ダライラマ

2010年12月10日

12月10日のダラムサラ

ノーベル平和賞授賞式追記:先ほどノーベル平和賞受賞式典をBBCのライブで見たので、追加を先頭に持ってくる。(写真BBC)

委員長のThorbjorn Jagland氏が最初の大きな拍手を受けたのは、
「この空白の椅子がこの賞の意義をシンボライズしている」
と語った場面。

その後の拍手の場面を思い出すと。
「劉暁波氏はこの賞は1989年の天安門の犠牲者に送られたものだと語った」

「彼の非暴力の戦いはネルソン・マンディラを思い出させる」

「中国は大国になったのだから、世界からの批判を受け入れるべきだ。マーチン・ルーサー・キング牧師に平和賞が送られた時、多くのアメリカ人が異議を唱えた。しかし、アメリカはこの事で強くなった。中国もこの批判を肯定的に受け入れるべきだ」

「彼は無実だ。開放されるべきだ」

「平和と人権いは深いつながりがある」

「彼は楽観的だった『中国はいつか自由な国になることを信じている』と語った」

委員長の演説の後に劉暁波氏が11年の刑期を言い渡される2日前、2009年12月23日に発表した最後の声明がノルウェーの有名な女優により読み上げられた。
全文を以下で読む事ができる。
http://www.foreignpolicy.com/articles/2010/10/08/i_have_no_enemies

題は「私に敵はいないし、憎しみもない」

その最後の2節を訳す。
「表現の自由は人権の基礎であり、人間性の源であり、真理の母である。言論の自由を締め付けることは、人権を踏みにじり、人間性を窒息させ、真理を抑圧することだ」
<「表达自由,人权之基,人性之本,真理之母。封杀言论自由,践踏人权,窒息人性,压抑真理」

「中国憲法により保証された言論自由の権利を行使するためには、中国の市民としての社会的責任を果たさなければならない。如何なる意味においても、私の行った事に罪はない。しかし、このことで私に罪が掛けられるとしても、恨み言はない」 <「为践行宪法赋予的言论自由之权利,当尽到一个中国公民的社会责任,我的所作所为无罪,即便为此被指控,也无怨言」

最後に「すべての人に感謝する」


---------------------------------------------------------------

10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan今日,ダラムサラでは朝から、ダライ・ラマ法王のノーベル平和賞受賞21周年を祝う式典とチベット人たちの喜びの歌と踊りが1日中続いた。

式典での亡命チベット議会の挨拶の中で
「劉暁波氏の平和賞受賞は中国の人々に取って非常に喜ばしいことであるはずだ。この場を借りて、中国の人々へ喜びと祝福の言葉を贈りたい。タシデレ!」という挨拶が入った。

10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan今日は二重に嬉しい日と言う訳だ。

もっとも、「今日はまた、『世界人権デー』でもあるが、この方は少しも喜ぶに値しない。チベットの内部でも他の世界の至る所でも、人権は無視され続けている。諸外国は口先ばかりで、実際に人権改善のために行動する国はほとんどない」と辛口の挨拶。

大臣室からの挨拶の中では「数人の個人を監獄に閉じ込めようと、彼等の思想、主義、希望をこじ込める事はできない。力と弾圧により人々の思考をコントロールしようとする全体主義者は最も無明な人間たちだ」と暗に中国を糾弾。

10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan最近の中国語強要政策についても「このような政策はカール・マルクス、レーニン、毛沢東の少数民族政策を完全に無視するものであるばかりでなく、一つの民族の言語と文化を完全い破壊しようとする試みである」と厳しく批判した。

と、このような硬い挨拶が終わったと同時に、みんなが楽しみとする様々なグループによる、歌と踊りが始まった。


10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakanこの後は、延々と歌と踊りが続く。

以下、午前中の写真。









10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan忘れてた。法王の引退問題について大臣室も議会も声明の中でこれに言及した。

「法王にはいつまでもチベットの宗教的、政治的トップを続けてもらいたい。半引退とか全面的引退とか、決してそのような事を口にされませんように!」
と法王の引退など全く受け入れられないことを明らかにした。
10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan
授賞式を映すBBCの映像には、牧野議員の横顔も写っていた。
その他、俳優のデンゼル・ワシントンとかアン・ジャクリーン・ハサウェイの姿も。
彼女は劉氏の最後の声明の中で、妻への愛を示す箇所が読まれる時、涙ぐんでいた。



10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan












10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan

























10,12,2010 Nobel Prise C.Thuklakan



rftibet at 17:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2010年10月20日

ゲシェラの仏教講義/ダライラマ法王も中国人に対して行じられると言うトンレンの行とは?

bd590c3b.jpg再掲/2008年5月12日と13日分


今日は月曜日と言うことで週に一度通ってるライブラリー(Library of Tibetan Works & Archives Dharamsala)の仏教講座に行ってきた。

このクラスをもう30年近く担当してるゲシェ・ソナム・リンチェン師は私の20数年来の師である。

最近このクラスに通ってる数人の日本人に勧められるまま、このクラスのレビュークラスをルンタレストランでやっている。
本当のクラスには出ずにこの時だけ現れる日本人も歓迎している。

クラスは先生がチベット語で話し、それを通訳のルースが英語に訳すというスタイル。
英語の苦手な日本人は外人に比べて理解に時間がかかる場合が多いようだ。

今日は丁度、トンレンの行についてだった。
丁度というのは最近「法王が毎日中国人に対してトンレンの行を実践している」という記事を目にしていたからだ。
この記事、4月3日付中外日報に法王の言葉として、M女史が報告しておられた。
それによると、


--------------------------------------------------------------------------


「この暴動が起きた当初、私は1959年に亡命を余儀なくされた時と同じ悲惨な体験をした。
毎日本土からの情報が届き、この数日は心配と不安で押しつぶされそうだった。
しかし、夜いったん眠りに就けば、そういう感情に邪魔されすことなく、眠ることができる。それには秘訣があるのだ。長年の訓練の結果である。

私は毎日朝三時半に起きて瞑想をし、祈りを捧げるのだが、その瞑想の中で<トンレン>と呼ばれる修行を毎日行う。<トンレン>とは<ギブ・アンド・テーク>の意味だが、相手の抱えている苦しみや不幸を自分が全て引き受け、その代りに自分が持っている徳や心の平和なで、すぐれたものを皆相手に与える、という感想を行うのである。

そこで中国人たちの怒りや憎しみ、不安や疑惑などすべてのネガティブなものを自分が引き受け、自分の心の平和と徳を、中国人や暴動を起こしているチベット人たちに与える、という観想をするのだ。
実際にそうなるわけではないが、私の感情面ではこれが大いにうまく働いている」

「心が怒りに満ちていれば眠ることもできない。心配や不安があると心の平和は乱され、チベット問題の解決はない。

これは個人、家庭、国際社会のレベルにおいても同じことであり、恐怖、不信、疑惑があると、それは問題解決の大きな障害となる。
真の問題解決は、互いを尊重し、信頼することから生まれる。そしてリアリティーを正しく見てアプローチすることが重要であり、心が惑わされているとリアリティーが見えない。だからすべての人達に状況を現実的に見るようにと私は言っている」

「暴動が起きてからの状況は、虎が若い小鹿をその爪に捉えているようなものだ。小鹿は虎に立ち向かえるのか?い言えば、気持ちはあってもそれは無理だ。私たちの武器は正義と真理であり、その結果が出るには時間がかかる」


--------------------------------------------------

5月13日分


ゲシェラの授業に入る。

----------------------------------

今日はDream Yoga(夢のヨーガ)でも始めにやろうか?
寝ながら出来るしね!
と冗談から。
(先日このクラスに来てる多くの外人が法王から無上ヨーガの潅頂を受けた。その中には夢のヨーガ等も広くは含まれるので、大そうなものだと軽くからかわれたという訳)

先週、先々週と菩提心の話をしてきた。
菩提心(ジャンジュップ・セム)に先立ち、慈悲(ニンジェ)がいる、慈悲に先立ち特別の愛(イオン・チャンバ)がいる、特別の愛に先立ち平等心(タンニョン)がいる。

平等心、チベット語のタンニョンには3種の意味がある、
一つは、禅定において対治(個別の治療手段)を使わずとも心が「有・無の中間」にほどよく留まっている状態。
二つ目には、感において快・不快を離れて中間にいる状態。
三つ目には、無量の平等心と呼ばれる、四無量心のうちの一つの心。

ここで無量と呼ばれるはその対象がすべての有情をカバーするが故に無量と名づけられる。今ここで言ってる平等心とはこの3番目の無量心のことだ。

ここまでは先週説明したし、瞑想法も教えた(目前に敵、中性の人、味方を観想し、3人に対して同様の近しい感情が沸くまで行ずる方法)。
平等心はフレスコ画を描く前に下地をでこぼこなくスムーズに均すようなものだ。
そのなめらかな下地ができて初めてその上に素晴らしい菩提心の絵が描けるというわけだ。
敵が苦しめばざまあみろでは菩提心はありえない。

チベット語でイオンチャンバ(親愛の情)と呼ばれる慈悲のもとになる愛が次に必要だ。この心は最終的にはすべての有情をあたかも自分の一人子や母親のように、親密で、愛らしい、可愛い、存在として感じる心だ。

チベット人は一般に前世来世を信じる。
これは識(心)の原因は識以外にありえず、物質から識がつくられることはないとの考えがあるからだ。それからして子宮内で生まれる新しい識の原因となるサトル(微細)な心が前世からやってくるとした。
またその始まりは無窮、始まりなしだ。終わりもない。

それからして、何万回何兆回と生死を繰り返す間には、すべての有情は一度は自分の母で会ったことがあるとの結論に至る。

さて、今日の本題のトンレンの行に入る。

この行はもともと、チベットに顕密両方をインドより伝えた11cのアティーシャの弟子達が形成したカダム派の師たちによって、主に行ぜられ伝えらてきた教えだ。
後にこのカダム派はゲールック派に吸収合併された。それでゲールック派の人たちもこの教えを大事にするのだ。

以下、カダム派の著名な行者ゲシェ・ポトワの教え。

まず正座して、目前に今生での自分の母親を観想する。あたかも目の当たりに本当にそこにいるように感ずるように。(どうしても私は母親に対してそんな感情にはなれないと思う人は、誰でもよいから自分が一番恩を感じる人を思えばよい)

その母を老いて元気のない病気がちであるように観想するのがよい。
今にも消え入りそうで誰かの助けがなければ一人では危うい様に思う方がよい。

その母親の苦しみと苦しみの原因をよく分析しそれらすべてを黒い煙、あるいは黒い光と観想し、長めの息と共に両鼻孔より吸い込む。
その黒い光の流れを、自分の胸にあらかじめ観想しておく、自分の利己心を象徴する黒い塊に衝突させる。

と、その黒い母親の苦しみの光が自分の利己心の黒い塊を一瞬にして破壊する。
同時にそこから白い光がまぶしいほどに輝き出る。


その輝く白い光は鼻から吐く息とともに今度は前にいる母親の鼻から母親の胸に到り、すべての幸せと幸せの原因(菩提心、空の理解等)を母親は受取り、微笑み輝くと観想する。

これを実際に自分の心が恩返しの心、慈悲の心に満たされるまで続けることだ。

このようにしてまずは一人の近しい対象に対してこの苦しみを吸い取る行ができたならば、じょじょに対象を広げ、敵味方なく、最終的にはすべての苦しむ有情で廻りの空間を一杯にして、これを行えるようにすることだ。
慣れて来たら、対象も多くなるので、すべての毛孔を使って光を出し入れしてもよい。

いづれにせよ、心を変えようと思うなら実際にこれらを実践してみることだ。
ただ話を聞いてだけでは何も変わらない。

これらは実際に苦しむ有情に出会ったとき、すぐに助けたいと思い、行動することができるように心を訓練するやり方だ。
実際に目の前に苦しむ有情がいるのに呼吸ばかりしていてはいけない、、ハハハ。

実際今のチベットの状況のように遠くにいて助けたくとも助けられない状況もあるだろう。
このような時にこのトンレンの行を行うのは非常に良いことだと思う。


rftibet at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月03日

チャットにダライ・ラマを載せて刑期3年

<チャット・サイトにダライ・ラマを載せたとして2人のチベット人に3年の刑>http://phayul.com/news/article.aspx?id=26116&article=3+years'+imprisonment+for+2+Tibetans+for+Dalai+Lama+contents+on+chat+site

パユル、ダラムサラ 12月3日。

現在亡命中のナクチュ出身、ガワン・タルパ氏によれば、中国の裁判所は最近ナクチュ県ソック地区出身の2人のチベット人に其々3年の刑期を言い渡した。

今年10月1日、中国共産党による60周年記念国慶節に合わせ、ゲルセン25歳及びニマ・ワンチュック24歳は他の2人とともに逮捕された。
逮捕の理由は中国の有名チャット・サイトであるqq.com上の其々のプロフィールの中でダライ・ラマの写真やスピーチを掲載した、というものだった。
この時一緒に逮捕されたイェシェ・ナムカ25歳及びアニイ(年齢不詳)の二人にはまだ刑期は確定していない。
逮捕後、二人の家族や親せきの内、面会が許されたものは誰もいない。
家族は彼らが拘置所でむごい拷問を受けたであろうことを心配しているという。

4人は厳戒態勢が敷かれていた国慶節の日、同じラダ村の実家から引き立てられて行った。
4人には当局からさらに「外国の分離主義者ども」とも連絡を取ったとの嫌疑がかけられたという。

中国当局は今年の国慶節を前にチベット人たちがこの機会を利用して抵抗運動を起こすのを恐れ、チベット人たちの移動と情報伝達について特に厳しく監視していた。

同じくこのソック地区からだけでもさらに、ラサで10月初めに逮捕された同地区出身の僧侶ツプテンや、
昨年の抗議運動に参加し逮捕された
テンジン・シェラップ15歳、
ガワン・ロトゥ17歳、
ツルティム・テンダー21歳、
チャンブ・ドゥンドゥップ52歳、
チョクデン・ツルティム19歳、
及びソナム・ゲルツェン
は逮捕後当局から家族には何の連絡もなく、
彼らがどこにいるのかを知っているものは誰もいない。

この情報を伝えたガワンによれば家族は「もう彼らが生きているとも思えない、、」と話していたという。




rftibet at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月16日

ダライラマ・オバマ会談はまだ未定でした

前回の「法王とオバマ大統領の会談が実現!」は、本当は「?」のようです。

http://www.rfa.org/tibetan/sargyur/obama-middle-way-on-tibet-under-scrutiny-09152009212627.html
上はおそらく無理であろうとのRFAの記事。

今、時間ないのくわしくはまた。ティーチングに遅れそう!




rftibet at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月24日

ダライ・ラマ法王 TCVで仏教講義

6月24日TCV 会場に入られる前今日は朝からダライラマ法王が、3年前から恒例となったTCV仏教講座を行われるというので、TCVホールまで朝8時バイクで駆け付けました。

始まる前に一般市民による、仏教問答会が御前で開かれました。
町のおじさん、おばさんが頑張ってるのを、法王は笑いながら見ておられました。
「チベット人がみんな問答を習い、もっと論理的になれば良いことだ、、、」とおっしゃってました。
6月24日TCV










講義には今回はテキストを使われました。
今日と明日の二日間、トクメ・サンポの著した「三十七菩提行(ラクレン・ソドゥン・マ)」に沿って、大乗菩薩行の要点を漏れなく説明されるのです。

6月24日TCV2短いがこのお経はチベットでは有名で、法王も何度も講義されています。
著者のトクメ・サンポは尊者ツォンカパの二代前の人というから14世紀の初めころの人でしょう。
主にサキャ派の教えを中心に学んだといいます。
とにかくこの人はその人柄がよっぽど良かったのか、チベットでは菩薩の見本のような人と見なされています。

テキストはラムリン(悟りへの階梯)の形式を取って簡潔にたった37節で菩薩行の真髄を余すところなく説いています。

なお、以下に行けば、今日のティーチングの英語版を聞くことができます。

http://www.dalailama.com/page.263.htm







6月24日TCV 終わってお帰りになる法王

rftibet at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月28日

ギャワ・リンポチェ、ヨーロッパ遠征にご出発

694e7995.JPGギャワ・リンポチェ(法王)は今日午後4時頃ヨーロッパ訪問のため、サラムサラを発たれました。
最初は30日、31日のデンマークです。





法王を見送るインド人たち写真二枚目は法王を見送っていたインド人クーリー家族です。
最近前の道を直すために道端に住み始めました。
何だか、子だくさんで楽しげです。

元インド的風景というか、、、インドの現実というか、、、
中国ではすでに許されない風景です。

以下中国のニュースばかりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北京で陳情者数十人を拘束 ペロシ米議長に人権訴え
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090527/chn0905272034002-n1.htm

ペロシ米下院議長が訪中したのに合わせ、中国政府の対外宣伝部門を主管する国務院新聞弁公室庁舎前で27日、地方から集まった数十人の陳情者が「ペロシ、中国の人権に関心を持って」などと連呼したが、警官に拘束された。

6月4日に天安門事件から20年の節目となるのを前に、北京市内は警戒が高まっている。ペロシ氏は訪中前の記者会見で、中国の人権問題への言及を避けていた。

貴州省から来た陳橋員さん(31)は、炭鉱事故で死亡した妻の遺影を持ち「事故の責任は行政にある。責任を取らせたい」と強調。陳情者らは、真っ赤なスプレーで庁舎の門に「腐敗を打倒せよ」と書いた。警官は、現場を撮影する外国メディアのカメラを奪い取ろうとするなど、取材も妨害した。(共同)

ーーー
これに関してもう少し詳しく知りたい方は以下へ、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24808&article=China+protesters+see+red+over+Pelosi+visit

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天安門事件の再評価の声 過去最高61% 香港
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090528/chn0905280026000-n1.htm

香港大学が27日発表した世論調査の結果によると、1989年の天安門事件につながった学生運動を「暴乱」と規定した中国政府に対し、評価の見直しを求める香港市民が前年比約12ポイント増の約61%に達し、同様の設問を始めた1997年以来、最高を記録した。

6月4日に事件から20年となるのを前に、香港市民の関心が高まっていることが背景にあるとみられる。

事件当時の北京の大学生の行動が正しかったかどうかとの設問でも、約56%が正しかったと回答し、1995年以降では最高だった。

中国本土では、政府批判の高まりを警戒する当局が、事件をめぐる同様の調査を規制しているが、「一国二制度」下にある香港では同大が6月4日を前に毎年調査を実施。今年は5月19〜22日に約1000人に聞いた。

産経新聞 2009年5月28日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国で地下教会の民主活動家が監視下に
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090528/chn0905280151002-n1.htm
2009.5.28 01:50

 中国の民主活動家でキリスト教地下教会信者の余傑氏が27日、北京市内の自宅で公安当局による監視下に置かれたことが分かった。

 中国当局が民主化運動を武力鎮圧した天安門事件から6月4日で20年となるため、公安当局は民主活動家の動きを警戒しているとみられる。

 同氏によると、自宅前に公安関係者が見張りに立ち、友人との面会などができなくなったという。(共同)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後英語で長いのですが、、、

<天安門の母たちが89年の再評価を要求>

http://phayul.com/news/article.aspx?c=2&t=1&id=24810&article=statement+of+Tiananmen+mothers

rftibet at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月26日

ダライラマ法王ダラムサラにお戻りになる

d60f3079.JPG26日午後4時ダライラマ法王ダラムサラにご帰宅される。



26/4/08 法王








ハンガーストライキを激励する法王
ハンガーストライキを行っているチベット人たちを激励する法王。







法王に会い涙ぐむ日本人


あこがれの法王に一目会えて涙ぐむ日本人








rftibet at 17:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)