抗議デモ

2010年12月17日

温家宝首相デリー訪問の顛末

デリー、チベット人デモ今日温家宝首相はデリー訪問を終えインドの敵国パキスタンに向かった。
パキスタンは今頃大スポンサーの中国を大歓迎していることであろう。
支援の目玉は核施設建設援助。
見返りは表向きアラビア海への道のみ。
インドは苦々しい思いと供に温さんを見送ったことであろう。

温さんが経済協力強化を全面に出しながら「中印は協力パートナー」といつものにこにこ演技に務める間中、外ではチベット人たちがここぞとばかり中国政府非難の声を張り上げていた。

デリー、チベット人デモこんな時、元気一杯叫び暴れるのがTYC(チベット青年会議)のしきたり。
中国国旗の上で温さん人形に火を付けたりもした。
もちろん暴れ過ぎると見張りのデリー警察に拘束される。
もっとも、デリー警察は中国やネパールと違って彼らを殴ったりはしないし、数日で解放される。
ネパールだと拘束時に逆らえばこん棒で殴られる。
これが本土だとリンチ状態となり、その場でめった打ちにされ血を流し、意識を失う。
拘束後においても、デリー警察は鉄格子の中に1~2日入れとくだけで、もちろんそこで拷問に遭うということはない。
ネパールでも拷問はない。
しかし、本土ではその後何週間も時には何ヶ月もの酷い拷問が待っている。

デリー、チベット人デモ結局この3日間の抗議活動によりTYCのメンバーが26人、SFTのメンバーが5人警察により拘束されたという(計35人との最新情報もあり)。
SFT(Student for Free Tibet)の方はもっぱら目立つ場所に大きなバナーを掲げるという作戦を得意とする。
今回も温さんが会議をしていたビルの反対側にある、建設中のビルの17回に写真のような巨大バナーを掲げた。

チベット亡命政府首相のサムドゥン・リンポチェは「実際、中・印国境というものは存在しない。国境沿いの問題はチベット問題が解決されない限り終わらないであろう」と意味深なことを語った。
さらに「中国はパキスタン・カシミールでパキスタンが進めているミサイル基地建設に手を貸している。これはインド全域への脅威となろう」と語り中国脅威論を煽った。

亡命政府デリー事務所のテンパ・ツェリン代表も、15日にデリーで行われたチベット民間4団体主催の会議で「中国は最近チベットの中に沢山の空港や高速道路、鉄道を建設しているが、そのほとんどは民間用ではない。これらの本当の意味についてインドは考えるべきだ」と中国脅威論をちらつかせた。

デリーにてま、こんな亡命チベット人たちの声がインド政府に届いたというわけではないだろうが、とにかく今回の温さんのインド訪問はお金の話以外には実り多いとは言いがたいものとなった。

最大の変化は共同声明にはこれまで常に中国側の要望に答え入れられていた「一つの中国」という言葉が排除されたことであろう。
この言葉は「台湾とチベットは中国固有の領土である」ということをその国が承認する、という意味を持っている。
この一言を入れるようにという中国側の要求に対し、インド側は「それを入れてほしければ、こちらもカシミールはインドの固有の領土であると中国政府が公式に認めることを求める」と返した。
これを中国は断ったのだ。
実際、中国は最近カシミール地区の住民に対し別個の特別ビザを発給している。

さらに、インドは中国に対し国連の常任理事国入りを支持するよう求めたが、これもやんわり拒否されている。
その他、諸々、結局表面上はにこやかに友好ムードで会談が進んだように見せてはいるが、実は対立は深まるばかりだったのだ。

温さんは400人もの経済使節団と供に飛来し、オバマやサルコジを抜く200億ドル(約1.68兆円)の商談を纏める予定だったが、最終的には纏まった商談は160億ドル程度に留まったようだ。
インドにとって対中貿易は大幅な赤字続き。この改善が十分約束されなかったのが原因と思われる。

中国はパキスタン、バングラデシュ、ビルマ、ネパール、スリランカに軍事援助や経済援助を行って、いわゆる「真珠の数珠つなぎ」政策と呼ばれるインド包囲網計画を進めている。

このまま、中国がこのような政策や国境・インド洋における領土・覇権争いを強気で進める限り、経済交流がいくら進んでも、中・印間の真の信頼関係構築などは残念ながら相当遠い話と思われる。

--------------------------------------------------------------

写真はすべてphayul.comより。

参照:
日本語、http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010121602000032.html

英語、http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28767&article=No+mention+of+'one+China+policy'+in+India-China+joint+statement&t=1&c=1

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28763&article=Protests+at+Wen's+talk+venue+send+30+Tibetans+behind+bars&t=1&c=1

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28762&article=Senior+leader+of+Congress+snubs+China&t=1&c=1

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28752&article=Disputes+shadow+China-India+PM+talks&t=1&c=1

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28750&article=Five+more+arrested+as+protests+continue+against+visiting+Chinese+premier&t=1&c=1

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28744&article=Exiled+Tibetan+govt%3a+Tibet+central+to+Sino-India+border+dispute&t=1&c=1

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=28742&article=7+TYC+activists+arrested+as+Wen+begins+India+visit&t=1&c=1



rftibet at 18:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2010年05月04日

ラサ:チベット人青年が一人、地震義援金に対する要求を叫び、逮捕される

13493157.jpgパユル、5月4日
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27233&article=Lhasa%3a+Tibetan+protester+detained+for+criticizing+earthquake+relief+work

ダラムサラ:日曜日(5月2日)一人のチベット人が、チベットの首都ラサで中国政府の地震義援金の取り扱いに対する要求デモを行ない、その場で逮捕された。

サンドゥップ・ギャンツォ28歳は、巡礼者たちで混雑していた、ラサのツクラカン(ジョカン)前で「ダライ・ラマ法王をチベットにお招きしよう!」「パンチェン・ラマの解放を!」と歌い上げた。
さらに彼は「困難の中にある、キグドの遊牧民社会に対し、外国から贈られた物資や義援金を、間違いなく現地の人々に届けるように」という要求も行なった。

彼は直ちに公安職員により取り押さえられ、連れ去られた。
どこへ連行されたかは不明という。

サンドゥップ・ギャツォは青海省海南チベット族自治州の遊牧民の家に生まれた。
彼はかつて、ダラムサラにある「シェラップ・ガツェル・リン(新しく亡命してきた若者のための学校・ソガロプタ)」の生徒であったことがある。
サンドゥップは2007年11月インドに亡命し、この学校で一年間学んだ。

2008年3月、彼はネパール・チベット国境のダムを経由し、チベットに帰ろうとした。
しかし、国境でダライ・ラマ法王の著書を数冊持っていたのを見つけられ、逮捕され、シガツェの公安に一カ月間拘置された。
その後、彼はラサのダプチ刑務所に送られ、そこに6カ月収監された。

2008年10月、解放され、故郷に帰っていたという。






rftibet at 18:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年04月19日

セルタで小学生30人が抗議の後、拘留される

TCHRD(チベット人権民主センター)の4月15日付プレスリリースによれば、
http://www.tchrd.org/press/2010/pr20100415.html

(以下要訳)

カム、カンゼ・チベット族自治州セルタ(セタ・色達)ではここ数カ月の間に8件の個人やグループによる中国政府に対する抗議活動が行なわれ、逮捕者も出ている。

当センターに寄せられた情報によれば、4月8日、中国の公安は先に抗議活動により逮捕されていた二人の僧侶をトラックに乗せ、セルタ市内を引き回しにした。
この引き回しは、この地方では市民を怖がらせるために度々行なわれている。

報告によれば、公安は僧侶を引き回す間に、みんなが見ている前で二人に酷い暴力を加えたという。
引き回しのパレードがカル小学校にさしかかったとき、生徒たちは公安の僧侶に対する侮辱と暴力に抗議の声を上げた。
小学生たちは公安の車に石を投げ、スローガンを叫んだ。
公安の車のガラスが割れ、もみ合いの最中数人の公安がけがをしたという。
その後、小学生たちは学校の塀や先生の机の上にチベットの独立を求めるポスターを張った。

この騒動の後、カル小学校の30人の生徒が拘留された。
その多くは間もなく解放されたが、その内の10人は今もなお拘置されたままだという。
この10人については、親が「もう二度と子どもにこのようなことをさせない」という誓約書と、2000元の罰金を払わない限り解放しないと発表された。
子どもたちは今、セルタの公安拘置所に入れられている。

生徒の中でドンユと呼ばれる16歳になる小学5年生だけは学校を退学させられ、しつけが悪かったとして親には一万元の罰金が科されたという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再び小学生が声を上げたという事件だ。
しかし、チベットの小学生(と言っても15歳ぐらいまで)は勇気があるね。
目の前にいる公安隊を恐れず?に石を投げるとわ!

小学生に石を投げられてもあたり前のようなことをやっているからだと思う。

市中引き回しと言えば、このジェクンド地震の後にもこの引き回しが行なわれたという。
引き回されたのは壊れた商店から食糧を盗み出したチベット人数人だ。
これを、現地に入った外人記者が報告しているのだが、彼はこれを見て、「まるで文化大革命の時代にいるようだ。こんな緊急時にそんなことをしている中国当局の気が知れない」と思ったそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェクンドの地震犠牲者の火葬前回のブログの初めに紹介した写真サイトについて:
http://picasaweb.google.com.au/aenpokyabgon/AllKyegu2010EarthquakePhotos?feat=directlink#
一つだけ説明を加える。
写真の中には火葬にされる前の遺体が沢山写っている。
これらの遺体のほとんどが裸であることについて、違和感や非難の感覚を持たれる方もあるのではないかと危惧して一言。

遺体を回収した僧侶たちは最初、遺体を鳥葬にするつもりだった。
しかし、結局禿鷹の数に対し死体の数があまりに多すぎるということで、鳥葬を諦め火葬にした。

鳥葬場に持って行く前に遺体は裸にされ、布にくるまれる。
だから遺体は裸なのだ。

それにしてもこの仕事を引き受けた僧侶たちはすごいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記

犠牲者の数1944人と発表された。

123時間後、奇跡的に4歳の女の子と年配の女性が救出された!

まだ、瓦礫の中には生き続けている人たちが必ずいる。

中国当局は明日の20日までに被害調査を終了すると言う。


青海省当局は今日、今回の被災地ジェクンド全体を移動させ"plateau ecological tourist centre"に変えるという計画を発表した。
http://jp.f301.mail.yahoo.co.jp/ym/ShowLetter?MsgId=4013_32034228_4398938_4707_1711_0_173909_3311_1612280786&Idx=2&YY=90625&inc=25&order=down&sort=date&pos=0&view=a&head=b&box=Inbox
















rftibet at 20:40|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2009年03月23日

続ラギャ蜂起

9e89ca40.bmpラギャ蜂起の映像を見ることができると、昨日お知らせしましたが、
再度お知らせします。

http://media.phayul.com/?av_id=148ラギャからの新しい情報はまだ伝わってきません。
事実はまだはっきりしません。

タシは生きているのか?未だ行方不明なのか?死体が上がったのか?
タシは自殺したのか?逃げようとして、黄河に入り溺れてしまったのか?

デモの実際の参加者数は?警察署で何があったのか?

ダラムサラに入ってくる情報もその主な中継元もいろいろです。
RFAをはじめとする放送局に直接入ることが多いいのですが、
亡命政府の防衛省、情報局、TCHRD,それぞれの地区会、関係する僧院、個人もそれぞれのルートを持っています。

何れも、最初は個人の目撃者自身、あるいは情報を集めまとめて報告する人です。
中国と違って、故意に事実を曲げようとする人はまずいないでしょう。
もちろん時には単なる噂ということもありますし、デモ参加者数とかになれば人それぞれの印象は違うことでしょう。
それにしても、中国側と亡命政府側発表の差が10倍というのはどういうことでしょうか?

日本ではまず、中国政府の新華社の記事を紹介して、始めることが多いようです。
チベット政府側の発表が先に来ることは決してありません。
嘗ては?そのまま、中国側の情報だけ流すことも多かったようです。
嘘から始めるのは如何なものでしょうか?

この件に関しダラムサラのプレス仲間でもあるAshwini Bhatia 氏の書いた記事を抜粋で紹介します。

http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5iAMqM2_Dwudz52KLQeY2ZKFQq9-gD9732PAO0彼も新華社を引用している。新華社は「独立を支持したタシを取り調べ中、トイレに行くと言って出たきり行方不明になったので後を追った、目撃者は彼が黄河を泳いでいるのを見たという」

ダラムサラのある個人に入った情報によれば「タシは尋問中にトイレに行く許可を受け、そのまま黄河に身を投げた。しかしまだ死体は上がっていない」という。

他のラギャから入った電話情報によれば「最初500人ほどの僧侶が庁舎前でデモを行った。それに市民や近隣の村から集まった人々も加わり2000人ほどになった」という。

彼の話によれば、「タシ・サンポは3月10日に僧院の屋上にチベット国旗を掲げたことにより尋問を受けていた」という。

ーーーーーー

何れにせよ、まず警察署でタシはどうしても逃げないといけないような状況に追いやられていた。
中国の尋問には常に拷問が付きものだ。

彼は橋から飛び込んだのか?岸から入ったのか?
何れにせよ、この時期氷のように冷たい黄河最上流に入ることは自殺行為だ。
近くに橋があってそこから飛び込んだのなら自殺とも言える。
近くに橋が無く、河を泳いで渡れば逃げられるような場所だったとしたら泳いで逃げようとしたとも考えられる。
しかし、何れにせよ、まだ行方不明だとすれば冷たい河に流され死んだ可能性が高い。

ダラムサラ側は「自殺した」と言ってる。
現地のチベット人たちの「噂」もそうだったのであろう。
人々は心理的連鎖(因果)により、集まり声を上げたのだ。
普段からの中国に対する怒りに僧侶の死が火をつけたのだ。

このようなことは今ではチベットの中、カム、アムド、ウ・ツァンどこでも起こり得る。

日本の各報道では「このような大規模な抵抗デモは今年に入って初めだ」と書かれている。
確かに千人以上というなら、このデモが初めてだろう。
しかし、数百人規模なら、二月中にアムドであったし。
3月10日にはカンゼで行われ、17人逮捕されている。

その他のどこかであったかも知れない?
情報が出て来ないだけだ。
だから、初めてではない。


その他、中国側の発表では、「次の日の日曜日にはほとんどデモは解散されたが、
30人ほどの命知らず(diehards)だけが夕方まで抵抗を続けていた」と言う。
ゴロ人は特別勇気があり、頑強なのです。

この火は飛び火するのでしょうか?

















rftibet at 13:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年03月22日

アムド、ラギャ僧院の僧が抗議自殺、その後数百人のチベット人が警察所を襲撃し93人逮捕

fc0c4c06.bmpVoice of Tibet放送に入った情報によれば、
http://phayul.com/news/article.aspx?id=24251&article=Monk+kills+self+in+Ragya%2c+residents+protest
青海省マチェン県ギュロ地区にあるアムド・ゴロ・ラギャ僧院の僧タシ・サンポ28歳は、昨日午後3時半ごろマチュ(黄)河に飛び込み自殺した。

今年3月10日、僧院の主堂屋上に巨大なチベット国旗が掲げられ、政治的パンフレットが配られた。
それ以降、僧院は軍隊に包囲され、数人の僧侶が逮捕され、完全に閉鎖されている。

保安部隊はタシの部屋からチベット国旗と政治的パンフレットを発見したと言っている。
マチュ河とラギャ僧院
報告によれば、タシはトイレに行くと言って僧院を抜け出し、すぐそばのマチュ河に向かったという。

その日の内に、ラギャの人々はタシの死を知り、反中国の抗議運動に火がついた。
チベット人たちは通りに出て、チベットの国旗を振り、「チベット独立!法王に長寿を!」とスローガンを叫び始めてという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これに関し、先ほど新しいニュースをAFPが新華社伝として載せていました。

やはり大きな衝突になってしまったようです。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2584858/3945163

中国北西部で数百人が警察署を襲撃、チベット僧ら93人が自首 新華社

2009年03月22日 16:21 発信地:北京/中国

【3月22日 AFP】中国国営新華社(Xinhua)通信は22日、中国北西部、チベット人の暮らす村で数百人が警察署を襲撃し、チベット仏教の僧侶ら90人以上が逮捕されるか自首したと伝えた。

 新華社通信によると、警察が襲撃に関与した容疑者6人を逮捕し、89人が自首した。逮捕者95人のうち93人が、襲撃現場の付近にあるRabgya僧院の僧侶だったという。
(c)AFP












rftibet at 14:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)