ラダック

2010年09月15日

ダライ・ラマ法王ラダックのレーで土石流被害者を慰問

ラダック、レー 9月13日ダライ・ラマ法王の水害被害者慰問集会©Tenzin Choejor/OHHDL

9月13日ダライ・ラマ法王は、先の8月5日夜の豪雨により大土石流災害に遭ったラダックのレーの被害者を慰問のため訪れられた。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2010-08.html#20100813

まず、最初に壊滅的被害を被ったレーのチベット難民キャンプ、チョクラムサルに向かわれ、被害の状況を視察し、住民たちを慰めて回られた。

その後レーのラムドン・スクールの広場で25000人の聴衆を前に犠牲者への追悼式を行われた。
写真はその時のもの。
いつもながらすごい人集りだ!
さらにその他の写真を見たい方は以下へ:
http://dalailama.com/gallery/album/0/84

法王は「災害はそれぞれのカルマの結果だ。私の親が、子が死んでしまった、、、と嘆き悲しんでばかりいないで、前向きに将来のために努力すべきだ」と述べられ、さらに「10万回のマニサガ(観音の真言を唱えること)などを行うこともよいであろう」等の様々なアドバイスをされた。
RFA
http://www.youtube.com/watch?v=aGr4kYOkzkM&feature=youtu.be&a

14日にはカルギル地区のカルギル、ムルベク及びボダカルブを訪問された。

15日にはボダカルブにて観音菩薩の潅頂を一般参列者に授けられる。


---------------------------------------------------------------------

このブログが「ライブドアブログ第1期奨学金コンテスト」に合格した話し。
これもこのブログに日夜アクセスして下さっている皆様のお陰。

数か月まえuralungtaさんのお勧めで、何となく応募したコンテストでした。
が、何と応募者総数1721人の中で合格したのは26人だけという難関に引っかかったのでした。

一般に、合格するための最低基準は月間アクセス数が一万件以上ということだった。
このブログはこの基準にはちょっと足りない。
それなのに何で合格したのか???
きっと審査員の中にチベットファンがいたのではないだろうか?と思ってる。

で、私のブログを宣伝したライブドアさんの歌い文句を読んで、顔を赤らめたというか、意味がよくわからないと思った。

曰く、このブログは「20世紀的ジャーナリズムの極北に位置するブログ。TVや新聞では伝えることの出来ないリアルな情報や感情を伝えるさまは、まさに<個人ブログメディア通信社>」というのだ。
http://scholarship.livedoor.com/recipient01.html(その他合格ブログの一覧表がある)

「20世紀的ジャーナリズムの極北に位置する」はどう解釈すべきなのか?
ある人は、「これは客観的取材(←20世紀?)の対極にある、内側に入り込む主観的取材、ってこと? んで「極北」って北の最果ての誰も顧みない荒野ってこと!」と解釈された。
が、他のある人は:「20世紀的」つまり新聞やテレビ中心の報道ではなくブログという新しいスタイル<−「極北」である、という意味ではないか?とおっしゃった。

私としてはもちろん二番目の意見であってほしいと思うのだが、それにしてもライブドアさんは分かりにくい表現をされるものだ。

月間一万件を超えるとさらにボーナスが貰えるという。
だから私もできるだけ頑張るから、皆さんもせっせと「チベット問題を広めるために」も、これからもアクセスお願いします。

----------------------------------------------------------------------

10月に長野で行われる小川アムチによるチベット医学教室のお知らせ。

ーーー

長野でチベット医学を学んでみませんか
小諸在住のチベット医(アムチ)小川康さんを長野にお招きして、チベット医学を通してチベット文化について学んでみませんか?

6人から8人程度の少人数で、チベット医学のバイブルである「四部医典」をテキストにチベット医学について学びたいと思います。

仲 間 募 集!

開催時期 2010年10月13日(水曜)より10月20日、27日、11月10日、17日、24日

時間 午後6時から8時 終了後交流会あり

第一回 10/13 「文化とともにチベット医学」唄 踊り 言葉 歴史 風土
第二回 10/20 「ゆっくり生きようチベット医学」チベット医学の基礎概念
第三回 10/27 「しっかり診ようチベット医学」診断と病理
第四回 11/10 「大地に根ざしたチベット医学」チベットと長野の薬草
第五回 11/17 「心を癒すチベット医学」 医学と仏教
第六回 11/24 「現代に活かすチベット医学」目指せ!ノーベル医学賞

場所   スローカフェ ずくなし 2階
http://shop.asama-de.com/b/zukunashi/
料金   一回 3000円   テキスト代 500円(別途)

申込み・問合せ  ナガノ DE チベット(はらだ)

電話かメールでお申込下さい
090-4158-2085 E-MAIL miyuki.rewa@gmail.com

一回のみの受講もできます。  定員 8名






rftibet at 16:50|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2010年08月13日

体験者のラダック・レポート

bd8fd658.jpgラダックの惨状についての体験者の現地レポート(英文)が続々出始めている。
例えばhttp://bit.ly/aRHm7s
には衝撃的な写真も載せられている。

この記事以外の外人のメールに
「8月5日の夜中、突然始まったたった1時間の豪雨により、ラダック全域の様相がすっかり変わり果ててしまった」

「チベット人難民キャンプであるチョクラムサールは完全に消え去った。ここだけでまだ数百人が行方不明だ。犠牲者は1000人を越えるであろう」

「6日の夜、再び土砂が襲ってくる、という噂がたち、約1000人が丘の上にあるシャンティ・ストゥーパに避難し夜を明かした。みんなが暗闇の中で不安におびえているとき、1人のチベット人が歌を歌い出した。外人がギターを取り出し伴奏し始めた。それからみんなで歌を歌い続けた」と。


ラダックへ義援金を送るためにダラムサラでもツクラカンや町中で募金活動が行われている。
日本からは NGOジュレーラダック経由をお勧めする。
http://bit.ly/cW5D2d

(追記)この会からの現地最新情報。
13日付:http://julayladakh.org/LDKinfo.htm

ーーーーーー

明日の朝8時より、ダライ・ラマ法王自らツクラカンにお出になり、アムド、ドゥクチュ(舟曲)のためのモンラム(祈祷会)が行われる。

rftibet at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年08月06日

ラダックのレーで鉄砲水、死者100人/ガンデン・ティパの手紙公開/チベット・トヨタ・レーシングカーその2

8月6日レーの洪水今日もいろいろあるが、まず、

<ラダックのレーで洪水(鉄砲水、土石流)で現在死者100人>

今、インドのテレビで被災地レーのレポートを見た。
テレビ画面を撮った写真を2枚載せる。
テレビでは死者は現在100人だが、これからも相当増えるであろうと。

テレビでは泥の中から死体を引き出すシーンとか(日本では放映禁止であろう)、次々に死体が運ばれて行く様が映し出される。
壊れた建物も多いようだ。

やっぱり「ラダックでこんなことが起きるとは前代未聞」と解説されている。
夏には、この辺りに雨が降ることはあるが、降ってもその量は少ないのが普通だ。
大雨など極めて稀な現象と思う。
それほど、乾燥しているのがラダックだ。

鉄砲水は夜中に起きたと言う。

画面を見ると、至る所の崖から土石流が流れだしている。
被害はレーの南にあるチョクラムサール地区に集中しているようだ。
チョクラムサールはチベット難民キャンプがあるところだ。
確かに川の近くにチベットの学校があったが、子供たちは全員無事という。
今のところ、チベット人は1家族の家が流され3人現在死亡が確認され、他数名が行方不明とのこと。
何だか、不思議なほど、いいことだが、チベット人の犠牲者は少ないようだ。
もっとも、現地のラダック人をチベット人と数えているのかどうか?
が確かでない。

8月6日レーの洪水どうも、思うに裏山を含めたレー一帯に夜中、異常なほどの集中豪雨があって、それが下流のチョクラムサールを直撃した、のではないか?
あるいは、チョクラムサール周辺のみに集中豪雨があったのかもしれない。
どちらにせよ。インダスが氾濫したのではなさそうだ。
洪水というより、土石流に流された場所が多いようにみえた。

ところで、日本からの情報によれば、レーには今16人の日本人がいるというが、全員の無事が確認されたそうだ。
16人はちょっと少ないように感じるが?
それにしても、
知り合いの方がラダックに、今行ってるという人もいるかもしれないが、日本人は無事と言うことです。

少し前には法王が一山越えたヌブラ(ヌップラ)に行かれていた。
8月からはリチャード・ギアが確かラダックに撮影のために入ると、聞いているが、その辺のニュースは入ってないので、幸いまだ入ってなかったと思われる。

http://phayul.com/news/article.aspx?id=27915&article=3+Tibetans+among+59+killed+in+flash+floods+in+Ladakh

すべての犠牲者に合掌。

--------------------------------------------------------------------

<ガンデン・ティパからの手紙が公開された>

ドクター・中松Xガンデン・ティパ騒動など、あまり話題にしたくもないのだが、相手は今やけんか腰。
事務所もさぞ頭の痛いことでしょう。
ドクター側は、代表部の翻訳は意図的にゆがめられていると主張している。

で、代表部がガンデン・ティパの手紙をみんなに読んでもらえるようにと、容量たっぷりで公開された。
以下その手紙。
http://www.tibethouse.jp/news_release/2010/images/100801_gaden_letter_l.jpg


以下の代表部訳と比べてみてほしい。


「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 ラクパ代表へ

最近の中松氏との出来事に関して、ご連絡を頂きどうもありがとうございます。この件に関して説明させていただきます。
中松氏とは以前からの面識があるものでもなければ、特別な関係をもっているものでもありません。常時、私のところには様々な方がいらっしゃいます、彼もそのひとりにすぎません。私が彼をわざわざここまで呼んで、帽子と金剛大阿闍梨の地位を授けたものでもありません。誰もが知っているように、ガンデン座主にそのような権限もなければ、伝統的風習もありません。彼は帽子を持参し、写真を撮らせてください、と私のところにいらっしゃいました。その彼の希望にそっただけです。その後、一部の会員に渡すための賞状にサインしてくださいと頼まれ、サインをいたしました。中松氏が私およびゲルク派の名前を装い、金剛大阿闍梨の地位を授かったという情報を流すことは正しくありませんので、各関係者に正しくお知らせいただきますようお願い申し上げます。この件に関してのすべての権限は、あなた(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表)に委ねます。ご協力どうぞよろしくお願い申し上げます。」


チベット語手紙の題8行目が日本語訳の太字部分あたる。
細かい話だが、肝心な部分なので少しだけ解説する。
日本語「一部の会員」のところチベット語の「ཁག་ཅིག་」は「一部」の時もあるし「一人」の時もある。
日本語の「賞状」となってるところ、チベット語の「ལག་འཁྱེར་」は「賞状」のことを指すこともあるが、「証書」の時もある。

これぐらいしか、問題?となりそうなところは何もないと私は思う。

ただ、「ガンデン・ティパは(シュクデンかも知れなくて)嘘を言ってるのだ」と言うことになれば、話は全く別だ。

チベット語の読める人是非読んで、チェックしてみてほしい。
その後、コメントして下さい。

-----------------------------------------------------------------------

最後は楽しい話。
昨日もお伝えした、チベット国旗仕様のトヨタ・レーシングカーの話。
もう一台見つかりました!

http://www.sponsafier.com/#/gallery/view/362097

こっちの「I LOVE TIBET号」のほうが、国旗に宝珠と雪獅子も描かれ、チベット語でボンネットに「ぷぅ らんつぇん(自由チベット)」と書かれ、屋根にも「ぷぅ(チベット)」と書かれていて、いいと思うのですが、何だか票の集まりは昨日の「DALAI'S DREAM 号」の方が、断然、票は集まっているようだ。
これは、先にphayul等が宣伝した車であったことと、「I LOVE TIBET号」には英語表記が全くなくて何のことか分かんない人がいるからかな?と思う。

何れにせよ、毎日一回は新しい票を入れることができる。
現在「DALAI'S DREAM 号」は部門内12位とか、部門別で10位以内に入れば、決勝に行けます。

RFAで作者たちは二人とも、目的は「チベット問題を世に知らしめすためだ」とはっきり言ってます。

みんなに宣伝して1,2位独占を目指しましょう!
















rftibet at 21:10|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2009年09月10日

中国軍がインド国境を侵犯し、石や岩を赤く塗った

spiti の675年前のミイラ写真左(AP)の保存状態のよいリアルなミイラは675年前のチベット僧のそれだそうです。
インド、スピティ谷の東の端、中国国境に一番近いギウという村に安置されています。
瞑想の姿勢のままミイラ化した僧で、その髪と爪は今も伸び続けているとか?
良く見ると確かに僧侶の頭には髪が生えてる!

極度に乾燥した西チベットの瞑想洞窟では、きっともっとたくさん自然にミイラになるまで瞑想した修行僧がそのうち発見されることでしょう。

それにしても、どうしてこのミイラが僧侶だったと判明したのでしょうか?
きっとこのミイラは中国に向けて座っている、座らされているに違いない。
「プゥゲロー!(チベットに勝利を)」と叫んでいるごとくに、見えるから、、、
気のせいですが。

ーーー

ところで中国軍は最近、その近くのインド国境を故意に侵犯したそうですが、そのやり方がまた可愛いというか、子供っぽいというか、中国っぽい。

パユルより
http://phayul.com/news/article.aspx?id=25463&article=Chinese+Army+violates+int%e2%80%99l+border+in+Ladakh

9月6日レー:ヘリコプターで国境上空を侵犯した後、中国軍はラダックの国際的に承認されたインド・中国国境を侵犯し、その付近の石や岩を赤いスプレーで塗った。
国境上にあるギャ峰付近のインド側に1.5キロ侵入した、とインド政府が発表した。

国境侵犯は、レーの東にあるチュマールと呼ばれる地区であり、付近のいたるところの石や岩の上に「中国」と赤いスプレーで書かれていると報告された。

6726mのギャ峰は別名「fair princess of snow(美しく公平な雪の王女)」と呼ばれジャム・カシミール州のラダックとヒマチャル・プラデッシュ州のスピティそしてチベット三つの境界点であり、インド・中国双方から国際的国境の山と認められている。

7月31日国境警備隊がズルン峠沿いの石や岩にこの赤いマーキングを発見し、中国軍が侵入したことが判明した。
インド軍の上級将校の話では「現在三人のインド軍将軍が北京とラサを訪問中なので、このことは今のところ控え目に扱われているのだ」という。
以下略

二日後の記事によれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=25477&article=India+beefs+up+border+security+following+Chinese+incursions

インド軍もこの地区の国境線の警備と付近の検問を強化し、緊張が高まっているという。












rftibet at 16:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年08月17日

ラダック野良犬診療所

ラダックの野良犬診療所今月、ラダックには法王がいらっしゃる。
法王のティーチングや潅頂やらを受けるため、商売のためと、おそらく一万人を越えるチベット人(主にラダック、ザンスカール、スピティ、ラホール、ダ・ハヌーの谷の人たち)、と外人が集まっている。

これに関連し、
今日は自分の誕生日なのですが、生まれたことにも意味が少しはあった、という自己満足のために末娘の話をします。

ニマ娘のニマは21才、このダラムサラで生まれ、TCVに高校終わりまで通った後、今イギリスのエジンバラ大学で獣医学の勉強をしている。
兄弟の中でも一番チベット化された子供と思う。
とにかく動物愛護で、普通のチベット人のように、蚊はもちろん殺さないし、道に迷い出たミミズも助ける。
ダラムサラにいる時はベジタリアンを通していた。
しかし、まじめな風はまるでなく、とびきり明るく、いつも兄のマネをしてダラムサラ一の悪がきファッション振りを楽しんでいた。
家には昔から犬、猫、ウサギ、鶏、とペットが多かった。
それでも、犬は何匹もユキヒョウに食われる、猫は犬に、犬は猿を、ウサギの足を犬が食うという風に事件も多かった。
そのせいなのかどうか良く分からないが、人より動物の方が可哀そうと思うらしく、獣医になりたいと思い始めた。

足(手)の悪い野良くん夏休みはいつも研修の単位を取るためにどこかの牧場や病院に行く。
今年の夏はラダックに行っていた。
獣医の世界にも<Vets beyond borders 国境なき獣医団>というものがあるのだ。
この団体の活動の一環として、この夏<ラダック野良犬去勢プロジェクト>というものが行われた。

世界中とインドから11人の獣医とボランティアが集まって、朝から晩まで、去勢手術と狂犬病の予防接種を行った。
その数何と695匹。
何で、こんなに世界の果てに野良犬が多いのか?だが、まずは軍人が持ち込むのとチベット人難民キャンプの人が犬好きで、沢山犬を飼うがその分、野良犬も発生するということらしい。

ニマはチベット語とヒンディー語が話せるので、みんなに通訳としても重宝がられたとか。

ラダックの野良犬診療所 手の悪い野良くんもちろん、同時に犬の健康診断を行い治療の必要な犬には手術や薬を与える。
娘の話だと、特に目立つのが、交通事故による、手足の損傷だという。
何匹もの犬の手足を切断手術したという。

「でも犬は何の文句も言わず、三日もすると三本の足で、元気に走って寄ってくるようになるよ」と嬉しそうに話す。

「野良犬、たくさん助けられて良かったね、本望だね、、、」

と言うわけで、今回ラダックに集まる、法王始め全員、狂犬病を怖がること無く、野良くんとじゃれ合うことができるということです。

幼い時に別れた娘だけに、こんなことでも、親は生まれた甲斐があったと思ったりするものなのです。








rftibet at 12:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)