ラギャ

2009年08月18日

ラギャ大デモの逮捕者に判決

ゴロ、ラギャ 黄河 身投げ地点今年3月21日、ァムド、ゴロ・チベット族自治州ラギャで僧タシ・サンポ28歳が拷問を逃れるため黄河に身を投げ、自殺した。
左の写真の中、赤い矢印の辺りに身を投げたという。

次の日、これを知ったラギャ僧院の僧侶や市民数千人が抗議の行進を行い警察署に詰めかけた、という事件のレポートは3月22日から数日間このブログに載せました。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2009-03.html?p=2#20090322
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2009-03.html?p=2#20090323

デモの動画も以下で見ることができます。
http://media.phayul.com/?av_id=148

ダラムサラのTCHRDによれば、8月13日マチェン県人民法院は3月22日の抗議活動に参加し逮捕されたチベット人の内8人に判決を言い渡したという。
http://www.tchrd.org/press/2009/pr20090814.html
http://phayul.com/news/article.aspx?id=25340&article=8+Tibetans+sentenced+over+Ragya+protests

内6人の僧侶には1年から7年、俗人2人は半年と1年の刑。
パルデン・ギャツォ1、僧パルデン・ギャツォ40歳、戒律師 刑期7年

2、僧ツルティム  元戒律師 刑期4年











ソパ・サンポ3、僧ソパ・サンポ  元会計掛かり刑期3年











ジャミヤン・ケドゥップ4、僧ジャミヤン・ケドゥップ 官理委員会秘書 刑期2年










ゲンドゥン・ラロ5、僧ゲンドゥン・ラロ  刑期1年









シェラップ・サンポ6、僧シェラップ・サンポ 刑期2年

7、ギャサ村出身のフ・ロ 刑期1年

8、ギャサ村出身ヤン・キャップ 刑期半年


ーーー


これで、話は終わるのであろうか?






rftibet at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月27日

ラギャ続報/ カンゼの女性証言談2

991cd210.JPG先に紹介したラギャのシンシャ・リンポチェの下に入った情報をVOT(Voice of Tibet)経由でphayulが伝えたところによると。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24291&article=Family+of+monk+who+commited+suicide+offered+monetary+compensation

「自殺したタシ・サンポの家族に対し、20万元(約290万円)の賠償金が中国政府から支払われることになった」という。
これが本当だとすると、前代見聞の話です。
第一警察は、「タシは逃げようとして川を泳いで渡っていた」と主張し、証人もいると言っていた。
それを、今度は賠償金を出すとは?

最低タシが死亡したことは認めたことになる。
「自殺」を認めたのかどうかはわからない?
それにしても何に対する賠償なのであろうか?
「タシを自殺に追いやった責任を認めて」だとしたら!政策の大変更でもあったのでしょうか?

それにしても破格に多い額です。
ブロパガンダ用でしょうか?
金で解決しようと言うわけでしょうか?
裁判?もなく。

ところで、タシは孤児で84歳の祖母と5人の兄弟によって育てられたという。

他の情報として、「タシの僧衣が川岸で発見された」。
先に「タシが川を泳ぐところを見たと証言した、女性が警察に身柄を拘束されている」という情報があります。

何のためにその女性を拘束するのでしょうか?
良く分からないことばかりです。

----------------------------------------------------------------------

以下、前回報告した
<カンゼ・強制避妊手術を受けた女性の話>の続きです

チミ・ラモには4人の子供がいます。
現在長女20歳、長男17歳、二女14歳、三女10歳です。
下の二人は所謂「黒子」であり戸籍がないので、学校にも入れないし、仕事につくのも大変です。

長女はラサの私立の学校に送っています。
この方が余程安く済むのです。月謝は50元です。
長男は男の子と言うことで無理をして、地元の公立の学校に2年間だけ通わせたそうです。
しかし、この学校の月謝は300元もしたので長くは続けさせられなかった。

下の子供に教育を与える機会は皆無だ。
自分の健康と子供の教育の事を思い、中国の下に暮らす苦しみから逃れたいと、
彼女は2002年亡命を決心します。

国境のダムまで車で行き国境を越えようとしましたが、中国兵に見つかりそうになりました。
子供二人を連れに託して先に逃がした後、自分はみんなの身代りのようにして逮捕されました。

尋問中に運悪く偶然持っていたTCVのパンフレットが見つかったのです。
中には法王の写真もある、ダラムサラの連絡先もある、、、ということで彼女はすっかりスパイということにされたのです。
拷問もありました。
結局3年の刑を言い渡されました。
本当に辛い日々だったそうです。

そして刑期を終え故郷に帰ってみると、旦那は消えていました。
近所の者から、ラサにいると聞きました。
ラサまで旦那を探しに行ったのですが、教えられた住所を尋ねるとそこには幼子を抱え、さらに妊娠している女性がいました。
旦那の新しい女でした。

再び心打ちのめされ、2006年2度目の越境を試みます。
今回は成功しました。

ーーー

腹痛が治まらないのでダラムサラの病院で診察したところ、中に入っている避妊器具を取り出さないと危険だ、と言われたそうです。
しかし、彼女は嘗ての避妊手術がトラウマになっていてどうしても再び手術をする気になれないで、今もそのままにしているそうです。

チベットの女性は中国の圧政下、二重三重の苦しみを背負うのです。








rftibet at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月25日

中国YouTubeを遮断/ラギャ・ゴンパのリンポチェが亡命先から、、、

数日前に亡命政府が公表した「秘密映像」
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24280&article=YouTube+blocked+in+China%3b+official+says+video+fake

かつ、チベット亡命のビデオはいつものように「偽物だ」と主張しています。

もともと真理の基準が意図的に破壊されている人たちにはすべてが偽物な訳です。
(これはあくまで世俗諦内の「真・偽」の話です。勝義諦における「すべては偽」の話ではありません)

一度嘘をつくと、それを隠すために次の嘘、また次の嘘という具合にして嘘の連鎖社会、嘘文化が形成されたのです。

嘘は隠さないといけないので、都合の悪い、本当の情報はブロックされるのです。

とても、解りやすい、典型的な嘘吐き独裁国家です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラギャからは、今のところ(25日午前)目立った新しいニュースは入っていません。
49f7d75e.jpgこのゴロ、ラギャ・ゴンパの座主であるリンポチェは1997年インドに亡命され、今は南インドのセラ僧院におられます。

シンサ・トゥルク・チュキ・ゲルツェンと呼ばれるこの28歳のリンポチェは何とゲルック派の創始者ジェ・ツォンカパ尊師の(偉大なる)母親の11代目の転生者なのです。(ジェ・リンポチェの母君の転生者がいることは初めて知りました。転生は性にこだわらないということも当たり前のようです)

このリンポチェは亡命後にも法王とは立場を異にする強硬な「独立派」として政治的活動にも積極的に参加されてきました。
特に去年の「チベットへの帰還行進」には最後まで参加し、その中の精神的支柱とさえ讃えられた人です。

リンポチェは後に残した自分の僧院に起こった今回の事件に心痛められ、中国政府宛てに、チベットにおける「宗教弾圧」を非難し、自身の弟子であるタシ・サンポに関する真相究明を要求する手紙を送られた。

rftibet at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月23日

続・続ラギャ事件

0d5f888b.bmpTCHRDには今日もラギャ事件に関する様々な情報が入ったようです。
以下要約です。
http://www.tchrd.org/press/2009/pr20090323b.html23日現在、93名の僧侶と2人の一般人が逮捕され、僧院は軍隊と武装警官隊に完全に包囲されているという。

最近ラギャとガルツェ村に配られたパンフレットの中に「中国政府に金で買われるよりチベットとチベットの人々のために死んだ方がましだ」との一節があったという。

他の情報として、「タシは3月10日以降すでに逮捕され拘置所で尋問中様々な拷問を受けており、その結果精神に異常を来し、黄河に飛び込み自殺したのだ。新しく逮捕された僧侶たちも今、厳しい尋問と拷問にあっている」というのもある。

3月21日の午後遅く、タシ・サンポの自殺を知った僧侶たちは直ちに地区の公安(PSB)詰所に押し掛けた。その時2001年3月10日にラギャ僧院の屋上に掲げられながらも公安により引きずり降ろされたチベット国旗を僧侶たちは取り返し、それをタシ・サンポの弟に手渡した。
そのチベット国旗を掲げて、僧侶と一般市民は抗議のスローガンを数時間、街路や政府庁舎の前で叫び続けた。

その内ゴロの公安と武装警官のトップが現場に現れ、公安と武装警官が溢れ、群衆を威嚇した。それにもかかわらず、群衆は国旗を掲げ、「無実のチベット人を殺すのをやめよ!」というスローガンを叫び続けた。

現在、現地の電話、携帯通信、郵便はすべて止められており、外に情報を出すことが非常に困難な状況にある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このTCHRDからの写真を見ると、橋はすぐ僧院と町の近くにあります。

泳ぎ渡って逃げれるような河には見えません。

矢印の先、黄河の岸、或いは橋が自殺場所だと説明されています。

23.3.09ダラムサラ
今日夕方ダラムサラではこのラギャの事件を受けてキャンドル・ライト・ビジルが行われました。

ツクラカン前のスクリーンに最近政府の発表した、例の凄惨な映像が大写しにされ、
今回のラギャのデモの様子も映されました。




ラギャ地図
左の地図は、旅行人ノートより拝借した、ラギャ(ラジャ現地ではラプギャ、ラプジャ)コンパ周辺図。
橋の位置が良く解ります。
タシは橋の近く町の拘置所で尋問・拷問を受けていたのでしょう。






rftibet at 20:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

続ラギャ蜂起

9e89ca40.bmpラギャ蜂起の映像を見ることができると、昨日お知らせしましたが、
再度お知らせします。

http://media.phayul.com/?av_id=148ラギャからの新しい情報はまだ伝わってきません。
事実はまだはっきりしません。

タシは生きているのか?未だ行方不明なのか?死体が上がったのか?
タシは自殺したのか?逃げようとして、黄河に入り溺れてしまったのか?

デモの実際の参加者数は?警察署で何があったのか?

ダラムサラに入ってくる情報もその主な中継元もいろいろです。
RFAをはじめとする放送局に直接入ることが多いいのですが、
亡命政府の防衛省、情報局、TCHRD,それぞれの地区会、関係する僧院、個人もそれぞれのルートを持っています。

何れも、最初は個人の目撃者自身、あるいは情報を集めまとめて報告する人です。
中国と違って、故意に事実を曲げようとする人はまずいないでしょう。
もちろん時には単なる噂ということもありますし、デモ参加者数とかになれば人それぞれの印象は違うことでしょう。
それにしても、中国側と亡命政府側発表の差が10倍というのはどういうことでしょうか?

日本ではまず、中国政府の新華社の記事を紹介して、始めることが多いようです。
チベット政府側の発表が先に来ることは決してありません。
嘗ては?そのまま、中国側の情報だけ流すことも多かったようです。
嘘から始めるのは如何なものでしょうか?

この件に関しダラムサラのプレス仲間でもあるAshwini Bhatia 氏の書いた記事を抜粋で紹介します。

http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5iAMqM2_Dwudz52KLQeY2ZKFQq9-gD9732PAO0彼も新華社を引用している。新華社は「独立を支持したタシを取り調べ中、トイレに行くと言って出たきり行方不明になったので後を追った、目撃者は彼が黄河を泳いでいるのを見たという」

ダラムサラのある個人に入った情報によれば「タシは尋問中にトイレに行く許可を受け、そのまま黄河に身を投げた。しかしまだ死体は上がっていない」という。

他のラギャから入った電話情報によれば「最初500人ほどの僧侶が庁舎前でデモを行った。それに市民や近隣の村から集まった人々も加わり2000人ほどになった」という。

彼の話によれば、「タシ・サンポは3月10日に僧院の屋上にチベット国旗を掲げたことにより尋問を受けていた」という。

ーーーーーー

何れにせよ、まず警察署でタシはどうしても逃げないといけないような状況に追いやられていた。
中国の尋問には常に拷問が付きものだ。

彼は橋から飛び込んだのか?岸から入ったのか?
何れにせよ、この時期氷のように冷たい黄河最上流に入ることは自殺行為だ。
近くに橋があってそこから飛び込んだのなら自殺とも言える。
近くに橋が無く、河を泳いで渡れば逃げられるような場所だったとしたら泳いで逃げようとしたとも考えられる。
しかし、何れにせよ、まだ行方不明だとすれば冷たい河に流され死んだ可能性が高い。

ダラムサラ側は「自殺した」と言ってる。
現地のチベット人たちの「噂」もそうだったのであろう。
人々は心理的連鎖(因果)により、集まり声を上げたのだ。
普段からの中国に対する怒りに僧侶の死が火をつけたのだ。

このようなことは今ではチベットの中、カム、アムド、ウ・ツァンどこでも起こり得る。

日本の各報道では「このような大規模な抵抗デモは今年に入って初めだ」と書かれている。
確かに千人以上というなら、このデモが初めてだろう。
しかし、数百人規模なら、二月中にアムドであったし。
3月10日にはカンゼで行われ、17人逮捕されている。

その他のどこかであったかも知れない?
情報が出て来ないだけだ。
だから、初めてではない。


その他、中国側の発表では、「次の日の日曜日にはほとんどデモは解散されたが、
30人ほどの命知らず(diehards)だけが夕方まで抵抗を続けていた」と言う。
ゴロ人は特別勇気があり、頑強なのです。

この火は飛び火するのでしょうか?

















rftibet at 13:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月22日

ラギャで大規模デモ発生/その映像が届いています

自殺したとみられるタシ・サンポ朝もお伝えしたラギャの続報です。

まず日本の毎日新聞には:

<中国>チベット自治州で僧侶ら暴動 6人逮捕
3月22日19時32分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000037-mai-cn

 【北京・浦松丈二】新華社通信によると、中国青海省ゴロクチベット族自治州で21日、僧侶約100人を含む暴徒が地元警察署を襲い、地元政府の職員数人が軽傷を負った。警察当局は22日に暴徒6人を逮捕。89人が自首したとしている。

 中国当局は今月、ダライ・ラマ14世亡命につながったチベット動乱から50年、ラサ暴動から1年になることからチベット族居住地域で厳戒態勢を敷いていた。今年に入り中国で僧侶の大規模暴動が伝えられたのは初めて。

 同通信によると、僧侶が地元警察の取り調べ中に行方不明になったとのうわさが引き金になったという。

 一方、チベット亡命政府によると、この僧侶は中国で禁じられている亡命政府旗の所持容疑などで警察の取り調べを受け、黄河に飛び込み、自殺を図ったとしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

共同は:

チベット僧侶ら数百人暴動 中国、95人逮捕・自首
- 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032201000601.html

-qte-

 【北京22日共同】22日の新華社電によると、中国青海省ゴログ・チベット族自治州で21日、約100人のチベット仏教僧侶を含む数百人の市民らが警察署を襲撃、地元政府の職員数人が軽傷を負った。警察当局は22日朝までに暴動に参加した6人を逮捕、89人が自首した。このうち、93人が僧侶だという。

 チベット暴動が発生してから14日で1年のたため、治安当局がチベット自治区や周辺省のチベット族自治州で再発防止のため厳戒態勢を続けているが、僧侶らのこうした大規模な暴動が伝えられるのは初めて。

 チベット亡命政府(インド・ダラムサラ)によると、集まった人数は約4000人で、「チベット独立」のスローガンを叫んだという。

 チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世がインドに亡命した「チベット動乱」発生から50年となる10日、同州で寺院に掲げられた中国国旗を僧侶らが降ろし、チベットの旗を掲揚。直後から治安当局が同寺院を封鎖した。

 関与した僧侶の1人が21日、追及を逃れるため黄河に飛び込んで自殺を図り、僧侶らが警察署に抗議に行ったという。自殺を図った僧侶が死亡したかどうかは不明。

 一方、新華社電はチベット独立を支持したとして20日に拘束された男性が21日、警察署から脱走して川を泳いで逃げたため、警察当局が行方を追っていると報道。地元政府職員が22日未明に僧侶が属する寺院を訪れ、暴動に参加した僧侶の自首を求めたとしている。
2009/03/22 22:25 【共同通信】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貴重なデモの映像を見ることができます。

携帯で撮った映像なので画像は良くありませんが、生々しいデモの様子が分かります。中で一度だけ「プゲロー!(チベットに勝利を)」と連呼されるのがはっきり聞こえますが他は認識できない叫び声ばかりが聞こえます。

今のチベットを感じます。
http://media.phayul.com/?av_id=148

Phayul.comによれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24257&article=Thousands+protest+in+Ragya%2c+monastery+prefect+among+5+arrested
昨日タシ・サンポの自殺を知った市民はその後すぐに警察署と政府庁舎の前に集まり抗議デモを行った。
こちらは、その数は二千人と発表されている。
逮捕者は今日になりパルデン・ギャツォはじめ5人が逮捕されたとしている。

怒ったチベット人たちは警察署から先に押収されていた、チベットの国旗を奪い返し、掲げたという。

Voice of Tibet 放送によれば、これを弾圧するために、ゴロから7台の軍用トラックがラギャに到着し、さらに西寧に援軍が要請された。

ーーー

別のニュースとして、Phayulに入った情報によれば、先に「Leaving fear behind」の制作を手伝ったとして、ゴロ・ジグメが3月17日に逮捕されたことはお伝えしたが、同じく制作をアシストしたゴロ・グンガ・ツァンヤンも逮捕された。

二人は共に作家で、逮捕容疑は政治的文章を書いたことだという。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

亡命政府はデモ参加者を四千人としています。

http://www.tibet.net/en/index.php?id=763&articletype=flash&rmenuid=morenews

http://www.tibet.net/en/index.php?id=761&articletype=flash&rmenuid=morenews


rftibet at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アムド、ラギャ僧院の僧が抗議自殺、その後数百人のチベット人が警察所を襲撃し93人逮捕

fc0c4c06.bmpVoice of Tibet放送に入った情報によれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24251&article=Monk+kills+self+in+Ragya%2c+residents+protest
青海省マチェン県ギュロ地区にあるアムド・ゴロ・ラギャ僧院の僧タシ・サンポ28歳は、昨日午後3時半ごろマチュ(黄)河に飛び込み自殺した。

今年3月10日、僧院の主堂屋上に巨大なチベット国旗が掲げられ、政治的パンフレットが配られた。
それ以降、僧院は軍隊に包囲され、数人の僧侶が逮捕され、完全に閉鎖されている。

保安部隊はタシの部屋からチベット国旗と政治的パンフレットを発見したと言っている。
マチュ河とラギャ僧院
報告によれば、タシはトイレに行くと言って僧院を抜け出し、すぐそばのマチュ河に向かったという。

その日の内に、ラギャの人々はタシの死を知り、反中国の抗議運動に火がついた。
チベット人たちは通りに出て、チベットの国旗を振り、「チベット独立!法王に長寿を!」とスローガンを叫び始めてという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これに関し、先ほど新しいニュースをAFPが新華社伝として載せていました。

やはり大きな衝突になってしまったようです。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2584858/3945163

中国北西部で数百人が警察署を襲撃、チベット僧ら93人が自首 新華社

2009年03月22日 16:21 発信地:北京/中国

【3月22日 AFP】中国国営新華社(Xinhua)通信は22日、中国北西部、チベット人の暮らす村で数百人が警察署を襲撃し、チベット仏教の僧侶ら90人以上が逮捕されるか自首したと伝えた。

 新華社通信によると、警察が襲撃に関与した容疑者6人を逮捕し、89人が自首した。逮捕者95人のうち93人が、襲撃現場の付近にあるRabgya僧院の僧侶だったという。
(c)AFP












rftibet at 14:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)