしょう。


Tibetan Solidarity Committee


rftibet at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月17日

デリーのデモの続き

2708422a.JPG先ほどデリーのオリンピックリレーは終わりました。たったの2、3キロを70人がリレーして歩いただけ。何時ものように中国のトーチ護衛隊が目立ちましたが2人しか目立ちませんでした。それでも彼らが仕切ってるみたいでした。チベット人はもちろん近づくことはできません。とにかくインドのメディアはこんな警備は見たことがないと伝え、たとえば一人のチベット人が歩いているところに10人以上の警官が囲んでいるところなど写し、行き過ぎだとのコメントも。
ジャンタールマンタールにいるレポーターはチベット側に同情的な報道ばかりやってました。
インドメディアは一般にチベット側に加担気味であり、何にも大したこともしないチベット人たちに対しあまりに大袈裟な警備だと、警察を皮肉ったりしてました。

色んなグループが独自のチベットトーチを掲げて行進する様も流されていました。
写真はダラムサラを出るTYCの<独立トーチ>です。

rftibet at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

デリーに<トーチャートーチ>が来た日

46d6c34f.JPG今日はいよいよデリーにオリンピックトーチが来る日ということで、ダラムサラでももちろんデモがありました。
もっともトーチは昨夜、夜中にニューデリーのメリデアンホテルにすでに到着しています。
今インドは午後3時ですがまだトーチリレー自体は始まっていません。

17.4.08 demo tcv

ダラムサラのその毛のありそうな元気な者たちの多くは、デリーに結集するために2、3日前からここを立っています。おそらくその数500人ぐらいでしょう。
さっきインドのテレビに映ってたのは、デリーのチベット人デモに加勢しようとダラムサラからバスをチャーターして乗り込もうとした外人グループが途中で警察に阻止されているところが写っていました。
「これは表現の自由だ。何で止めるのか!チベットでは沢山の無実の人達が殺されてるんだぞ!」とバスの中から外人女性が叫んでいました。
17.4.08 demo

インドのテレビではこのチベット人の抗議活動についてが今日のトップニュース。
いやオリンピックトーチがトップなのかな?
朝からずうーとやってます。

デリーに集まったチベット人には今までのところ、ほぼ三様の動きが見られます。一番目立つ動きを見せているのはやはり、TYC(チベット青年会議)のメンバーを中心とするグループです。一昨日には中国大使館に近づこうとして、突進して果たせず、数十人が逮捕され、昨日は自分たちの<独立トーチ>を掲げて、インドの国会議事堂からインド門に向かって行進し、同じく数十人が逮捕された。
こうなるともう兵隊もあんまり残ってないんじゃないかと、心配にもなるが、、、
今日はまだ今のところ例のホテルに近づきすぎて数人が逮捕されたぐらいだ。

もう一つのタイプはデリーの至る所に分散して個々人が目立つところでチベットの旗を振り、叫ぶというゲリラ型。
これは中々効果があるみたいです。テレビ局と組んでいたりしますから映像にはなり易いのです。
もっともこれでもすでに数人は逮捕されています。

最後は委員会が主催する、ジャンタールマンタールでの静かな集会です。実はほとんどのチベット人はここに集まって静かな抗議集会を開いています。
インドの放送局も「ほとんどのチベット人はここで静かな抗議集会を開いている。行動しなくてはおれない若者たちは他のグループを作ってる。しかし彼らの行動もただ国旗を持って行進する(走る)だけであり平和的と言えよう」とコメントしていた。

さてダラムサラのデモについてです。
ここの元気のいいのはもうほとんどきっと今頃インドの拘置所の中と思わせるかの如く、思ったより参加人数は少なかった。おそらく2000人ぐらいか。
檀上にもいつもの顔は見られませんでした。ちなみに何時ものプレス連もいなくて、ただインドのテレビ局だけはやけに張り切ってライブを流していました。
ルンタレストランをはじめマクロードの店は今日はまた閉店です。うちは夕方から開けるつもりです、従業員全員デモに行きたがるので仕方ありません。

今日も推奨スローガンの紙が配られました。今日は叫んでもいいようです。今日の皆の声は相当大きかったと思います。

また、追ってデリーの状況もお知らせします。
17.4.08 demo poster17.4.08 demo poster


rftibet at 15:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)