ニューヨーク

2009年05月08日

法王:真実の力に知の力を合わせ非暴力の道を行け

84915df1.JPG法王は今回のアメリカ訪問の期間中、何度かアメリカに住むチベット人を前に話をされましたが、これらはアメリカ等外国に亡命するチベット人に対するだけでなく、内地のチベット人に対しても話されたことでもありました。

そんな法王のお話を、最近のRFA放送からいくつか紹介します。

以下はニューヨークでのお話の一部です。

法王:
最近、中国の作家や知識人の多くが、チベットの真実を知った上でチベットを応援し、中国政府の政策を批判する人たちが増えてきている。
これは希望の持てる傾向だ。
何れにせよ、チベットと中国の人々の気概と真実の力は決して揺るぐことはない。
だから、勇気を失うことはない。


勇気を起こして、さて、この真理を実現する手段は何かと言えば、非暴力の道だ。
この真理に基づいた非暴力の道が我々の力なのだ。
真実の裏付けがなければ、非暴力というのも意味がない。
その場合は武器で弾圧するしかないのだ。


我々には真実があるのだから、喧嘩する必要はない、真理、真実をもとに話をすることができるからだ。
だから我々は真実の力を使って非暴力の道を行くことが非常に大事なことなのだ。
チベットの中にいる者も外にいる者も老若男女みんな非暴力の道を行くならば、力を合わせることができる。素晴らしいことだ。

もちろん、その中で独立を要求する者とか相互利益を求める中道を選ぶ者とかいろいろ居てもいい。
何れにせよ、その手段が非暴力であること、真実に基づくものであることが大事だが、その要は知の力だ。
真実の道を行くといっても、拳骨を振り上げて進むのではなく、知の力で進むのだ。


亡命社会ではもちろん以前より、教育の重要性は強調されてきたが、教育を受ける機会に恵まれている者たちは広く知識一般に興味を持つように、怠惰にすごしたり、集中しなかったり、外をふらついたりせず、徳と知識を得ることに興味を持つことだ。

教養と言っても、ただ大学の卒業証書を持っているというのではなく、本物の専門知識を得るよう、深く研究することが重要だ。

チベット語を正しく知ることも大事だ、若い人たちもできるだけ、チベット語を使うように努めるとよいだろう。
家庭内でチベット語を使うことも大事だ。

年寄り、若者もチベットの現状に目をもっと向けること、日々のニュースに興味を持つことが大事だ。

それと、チベット人が最近、不況のせいか、、、麻雀とかの賭け事、大金を賭けることもあると聞くが、これは良くないことだ。
最近はアムド、カムなどでも賭け事に走る者が沢山いると聞くが、これは全く良くないことだ。
それと、酒を際限なく飲むということも非常に良くない。
外にいるチベット人であろう中にいる者であろう、酒に溺れて人生を台無しにしたり、病気になったりすることは悲しいことだ、良くないことだ。

仏教に関してだが、仏教はラマを家に呼んで儀式をすることではない。
そうではなく、教えを知る人に質問し、議論すれば利益はあるだろう。

ヒマラヤ地域の人たちの中で最近、仏教と文化に対する新たな興味が芽生えていることは良いことだ。
代々伝わってきた仏教を良く知って、保持することは良いことだ。
各自のアイデンティティーを得ることができるし、今生と来生のためになる。

それぞれの父母の仏教を良く知り、仏教を保持するということは、仏壇にタンカや尊像を安置するということだけではない。
仏法を守るとは勉強して、仏教とは何かを心の中に知り、それをできる限り実践して、心が制御されるなら、これを仏法が守られていると言い、仏法が広まったと言えるのだ。
だから、仏教を勉強することが大事なのだ。

ーーー

仏教についてはこの場だけではなくボストンではさらに、
「仏像が説法してくれるわけでもなく、寺や僧院の建物が仏教を教えてくれるわけではない」

とまでおっしゃっていました。

法王は本土のチベット人に対し
「今はデモを行う時ではない。
すでに去年あなたたちが勇気を持って立ちあがったことで、世界中の人や中国人にさえチベットの問題は知れ渡った。
今は、耐えて知の力を蓄える時だと思う」


ともおっしゃいました。





rftibet at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月07日

ニューヨーク州・州議会に招かれた法王

64bf8ec0.jpg5月6日、法王は朝ニューヨークでCNNのインタビューに一時間ほど応じられ、
その後、飛行機で半時間のところにある、ニューヨーク州の州都オールバニAlbanyを訪問されました。
まず州議会(上院)に招かれそこで短いスピーチをされた後、市内のパレス劇場で2800人の聴衆を前に講演をされました。

そのうち議会における法王の発言の一部のみ以下にレポートさせて頂きます。

http://www.tibet.net/en/index.php?id=910&articletype=flash&rmenuid=morenews

オールバニに到着後直ちに州議事堂に向かわれ、議会多数派のリーダーMalcolm A. Smith氏に迎え入れられました。
議会入口の前で少数派のリーダーDean Skelos氏にも迎えられ両氏と共に議会に入場され、その日の開会を宣言されました。

その短いスピーチの中で法王は議員に向かい「私はこの場に立っていることを非常に嬉しく、名誉なことだと思っている。
ここで、アメリカの自由と、正義と、民主主義の価値に対し深く尊敬していることを表明することができて嬉しい。
これらがあなた方の真の価値なのだ
」と語られた。

ニューヨークには度々来たが、ここに来るのは初めてだ、ともコメントされた。

法王は派閥ごとに別けられている議員席を眺められ、ジョークで「私は自然に少数派を応援したくなるのだが、つまりこの場合には共和党に共感しているということになる、ハハハハ、、、」
これは議員に大いに受けみんな大笑いしたとか。

法王はまじめな話に戻られ、「議会は真にアメリカの民主主義のシステムを示しているところだ。
法律に基づき完全な報道の自由が約束されている。
これこそがアメリカの力だ。
超大国がこのような価値を持っていることは本当に素晴らしいことだ
」と話された。

さらに「人間の行動の質は、それが宗教的講話であろう、政治的なものであろう、最終的にはすべてその個人の動機による。
たとえ良いシステムが存在していても、それに関わる個人の動機が正しくないならば、効果はあまり期待できない。

正直で率直であることが大事だ。これらは慈悲に大いに関係しているのだ。慈悲が我々の行動の起動力なのだ。
慈悲の心が正直さ、率直さ、オープンさをもたらし、それがそれぞれの家庭やコミュニティーに良き雰囲気をもたらす」

「個人のレベルにおいても慈悲の心は健康に大層役立つ。
医療科学者も慈悲の心は、我々に内的な力、自信、心の平安をもたらすという意味で健康維持に欠くべからざるものだと言っている」
と慈悲の心の大事さについて説かれた。

終わりかけたころ法王はもうひとつジョークを飛ばされた。
「会場に入ってきて、中央の席に座らされたので、何かに当選したのかと思った。
すぐに、それじゃ、、、民主党に加わろうか?共和党にしようか?それとも両党に対抗するために新しい党を作るべきか?と考えたものだ、ハハハハ、、、」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パリは名誉市民賞を法王に与えたし、ニューヨーク州議会も法王をお呼びした。
東京は?

東京都議会でなくてもいい、どこか日本の地方自治体議会が法王をお呼びして、話を聞くということはいつ始まるのでしょうか?

ーーー

法王はNYで中国の学者、反体制活動家たち120人と会談を行いました。
その中にはHarry Wu, Dr. Yang Jian Li, Xu Wen Li, Hu Ping等有名な中国反体制派の人々が含まれていました。

http://phayul.com/news/article.aspx?id=24640&article=Chinese+Scholars+Discuss+Tibet+with+the+Dalai+Lama

5月7日法王はインドへ帰国されます。

ーーー

後からの、思い出しで、すみません。
訂正が一つありました。

先の4月25日、アムド、ラプランで起った学生たちによるデモの話です。
このときにデモの写真として載せたものは、確か去年3月に行われた西南民族学院のデモの写真だと思います。
他のソースの誤解をそのまま踏襲してしまいました。
その時、変だなこの写真以前に見たことがあるような、、、と思ったのと、
「サンチュ中等学校」の生徒がデモと記事にあったので、写真のチベット人が大きいなとも思ったのです。
写真はじつわ次の日に下ろしました。

昨日Voice of America放送でこの中学生達のデモの様子が映し出されました。
こぶしを上げて叫んでいる子供たちも写っていましたが、ほとんどは走って逃げていくシーンが多かったようです。
大勢いました。
放送では「15歳から17歳の生徒」と言っていましたが、見た感じはもっと幼く見える子供達も沢山いたようでした。

中国軍のトラックが子供たちの行く手を阻むように道を封鎖していました。
衝突や逮捕のシーンは写っていませんでした。

それにしても、こんな全くの子供たちがデモしているのを見るのは、奇妙というか、ショックでした。

この後の消息は伝えられていませんが、心配です。






rftibet at 17:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年05月04日

5月3日ニューヨークでの法王のお言葉

3.5.09 NY 法王はボストンからニューヨークに場所を移され、朝から精力的に講演を行っておられます。
東京とか一か所で一回だけというのとはどうも密度が違うようです。

今のところ、二か所でのレポート3つがphayulに上がっていますが、その中から適当に法王の御言葉のみを拾って紹介いたします。

コンテキスト抜きですからその点ご注意を。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日5月3日、NYマンハッタンのタウンホールでチベット・ファンド主催のパネル・ディスカッションが行われました。

<「我々」とか「彼ら」という概念はもう古い:ダライ・ラマ法王>

http://phayul.com/news/article.aspx?id=24609&article=The+concept+of+Us+and+Them+is+old+%3a+Dalai+Lama

パネラーは法王と元アイルランド大統領であり元国連人権高等弁務官でもあるマリー・ロビンソン女史でした。

法王:現実を変えるためには、まず考え方を変えなければいけない。
人間の同一性の認識が大事だ。

今日、世界の現実は益々相互依存状態の中にある。
「我々」とか「彼ら」という概念はすでに存在しない。
全世界が我々の一部なのだ。
我々にはグローバルな責任感が必要なのだ。

世界は依然、個人の利害は他から独立してあるという古い、時代遅れの概念を引きずっている。
現実とはかけ離れているにもかかわらずだ。

例えばアメリカは最大の国家でありもっとも強大な経済力を持っている。
しかし、その将来は他の世界の国々に依ってあるのだ。
これが現実だ。だから他を自分の一部として扱うべきなのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じイベントのレポートのようですが、次はロイター通信の記事から。

<ダライ・ラマはNYでアメリカ人にチベットに行くようにと勧めた>

http://phayul.com/news/article.aspx?id=24611&article=Dalai+Lama+in+NY+urges+Americans+to+visit+Tibet

中国はチベットの人々は幸せに暮らしているというが、本当にそうなのか?アメリカの人たちに実際にチベット本土に調べに行ってほしい。

中国政府は決してそこに問題があるということを許し、認識しようとしない。
こうなると、そこに問題があることを示すのは世界の責任だと思う。

もしも、大多数のチベット人が幸せであるならば、我々の情報が間違っていたことになり、我々は中国政府に謝罪しなければならない。ハハハ、、、

チベットの植民地支配者ではなく、チベットの解放者であるという特徴は何もない。
解放者が禍をもたらすはずもない。

だから、あなた方、チベット人以外の人たちはチベットに行ってほしい。
そして現実を世界に知らせてほしい。
お願いする。どうか行って見てきてほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.5.09 NY 2午後にはマジソン・スクウェア・ガーデンのワム劇場で、NYとNJに住むチベット人主催の講演会で話されました。

<弾圧すればするほど反抗も増える:ダライ・ラマ法王>

http://phayul.com/news/article.aspx?id=24614&article=More+repression+causes+more+resentment%3a+Dalai+Lama

法王はこの機会を使って内地にいるチベット人たちに話掛けられた。

法王:どうか、(中にいるチベット人たちは)このような厳しい状況の中でも決して暗くならないように。
怖れたり、卑屈になるべきではない。

中国政府によるチベットの弾圧は去年からより激しくなっており、このような雰囲気、状況の中でたくさんのチベット人たちが鬱になり、中には自殺する者も現れている。

チベットの現在の状況は生死に関わるものだ。
中国の政策はチベットのアイデンティティーと文化を消し去ろうとするものだ。
しかし、真実は決して消え去り得ない。

最近の亡命者と話をしてみて思うことは、中国が弾圧を強めれば強める程に、チベット人の抵抗精神は強くなってきているということだ。

しかし、チベット人は決して非暴力の道を諦めてはいけない。
真理は遍く広まる(勝利する)からだ。

仏教はチベット人の文化と生活習慣のバックボーンだ。
しかし、もしもその価値を基礎にした努力がなされないならば、仏教も衰退する可能性がある。

チベット人を含め、多くの人々が<大衆仏教popular Buddhism>に魅了されている。
例えば、正しい哲学的理解無しに、数珠を持ち歩き、高価な仏像、菩薩像を見せびらかしたりすることだ。

数珠はお金を数えるには便利だ、、ヒヒヒヒヒ、、、、
真の仏教の行とは心を変換することだ。
一方、大衆仏教は<安物で良くないものcheap and not good>だ。
心の批判的機能を使って、初めて真の正しい行が実現されるのだ。

(チベット人は)其々の家庭の中で仏教に関する論議を行うように。
自分の子供たちにチベット語で話しかけるように。


-----------------------------------------------------------------------

少し古い話ですが。
4月の終り頃にアップリングで行われた

モーリー・ロバートソンさんと福島香織さんの対談の内容がなぜかサーチナに載っていました。

私が東京に居れば必ず行ってた対談会です。
三部物です。

体制側役に回された福島さんの言葉が面白いです。

ロバートソンさんは素晴らしい突っ込みを入れられます。


対談:報道規制・操作が続くチベットの現状

Searchina 2009年4月28日
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0428&f=entertainment_0428_012.shtml

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0428&f=entertainment_0428_018.shtml

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0428&f=entertainment_0428_024.shtml




rftibet at 15:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年06月19日

マチュ僧院略奪隊、NY,ローマデモ、キリスト教徒弾圧

アムド チェンドック僧院C/R RFA
6月10日付のRFAによれば
http://www.rfa.org/tibetan/otherprograms/newsanalysis/pla-raided-amdo-machu-tsandok-monastery-06102008111744.html(チベット語)

アムド、マチュ(マ曲)にあるチェンドック僧院に数百人に及ぶ軍隊が突然押しかけ、
銃で僧侶達を脅しながら、僧院内の貴重品をことごとく略奪し、さらに僧侶一人一人の宿舎を回りそれぞれの部屋から金目のものをすべて持ち去ったという

その時会い逮捕者が出たかどうかは不明。
この僧院には普段400〜500人の僧侶がいるという。
写真はこの僧院に軍隊が押し寄せる光景。
貴重な証拠写真だ(C/R RFA)

軍隊は独立採算制とは聞いているが、最後はただの集団武装強盗となんら違いはない。
マフィア軍団の実態だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チベットへの帰還行進は何度も逮捕されながらも国境近くまでたどり着きとうとう全員逮捕された。
その様子を伝えるビデオが以下に行けば見れます。
http://www.rfa.org/english/tibetan/
彼らは本当に頑張ったと思う。
参加者は最近チベットから亡命してきた僧侶、尼僧が多かった。
その他年老いたチベット人も多かった。

熱い熱いインド平原を数か月も野宿しながら歩き続けることだけでももちろん大変な忍耐がいることだ。
山地に入ってからは雨が続いたはずだが、雨にぬれることなど全く意に介しない人たちだ。
巡礼に慣れたチベット人だからこそやれるのだとも思う。
その上何度も逮捕され中には一か月拘置所に入れられていたものもいる。
強い思いがなければできない行為だ。


土地は飛んで15日にはローマでチベット人と支援イタリア人2000人が「チベットにオリンピックトーチを持ち込むことに反対し、イタリア首相及びEU代表が北京オリンピックの開会式に出席しないことを要請する」デモを行った。

17日にはNYでも同様のデモが行われ数千人のチベット人及びサポーターが中国領事館前からUNビルまで行進した
NYでは毎日小規模のチベット支援デモが行われているという。

日本人は大人しい人種なのか?人権に無関心なのか?情報不足なのか?つまり島国なのでデモは少ないようです。(外野からすみません!ちゃんと日本だって忙しい中やってますよね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下はこのところ連続で添付させて頂いてる共同通信の今日付けの記事です。
チベットのことでは無いのですが、同じ中国政府の弾圧に苦しむキリスト教徒の抵抗情報戦の話です。

 北京五輪企画「五輪の風―世界が見る中国」6回続きの(4)
信者守れ、米から弾圧告発 
 スカイプが中国を変える 


米南部テキサス州ミッドランドの民家を改造した中国人牧師ボブ・フー(中国名、傅希秋(ふ・きしゅう))の事務所には、約一万キロ離れた中国から驚くほど多くのキリスト教「地下教会」の摘発情報が寄せられていた。
 中国では個人の通信も検閲対象だが、監視の網をくぐり抜け、デジタルカメラで撮影された「拘留通知書」などの公文書が添付された情報も多い。それを可能にしているのが無料インターネット電話の「スカイプ」。「検閲にかかりにくいため有力な伝達手段だ」とボブは説明する。文書が手元にあるからこそ「わたしの告発は国際的に信用されている」と語った。
 十五畳ほどの事務室の壁側に設置された本棚には、中国語と英語の宗教専門書がびっしり。書斎机に置かれたパソコンのスカイプ画面をのぞくと、中国大陸にいる百人以上の情報提供者のコード名が登録されている。
 「北京五輪を前に当局が五月初めから本格的な地下教会摘発を開始している」。ボブは誰よりも早く中国当局の動きをつかみ、「弾圧の事実」を自らが主宰する特定非営利活動法人(NPO法人)「対中援助協会」のサイトに掲示、世界のメディア、宗教者らにも電子メールで発信した。
 「事実の発信こそが拘束された信者を拷問などから守る最大の手段だ」
 一九八〇年代後半、地元の中国山東省の大学で共産党公認の学生組織の副代表を務め、党幹部候補だったボブの人生を変えたのは八九年の天安門事件。ボブも参加した北京の天安門広場での民主化要求運動を指導部が戦車を動員して弾圧、多くの学生が犠牲となった。
 「失意のどん底に突き落とされた時に心の支えとなったのがキリスト教だった」。中国では党公認の宗教活動以外は違法とみなされ、取り締まり対象となる。党のイデオロギーと矛盾する聖書の解釈も認めない。これを嫌い、民家などを使った「地下教会」活動に身を投じたボブは九七年、妻とともに拘束されたが、米政府の圧力で釈放、米国に逃れた。
 「ひそかに米政府高官と情報交換をしている」。中国でのキリスト教信者数は現在九千万人ともいわれ、米政府は中国に宗教の自由の拡大を強く要求。ボブは米政府と連携し北京五輪に向け中国への圧力を強めている。
 ミッドランドから北東約三千キロのニュージャージー州ベルフォードでもスカイプを駆使する在米中国人に会った。
 天安門事件で拘束された活動家のうち、米政府の圧力で最初に釈放された王濤軍(おう・とうぐん)は、中国・桂林の反体制作家、荊楚(けい・そ)とスカイプのビデオ電話で情報交換している。
 四川大地震で中国政府が情報を積極的に公開しているとの評価が出ていることに話が及ぶと荊は、ビデオ電話を通じ笑みを浮かべて指摘した。
 「未曾有の震災で、極めて多くの情報がインターネット上を飛び交い、政府は一時的に管理できなくなった。積極公開ではなく、情報を隠しきれないと判断しただけだ」(敬称略)(共同)


rftibet at 13:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月26日

24日付ダライラマ法王<法友へのアピール>日本語版

3ea9ff3d.JPG以下昨日英語版への案内のみで失礼いたしました。
今日A女史が翻訳してくださいました。

すべての中国人の精神的同胞へのアピール

発表:2008年4月24日、木曜



今日私は、中華人民共和国の内外のすべての中国人の精神的同胞の皆さん、特に釈尊の信奉者である方々に、個人的に呼びかけたいと思います。私は一介の仏教僧として、そして我々が心から尊崇する釈尊の教えを学ぶ者として、この訴えを行います。中国人の一般市民の皆さんへは、すでに呼びかけを行いました。今回私は、信仰を持つ同胞の皆さんに向けて、急を要する人道上の問題についてアピールしたいと思います。

中国人とチベット人は、大乗仏教という同じ宗教的伝統を共有しています。我々は 共に、中国では観音、チベットでは観自在菩薩と呼ばれる、慈悲を具現する仏陀を崇拝し、苦しむすべての生き物への慈悲を、最も崇高な精神的理想として大切にします。そのうえ、インドからチベットに仏教が伝わる以前から、中国では仏教が広まっていたので、私はいつも中国人の仏教徒の皆さんを精神面での先輩として仰いできました。

もうすでに皆さんもご存知のように、今年3月10日以降、ラサを始めとするチベット各地でデモンストレーションの数々が行われました。これらのデモは、中国政府の方針に対するチベット人の深い憤りによるものです。これらのデモにより、中国人とチベット人の両者の間で命を失った犠牲者が出たことを深く遺憾に思い、私は中国政府とチベット人に対し、直ちに暴力行為を抑制するように訴えました。私は特にチベット人に対し、暴力的手段に頼らないように訴えました。

残念なことに、多くの国際的リーダーやNGO、著名な世界市民、特に多くの中国人学者による冷静な対応への訴えにもかかわらず、中国当局はその後残忍な手段によりチベット人達に対応してきました。この過程で、人命が失われ、多くの怪我人が出、数多くのチベット人が拘留されました。弾圧は現在でも続いており、古くからの仏教の知識と伝統を守り続けてきた僧院の数々が特にターゲットにされています。僧院の多くは閉鎖されました。拘留されているチベット人の多くが、殴られたり残酷な扱いを受けています。こうした弾圧的な手段は、中国政府がチベット人対応のために公認している組織的な方針の一部のようです。

国際的オブザーバーやジャーナリスト、観光客でさえもチベットに入れない状態なので、私はチベット人の今後の行方をたいへん懸念しています。弾圧により負傷したチベット人の多く、特に遠方に住むチベット人達は、逮捕を恐れて医療処置も受けていない状態だと聞きます。ある信憑性の高い情報筋によると、食糧や住居もない山岳地帯へチベット人達は避難しているということです。逃げることのできないチベット人達は、次に逮捕されるのは自分達ではないかという不安を常に抱えながら生活しています。

私は今でもこうした苦境が続いていることにたいへん心を痛めています。これらの悲惨な状況の成り行きが、最終的にどのような結果をもたらすのかとても心配です。弾圧的な処置は長期に渡るチベット問題の解決にはならないと思います。最も前向きな問題解決の方法は、私が長年提唱してきたチベット人と中国人の指導部による対話を通してです。私は今までに繰り返し、中華人民共和国の指導部に、チベットの独立は求めていないことを伝えてきました。求めているのは、長期に渡り我々の仏教文化とチベット語、そしてチベット民族固有のアイデンティティーの存続が確保される、意味のあるチベット人達による自治です。奥深いチベット仏教の文化は、より大きな中華人民共和国の文化遺産の一部であり、中国人同胞の皆さんにも恩恵をもたらす可能性があります。

現在の危機的な状況において、未だに続く残忍な弾圧行為を直ちに阻止し、拘留されているすべてのチベット人を釈放し、怪我人の緊急医療処置を提供するように、中国政府に要請していただくよう、皆さんすべてに心からお願いします。


ダライ・ラマ

ニューヨーク州ハミルトンにて
2008年4月24日


rftibet at 15:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)