キルティ僧院

2009年04月30日

焼身自殺を図った僧タペーの情報を海外に流した僧が逮捕後行方不明

98156de0.bmpPhayul,Dharamsala,4月30日:
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24588&article=Residents+concerned+about+monk+who+smuggled+information
ダラムサラ、キルティ僧院のプレス・リリースによれば、
アバ地区のチベット人たちは、今年2月27日焼身自殺を図った僧侶に関する情報を外国に流したとして逮捕された僧侶の安否を気遣っているという。

アバの人々は僧ジャミヤン・プンツォック35歳の居所を知るために様々な役所に問い合わし探したが、今だ行方は判明しないという。
彼はすでに死んでいるとの噂も流れているという。

中国の警察は、僧タぺーが焼身自殺未遂をした数日後に、キルティ僧院の部屋から僧ジャミヤン・プンツォックを逮捕した。
新華社は3月5日、僧ジャミヤン・プンツォックがチベットに外国からの関心を引くために僧タペーの情報を流したことを認めた、と伝えた。

一方、中国は四川省の病院に隔離されているとされる僧タペーへの面会は誰にも許していない。
リリースの中で、中国当局が僧タペーの両足を切断しようとしたことは銃撃の証拠を隠すためであったとコメントされている。

リリースによれば、僧タペーの容態は回復しているにも拘らず当局は彼を解放しようとはしていないという。

TCHRDによれば、中国当局は先月僧タペーの母親に対し、「息子さんの命を救うために両足を切断しなければならない」と言った。しかし、これに対し本人は手術を拒否しているとも伝えられていた。



rftibet at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月06日

アバ、シェー僧院の儀式に参列中の群衆に公安車両が故意に突っ込む

8d590705.jpg写真は二度目ですが、野田くんが去年撮った「特警」の車両です。

Phayul.comダラムサラ、4月5日:

先週金曜4月3日、四川省アバ(ガバ)県にて宗教儀式を行っていたチベット人群衆の中に、公安の車両が故意に突っ込み少なくとも4人が負傷した。

ダラムサラ、キルティ僧院のツェリンが伝えるところによれば、事件はアバのシェー僧院で恒例の弥勒菩薩召還儀式の最中に起こった。
この儀式は例年だとモンラム(新年の祈祷会)中に行われるものだか、今年は当局がモンラムを祝うことを禁止したので、この日まで行えなかったものだ。

大勢のチベット人の僧侶、信者が僧院に集まっていたが、そこに武装警官隊が多数押し寄せ、群衆を蹴散らそうとした。
公安の車両が群衆に故意に突っ込み、少なくとも4人が負傷した。

4人はその後行方不明で、治療を受けたかどうかも分かっていないという。

----------------------------

これも中国のナチ化現象の一つでしょうか?





rftibet at 18:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月13日

焼身自殺を図った僧侶の両足切断強要

eef27133.bmp中国当局は焼身自殺を図った僧侶に両足切断を強要。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24150&article=Monk+who+set+himself+on+fire+asked+to+amputate+legs

左の写真は倒れた僧タベイを保安部隊が囲んでいるところ。C/R Tibet Times.

TCHRD(チベット人権民主センター)に入った情報によれば:
去る2月27日、中国の弾圧に抗議して焼身自殺を図った、四川省アバ県キルティ・ジェパ僧院の僧侶タベイは現在、成都にある秘密の国立病院に収容されている。

情報によれば、僧タベイの母親が面会を許されたという。
しかし、会話を交わすことは許されず、面会はほんの数分だった。
現在、僧タベイは厳戒な監視下に置かれている。

中国の役人が彼の母親に「両足を切断する必要がある」と説明した。
しかし、この両足切断を本人は頑強に拒否しているとも言われた。

この事は目撃者の証言に「僧タベイは三発の発砲音の後に倒れた」というが、これを考え合わせる時、僧タベイは重度の火傷の他に、両足に銃弾を受けた可能性が高いと思われる。

TCHRDは、中国当局がタベイに両足切断を強要する理由は、両足に受けた隠すことのできない銃弾の跡を完全に消しさることにあると考える。

僧タベイの両足強制切断は基本的人権に反する。
もしも、中国当局が彼の足の切断を強制的に行うなら、このことは強い非難に値する行為である。

この状況に鑑み、TCHRDはすべての関係する国際機関、特に国連に対し、強制切断をやめさせ、真実を明かすよう中国政府に働きかけることを要請する。











rftibet at 16:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月02日

5日に吉祥寺でナンパ・ラ報告会/ アバ、シェイ僧院数百名の僧侶が抗議デモ

888b0f3e.JPGまず最初に私事ですみません。

友人のくうくう氏が今回の「ナンパ・ラ(峠)行き」の報告会をせよ!ということで
彼の店で内輪の報告会をすることになりました。

いっしょに、<チベ夏>がプロデュースした、貴重映像の日本語版上映もあります。
しかし、会場が狭いので予約をお願いします。

以下、南くんから送られてきた案内状です。

写真を大きく見れるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「受難と祈りー、チベットを知るための夏」を主催したルンタ・プロジェクト+
実行委員会が下記の要領で小規模な報告会を開きます。

日時 2009年3月5日(木)午後7時〜11時くらいまで

場所 吉祥寺カレー屋「まめ蔵」(南椌椌の店です)   
武蔵野市吉祥寺本町2−18−15 
tel 0422−21−7901
吉祥寺駅パルコ方面、三菱東京UFJ銀行より中道商店街に入り3分ほど右側の
「ラーメン一圓」を右折してすぐ左側。地図参照の場合は下記URLに店の住所を入れてください。
http://maps.google.co.jp/

会費 カレー+ドリンク付き 2000円

定員30名
お問い合わせ・予約メール kuukuu99@jcom.home.ne.jp (南椌椌)


内容
●英国BBC放送制作「チベットの歴史1 日本語字幕版」50分
昨年のイベントでは英語版上映でしたがこの度日本語字幕版が出来ました。
20世紀初頭のチベットの牧歌的な映像から中国の侵略とダライラマ法王亡命ま
での激
動の時代の貴重な映像記録です。法王亡命50周年のこの機会にぜひご覧くださ
い。

●ルンタ・プロジェクト代表・中原一博によるナンパ・ラ峠往復の記録&レクチ
ャー。
本年2月厳冬期にネパール、ナムチェ・バザールから主要な亡命ルートのひとつ
標高5700メートルのナンパ・ラ峠まで逆踏破を果たした中原一博がスライド映
写と体験談によって苛酷な亡命の旅について語ります。

●時間によってはNHK特集「チベット死者の書」の上映もあり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月28日青海省トンレン C/R Reuter
先週金曜日にキルティ僧院僧侶が焼身自殺を行ったことは新華社も認めました。
アバでは緊張が高まっていました。
昨日、新たにキルティ僧院のすぐそばのシェイ僧院の僧侶数百名が抗議デモを行いました。

ーーー

3月1日 アバでモンラム祈祷祭禁止に対する新たな抗議運動


Phayul.com等によれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=23969&article=New+protest+today+in+Ngaba+after+officials+ban+prayer+ceremony

3月1日午前9時頃、シェイ僧院(キルティ僧院より1.5キロ離れるのみ)の僧侶600人が当局の禁止命令を無視して、本堂に集まり読経を開始した。
それに気づいた、僧院内の管理委員会の者たちが詰め寄った。

僧侶たちは「ドゥカル(除災、降魔の仏神)の御経だけ、一度でいいから上げさせてほしい。それが終われば我々は席を立とう」と懇願した。
これに対し、管理委員会の者たちは何も返答しなかったので、僧侶たちはそのまま読経を続けた。

ある時点まで来たとき。
僧侶たちは立ち上がり、スローガンを叫びながらアバの町に向かって歩き始めた。

目撃者によれば、「モンラム祈祷祭を祝うことを許可せよ!」「アバ地区で逮捕されている政治犯を釈放せよ!」と僧侶たちは叫びながら町に向かった。
町のマーケットに入る前の橋まできた。
そこは、ちょうど先週キルティ僧院僧侶タペイ氏が焼身自殺をはかった場所であった。

そこで、武装警官隊と対峙しが、そのあとしばらくして僧侶たちは僧院へとかえって行った。

僧院は今、武装警官隊に包囲されているという。







rftibet at 17:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月26日

キルティ僧院僧侶50人が撲打される。

88afc425.JPG今日も法王のラムリン(悟りへの階梯)の教えは午前、午後と続けられた。

仏教と他の宗教の違いを<空>思想にからめて説明され、マハヤーナ(大乗仏教)とテラバーダ(南伝仏教)の違いを<空観>の差異によって説明され、帰依、ラマを選ぶ基準、弟子の基準、菩提心、六波羅蜜について説かれた。
最後に禅定と智慧を極めた後の止観双運のテクニックについて詳しく説かれ、テキストを終了された。

チベット語が主体でしたが時々英語にスイッチされることもありました。

何時になく力のこもった、スピード感のある、笑一杯の講義でした。
しかし、大事な要点のみは詳しく丁寧に説明されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<アバ、キルティ僧院僧侶50人が武装警官により暴行を受ける>
http://phayul.com/news/article.aspx?id=22879&article=Chinese+armed+police+renew+repression+at+Kirti+monastery+in+Ngaba+townフリー・チベット・キャンペーンが確かな筋からの情報として伝えるところによれば、
9月24日、アムド、アバにあるキルティ僧院の僧侶50人が武装警官隊により激しい暴行を受け、内4人は重傷を負い病院に運び込まれた。

アバは今年3月16日のデモ以来厳戒態勢の下に置かれている。
このときのデモでは、当局が群衆に向かって発砲し、目撃者の証言によれば少なくとも30人が死亡したという。
(たくさんの犠牲者の死体写真がダラムサラにもすぐに送られて来た)

事の起こりは、まず一人のキルティの僧侶が、外出許可を受けて外出し、夕方帰る途中警官に止められた、彼はその場でリンチにあった。
血まみれでやっと僧院にたどり着いた。

事情を知った仲間の僧侶50人ほどが直ちに近くの警察署に向かった。
僧侶たちは警察署で「なぜ僧侶を殴ったのか?」と聞きただした。
「それについては上司と話ができるように取り計ろう」
と警官は答えた。
そうこうするうちにその場に武装警官隊を満載したトラックが二台到着した。
僧侶達は何も抵抗しなかったにも拘らず、警官隊は直ちに僧侶たちに襲い掛かり、全員を打倒した。
内4人は激しい暴行の末、重症を負い病院に運び込まれた。
その4人は僧院長を含む僧院の責任者たちである可能性が高いという。

アバには普段2000人の保安部隊が駐留しているが、3月以降にはそれが10000人増強されている。

ーーーーーーー

情報統制が厳しく、内地からの情報は益々入りにくくなっている。
しかし、時々そこから漏れてくる出来事を見る限り、未だチベットに対する弾圧が緩められたとは到底思えない。










rftibet at 21:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年07月10日

16歳の僧侶が自殺

42d64b11.JPG7月9日緊急委員会リリースより。

http://www.stoptibetcrisis.net/pr090708.html

<悲しい話>

7月3日アバ地区キルティ・ドンリ僧院の僧、16歳のロプサン・ツルティム
が僧院の材木倉庫で首を吊って死んでいるのが発見された。
死ぬ前に、彼は発見者でもある兄に<愛国教育キャンペーン>の耐えがたいことを漏らしていた。
兄がそこを離れ5分後に帰って来た時にはもう弟は死んでいた。

この僧院では二度目のキャンペーンが間もなく始まろうとしていた


7月6日、アバ地区キルティ僧院(本院)の長老70歳のジャンペル・ギャンツォが死亡した。
彼は3月以降、騒動によるストレスからくる高血圧に悩まされ始めていた。
特に18歳以下の僧侶が全員追放されたこと、<愛国教育>か繰り返されること等により最近は衰弱していた。
僧院はゴーストタウンと化していた。
この事態に対し住民の不満が高まっていることを見てとった当局は今度は
7月5日、一旦追放した若い僧侶達に対し僧院に帰るよう命令を出した。
帰らないときには家に逮捕しに行くとも言った。
この日のストレスがだめ押しとなり、次の日彼は亡くなられた。


ーーーーーーーーーーーーー

続きもあるのですが、今からまたスジャスクールに行って例の子供たちに会ってきます。
日本からその筋のお客さんが多いのです。


ーーーー

ネパールからの帰還行進組、ナムチェで10名全員逮捕されたそうです。
ナムチェに入っちゃ捕まりますよね、、、















rftibet at 10:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月28日

アムド アバ 逮捕 拷問死

2582dd42.JPGアムド・アバ(ガバ、ンガバ)と言えば、地震の震源地に近い地域であるが、
アバも広くて北のキルティゴンパのあたりでは地震被害は軽微だったようだ。

しかし、武装警察の締め付けは一向に緩む気配もないらしい。
愛国再教育に逆らったとして、逮捕されたり、デモの後の逮捕、指名手配、
そして拷問死が伝えられてきた。

今日のBBCで、アムネスティ インターナショナルが現在もっとも人権侵害の顕著な国と地域として、ビルマ、イラク、ガザ、ダルフォール、ジンバブエを上げていた。
なぜ、中国のチベット地区が入らないのか!?
何千人と言う<良心の囚人>が獄に繋がれ、日常的に拷問を受けているというのに。

何?証拠が少なすぎるって!?
それとも相手が悪すぎるって。

http://www.stoptibetcrisis.net/pr270508.html
連帯委員会 2008年5月27日 リリース

Y女史訳

2008年5月24日中国当局による極限までの拷問により、アムド県ガバ郡出身
58歳のチベット人、パルツェル・キャブが、獄中で死亡した

彼は中国政府に抗議行動を行った後、4月下旬に逮捕されていた。

同様に別の一例では、タクホという名のチベット人は拷問により両脚の骨を折られた後、病院へ運ばれたという。
さらに彼の兄弟チョーペの居所も不明のままである。
二人はガバ地区チャルパ村出身で中国警察に釈放された直後に死亡したという母親ネチュンの息子達だ

2008年5月23日、アムド県にあるアバ寺院の二人の僧侶ロブサン・ドルジェとク
ンガが、いわゆる「愛国教育」に従わなかったとして逮捕された。

タクツァン・ラモ・キルティ僧院では、中国当局が二ヶ月間「愛国教育」を続け、日々の仏教的活動が惨憺たる状態になり、ついに僧院の機能を維持できなくなった。中国当局は、平和的抗議行動にかかわった190名の僧侶を除いて、寺院内で祈
りの集会を執り行うことを承諾したが、残った僧侶達は、190名の僧侶がいないか
ぎり従うことはできないとして、拒否している。

同じくアムド県アパ地域のセ僧院では、中国当局が厳格な制限を課したことに
より、僧侶達は法要や講義を行えなくなったため、この僧院はもぬけの殻
となってしまった。

ユルキョン僧院の僧侶で、アムド、レブコンにあるキルティ僧院に学生として登
録していたジャミヤン・チュペルは、2008年3月に逮捕され、15ヶ月の拘留尋問を
宣告されたが、その申し立ての内容(逮捕された事由)は不明のままである。

また、アバ地域にある他のキルティ僧院の僧侶ルンドゥップは2008年3月に逮捕された
が、その後の彼の所在は知られていない。

別の事件では、中国当局は、三名のチベット人・リダク、メンキャブ、グソの
所在について情報をもたらした者に、一人当たり10万元(約150万円)の賞金を出す、と発表している。
このチベット人三名は2008年3月、カンゼのセルタ郡プグ・シャンで平和的なデモを行い、中国当局による逮捕から逃れている。
さらに、中国当局は彼らが投降しなかった場合は死刑に処す、としている。
5月16日、彼らの一人が中国当局に自首したという。それ以来彼は行方不明となっている。この三人のチベット人は地元のビジネスマンで、地域のチベット人にとって非常に頼れる存在だったという。

同様に、二人のチベット人、スンキャブとドゥクポ(30歳の妻がいると言われて
いる)は、セルタ郡で先ごろ平和的デモに参加したとして逮捕された。



rftibet at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月09日

破壊されたダライラマ法王の写真、アバ、キルティ僧院

破壊された法王写真、キルティ僧院CR-TCHRD
9日付でTCHRD(チベット人権民主センター)がアムド、キルティ僧院の中でダライラマ法王の写真その他が破壊された証拠写真を掲載しました。
一部転載します。

http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080509.html



破壊された


3月28日を中心に中国武装警官隊と公安がキルティ僧院に踏み込み、すべての御堂、庫裡を強制捜査した。ダライラマの写真を見つけ破壊し、保持するものを逮捕するためだ。

写真は僧院のマニラカン(マニコロ堂)における破壊されたダライラマ法王の写真である。
破壊された法王写真、キルティ僧院CR-TCHRD

rftibet at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)