テロリスト

2008年06月10日

どちらがテロリスト?

d7fbb743.jpgもう一度6月8日、カンゼのダゴにおいて、一人で声を上げ、パンフレットを配った27歳の尼僧ツェリン・ツォモ・ラの写真を載せる。
この華奢な体のどこに死を覚悟する勇気があるのか。

それにしても、
こんなか弱い女性を寄ってたかって殴る、蹴る、鉄パイプで叩くとはもう人間のやることではないと思う。
軍隊や武装警官が履いている靴の先には鉄が入っている、それで男が思いきりこんな女性を蹴るとどうなるか?
それも寄ってたかって何度も!何度も!

きっと彼らは「デモをする奴は誰でもその場で殴り殺せ」という命令を受けてるに違いない。銃は使わなくともチベット人は殺せるというわけだ。
一体どちらがテロリストなのか!?


ここでふと思い出した話がある。
これは、ずいぶん前に本多勝一さんがカンボジアを取材したレポートを発表されたが、その中の話。

「ポルポトはどうしてこのような残忍な虐殺を実行することができたのか?人はこんなにも残忍になれるのか?人が人をそんなにも簡単に殺せるのであろうか?」
と疑問を呈したのち、
「彼らを最初から訓練したのは中国から送られて来た人民解放軍の将校たちだった。
まず、手はじめに毎日必ず小動物を殺すことを科す。ネズミとか鳥、ウサギ等がその対象となる。そしてつぎには猫から犬を殺すのに慣れさせる。
毎日動物を殺しているとそのうち動物を殺すことなど何とも思わなくなる、それどころかもっと殺したくなる。
そうしてついに人を殺させる。
何人も一緒に殺させる。このようにシステマティックに大量虐殺の何とも思わすに実行できる心が造られるのだ」

以上記憶(凡そ30年前)違いがあればお勘弁。

それにしても中国は昔から、そして今でも世界の恐怖政治の一番のパトロン、指導国家なのだ。

ーー

今日の朝ヨガの最中、隣で<犬のアーサナ(ポーズ)>に入ってたチベット人のT(彼も元政治犯)が急にマットの上に何か気になるものを発見したらしくポーズを崩し目をマットに近づけた。
そこには小さな小さな黒い虫がいた。
彼はそのままそこにいて貰うと、自分が踏みつぶしかねないと思い、どうにかその虫をどこか安全なところへ避難させようとしていたのだ。
下手をするとつぶしてしまうので彼は息をやさしく使いながら時間をかけてその虫を外に誘導した。
実にこれが本物のチベット人なのだ。
チベット人であるかどうかはまず小動物に対する態度ですぐわかる。
チベット人にとってすべての有情は母なのだ。
蚊を殺せば顔がチベット人でも本物のチベット人とはいえない。
だから蚊も殺さなくなればどんな外人だって日本人だってチベット人と言っていいだのだ。

何というこの違い!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下はフォト・ジャーナリストの竹内 正右さんが2001年4月に発表されたチベットに関する記事の一部です。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~asakyu/a_jouhou/n0104_44.html全文は相当長いのですが、様々な視点からチベット消滅を目す中国の実態を知らせてくれています。

ーー

九九年十二月、北京の秘密戦略会議で「チベット仏教も、チベット文化も根絶させ、チベットの名も消すべきだ。四川省に併合しろ」と言った人物の名がついに判明した。その名は西蔵自治区書記・陳奎元。内モンゴル党書記を歴任してきた人物だ。
 この言葉は個人の言葉というより、共産党の意図を代弁したものと言っていいだろう。この言葉が二十一世紀を迎えたチベットで、チベット人の頭上に大ナタが打ち降ろされ、チベット文化のジェノサイド、民族破壊(エスノサイド)が展開されているのである。西部大開発計画のための資金を日本を中心とした外資に求めている同じ共産党の要人の言動である。

 西部大開発計画に財政、インフラ投資をすることが何を意味するかは瀝然としている。チベットを消滅させ、中国共産党経営のコロニーを創るのに手を貸すことになるからだ。

 かつて関東軍が満州帝国を創った折、外国資本が手助けしたとは聞かない。後世、史家はチベットを消滅させた国、人物の責任を問うに違いない。そこに日本と日本人の名が在っていいのだろうか。答えは、否である。

 が今、あの文化大革命を礼讃報道した実績を持つ日本の一部新聞メディアの中に、あの時と同じような姿勢の報道が始まっているのに気づいたのは私だけではないだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カムのカンゼのダゴと表記していますが、旅行人ガイドブックなどでは<ダンゴ>となっています。ダゴがチベット語発音に一番近いと思います。
カンゼの東南東70キロのところにあります。

なお、先ほどTCHRDによって昨日の記事で、なぜ一人の僧侶が死亡したことを書かなかったのかと聞くと「確認がまだここには入ってないから」とのことでした。
委員会は確認したつもり、こちらはまだその段階でないと言うことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地震のことについてはもちろん福島さんの以下のブログです。
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog
核の話が一杯載っています。

その中、核の話ではないが、
「東京大学地震研究所の纐纈 一起教授に西南交通大学のシンポジウムの席で教えてもらった。、、、、、、、、
青藏高原ののっているインドプレートと、ユーラシアプレートは地殻の厚さが違うなどで、揺れの伝わり方がずいぶん違い、ユーラシアプレート側は台北でもM2・7の揺れが観測されているのに対し、青藏高原側はあまりゆれが広がらず、被害も大きくない。」

を信じていいのかな?
信じたい気もする、、、




rftibet at 13:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2008年06月08日

四川テレビ放送、その他

c98a5433.JPG最近地震以降四川放送をよく見る。

ダラムサラでケーブルテレビに入ればラサ放送、四川放送、あと一つよく知らない中国のテレビが見られる。
地震の被害地の映像もよく流れる。
今は特に例の決壊寸前の巨大地震湖関係が多い。
軍隊が水路を発破やら人海作戦ではでに働いてる映像が流れ、やっと開通したという水抜き水路は小川状態で、ほんとにこんなんで大丈夫かよ?と思ってしまいました。

とにかく放送の半分は軍隊がいかに住民を助けているかのやらせばかり、
それにしても見事に崩壊したビルが沢山ある、その瓦礫の山はまるで誰も手を付けてない様子。明らかに死体が中に沢山ありそうな瓦礫のすぐそばで、軍人が生き残った人たちに食料を配りそれを受け取った人が涙するとかの映像が流れる。
日本ではありえないことは確かだろう。

あと特徴的なのはやたらに募金を呼びかけるチベット人僧侶が募金する場面も流れた。そんな募金キャンペーンの中では<愛><心>などと言った標語が使われている。これはこれは、中国でこんな言葉が以前に標語になったことがあるのかな?
<愛><心>とは中国共産党が今まで消し去ろうと努めてきた心情ではなかったか?
唯一<国家への愛>は昔からあるけど。
金のためならとこんな言葉を使っているようだが、行きすぎると本気でこんな言葉が中国中に流行って唯物主義政府が倒れるとか!?
とにかく相当に募金は集まってるようです。
まるですべてが軍部の地震ビジネスのようにも見えてきます。

そのテレビにほんの一瞬映った壊れた家の映像は明らかにチベット様式の建物でした、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そう言えばチベットのテロリストの映像もかつて一か月ほど前にこの放送で見ました。アムドのどこだったか、今思い出しませんが、この事件もそのかなり前に単に愛国教育を受け入れなかったとして、最初逮捕されたはずの数人の僧侶がなぜか、爆弾テロ犯にされ、その爆破現場を後手に縛られた僧侶が引き回されるというものでした。
その破壊された建物というのも、ただ部屋が軍隊により荒らされた風の場所であり、爆破で焦げた跡などどこにも見当たらなかった。
嘘をつくにももっと工夫しないとと思うが、中国ではこれで十分な証拠になるのだろう。
もっとも私は全くチベット人が爆弾を使わないとは言わない。
最近嘗てのカンパゲリラとして戦い、ムスタンゲリラとしても長く中国と闘い続けた<チュシガントュク(四河六雪山)>の会議がニューヨークで開かれたという。
もっとも今テロに走るとことは自殺、自滅行為としか見られないであろう。
もっともデモ一つでも自殺行為ではある。

今日お伝えした、パンフレットを配ってデモし逮捕された3人の僧侶も間違いなく、拷問に会い、最低5年の刑をうけるであろう。
私がそう断定するのはなぜかと言うに、ここで多くの元政治犯に話を聞いたが、全員程度の差はあれ例外なく何らかの拷問を受けていたからだ。
なかには到底人間のやることとは思えない非人間的は拷問もあるのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰還行進はいったん中止を余儀なくされた。5団体のボスは10日間の拘留の後昨日全員釈放された。
残った皆はボンディサールというヒマチャル州の東端の町まで連れて行かれそこで解放されたとか。
「ここまで3か月歩き続けた。最初だって一度捕まった。それでもまた歩いた。
これで終わり何てありえない。また必ず歩きはじめる」と言ってました。

>http://phayul.com/news/article.aspx?id=21558&article=450+Tibetans+detained+in+Nepal's+capitalカトマンドゥではデモを行ったチベット人のうち450人が逮捕された。
ネパールの警官はチベット人を乱暴に扱うことで有名だ。いつも逮捕のときには血を見る。
ネパール当局は「例えば中国のような友好国を非難するデモは許せない」とはっきり言ってるそうだ。









rftibet at 19:35|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

続チベット人僧侶がテロリスト!?日本の報道。

76819b02.JPG昨日の<チベット人がテロリスト!?>の記事に関しY女史が
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=831413656&owner_id=1195669
でフォローしてくださっています。ご覧ください。

一方ある新聞関係の友人の反応としては、

「コメントされた方がどの記事について言及したのか
わからないので難しいですが、
「日本の新聞が事実として報道した」ということはおそらくなく、
そのコメントを書かれた方が、
新華社は○日、〜〜と報じた」という記事を読まれて、
「〜〜」の部分が引用ではなく事実として報じられていると
読み違いをされたのではないかと思います


ロイターのような注釈や引用を日本の新聞が
つけられないのは、単に、日本で外電翻訳を
担当している人には、「重要部分のみ抜粋して
訳す」ことが求められていて、
自前ソースでの注釈コメントをつけられるほど
確認の余裕、余力がないからかと。
自社ソースとして注釈コメントをつけるとなると
そこの部分をどう突っ込まれても立証できる
何らかの根拠が必要になってきますので。

※例えば、ロイター電は『海外メディアは同自治区への
 立ち入りに中国政府の許可が必要で……』とコメントを
 つけています。でも、日本メディアがロイター電をつかうと、
 「ロイターは○日、『新華社が○日〜と報じた』と報じた。
 同電は〜〜であるとコメントした」
 という孫引き引用になって非常にまどろっこしく格好悪い
 ので、この場合、ロイター翻訳は使わず、一次ソースの
 新華社配信を使うことになります。
 そこに補足コメントをつけるには、自前で、記事化する
 担当者が確たる事実として確認した内容でなければ
 なりません。
 新華社翻訳を北京の記者が作っていれば、
 チベット取材が外国メディアを締め出しているのは
 自明の理であるわけですが、
 外電の翻訳作業は、東京本社の外信部内勤の若手が、
 新華社だけでなく世界中から殺到するAP、ロイター、AFP
 などからのニュース配信のすさまじい量を、右から左に
 ひたすら抜粋翻訳している流れ作業でやってます。
 チベット関連の記事だからといってチベットに詳しい人間が
 訳しているわけではなく、その日によって、専門はロシア
 だったり欧州だったりする人が交代でやってます。

 もっとたくさん記者がいるA読売だと、たぶん、中国担当と
 インド担当を分けていますので、中国担当者はひたすら
 新華社を訳し、 亡命政府のリリースも確認したりしているんだろうと思います。
 要するに、新華社配信を翻訳するときに、「亡命政府側では
 どんなリリースを出しているか参照南アジア担当者が、タイやインドの英語
 ソースを確認し、たまにAFPやロイターを見て
しよう」ということが、
 担当が違うためにできなくなっているんじゃないかと
 想像します。


(さらに蛇足)


日本の新聞が新華社電をよく引用するのは、
新華社電が中国政府の意向と非常に密接に
つながっていて(つうか国営ですから中国の
公式発表そのものなんだけど、)、
中国ウオッチャーにとっては、
「何を報じたか」それ自体が、中国政府の動向を
推測・推察するリトマス試験紙のような役割を
持っているから……という意味もあるようです。

報じた内容が事実かどうかよりも、そこから
「今中国は何を主張しようとしているか」が
透けて見える、そこから中国の状況が分析できる。
それを考えるために新華社があるんだ、
と力説している人がいました。

(外務省のチャイナスクールの人たちとか、
 中南海取材の長い日本の「中国通記者」は
 こういう傾向があるようです)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうですか、プロはそう読むのですね。
細かいニュアンスを読み分けて味わうということですね。
でも忙しい日本人一般の人がそんなとこまで読むでしょうか。
第一新華社伝の性格を知ってる人は多くないでしょう。
<チベット><僧侶><テロリスト>が頭に残るだけじゃないでしょうか?

実際このことでは普通の友人から「チベット人もとうとうテロに走ったのですね!」
とか「これって本当なんですかね?」とか言ってくるのだ。

この前も言ったけど、まずもって、
チベットの中から命掛けで外に電話を掛け、デモなどの見知ったことを伝えてくる、そういう純粋なチベット人の言葉を信じなくて(信じなくてもいいが伝えるといい)、或いは聞こうともしないで、北京創作の記事をそのまま載せるという感覚が解らないと言いたいのだ。
そちらの人にとってはチベット人の言うことを信じたりして、私こそバカと思われてるのでしょう。私は仏教徒として一切を疑って掛かりますが。

法王がイギリスで「もしも次回の会談においても確かな前進がない場合には、暴力行為を含めた暴動の起こる可能性がある」
とおっしゃったとき、私はすぐに、これはひょっとして危ない発言ではないか?と思った。つまりこれを聞いた中国当局は「これは使えるな、、」と思ったのではないか?
テロを演出することなどお手の物の彼らが対談後、あるいはオリンピック後にチベット人をテロリストにしてしまえばいいわけだよな、、、と思った可能性はある。

この新華社の記事も、ちょっと外国の反応を見るために、その効果のほどを試すために話を作り、報道したとも思えないだろうか?
日本では効果あったというところか。





rftibet at 11:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2008年06月07日

続チベット人僧侶がテロリスト、法王地震への義援金五万ドル寄付

819f9a27.JPG五日付の日本の報道各社は新華社伝をそのまま、ほとんど何のコメントもなく

チベット自治区で4月爆破テロ、僧ら16人逮捕>と言った表題のもとにわざわざ記事を載せている。
まるで全く中国の出先機関かなにかのようだ。
今まで、いくらでも毎日、本土ではデモがあり逮捕者がでている、拷問死もある、射殺もある、のに全く知らん顔をしておきながら、新華社が発表したことはすぐに報じる。
事件現場を、チベット全体を閉鎖しているのは誰か知っているのか?
隠すとは犯罪者、うそつきのおこないとは思いもしないのか?
日本の記者は誰も現地に行ったわけではない、それなのに中国の報道のみを日本人にあたかも真実の如く知らせるとは、恥知らずだ!

<空>の話に「我々は映画のスクリーンの中で繰り広げられる様々なシーンを見て本気に泣き笑いする。我々が現実と呼ぶものはずべてそのように幻であり、実体を欠いている」
という例え話がある。

今日も朝レストランで従業員のチベット人たちを話をしてた時、
パンづくり専門のトプチュ曰く
「昨日のRFAでラサからの電話が流れてた。
パルコルをコルラ(右遶)することはもちろん、お香を焚くこと(チベット人は外で大きな香煙を上げる)も他のいかなる宗教的行為も厳しく禁止されているという。
特に今月に入ってこれが厳しくなったとか。違反すると法外な罰金か、時には逮捕されるという。
その代り中国政府で働くチベット人には、日長事務所の仕事の代わりに、チュバ(チベットの民族服)を着てパルコルとかを楽しげに散歩させたり、ショ(貝殻を使ったチベット人の賭けごと遊び)をさせたりするという。
その電話の本人がその中国政府に雇われているチベット人だという。チベットに宗教の自由なんて全くないと言ってた。中国は嘘を作るのは得意なんだよ。
例えば、Nは日本人だろう、チベットの子供が悪さをしたら、<そんなことしてると日本人(リーベン)を呼ぶよ!>というのが一番効く脅しなんだよ。
日本人が一番残酷な人種だって中国人はみんな思ってるよ。特に子供はね」

と言われました。(何度も聞いてる話ですがね)
実際私も中国に行った時など、テレビをつけるとどこかで必ず残酷日本軍のドラマを見ることができるのでした。

中国は安物の自分勝手な映画を作ることばかり考えてる。
民衆の現実など日々のつくりもの映画、やらせニュースでいくらでも操作できると考えてる。
中国の現実は二重に虚偽なのだ

そんな中国の作り話を日本の新聞社は中国が怖いからか?ゴマすったつもりか?何も考えずに報道する(或いは利得を良く考えた末に)。
チベット人の心を大変に傷つけることなど考えもせずにだ。
何で、最低最後に「中国はチベット地域での自由な取材を拒否している」と書かないのか?

この事件については5月17日にブログでお知らせしている。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2008-05.html?p=3#20080519彼らは最初愛国教育に逆らって逮捕されただけだ
彼らは5月12,13日に逮捕されている
なぜ今頃発表されるのか?おかしいと思わないのか?

中国の発表は以下の如くだ、
http://www.people.ne.jp/a/071e23e55b21476bb8f2749848eeae45

こんな記事も見つけた。
中国政府、ダライ・ラマ支持者を自殺テロ陰謀の独立軍と非難声明
http://beiryu2.exblog.jp/7619480/

米国時間 2008年4月1日 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee
北京発 |中国政府は1日火曜、「チベット独立軍 (Tibet independence forces) は、自殺テロの軍団 (suicide squids) を用いて流血の攻撃を企んでいる」と(チベット独立運動を)非難した。この声明は、ダライ・ラマの支持者に対して投げられた一連の非難声明でも、最新のものである


一方、ダライラマ法王は隠しておられるようだが、今日のRFAによれば
法王は先のイギリス訪問の際、ロンドンに着いてすぐに<今回の地震への義援金として五万ドル寄付された>という。ロンドンにある中国大使館に法王秘書のチメ テンジン氏が地震見舞いに参上したともいう。
何という、国がら、人柄の違いか。




rftibet at 13:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月06日

チベットの僧侶がテロリスト!?

79de1f1c.JPG再び実体論者中国の<空>な話。

Peaceful Tibetans Can Never be Labeled as Terrorists
平和的なチベット人が、テロリストではありえない


http://www.stoptibetcrisis.net/pr050608.html連帯委員会 2008年6月5日 リリース
y女史訳


本日の新華社通信によると、チャムド県マルカム郡にあるウーセル僧院とケンロン
僧院の僧侶16名が逮捕されたという。僧侶達には、4月3日、5日、7−8日に起きたとされる爆弾テロの計画に関わっていたとの容疑が掛けられている。中国当局はさらに3
名の僧侶を捜索しているという


僧侶が爆弾テロの計画に加担していたとする中国政府の主張には、確実な裏
づけが皆無である。もしこの事件が実際に起きていたのであれば、中国政府はこ
の特定の事件について、なぜ今まで一つのニュースも流していなかったのか?
この情報を今になって突然公表したのは、なぜなのか?

本件について、二番目に注意すべき点をあげてみよう。5月になって愛国再教育運
動が上記二つの僧院で開始されている。当局によるこの運動に従うことに抵抗し
たため、5月12日に僧侶達が逮捕されている。この逮捕事件に関しては当局も言及
しており、5月14日のプレス・リリースとして当委員会もすでに報告している。

中国側の主張が欺瞞であることを裏付ける、もう一つの理由がある。中国政府は
、平和的なチベット人抗議者に対する暴力的な弾圧を常に正当化しようと企てている。
政府は平和的な抗議行動の模様を、暴力的なテロリストの活動であるかのように
記述し、描写している。こうした中国の行動は、特に目新しいものではない。た
とば、トゥルク(活仏)・テンジン・デレクに対しても、爆弾テロに関わった容
疑にもとづいて似たようなレッテルを貼り、不当にも無期懲役の宣告を下してい


同様に、大勢の僧侶達がそれに続く事件で不当逮捕された。以前のプレス・リリ
ースでお伝えしたように、こうした僧侶達は、僧院のゴンカン(護法堂)にあった錆びついた武器を根拠に、テロ活動に加わっていたものとして糾弾されたのだった。だが、僧院の中にある武器とは、護法尊の加持力の象徴としてその部屋だけに置かれ
ているものなのだ。

もう一つの類似したケースでは、ゴンジョにあるタン・ジャ僧院の僧侶リンチェン
・ギャルツェンが、同僧院のほかの僧侶達とともに、別の爆弾テロ計画に関わっ
ていたという偽りの容疑で逮捕されている。中国政府が虚偽のレッテルで無実の
チベット人を逮捕拘束するケースは枚挙にいとまがなく、この僧侶達もなんら裏
づけのない爆弾テロ計画に関わったものとして非難されているのだ。

結局、中国政府の狙いと目標とは、すべての平和的なデモをテロリストの活
動という名の下に一括してしまうことにある
。もし実際に爆弾テロが起きた場合には、中国政府がチベット人を糾弾するために偽装して起こした、という可能性が大きい。

独立した調査団が阻まれることなくチベット全域への自由なアクセスを許可され
るようになるまでは、そして拘束されたチベット人達が透明性の高い裁判によっ
て適切な法的判断を受けるようになるまでは、世界は決して、中国政府による虚
偽の主張、チベット人が暴力行為やテロ活動に関わっているとする虚偽の主張を
容認することはないであろう。

(以上

rftibet at 21:25|PermalinkComments(10)TrackBack(0)