会談

2008年07月07日

中国<会談は成功!>と発表!

cb451479.JPG昨日、法王のお誕生日会は何もなく、、、と報告してしましました。

ところが、ちゃんと朝方政府主催でつつましやかながら祝いの集会がツクラカンで催されていました。
前の日に「明日は何も無いよ」と友人に言われたのを真に受けて、雨だしと思い上がらなかったのです。
失敗!

特に中国と国境を接するヒマラヤ周辺の州からの国会議員団が出席し、
「我々は完全にダライラマ法王側に付いている」と強く宣言し、中国のチベット弾圧を非難した。

彼らにとってはチベット問題は切実な話なのでしょう。中国軍30万が国境に張り付いてるし。張り付いてるだけでなく、1年に数10回は国境侵犯してくる、というどうしようもない侵略軍をまじかにしてるわけですから。

http://phayul.com/news/article.aspx?id=21863&article=Dalai+Lama+turns+73+as+Tibet+issue+lingers+onーーーーーーー

<台湾の最高峰ユイ山(3950m)頂上に<チベットフリーダムトーチ>が燃える>
このトーチは50カ国を回り8月7日にはダラムサラに帰ってくることになっています。

昨日6日、法王のお誕生日に、チベット人と台湾のチベット人サポーター合せて21人がユイ山に登頂し、頂上にチベット国旗を掲げた。

そして全員ヒマラヤの方角を向き「法王の長寿と亡命生活が1日も早く終わり、平和な祖国に早く帰れることを」祈ったという。

http://phayul.com/news/article.aspx?id=21870&article=Tibetan+'freedom+torch'+reaches+peak+of+Taiwan's+tallest+mountain

今度日本に帰ったら富士山にでもチベットの国旗担いで登りましょうかね?
いいかも!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会談の後 どっちがホント?>

ブッシュがオリンピックに出席することを発表したが、つまり、ライスが北京でフーチンに「ダライラマ側とすぐに話しなさい、会えばいいのよ、会談さえ開けばブッシュはオリンピックに来るって言ってるし」
とか何とか言ったのかな?と思いたくなるような素早い発表でした。

北京五輪開会式出席へ=中国首脳とチベット問題など論議−米大統領 【ワシントン3日時事】
ペリノ米大統領報道官は3日、ブッシュ大統領が8月に中国を訪問し、同月8日の北京五輪開会式に出席するほか、胡錦濤国家主席らと会談すると発表した。
 米議会や人権団体からは中国当局によるチベット自治区での弾圧などを理由に、開会式出席を見送るようブッシュ大統領に求める声が出ていた。しかし、大統領は中国政府がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の特使との対話に着手したのを受け、出席を決めた。
 ペリノ報道官は中国当局とダライ・ラマ側の協議について、「ブッシュ大統領が呼び掛けてきたものだ」と評価。同大統領が胡主席との会談で、チベット問題を含む人権問題全般を取り上げるとの見通しを示した。(2008/07/04-06:41)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200807/2008070400095&rel=j&g=int

ーーー

そう言えばphayul.comでは今やってるG8で<チベット問題をフー・チンタオとの会談の議題に上げる>と彼の来日を前に(誰かが?)決定したと、伝えています。
http://phayul.com/news/article.aspx?id=21869&article=G8+urged+to+raise+Tibet+issue+with+Chinese+president

本当でしょうかね?

時期が悪すぎる、石油高騰、食糧危機、経済危機、地球温暖化、、、、、、、ジンバブエ、、、ビルマ、、、、チベットは今遠すぎる!

BBCを見てても様々な主張のデモを映すが、、チベットの国旗は見えない。

盧溝橋事件の日だしね。
中国にこの手を教えたのは日本かな?
チベットでもよく使ってるみたいですが。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それにしても中国の今回の会談に対する発表には開いた口が塞がらないです。

「急進派の不支持受け入れ」=ダライ・ラマ側との対話進展主張−中国
(2008/07/07-01:25)


 【北京6日時事】新華社電によると、中国共産党統一戦線工作部の当局者は6日、北京で1、2の両日に行われたチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の特使との公式協議について、ダライ・ラマ側が独立急進派「チベット青年会議」を支持しないことを表明し、対話に「重要な進展」が得られたと語った。

 ただ、特使のロディ・ギャリ氏は5日、最大限の強い表現で青年会議不支持の要求を拒否したと主張していた。

 中国側はチベット独立・祖国分裂の主張、北京五輪破壊の活動、暴力犯罪の扇動に加えて「チベット青年会議」の暴力テロ活動を支持しないよう求め、特使はこの「4つの不支持」受け入れを表明したとしている。独立主張など「3つの停止」に代えて「4つの不支持」を打ち出したのは「受け入れやすくするため」という。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008070700011

ーーー

U.S. FrontLine:テロ活動抑え込み受け入れ ダライ・ラマ特使がと中国
更新2008年07月06日 16:07米国東部時間


 中国国営通信、新華社は6日、先に行われた中国政府とチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の特使との対話で、特使が中国側の要求したチベット独立急進派「チベット青年会議」の暴力やテロ活動の抑え込みを受け入れたと伝えた。共産党統一戦線工作部の責任者の話として報じた。

 この責任者は、北京五輪破壊活動やチベット独立活動の不支持など、中国側の4つの要求を特使が受け入れたとして、今回の対話は「重要な進展」と指摘した。(共同)

http://www.usfl.com/Daily/News/08/07/0706_012.asp?id=61973

ーーー

統戦部 ダライ・ラマの個人代表との接触は進展
2008-07-07 10:40:08 cri


 中国共産党統一戦線部の責任者は、7月の1日と2日、ダライ・ラマの個人代表ロディ・ギャリ氏の一行5人と北京で接触を行いましたが、6日、この責任者は記者のインタビューに答え、「接触期間に、中央側は四つのことを支持しないという要求を出した。ダライ・ラマ側はこれに受け入れ、積極的な反応を示したことから、今回の接触は重要な進展を収めたといえる」と述べました。

 この責任者は、「共産党中央統一戦線部の杜青林部長が、ダライ・ラマが生きている間に国、民族とチベット人民のために有益なことをしたいのなら、次の四つのことを公表し、明確に約束するべきだ。この四つのこととは、北京オリンピックを妨害し、破壊する活動を支持しないこと、動乱の画策と扇動を支持しないこと、チベット青年会議(TYC)によるテロ活動を支持せず、確実にその活動を終わらせること、すべての"チベット独立"を企み、祖国を分裂させる主張と活動を支持しないことをであると述べた」と語りました。

 この責任者は、「ダライ・ラマの個人代表は、この四つの要求は中央側の新しい構想であり、この要求を受け入れると表明した。また、この個人代表の要求に基づき、中央側は、年内の再度接触に原則的に同意し、その時間を個人代表と協議した」と述べました。

http://japanese.cri.cn/151/2008/07/07/1s121562.htm

ーーー

五輪前でも依然取材を妨害 国際人権団体、中国を批判
2008/07/07 14:10 【共同通信】


 【北京7日共同】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は7日までに、中国駐在の60人以上の外国人記者らから聞き取り調査を行い、北京五輪を前にして、依然として中国政府が外国メディアの取材を妨害していると批判する報告書を発表した。

 同団体は中国政府に対し、五輪を前にして発表された、外国メディアの取材の自由を保証した暫定規定を完全に尊重するよう要求。さらに五輪終了後も同規定の恒久化を求めた。

 報告書では、3月のチベット暴動の際、治安部隊がチベット自治区から外国人記者を即座に排除したことや、その後も同自治区に記者が自由に取材に入ることを一切認めなかったと指摘した。

 中国政府は6月になって外国メディアの同自治区の取材を認めると発表したものの、事前申請が必要で、報告書は「認められることはまずない」と強調。その上で「チベット暴動鎮圧は1989年の天安門事件以来の政府による最大の弾圧だ。何人が殺害され、逮捕されたか外国人記者は検証できない」と強く批判している。

http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008070701000412.html


ーーーー

世界中がチベットを裏切ってるが、、、
チベット人は忍の一字。


rftibet at 13:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年07月05日

続法王特使の記者会見

b61867b5.JPG記者会見は初めから質問形式で行われた。

覚えていることを何点か以下に記します。
(録音機持ってたけど、うっかり忘れたX局の人に貸しちゃったから)

ーーー


まず「もっとも困難な会談だったと言われたが、もっと具体的に言えば?」

ギャリ氏:「相手に話合う意思が感じられなかったり、真剣さが感じらえなかったりしたこととか、時間稼ぎ政策を感じたりしたからだ」

「前回と今回の会談はオリンピックを前にした状況の中、あちらも話合う気にさせられたのだろう。その意味でオリンピック後の会談を注視すべきだ」

日本のある記者「オリンピックに法王が出席する意思がお有りというのは本当なのか?具体的に亡命政府はこれに対し準備しているのか?」

ギャリ氏「法王がオリンピックに出席したい、とおっしゃったことは本当だ。しかし、誰も今中国がチベット弾圧を続ける中で、法王が本当に北京に行けるなんて本気に思ってはいない。だから政府内で何かこれについて話し合いがなされたこともない」

ある記者「法王は今度の会談の結果について何とコメントされたのか?」

ギャリ氏「法王ははっきり言って、がっかりされた。法王も今回の会談に対しては少しは期待されていらしたから。しかし法王の中道路線にはなんら変更はないことは確かだ」

記者「TYCチベット青年会議については?」

ギャリ氏「中国側は青年会議を暴力的テロリスト集団と呼んで、この活動を法王がやめさせることを要求してきた。

法王は世界中でその堅固でユニークな平和主義、人道主義を称賛される存在だ。
青年会議であろうとその主義に従っている。
これは根拠のない非難だ。

第一我々亡命社会は民主主義の社会だ。
法王であろうとも、個人や団体にある意見を強要することはできない。
だから<独立を求めることをやめよ>ということはおっしゃらないのだ、
と説明した。

もっとも彼らは私個人の経歴を調べており、かつて私が青年会議に関係していたこと(確か第4代あたりの議長だったはず)も知った上でこの話を出していると思うが、特別に青年会議を擁護するつおもりでそう言ったのではない。

いずれチベット人にとって暴力的手段は何の助けにもならない。

チベットの人達は命をかけても素手で声を上げているだけだ。
命にかけても非暴力を貫いているではないか。

法王はすでに<もしもチベット人がその抵抗を暴力に訴えて表すようなら、私はダライラマをやめる>とおっしゃったではないか、、、と説明した」

ーーーーー
2008年7月2日第7回チベット・中国会談 C/R phayul.com

ここら辺までは英語版のインタビューでした。

そのあと外人は出ていき、チベットメディアだけが残って引き続きチベット語版の記者会見が行われました。

そうそう、日本の記者の人たちも全員外に出て残ったのは私だけ。
しめしめ、、、これ以降は独占だね。

ギャリ氏もぐっとくつろいだ感じになり、良く喋ってた。だいたいがこの人は口が回り過ぎるぐらい良く回る人なのです。

最初に再度「みんな今回の会談に対しては、相当期待してた人も多いと思うのに、満足な結果を出せなくて、誠に済まないと思ってる」と謝りがちになる。

記者「全体に中国側の特使達に対する扱いはどうだったのか?」

ギャリ氏「前回までは到着しても先の予定など何も知らされないことが普通だった。
しかし今回は到着後、その後の予定を知らされた。これは大した進歩だ。
チベット人の研究者たちに会えたのも良かった。その他チベット人の高層、学者にも会った。これは以前より希望として伝えてあったことが実現したのでこれも良いことだった。もっとも全員政治的なことは話さなかったし、歴史の研究はひどいものだった。

もちろん中国の役人は大体紳士的に振舞う。しかしつねに中華的というか自分たちは大そうな国の高官であります的な高圧的態度が目立つというわけだ」

ーーー
その他ギャリ氏の言葉。

「法王を暴力主義者の黒幕のように言って恥ずかしくないのかとも言った。法王は世界中で平和のシンボルとされている。勇気をだして独立を捨てられたのだ。簡単な決断ではなかったのだ」

「チベット人の中には青年会議の中にもそのような人がいるが、何か独立を主張し激しい行動をするものが勇気あるものと、思われる傾向がある。これには注意すべきだ。真に勇気あるものは全体の利害をよく考え忍耐強く行動する」


こんなところですかね、後は重なる部分も多かったし、もうこれ以上よく覚えていない。
すみません。

もう今頃はX局のニュースが流れた後でしょうね。
何て言ってました?

















rftibet at 19:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

特使記者会見の前

3月アムドのプーギェロー!
特使達の記者会見は12時半から情報局で行われます。
まだ、1時間半ある。

最初から相手が下っ端過ぎる。何も決める権限などない者たちばかり。
中央からは「ま、適当に聞いとけ。時間稼ぎ路線に変更はないし」とかなんとか、、
言われてたかな?


以下コピペです。

中国「急進派、統制を」 ダライ・ラマと明確に区別

 【北京=佐藤賢】中国共産党統一戦線工作部の杜青林部長は3日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の特使と北京で会談し、独立急進派の「チベット青年会議」による暴力活動を抑え込むよう要求した。中国政府がチベット自治区などに適用する「自治制度」を堅持する方針を示し、ダライ・ラマ側が求める自治権拡大に否定的な見解も伝えた。
 中国共産党・政府は3月のチベット騒乱にチベット青年会議が関与したとみており、穏健路線のダライ・ラマ個人と独立急進派を明確に区別した。杜部長はダライ・ラマ側に(1)北京五輪に対する破壊活動(2)暴力行為の扇動(3)チベット独立と祖国分裂活動――への不支持を明確にすることも求めた。一方で、チベット族の生活水準の向上に努める考えを強調した。(07:03)

(日経ネット)

さっきRFAからは青年会議の議長へのインタビューとして、「我々の路線に
変更はない」とのコメント。
もっとも彼らはまだ、石一つ投げてないけど、何を持って「暴力活動」と呼ぶのでしょうか?自分たちの戦車や機関銃は暴力じゃないと言うし、、気違いと話をするのは大変です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以下は北京の福島さんの7月4日付のブログ、一部のみここに転載させて頂きます。

http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/

■中国では当局発表や当局者の説明より、ネット上の存在しないかもしれない人物のチェーンメールの方が信用される。貴州省の少女の死をきっかけに発生した暴動事件も、当局発表では「少女は暴行死ではなく、水死、自殺」だが、ネット上の書き込みをみると、ほとんどの人が信用していない。そりゃ陝西省林業局の「華南トラ捏造写真」事件など当局ぐるみで、誰がみてもウソなのに真実だと言い続ける厚顔ぶりをみれば、何をいっても信用できなくなるのは当然なのだ。長年、人民を騙すのをなんとも思っていなかった当局側の自業自得というか。


■経済的打撃、官僚汚職への怒り、そして当局への不信感。こういう状況だと、どんな小さなきっかけでも、容易に大事に発展しそうだ。それを防ぐために、目下当局は、統制、規制強化と愛国心宣伝に頼ろうとしている。しかし、復興費用の相当部分が企業・人民からかき集めた義援金なのだとすれば、党の求心力は減少する。「共産党さまが人民のために復興してくださっているのだから、がまんがまん」という具合にはなりにくい。


■統制と規制の強化は、庶民の不満をより大きくしかねず、もしそういう方針で人民を制御しようというなら、いざというときは天安門事件をもう一度行うくらいの覚悟がないとダメだろう。胡錦濤総書記がそういう強権派とは、思えないし、思いたくない。


■それならやっぱり少々、社会はゆれるかもしれないが、情報の透明化、メディアの自由化、特に外国メディアの取材の自由の範囲を拡大して、人民がさまざまな不満を表明できる機会を増やして、ガス抜きをしつつ、当局の信用を取り戻す方法を模索した方がいいにきまっている。その過程で、共産党幹部が特権を独占する現体制が変わらざるを得ないなら、そうしなければならないだろうが。そのときは、ひょっとして、私腹を肥やした党幹部らは虎の子をもってオーストラリアやカナダに一斉に脱出するのかな?でも、まさか中央の指導部はそんなわけにはいかないだろう。

■腹をくくって改革にあたれば、のちのち世界史に輝かしい名を残すことができるはず。今期は無理でも次期指導者が、金や不動産よりそういう名誉を重んじる器の持ち主であればいいのだが、といつものように、いろいろ妄想してみるのである。まあ、妄想ですから。

rftibet at 10:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年07月03日

解放された人達のことなど

38c8ef50.JPG北京チベット中国会談は終わったはずですが、
まだ今のところ何もニュースは入っていません。

ほんとに北京で行われているのかどうかも本当は判っていないのです。
完全秘密会議というやつです。

私は、今回、何らかの中国側からの譲歩?誠意?時間稼ぎ政策の見直し、前進等が無い場合は、もうこれから先、当分対話には期待し難いと思うのです。

オリンピックを前に3月以降のチベット弾圧を受けて、世界がこれまでになく圧力をかけてくれている今ほどの恵まれた環境はそう簡単に作れないのです。

ですから期待は少ししています。
だって、話にならないからと言って、他に手は何もないのですから。

極論すれば、これまで世界中のみんなが、日本人も含めてチベットのことに尽くしてきたのは、この会談でチベットに良いことが起こるためなのですから。

少しを得るのに何と多量の努力が要ることか。
それも空だったら!?

ーーー

もっとも中国は
フランスのサルなどオリンピックにこなくてもよい!」
http://phayul.com/news/article.aspx?id=21824&article=Chinese+media+say+Sarkozy+unwelcome+in+Beijingcといつものように

メディアもネットも彼にヒスをおこしているようです。
中国人大丈夫ですかね?

-------------------------------------------------------

以下7月2日付緊急委員会プレスリリースより

http://www.stoptibetcrisis.net/pr020708.html

<僧侶たちが当局軍を追い返す

7月1日、20台の車が突然カンゼのガンデン・サンドゥップ・リン僧院に押し掛けた。
その時70人の僧侶たちは恒例の法会を行っていた。

武装公安隊は先にデモを行って逮捕されている5人の僧侶(イシェ・パルデン、ツェリン・プンツォック、イシェ・ダルゲ、セルガ、シェラップ・タシ)の部屋を捜索するために来たと言った。
これに対し僧侶たちは「まず先に逮捕されている5人の消息を知らせよ、それもない場合には、あなたたちのこれらの行為は神聖な僧院を汚す行為を看做す」
と言った。
その後双方入り乱れる乱闘となった。

結局当局はこの日は引き揚げて行ったという。

ーーー

6月28日午後2時半頃、カンゼ、セルタ地区ヌップシュル僧院の三名の僧侶が平和デモを行い、その場で逮捕された。
三名の氏名はトゥルク・ゲンデン、サシ、ギャチュク・ワンチュク。

ーーー

獄中心臓麻痺で死亡?

ラサ近郊タクツェのロ僧院の元僧侶ガワン・パッサンは、この地方ではその温かい善良な人柄で有名であり、<ロゴンパのラマ>と呼ばれていた。
その彼は5月中に監獄での激しい拷問の末、心臓麻痺で死亡したと家族は告げられた。

彼は1993年から政治活動をしたということで以前にも獄に6年繋がれていた。その間にも様々な拷問を受けたという。
出獄後はラサのメンズーカン(チベット医学院)の生徒となり医学を勉強していた。
3月に再び逮捕された。
遺体は家族に返されたという。

ーーー

同じく元政治犯であるタクツェ地区パグモ僧院の僧侶テンジン・ナムギャルは3月に逮捕され、最近解放された

明らかな拷問の結果、
無残な姿と成り果てて。

当局は彼がこうなってしまったことを口外しないよう脅すことは忘れなかった。

彼もまたかつて1993年に逮捕されダプチ刑務所に6年を過ごしたことがあった。

ーーー

1991年に逮捕され13年間ダプチ刑務所に収監されていた、元デブン僧院の僧侶も3月に再逮捕され最近解放されたが同様の様態にあるという。

3月以後嘗て一度でも政治的な理由で逮捕されたことのあるチベット人たちの多くは同様の仕打ちにあっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

RFAの伝えるところでは、

毎年カム地方で盛大に行われる、競馬大会が今年は当局の命令により開催できないことになったという。

とくにカンゼとリタンの競馬大会が有名であるがこれらも開かれない。

前年この大会の最中プロチベットな騒ぎがあったのでこれを警戒してのことと思われる。

沢山のテントが張られ、派手に着飾った乗り手が繰り広げる様々な競技は地域のチベット人皆の大きな楽しみの一つであったはず。














rftibet at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月30日

7月1日〜2日チベット中国会談は北京で

ダライラマ法王特使であるロディ・ギェルツェン・ギャリ氏とケルサン・ギェルツェン氏は本日、正式な第7回目の会談を中国政府指導部特使と行うために、中国に到着する。

今回は、中国ーチベット会談特別推進委員会顧問のソナム・N・ダクポ氏、プチュン・K・ツェリン氏、及び委員会事務局のジグメ・パッサン氏の三名が同行する。

去る2008年5月4日、ダライラマ法王特使と中国政府特使は深川で非公式会談を行った。その時中国は2002年から継続している正式会談を続けることに同意し、時期は早急に、お互いに適切な時期にということであった。

この会談は大事な時期に行われる。

ダライラマ法王は特使に対し「自国で困難な状況にあるチベット人たちの苦しみを軽減するための具体的な進展を得られるように最大の努力を払うように」と指示し、
「中華人民共和国の全ての民族の安定と統一と調和のためにも、この長期に渡り沸騰し続ける問題が対話を通して解決されることを期待する」と話された。

会談は7月1日、2日の両日北京で行われる。

ダライラマ法王秘書官
チメ R・チュカパ


rftibet at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)