セルタ

2010年08月09日

続・ドゥクチュ(舟曲)死者337人、行方不明1148人/セルタ(色達)でチベット人4人に実刑

Dhukuchu
(後記:9日22時に開かれた、記者会見の席上、甘南蔵族自治州委員会書記陳建華は、9日14時時点で、舟曲の土石流による死亡者数は337人、行方不明1148人と発表。)


ドゥクチュ(舟曲)の状況は危険な状況が続いているようだ。
日本のメディアから映像なども流されているようだが、映像はすべて国営のCCTVのものばかり。
政府は今回も報道規制を引き、CCTV以外のメディアを現場に近づけないようにしている。

ヘリを使って早速、「中国一の俳優(同名の本は発禁となった)」と讃えられる温家宝氏が現地に飛び「じっとしてて、今すぐ助けに行くから、、、」と死にそうな被災者に温かい声を掛けるシーンを撮影して、素早く飛び去って行った、というニュースが繰り返し中国のテレビで流されている。

村ごと消えてしまったとされる343人の集落の名は中国名で「月円」村というそうだ。
この名前は如何にもチベット的だ。
元のチベット語は「ダワ(月)・ゴゴ(円)=満月」村ではないかと想像する。
おそらくチベット人の村であろう。

25b8cc55.jpgウーセルさんは盛んに葬儀の事を気に掛けておられる。
ウーセルさんのツイッターに以下のような報告が上がっている(翻訳U女史)。

「degewa RT @PKUbuzheteng(章聞韶):
北京のnadieによれば: 今のところドゥクチュでは、(住民は)主として、自助
を余儀なくされています。私の家では現在10人が罹災し、昨日4人が遺体で見
付かりました。親戚はその処理を誰に相談して良いのか分からないうえ漢語
も使えず、現地の気温が非常に高かったため、その晩武都(甘粛省隴南市武都
区)まで背負って行き火葬に付しました。火葬料は1体当たり1800元でしたが経
済的理由により支払えず、県の政府からお金を借りてくれる人を待っていると
ころです。」


さらに、ウーセルさんは周辺にあったであろう僧院はどうなったのか?
火葬するための油や薪はあるのだろうか?と心配されている。

ウーセルさんは3つの原因:1、水力発電建設 2、鉱山開発 3、森林伐採
を上げ人災の面を強調している。

これに対抗するかのように、政府は今回の災害の原因を4つ:
1、地盤が緩み、岩石の風化がひどいこと。
2、現場は四川大地震被災地の一つで、地震により周辺の山の岩石が脆くなったこと。
3、去年第四半期から今年上半期まで続いた旱魃で岩石にひびが入り、雨水が容易に浸透すること。
4、7日夜東北部で突然豪雨が降ったこと。
を上げ、単なる自然災害だと主張している。
http://japanese.cri.cn/881/2010/08/09/181s162070.htm

新華社は「9日未明、船に乗った蘭州軍区の17名の兵士たちは、この堰き止め湖に辿り着き、8時15分に堰き止め湖の堆積物を爆発しました」と発表しているが、
http://japanese.cri.cn/881/2010/08/09/181s162079.htm
続いて「再び行く」と言ってるところを見ると、実際にはそう簡単に水が抜けた訳ではなさそうだ。

現地には水も電気もなく、通信も遮断されている。
明日、明後日再び上流地域に豪雨の予報が出ており、さらに被害が広がることが危惧される。

------------------------------------------------------------------

規制にも関わらず現地に入ったのか?現地に入れず、避難してきた人々にインタビューしただけか?産経の現地報告:

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100809/chn1008092302004-n1.htm

-----------------------------------------------------------------------------

<カム、セルタ(色達)で「耕作拒否運動」に参加したチベット人農民等に実刑>

phayul経由VOTによれば:
http://bit.ly/b9Ywmt

2008年のチベット弾圧に抗議するために、カムの農民の間に広まった「耕作拒否運動」。
7月30日、この運動に参加し、去年10月に他6人と共に逮捕されたチベット人農民2人にセルタ(色達)人民法院は、刑期1年半と1年を求刑。

同じセルタの(中級)人民法院は同日、今年5月16日に「チベットの自由とダライ・ラマ法王の帰還を訴えるリーフレットを街で配った]として逮捕された、2人のチベット人にそれぞれ2年半の刑を言い渡した。







rftibet at 21:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2010年05月20日

カム・セルタ(色達)、二人のチベット人が抗議活動・逮捕

92f59bb4.jpg5月19日付、Phayul.com:

http://phayul.com/news/article.aspx?id=27332&article=2+Tibetans+arrested+in+Sertha+for+protest

セルタ出身者セルタ・チュリン氏(在ダラムサラ)によれば、先の日曜日(5月16日)の夜、2人のチベット人がセルタ県の警察当局により逮捕された。

セルタ・ケコル村出身のカルデンとソナム・トプデンは、チベットの人権とチベット人の指導者ダライ・ラマ法王の帰還を求める抗議デモを行ない、逮捕された。
2人は中国政府への要求を記したビラを壁に張り出したり、路上で宙に放り上げたりしたという。

彼らは現在セルタ拘置所に拘留されている。
家族や親せきの者たちが面会を求めたが、当局はこれを拒否している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ビラ」と言えば
最近ラサの当局は、コピー屋が依頼主のコピーをする前には、必ず依頼主の住所、氏名を当局が後で調査できるような形で残さなければならない、という条例を用意しているという。
http://www.etaiwannews.com/etn/news_content.php?id=1260930&lang=eng_news

これは、明らかに、チベット人人権擁護活動取り締まりの一環としての政策だ。

中国は他にも最近、サイトやブログの開設を政府の登録・許可制とすることや、さらにブログへの書き込みも「実名」で行なわなければならない、というお達しを出したという。
どこまで、本気に実施、チェックされている(される)のかは明らかでないが、ここまでやるかの言論弾圧だ。









rftibet at 11:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年05月15日

被災地でラルンガル僧院の僧侶が撮影した40分記録ビデオ

47a3d156.jpgウーセルさんの5月14日付けブログの中で、ビデオが一つ紹介されている。

ケグドで地震が発生した翌日の4月15日、地震の報を聞いたカム、セルタ(色達)ラルンガル僧院の僧侶たちは被災者救援のためセルタを出発した。

このビデオはラルンガル僧院の僧侶が撮影したものである。

ラルンガル僧院からは数千人が現地に向かい、救助活動を行った。

ビデオは40分と長いが、中に複数の被害者等へのインタビューもあり、貴重な資料の一つであることは間違いない。

以下に紹介するサイトにアクセスすることができ、ビデオを開けた人は素早くダウンロードすることをお勧めする。
最近は中国当局はこまめに、あらゆる「政府に不都合な情報」を消しゴムで消すことに専念している。
「このビデオもいつ消されるか判らないので、早目にダウンロードして下さい」とウーセルさんがおっしゃっています。
http://www.tudou.com/programs/view/BlEku3KEyXk

中国語を解す人も多いだろうから、このビデオに関するウーセルさんのエントリーを以下そのまま転載する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

玉树地震一个月,救援僧侣被“喝茶”……

玉树地震一个月,救援僧侣被“喝茶”……

今天,5月14日,是4·14玉树地震整整一个月,也是藏历4月“萨嘎达瓦”(藏地佛教节)第一天。

然而获悉一些消息,让人喟叹。

色达喇荣五明佛学院,位于四川省甘孜藏族自治州色达县,从4月15日起,有数千名僧尼赴玉树灾区救援民众。并给灾民发放救助资金,据《色达喇荣五明佛学院赴青海灾区救援》记录:

“因为政府方面的救援人员比较忙碌,在发放救灾物资方面难以及时安排,4月19日,救援队的主要工作是发放救援物资和钱款。上师仁波切介绍,救援队的具体计划是:

早上7点开始念经,而后,700多人分头行动,发放15辆货车的救灾物品。为了不遗漏一个受灾群众,他们将走遍全城,把物品发到一个个帐篷、一家家灾民手中。与此同时,还将安排150人分发钱款。他们将组成15个小组,每组10人,由学院法师和管家带队,把学院僧众和菩提学会为主的四众弟子、爱心人士捐来的310万人民币,一一送到困难的灾民手中,解决他们的燃眉之急。”

可是,最近两日,政府有关部门派有关人员到色达喇荣五明佛学院,许多参加过玉树救援的僧侣被谈话(或者说被“喝茶”)。

据悉,被调查的主要有两方面内容:

1、色达喇荣五明佛学院自作主张,向灾民发放救助资金310万元人民币,而不把救助款交由政府发放,这被认为是向政府示威;

2、色达喇荣五明佛学院僧侣拍摄救援过程,采访救援人员和灾民,剪辑成40分钟的纪录片《色达喇荣僧人玉树地震救援纪实》,传送到网络上(如http://www.tudou.com/programs/view/BlEku3KEyXk,请及时下载,或可能很快被删),并制成光盘流传,这被认为也是针对政府的抗议行为。纪录片中,不止一位现场人员谈到地震遇难者上万,因与政府公布的死者人数相差数倍,尤被追究。

目前尚不知更多详情。

也还不知其他救援寺院是否遇到类似调查。

更不知结果如何。

吁请关注。

2010年5月14日,唯色记录

rftibet at 20:30|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

2010年04月19日

セルタで小学生30人が抗議の後、拘留される

TCHRD(チベット人権民主センター)の4月15日付プレスリリースによれば、
http://www.tchrd.org/press/2010/pr20100415.html

(以下要訳)

カム、カンゼ・チベット族自治州セルタ(セタ・色達)ではここ数カ月の間に8件の個人やグループによる中国政府に対する抗議活動が行なわれ、逮捕者も出ている。

当センターに寄せられた情報によれば、4月8日、中国の公安は先に抗議活動により逮捕されていた二人の僧侶をトラックに乗せ、セルタ市内を引き回しにした。
この引き回しは、この地方では市民を怖がらせるために度々行なわれている。

報告によれば、公安は僧侶を引き回す間に、みんなが見ている前で二人に酷い暴力を加えたという。
引き回しのパレードがカル小学校にさしかかったとき、生徒たちは公安の僧侶に対する侮辱と暴力に抗議の声を上げた。
小学生たちは公安の車に石を投げ、スローガンを叫んだ。
公安の車のガラスが割れ、もみ合いの最中数人の公安がけがをしたという。
その後、小学生たちは学校の塀や先生の机の上にチベットの独立を求めるポスターを張った。

この騒動の後、カル小学校の30人の生徒が拘留された。
その多くは間もなく解放されたが、その内の10人は今もなお拘置されたままだという。
この10人については、親が「もう二度と子どもにこのようなことをさせない」という誓約書と、2000元の罰金を払わない限り解放しないと発表された。
子どもたちは今、セルタの公安拘置所に入れられている。

生徒の中でドンユと呼ばれる16歳になる小学5年生だけは学校を退学させられ、しつけが悪かったとして親には一万元の罰金が科されたという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再び小学生が声を上げたという事件だ。
しかし、チベットの小学生(と言っても15歳ぐらいまで)は勇気があるね。
目の前にいる公安隊を恐れず?に石を投げるとわ!

小学生に石を投げられてもあたり前のようなことをやっているからだと思う。

市中引き回しと言えば、このジェクンド地震の後にもこの引き回しが行なわれたという。
引き回されたのは壊れた商店から食糧を盗み出したチベット人数人だ。
これを、現地に入った外人記者が報告しているのだが、彼はこれを見て、「まるで文化大革命の時代にいるようだ。こんな緊急時にそんなことをしている中国当局の気が知れない」と思ったそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェクンドの地震犠牲者の火葬前回のブログの初めに紹介した写真サイトについて:
http://picasaweb.google.com.au/aenpokyabgon/AllKyegu2010EarthquakePhotos?feat=directlink#
一つだけ説明を加える。
写真の中には火葬にされる前の遺体が沢山写っている。
これらの遺体のほとんどが裸であることについて、違和感や非難の感覚を持たれる方もあるのではないかと危惧して一言。

遺体を回収した僧侶たちは最初、遺体を鳥葬にするつもりだった。
しかし、結局禿鷹の数に対し死体の数があまりに多すぎるということで、鳥葬を諦め火葬にした。

鳥葬場に持って行く前に遺体は裸にされ、布にくるまれる。
だから遺体は裸なのだ。

それにしてもこの仕事を引き受けた僧侶たちはすごいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記

犠牲者の数1944人と発表された。

123時間後、奇跡的に4歳の女の子と年配の女性が救出された!

まだ、瓦礫の中には生き続けている人たちが必ずいる。

中国当局は明日の20日までに被害調査を終了すると言う。


青海省当局は今日、今回の被災地ジェクンド全体を移動させ"plateau ecological tourist centre"に変えるという計画を発表した。
http://jp.f301.mail.yahoo.co.jp/ym/ShowLetter?MsgId=4013_32034228_4398938_4707_1711_0_173909_3311_1612280786&Idx=2&YY=90625&inc=25&order=down&sort=date&pos=0&view=a&head=b&box=Inbox
















rftibet at 20:40|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2010年04月13日

ニャロンで僧侶逮捕/セルタで学生がデモ/アバで3人に刑期・最長13年

4月12日付パユル
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27104&article=China+arrest+2+in+Nyagrong+and+Machu%2c+students+protest+in+Sertha
<カム、ニャロン(新龍)、バイクでデモを行なった僧侶が逮捕>

カム、ニャロンの中国当局は、デモを行なったとしてグル僧院の僧侶アボ・タシ22歳を逮捕した。
アボ・タシは他の3人のチベット人、ツェリン・ギェルツェン19歳、グル僧院僧侶ツェリン・ワンチュク22歳、ジャムチョック僧院僧侶リンジン・ドルジェっと共にバイクに乗り、禁止されているチベット国旗を掲げ、「ダライ・ラマ法王の御帰還を!」「チベットに自由を!」「チベットでの鉱山開発を止めよ!」とスローガンを叫びながら街にくりだした。

彼らの抗議デモに同調し、500人以上のチベット人が彼らの後に従って抗議の行進を行なったという。
逮捕された、アボ・タシが現在どこに拘留されているのかは不明。

(この事件がいつ起こったのかについては記事に記載がないが、RFAによれば4月8日とのこと)


<セルタ(色達)のチベット人学校の生徒20人がデモ>

さらに同記事によれば、カム、セルタ県のチベット人学校の生徒たちが4月10日、平和的抗議デモを行ない、中国政府を非難する内容を含むパンフレットを配布した。

当局は20人の生徒を逮捕したが、全員その日の内に解放されたという。


同じく昨日のパユルによれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27103&article=3+sentenced+upto+13+years+in+Ngaba+County+in+Tibet

<アバ(阿壩)でチベット人3人に最長13年の刑期確定>

アムド、アバ(四川省阿壩チベット族チャン族自治州)中級人民法院は4月9日、3人のチベット人に刑期を言い渡した。
この情報はダラムサラにあるキルティ僧院緊急連絡委員会が発表したもの。

今回刑期が確定したのはチュダル34歳、ゴツァン・ジャミヤン・プンツォック36歳、二人はともにアバ・キルティ僧院の僧侶、もう一人は元アバ・キルティ僧院の僧侶であるコマツァン・ジグメ40歳である。

チュダルアバ県ジョレップ村ジョシェル家の僧チュダルには13年の懲役刑が言い渡された。
彼は2008年のデモの後、一年近く身を隠していた。
当局は彼に30万元の賞金を懸けた。
2009年8月25日、チュダルはドンコ・ギャクパツァン家に匿われているところを発見され逮捕された。
彼を匿っていたドンコ家の人々は連行され、妻と息子はしばらくして解放されたが、ドンコは未だ拘置されたままだという。
ドンコはかつて1998年に行なわれた「愛国再教育キャンペーン」に抗議し、町に反政府のポスターを張ったとして5年の刑を受けている。

コマツァン・ジグメコマツァン・ジグメ元アバ・キルティ僧院僧侶40歳には7年が求刑された。
彼は2009年2月7日に逮捕された。
罪状は「外国の分裂主義勢力」と連絡を取り、「国家機密」を漏えいしたというものだ。
彼は1992年中国政府に抗議するポスターを張り出したとして逮捕され、ほぼ1年間裁判もなく拘留されていた。









ゴツァン・ジャミヤン・プンツォックゴツァン・ジャミヤン・プンツォック(通称ジャンコ)36歳には6年の刑。罪状は「外国の分裂主義勢力」と結託して「分裂主義的活動」を行なったというもの。

彼は2009年3月3日僧坊にいるところを逮捕されたが、今年の4月9日に判決が言い渡されるまで、彼の家族はジャンコの居所を全く知ることができなかったという。

ジャンコは同僚のタベーが2009年2月27日焼身自殺を図ったというニュース
を外国に知らせたとして逮捕された。

タベーの焼身自殺については以下参照。

http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2009-02.html
http://blog.livedoor.jp/rftibet/tag/%E7%84%BC%E8%BA%AB%E8%87%AA%E6%AE%BA

ウーセルさんの記事、是非お読みください。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51174291.html

ーーー

中国政府へ抗議の焼身自殺を図り銃撃され倒れた僧タベー焼身自殺を図りその場で撃ち倒されたタベー氏の消息はその後全く途絶えたままだ。
今どこで、どうされているのか非常に気になる。


以下、ウーセルさんのタベーに関する文の一部。

「この知らせを聞いたとき、しばし言葉を失い、声さえ出せなかった。胸がうずき、辛くてたまらない。

目の前に燃え盛る炎が現れた。炎の中には、若い僧侶がいる。雪山獅子旗とダライ・ラマ法王の写真を高く掲げ、叫びながら走っている。彼は油をかけた袈裟に火をつけ、火の玉となって街中に飛び出した。

銃声が響いた!」











rftibet at 17:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月06日

若者の決死の抵抗は続く

カムやアムドの各地でチベット人若者の勇敢な抵抗が続けられている。
 
<ディル(比如)でチベット人若者が中国国旗を降ろしたとして逮捕>

4月5日付パユルによれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27047&article=Tibetan+youth+held+for+removing+Chinese+flag+from+government+building

2週間ほど前、ディルの地区集会所に掲揚されていた中国国旗を降ろし、これに火を付けたとして22歳の青年クンチョック・ナムギェルが当局に逮捕された。

現在、彼の行方は家族にも分からないという。

ディルと言えば、3月22日に当地の小学生が抗議デモを行なったというニュースがあった。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51421908.html

2週間前と言えば、ちょうど同じころに当たる。
何か関係があるかもしれない?


<セルタ(色達)で20歳の若者が一人で抗議デモを行ない逮捕>

同じく4月5日付パユルによれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27050&article=Police+arrest+3+in+Sertha+County+for+protests

4月2日、カンゼチベット族自治州セルタ県で、チョクサン村出身ウゲン・ナムギェル20歳はチベット国旗を掲げ、「チベット独立!」「宗教の自由を!」「ダライ・ラマ法王の御帰還を!」等のスローガンを叫んだ。

目撃者によれば、中国の警官隊は直ちに彼を抑え込み滅多打ちにした後、連行していったという。


同記事によればさらに、
<セルタで二人の僧侶がチベット国旗を掲げ、叫びを上げたとして逮捕>

3月31日、セルタの中央市場にて、ラルン・ガル僧院に所属するユルシュル出身(名称不詳)の二人の僧侶がチベット国旗を掲げ、チベット独立とダライ・ラマ法王の長寿を願うスローガンを叫んだ。

目撃者からの報告によれば、二人は要求を「叫んだ」というより「唱え」ていたという。


<マチュ県チベット人中学校の生徒と教師が抗議デモ>

4月5日付RFAチベット語版によれば、
http://www.rfa.org/tibetan/chediklaytsen/khamlaytsen/kham-stringer/protest-by-students-and-teachers-of-tibetan-middle-school-in-machu-04052010101550.html

アムド、マチュにあるチベット人中学校(蔵族中学)の生徒と教師多数が中国政府に抗議デモを行なった。

この中学校では3月14日に生徒たちが先導する大きなデモがあった。
その後、生徒や責任者が逮捕されている。

現在中学校は完全に保安部隊により包囲されており、中の状況は掴めないという。













rftibet at 17:40|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2008年06月22日

セルタ、カンゼ、ラサで抗議は続く

06ceaca4.JPG中国は6月20日、1157名のチベット人囚人を解放すると発表した

オリンピックトーチがラサに来る時に合わせて寛大さ?をアピールしたつもりだろう。それにしても本当ならば、良い話である。
しかし、亡命政府は今だ、これらの囚人が解放されたとの情報を得ていないという。
それにしてもまだ監獄に残されている者は少なくとも5000人はいる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下委員会リリース6月20日、21日付をもとに今週チベット内で起こった、チベット人たちの抗議活動についてお知らせする。

http://www.stoptibetcrisis.net/pr200608.html
http://www.stoptibetcrisis.net/pr210608.html

6月19日現地時間2pm、カム、セルタ(色達)市中でにおいてセルタ・クツァ村出身の僧侶ガユはチベット国旗をかざしながら<ダライラマ法王に長寿を!><法王はチベットに召還されるべきだ><チベット独立!>と叫びを上げた。

周りにいたチベット人たちが相当数彼の行進に加わろうとしていた時丁度、大勢の中国の武装警官隊が押し寄せ、市民を蹴散らし、僧侶を逮捕した。

同19日カム、カンゼでダド地区出身のロプサン・ツェワンが抗議行進をした後逮捕された。

6月18日同カンゼにおいてギャマダック尼僧院の二人の尼僧ドゥンツォとタシ・ツォ抗議行進を行った。暴行の上逮捕された。

同日同カンゼ庁舎前にて、午前11時頃、ベリ僧院の僧侶3人が平和的抗議活動を行い逮捕された。
3名は元僧院読経師タンゲ、現僧院読経師ロプサン・ゲレック及びロプサン・パルデンである。

同18日ラサのデブン僧院でデモを行おうとしていた僧侶達に対し当局は威嚇射撃を繰り返したという。
同日、セラ僧院でも12人の僧侶がデモの後、逮捕されたとの情報が入っているが、詳細は不明。

日付不明ではあるが最近の出来事として伝えられたところでは、セルタ地区のチョサン・テマ村で行われた<愛国教育キャンペーン>の様子を写真に撮ったことが当局に見つかった僧侶ワンルはその場で激しい暴行を受け、逮捕された
家族が釈放を懇願したが、これに対し当局は2万元(約30万円)の保釈金を要求しているという。

カムのセルタ地区ではデモがこのところ連続的に起こったので、当局は地区の軍隊を増強しつつある。
そんな中、誰がやったのかは不明だが、地区の大きな丘の上に<チベット独立>という文字が刻印されて大きく浮かび上がった。遠くからもよく見えるように、文字は水晶入りの石灰で上塗りされていた。

先にこの地区でデモをして逮捕されたリダック、メンキャップ、グソの3人はセルタ地区刑務所の中で激しく拷問されたとの情報が解放されたものから報告された。

6月15日カンゼ市内の市場で3人のチベット人がダライラマ法王の写真を掲げ、パンフレットを配り、<王に長寿を!チベット独立!>等のスローガンを叫びながら行進した。
氏名はソナム・ワンゲル、リンチェン・ドゥンドゥップ、ドルジェ・ロトゥ。
彼ら3人はこのところ冬虫夏草採りのために山に入っていたが、山から降りて来て沢山のチベット人が逮捕されひどい仕打ちを受けていることを初めて知り、早速デモを行ったという。
彼らもその場で激しい暴力を受け逮捕された。





rftibet at 13:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)