ディル

2013年10月21日

ディルで再び4人拘束 国境なき記者団とアムネスティが非難

ディルで逮捕
新たに連行された左よりダワ・ルンドゥップ、僧ジャンパ・レクシェ、僧ケルナム。

中国国旗掲揚強要で死者や拘束者が続く自治区ディル県で再び4人のチベット人が連行された。このディル弾圧に関連し、国境なき記者団は当局が情報を流したとしてチベット人を逮捕することを非難、アムネスティ・インターナショナルも抗議者に対する暴力的対応を非難する声明を発表した。

10月15日、ディル県シャムチュ郷ヤルディン村から19歳のダワ・ルンドゥップと20歳の尼僧ジャンパが警官により連行された。2人が連行された理由は、秘密の情報を電話やネットを使い外部に伝えたからと言われる。

2人が連行された後、村の長老たちが県の警察所に赴き、無罪の彼らを早く解放してほしいと懇願したが、取り合ってもらえなかったという。

10月17日にはディル県シュクディン僧院の僧ジャンパ・レクシェ20歳と僧ケルナム25歳がラサ市内で拘束された。彼ら2人も外部に情報を流したという理由で拘束されたと思われている。2人とも出身はディル県シャムチュ郷ヤルディン郷。

TCHRDによれば、アムドやカムでも当局は僧院内にディル県出身の僧侶や尼僧がいないかを調査し、彼らを尋問しているという。

先月末から続くこのディル県のチベット人に対する弾圧に関し、アムネスティ・インターナショナルは10月6日付けで「中国:チベット人抗議者に対する警官の『非道な』暴力を止めよ」と題されたリリースを発表した。

この中でアムネスティ・インターナショナルの中国研究員Corinna-Barbara Francisは「平和的集会に向かって警官が発砲することは非道である。この間近の事件は中国当局が保安部隊が過剰な力を使用することを全く抑制せず、チベット人の自由に平和的な集会を行う権利を全く尊重していないことを如実に示している」と語り、「重傷者が治療を受けることも妨害している」と強い口調で非難する。

また「チベット全域に渡り、状況は緊迫したままであり、中国当局はチベット人のもっとも基本的な人権をも否定し続け、全く状況を改善しようとしていない」とコメントする。

国境なき記者団は10月16日付けで「連続する逮捕により、チベットの孤立は増すばかり」と題されたリリースを発表している。

その中で、当局が、ディル県の弾圧状況を外部に伝えたとする多くのチベット人を「社会の安定と祖国の分裂をもくろむ政治的行為を行った」との口実の下、恣意的拘束を行っていることに憂慮を示し、「チベットの劇的な状況を同胞や外国に知らせようとしたチベット人を逮捕することは、地域の孤立・隔離をさらに深めることになる」と述べ、「チベットを情報のブラックホールにしようとする代わりに、中国当局はそのような恣意的逮捕を止め、直ちに拘束者たちを解放すべきである。我々は国際社会に対し彼らの拘束を強く非難すべきことを要請する」と続ける。

「このようなあからさま情報の自由に対する侵害に対し、口を噤むことは如何なる意味においても正当化されない。中国政府はチベット人に対して行っている抑圧的で差別的な政策を非難される時、常に『主権尊重』を持ち出すが、これも口を噤むをことを正当化させるものでは決してない」とコメントする。

参照:10月19日付けTibet Timesチベット語版
10月19日付けTibet Expressチベット語版
10月19日付けVOT中国語版
10月20日付けphayul

rftibet at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月17日

ディル県出身の主婦が路上で突然警官に連行され失踪

IMG_12241

RFAその他によれば、10月11日午前11時頃、チベット自治区ナクチュの高原路にある���琼旅館(མཐོ་སྒང་ལམ་བདེ་འབྱང་མགྲོན་ཁང་།)の入り口付近で地元警官によりディル県ツァラ郷(རྩ་ལ་ཤང་། 比如县扎拉乡)第一村出身のケルサン(སྐལ་བཟང་།)と呼ばれる女性が拉致された。

これを知った彼女の親戚、友人たちが警察所に行き、何故彼女が連行されたのかを尋ねた。しかし、警察側は彼女がどこにいるのかを知らせず、また捜査が終わるまで何も話すことはないと突っぱねた。

彼女は3人の娘を持つ、主婦であり、特に政治的な活動はまったくしていなかったという。ただ、彼女のことをよく知る人の話しによれば、彼女は「we chat」の中でディルの状況について話しをしたり、ダライ・ラマ法王の写真を載せたりしていたという。また、携帯の中に当局により政治的と思われているチベット人の歌をダウンロードしていたとも言われており、これらが連行された理由ではないかと思われている。

中国ではwe chat等のソーシャルサイトはすべてチェックされており、ほんのちょっとした反政府的言動、または情報流布により、誰でもいつでも逮捕される可能性があるということである。逮捕されればその後拷問を受けることはほぼ間違いない。

参照:10月16日付けTibet Expressチベット語版
10月17日付けTibet Timesチベット語版
10月16日付けRFA中国語版

rftibet at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月15日

ディル:作家と元警官が連行される

66e19457-0a7a-4dcb-8b1e-9072114db3e9連行された作家ツルティム・ギェルツェン

当局の弾圧により緊張が続くチベット自治区ナクチュ地区ディル県で、若い作家と元警官である彼の友人が連行された。

10月11日の夜中1時頃、ディル県の警官数人がシャムチュ郷テンカル村に現れ、作家ツルティム・ギェルツェン(ཚུལ་ཁྲིམས་རྒྱལ་མཚན།27)の自宅に押し入り、彼を連行した。次の日の早朝には彼の友人であった元警官のユルギェル(26)も自宅から連行された。

先月28日に国旗掲揚に反対し拘束されたチベット人の解放を要求し、千人近いチベット人がハンストを行った時、彼ら2人は「分裂主義的活動を行い、社会の安定を乱す噂を広めた」とされたと言われているが、本当の逮捕理由は不明であり、彼らの行方も不明のままである。

連行前にツルティム・ギェルツェンの自宅に、警官が入り、彼の携帯電話、パソコン、書籍等を押収していたという。

IMG_1133『雪域悲歌』

ツルティム・ギェルツェンは筆名ショクディル(ཞོགས་དྲིལ། 朝の鐘)の下に辛辣なエッセイや詩をチベット語と中国語で書く作家として知られていた。2007年に『雪域悲歌 ཁ་བ་ལ་འཁྲེང་བའི་དུང་སེམས་ཀྱི་ཅོང་སྒྲ 』と『雪域運命 གངས་རིའི་ལས་དབང ་།』の2冊を出版し、高い評価を受けた。

ツルティムは故郷のシャムチュ郷で小学校を終えた後、2001年に僧侶となりカンゼ州ペユル僧院に入った。2009年、ペユル僧院を離れデルゲ県のシェチェン僧院、ゾクチェン僧院、ペユル県のヤチェン・ガル僧院、ンガバのキルティ僧院等を転々としながら様々な仏教の教えを学んだ。

2009年、ツルティムは還俗し、甘粛省蘭州にある西北民族大学に入学し中国語を学んだ。在学中に執筆活動を始め、2012年から文学雑誌『新世代 མི་རབས་གསར་པ།』を仲間のチベット人たちと創刊し、後にこの編集主幹となった。彼は中国語のブログも続け、エッセイ、詩、翻訳を発表していた。このブログは現在当局により閉鎖されている。

Fate-of-Snow-Mountain『雪域運命』

しかし、卒業を数ヶ月後に控えた2013年5月、突然彼は大学から追い出された。その原因は彼の政治的意見や著作であろうと思われている。彼は度々大学内で仲間の学生たちを集め討論集会を開いていた。テーマのいくつかは当局により「違法」と見なされるものであったという。

大学を追われ、6月には故郷のディルに帰り「新一代(新世代)賓館 མི་རབས་གསར་པའི་མགྲོན་ཁང་། 」というゲストハウスを始めた。ゲストハウスの仕事の合間に彼は地元のチベット人たちにチベット語と中国語を教えていたという。



ac70f8da-e70c-457a-b994-4a89751a2e86ユルギェル

12日に連行されたユルギェルはツルティムの小学校時代からの友人であり、2005年から7年間公安局に勤務した。2012年、その仕事あまりに政治的なことに嫌気がさし、仕事を止め、商売をはじめた。地元の人の話しによれば、彼が公安局にいる間、地元のチベット人をたいそう助けたという。

参照:10月13日付けTibet Times チベット語版
10月13日付けRFA中国語版
10月14日付けTCHRDリリース

rftibet at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月07日

「ノーベル平和賞より釈放を」 中国人作家の妻が訴え/1903年、チベットの写真/ディルで鉱山開発とダム建設中止を訴えたチベット人3人が逮捕

36e2daa6.jpg明日、いよいよ注目のノーベル平和賞が発表される。

その有力候補とされている中国の民主派作家、劉暁波氏の妻に北京で朝日の記者がインタビューした記事を以下にコピペする。

写真:5年前に自分で撮影した劉暁波氏の写真を手に思いを語る劉霞さん=©北京、峯村写す

------------------------------------------------------------------

「ノーベル平和賞より釈放を」 中国人作家の妻が訴え

http://www.asahi.com/international/update/1006/TKY201010060417.html

【北京=峯村健司】8日に発表されるノーベル平和賞の有力候補に挙げられている中国の民主派作家、劉暁波氏(54)=国家政権転覆扇動罪で服役中=の妻、劉霞さん(49)が6日、北京市内でインタビューに応じた。受賞の可能性は高くないとの見通しを示したうえで「一番の願いは、賞よりも一日も早く家に帰ってきてくれることだ」と早期の釈放を訴えた。

 劉霞さんは「国際社会が夫に高い関心を持ってくれていることに感動しており、深く感謝したい」と述べた。ただ、「当局に拘束中の人間が受賞したのは、ミャンマー(ビルマ)の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんらだけ。受賞は難しいと思う」と語った。

 人権活動家の劉暁波氏は、インターネット上で中国共産党の一党独裁の廃止と民主化を呼びかけた「08憲章」を起草したとして、今年2月に懲役11年と政治的権利剥奪(はくだつ)2年の実刑判決が確定。現在は遼寧省錦州市の刑務所に収監されている。

 面会が許されるのは月に1度、1時間のみ。2人の当局者が傍らで監視し、すべてビデオで撮影する。内外の政治や社会問題に関する話は一切、許されない。最後に面会したのは9月7日。少しやせていたが、最近は毎日1時間、屋外でジョギングできるようになり、日焼けして元気そうだった。「拘束後もずっと気持ちも体もいい状態を保っており、とても意思と気力が強い人」と話した。

 劉霞さん自身にも監視の目が光る。当局者が自宅前で24時間体制で監視し、電話やメールはすべて盗聴されているという。少しでも敏感な内容を電話で話すと、北京市当局者から事情聴取される。この日の取材も、自宅から少し離れた喫茶店で話を聞いた。

劉暁波氏の受賞を有力視する声が高まるにつれ、中国当局は反発を強めている。姜瑜・外務省副報道局長は9月末の会見で、「中国の法律を犯し、刑罰を科された人物」と不快感を表明。中国外務省高官が、選考委員会関係者に圧力をかけた可能性も指摘されている。

 こうした中国当局の対応を劉霞さんは語気を強めて批判した。「自らの利権を失いたくないからこそ、夫のたった1本のペンを怖がっているのだろう」

----------------------------------------------------------------

中国で生まれ育った中国人がこれまでにノーベル賞を受賞したことは一度も無い。

日本は今回化学賞を受賞した鈴木章さんと 根岸英一さんを含め17人。
一番多いのはアメリカの305人。
国別の受賞者リストを見たい人は以下へ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%88%A5%E3%81%AE%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85

ちなみにリストの中でダライ・ラマ法王は「国籍不明」となっている。

中国初のノーベル賞が獄中の作家に送られることにでもなれば、これはこれは、中国人にとっては、えらいことになる。
と、いうことで中国政府は必死にノルウェーに圧力をかけている。

-------------------------------------------------------------------

1903年チベット<1903年に撮影された超レアなチベットの写真がオークションに>

ルンタ・プロジェクトが日本語版を作った「BBC制作:チベットの歴史1」の最初に出てきた、Younghusband隊に同行したJohn Claude White氏が撮影したという写真。

その内のいくつかを以下で見ることができる。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1317360/Tibet-1903-photographs-secret-kingdom-auctioned-off.html?ITO=1490

------------------------------------------------------------------

<ナクチュ地区ディル(ビル/比如)で鉱山開発とダム建設に抗議したチベット人3人が逮捕される>

10月1日付け、RFAチベット語放送によれば、
http://www.rfa.org/tibetan/chediklaytsen/ukaylatsen/zamlingsayiyangthog/china-arrested-3-petitioner-in-driru-dzong-10012010162931.html

ディルにある、チベット人が聖山と崇める山の近くで始まった鉱山開発とダム建設の中止を求め、最近、地元のチベット人たちが集結し抗議の座り込みを行っていた。

9月28日、その内の3人が地元政府に陳情書を持って行ったが、3人はその場で「国家分裂罪の容疑」で逮捕された。

ディルには現在大勢の武装警官隊が集結し、緊張が高まっているという。


ディルでは今年3月に小学生によるデモが起きている。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51421908.html









rftibet at 20:30|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2010年04月08日

ディルの小学生たちは逮捕された後、行方不明のまま/アバで教師5人逮捕

ナクチュ地区ディル県の小学生たちが平和的抗議デモを行なったということは先日お知らせした。
しかし、その時点では子どもたちが逮捕されたのかどうかについては不明だった。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51421908.html

この事件の続報をRFAが4月7日付で伝えている。
http://www.rfa.org/tibetan/sargyur/china-arrests-elementary-school-students-in-kham-driru-dzong-over-student-protests-on-march-22nd-04072010233648.html

<བོད་ཁམས་ནག་ཤོད་རྫོང་དུ་འཛིན་བཟུང་བྱས་པའི་བོད་ཕྲུག カム、ナクシュ(ナクチュ・那曲)地区で逮捕されたチベットの子どもたちは>

ナクチュ地区ディル(ビル・比如)県、ツァラ郷で逮捕された生徒たちの何人かの氏名が判明した。

ディル県ツァラ郷の小学生20人が、3月22日中国政府に対する抗議デモを行なったとして逮捕された。
その内の何人かの氏名が判明したが、彼らがどこに収監されているのかは未だ不明だ。

以下判明した子どもたちの氏名:
ツプテン・ジュンネ、ツプテン・ワンチュック、ノルブ・ジュンネ、ノルブ・テンジン、テチョック・ギャンツォ、リンチェン・プンツォク、イェテン・ルンドゥップ、ツェテン・ドルジェ。

彼らは11歳から15歳という幼い子どもたちばかりだ。

彼らの家族たちは警官に尋問されるなど様々な嫌がらせを受けている。

現在この郷は大勢の武装警官隊に完全に包囲され、緊張が高まっているという。

これらの情報はガワン・タルマ氏から得たものだ。

---------------------------------------------------------

中国では一体何歳から懲役刑を受けるのか?
ガワン・サンドルさんの実例からいうと12歳でも懲役刑を受けることが知られている。

パンチェン・ラマなど5歳の時にキッドナップされたのだから、この国では子供の人権とかが問題にされることはないらしい。

---------------------------------------------------------

キルティ・キャップ写真は逮捕された教師キルティ・キャップ

<アバの学生追悼集会に関連し教師5人逮捕>

4月6日付パユル:
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27056&article=5+arrested+over+school+protest+in+Ngaba+-+updated

wokar.netチベット語版のレポートによれば、アバ県ゾゲ地区の警察は5人のチベット人教師を逮捕した。

ソナム、キルティ・キャップ、タメ、チュペル、トルカの5人は当地の教師養成学校の教師である。
彼らは何れも学内で逮捕された。

今年3月10日と14日、彼らが教えるこの地区のチベット人学校の生徒たちは、2008年の抗議運動の犠牲者たちを追悼するために、全員チベットの伝統衣装であるチュバを着て、バター灯明による供養の儀式を行なった。

警察はこれに参加した16人のチベット人学生を逮捕したがその多くはまだ拘留されたままだ。

今回逮捕されたチベット人教師たちは彼らに影響を与えたとして逮捕されたと思われる。







rftibet at 16:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年04月06日

若者の決死の抵抗は続く

カムやアムドの各地でチベット人若者の勇敢な抵抗が続けられている。
 
<ディル(比如)でチベット人若者が中国国旗を降ろしたとして逮捕>

4月5日付パユルによれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27047&article=Tibetan+youth+held+for+removing+Chinese+flag+from+government+building

2週間ほど前、ディルの地区集会所に掲揚されていた中国国旗を降ろし、これに火を付けたとして22歳の青年クンチョック・ナムギェルが当局に逮捕された。

現在、彼の行方は家族にも分からないという。

ディルと言えば、3月22日に当地の小学生が抗議デモを行なったというニュースがあった。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51421908.html

2週間前と言えば、ちょうど同じころに当たる。
何か関係があるかもしれない?


<セルタ(色達)で20歳の若者が一人で抗議デモを行ない逮捕>

同じく4月5日付パユルによれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27050&article=Police+arrest+3+in+Sertha+County+for+protests

4月2日、カンゼチベット族自治州セルタ県で、チョクサン村出身ウゲン・ナムギェル20歳はチベット国旗を掲げ、「チベット独立!」「宗教の自由を!」「ダライ・ラマ法王の御帰還を!」等のスローガンを叫んだ。

目撃者によれば、中国の警官隊は直ちに彼を抑え込み滅多打ちにした後、連行していったという。


同記事によればさらに、
<セルタで二人の僧侶がチベット国旗を掲げ、叫びを上げたとして逮捕>

3月31日、セルタの中央市場にて、ラルン・ガル僧院に所属するユルシュル出身(名称不詳)の二人の僧侶がチベット国旗を掲げ、チベット独立とダライ・ラマ法王の長寿を願うスローガンを叫んだ。

目撃者からの報告によれば、二人は要求を「叫んだ」というより「唱え」ていたという。


<マチュ県チベット人中学校の生徒と教師が抗議デモ>

4月5日付RFAチベット語版によれば、
http://www.rfa.org/tibetan/chediklaytsen/khamlaytsen/kham-stringer/protest-by-students-and-teachers-of-tibetan-middle-school-in-machu-04052010101550.html

アムド、マチュにあるチベット人中学校(蔵族中学)の生徒と教師多数が中国政府に抗議デモを行なった。

この中学校では3月14日に生徒たちが先導する大きなデモがあった。
その後、生徒や責任者が逮捕されている。

現在中学校は完全に保安部隊により包囲されており、中の状況は掴めないという。













rftibet at 17:40|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2010年03月24日

ナクチュ県ディルで小学生が抗議デモ

3月24日付けphayul.comによれば、3月22日、チベット自治区ナクチュ県ディル(比如)で、20人以上の小学生による、中国政府に対する平和的抗議デモが行われた。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=26978&article=Primary+school+students+stage+protest+in+Kham+Driru

この情報は内地から連絡を受けた亡命中のガワン・タパ氏がパユルに伝えたもの。

タパ氏によれば生徒たちはデモの間「ダライ・ラマ法王に長寿を!」「チベットに自由を!」「中国はチベットから出ていけ!」「ダライ・ラマ法王のチベットへのご帰還を!」等のスローガンを叫んだという。

小学生たちはやがて保安部隊に取り囲まれ、彼らの親たちは公安に呼び出され尋問を受けているという。

しかし、生徒たちは逮捕されたのか、今拘置所いるのか等は不明。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学生のデモ!とは。
これが初めてかというと、確か2008年にはペンボだったかであったと思う、、、?
それにしても、これが本当なら世界でもまれな事件だ。
このところ、アムドでは中学生によるデモが連続して発生していた。
当局は学校の校長や県の教育課の責任者をクビにしたという。
もっとも教育課トップの中国人はクビになってないらしい。
学校の先生ほか責任者に圧力を掛けようというわけだ。

このディルでは2008年の夏、地元のいくつもの僧院が「愛国再教育キャンペーン」に抵抗し、逮捕者もでている。
http://tibetoffice.com.au/update-tibet-1-july/
http://www.tibetcustom.com/article.php/20080330120701589

私は偶然このディルの近くにある村出身の子供を知ってる。
その子の村から町の小学校までは峠を越え、歩いて二日かかるという。
それでも両親は沢山のお金を払いその子を町の寄宿舎に入れた。
学校には漢人の子もいたがチベット人の方が多かったという。
彼が言うには「漢人の子とチベット人の子が喧嘩するといつも先生はチベット人だけをなぐるんだよ。チベット人の子はいろいろ差別される。それが嫌だった。愛国教育というのも毎日あった」とか。
それで彼は4年生までで学校をやめた。
その後彼はラサのセラ寺に見習い坊主として入れてもらい数年をすごした。
そして、14歳のとき自分で決心しインドに亡命した。

小学生だって嘘や差別には敏感だ。
小学生でも町で何が起きているかはちゃんと知っており、チベット人としてやるべきことも知っているということか。
チベットの戦いは弾圧が続く限り100年経っても終らないであろう。





rftibet at 15:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)