裁判

2010年10月30日

チベット人作家3人の裁判が行われる

雑誌「シャル・ドゥン・リ」表紙写真は1枚目:彼等が逮捕されるきっかけとなった雑誌シャル・ドゥン・リの表紙。
2枚目:ブダ
3枚目:ザンツェ・ドゥンゴ?
4枚目:ケルサン・ジンパ

"シャル・ドゥン・リ"とは、東方のホラガイのような雪山のこと。ホラガイは召喚や啓蒙を意味する。

関連記事:
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51509758.html
http://blog.livedoor.jp/rftibet/tag/%E5%BC%BE%E5%9C%A7



------------------------------------------------

ブダ10月29日付けRFA(チベット語版):
http://www.rfa.org/tibetan/sargyur/tibetan-writers-in-aba-were-put-on-trial-10292010204139.html

<チベット人作家3人の裁判が行われる>

10月28日、アムド、ンガバ(རྔ་བ་)地区バルカム(འབར་ཁམས་馬爾康)の中級人民法院はチベット人作家3人の裁判を行った。

当放送局にチベットから寄せられた確かな情報によれば、28日、アムド、ンガバのチベット人作家ブダ(བུད་རྡ་)、ザンツェ・ドゥンゴ(འཛང་རྩེ་དོན་ཁོ་ )、ケルサン・ジンパ(སྐལ་བཟང་སྦྱིན་པ་)に対する審議が非公開でたった1日の内に行われたという。

ザンツェ・ドゥンゴ?しかし、裁判には3人の弁護人の出席と家族数人の傍聴が許された。
さらに、それぞれが罪状認否の機会を与えられた。
裁判長が3人に「国家分裂罪」の罪状を認めるか?と問いただした時、3人は無罪を主張し、雑誌に記事を書いたことが罪になるとは思わないと語った。

さらに、(ブダは)「書いた内容は中国の例えばバンリシュン(ལྦང་ལི་ཞུང་)とかユゼ(ཡུས་ཇེ་)等多くの作家が書いていることだ、しかし彼等は罰せられていない。もしも、我々が少数民族が故に罰せられるとすれば、それは法の下にすべての人民が平等でないことを表すことである」と中国語ではっきりと発言した。

ケルサン・ジンパ同じくザンツェ・ドゥンゴとケルサン・ジンパも同様の発言をチベット語で行ったが、通訳は内容をすべて伝えていないようだったという。
2人は最初からもう一度通訳をし直すことを要求したが、裁判官はそれを許さなかった。

半日の間審議を行った後、裁判所の役人が「数日後に審議の結論が発表されるであろう」と伝えた。

この3人のチベット人作家は今年6月と7月に、雑誌シャル・ドゥン・リの中に2008年度のチベット人抗議運動についての記事を発表したことで、逮捕・拘留されていた。












rftibet at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月25日

カルマ・サンドゥップ氏、懲役15年について

b71403ac.jpgたった三日間の裁判により、カルマ・サンドゥップ氏に懲役15年、5年の政治的権利剥奪、1万元の罰金という判決が下された。

中国政府は最近「拷問により強制された自白は無効とする」と宣言したばかりだ。
これは、もちろん中国で拷問による自白が日常茶飯事として行なわれていることを、少しは政府が認めたということでもある。

カルマ氏の弁護士、浦志強氏によれば、今回の裁判には様々な不正が認められたという。
裁判中に、弁護人側から提出されたカルマの無実を証明する書類が取り上げられず、被告も弁護人も知らない誰かが、法廷でカルマ氏に不利な証言をし、さらに、起訴状を精査し反論する時間も与えられなかったという。
起訴状は中国語からチベット語に翻訳されたが、そのチベット語はカルマ氏がはっきり理解できない地方の方言だったともいう。
浦志強氏はさらに、今回の担当検察官Kuang Ying女史に対して、その正当性に疑問を投げかけている。
彼女は地区の検察官ではなく、今回のケースを担当するために特別、新疆ウイグル自治区検察官事務所から派遣されたが、これは規定に反することだと言う。

浦志強は今年1月に被告のカルマ氏との面会が許可されたのち、6カ月間面会が許可さず、2度目に会えたのは裁判の前日だった。
それも、監視付きで30分のみだった。

彼への罪状は「古墳盗掘」だ。12年前の話である。
「古墳盗掘」と聞くと、なんだかカルマ氏が「自分でシルクロードの古墳を暴いて、ひと儲けした」なんて、イメージが湧くが、話はそうではない。
浦志強氏によれば、1998年カルマはウルムチのある骨董屋から、後で問題となる絨毯、木彫り、その他を購入した。
しかし、カルマ氏はその時、それらの骨董品が古墳から盗掘されたものだとは知らなかったという。

この件では1998年にカルマを含む5,6人が検察側から訴えられたという。
しかし、同じ焉耆回族(バルスク・カザフ)自治県イエンチーの高級人民法院はこの件に関し、カルマの無罪を決定している。
他の何人かは有罪とされた。
この時、高級法院で無罪となった、同じケースが今度は中級法院で有罪とはどういうことなのか?
この時、有罪とされた他の者たちの刑期はどれほどだったのか?
疑問点は多々ある。
今回も裁判官はカルマ氏の拷問についての証言を、まったく審議の対象としなかったという。

彼が逮捕された時期が、同じく冤罪で囚われている2人の兄弟を救出しようと動き始めた時期と重なることからみて、彼は当局に逆らうものとして、はめられたと見るのが普通だろう。
死ぬまで獄に閉じ込め、全財産を没収するつもりらしい。

カルマ氏の妻ドルカ・ツォは「これは裁判と呼べるものではなかった、初めから決まっている判決に向かってただ急いで進められただけだった」
「夫に会い話しをしたかった、会って一言言いたかった。私たちのことは心配しなくていい、親戚の全員あなたのことを誇りに思っている、と。しかし、話かけることは一度も許されなかった」と語る。

彼女は10歳と8歳の2人の娘にまだ、「お父さんが捕まえられている」ということを知らせることができず、「お父さんは外国に行っている」とうそをついたままだという。

上告は10日以内に行なわねばならないことになっている。
法廷でカルマ氏は罪状を否認した。
妻と弁護士は必ず上告するという。

明日は国連によって定められた「拷問の犠牲者を支援する国際デーInternational Day in Support of Victims of Torture」だ。
カルマ氏は、昨日載せたウーセルさんのブログの中で報告された拷問以外にも、自白強要のため「真冬に凍る水の中に長時間浸けられた」とも証言している。
私はこれまでに、この「真冬に水の中に長時間立たせる」という拷問に遭ったというチベット人の話を直接沢山聞いてきた。

嘗て中国の公安部に勤め、今は亡命チベット政府の情報省で働くあるチベット人は「拷問技術100選」というレポートを私に手渡した。
中々訳す気になれないレポートだ。

中国は間違いなく拷問大国だ。
そして、浦志強が言うように中国には「法律の上に指導者がいる」。
法治国家ではないのだ。

参照:
http://www.nytimes.com/2010/06/25/world/asia/25tibet.html

http://www.rfa.org/english/news/tibet/sentenced-06242010103713.html

http://phayul.com/news/article.aspx?

http://woeser.middle-way.net/ id=27586&article=Tibetan+activist+sentenced+to+15+years+in+prison

ちなみに、明日は、チベットに大昔からある「地球環境デー(ザムリン・チサン)」でもあり、ギャワ・カルマパのお誕生日でもあるそうだ。

最後になったが、このカルマ・サンドゥップ氏の解放キャンペーンをSFTが行っている。
以下がオンライン署名サイト。
http://actionnetwork.org/campaign/karmasamdrup
署名、よろしくお願いします。


追記:チベットはおそらく世界でもっとも古くから、「地球環境デー(ザムリン・チサン)」を定めた国だ。
この日、チベット人たちは、その地方ごとに聖山と定められる山に新しいタルチョをもって登る。頂上で「地球(宇宙)上に住むすべての有情の幸せと、その環境の保全を祈り」香を焚き、ルンタを空に撒き、タルチョを取り換える。
ラサではこの日、デブン僧院の裏山に多くのチベット人が泊りがけで登ると言う。

BBCからカルマ・サンドゥップのニュースをはじめ、最近のチベット人知識人弾圧に関する、多くのインタビューを含む、かなり詳しいレポートが出された。
英語が聞ける人はどうぞ。
http://www.bbc.co.uk/iplayer/console/b00sr3rc
このうち16分〜22分。

カルマ・サンドゥップ氏は環境活動家としても有名だった。
拷問も受けた。
ウルムチ事件(7月5日)一周年が近いこともこの厳罰に関係があるのか?
これは、すべての記念日への中国当局のたちの悪い揶揄、当てつけか?



rftibet at 19:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年06月24日

カルマ・サンドゥップ氏の法廷陳述/拷問による自白強要

42fe075b.jpg昨日URLのみ紹介したカルマ・サンドゥップさんの公判に関するウーセルさんのレポートをさっそく、U女史が翻訳して下さった。

----------------------------------------------

<昨日(6月22日)の法廷で、カルマ・サンドゥプは拷問による自白強要について陳述した>

http://woeser.middle-way.net/2010/06/blog-post_6719.html

昨日の開廷に当たり、法廷に現れたカルマ氏を見た時、夫人の驚きは極度に達した。「もし彼の声を聞かなければ、私はまったく、彼が我が夫だと気付かなかったでしょう」夫人は悲憤を込めてそう語った。

カルマ氏が陳述した、拷問による自白強要の事実は、実に凄惨なものであった。ここ半年程の間、彼は新疆のバインゴリン・モンゴル自治州で拘束されており、チャルクリク、コルラを経て、現在は同自治州内の焉耆回族自治県内に収監されている。尋問は毎日十数時間、90回以上に及び、うち3回だけ腰掛けに座ることを許可された他は全て、吊されたり、身体を反らせたままにさせられるなど、警察によって、曰く言い難い様々な不自然な姿勢の強要による虐待を受け、毎回気を失うまで殴り続けられた。甚だしきに至っては、鼻孔に無理矢理、ある薬物を詰め込まれた。薬物は大脳を刺激し、(頭の中で)大音響が炸裂、目や耳から出血した。警察はそれでも「これは公安部によって使用を批准された合法な薬物だ。こんなもので死ぬことは無いよ」とうそぶいた。

カルマ氏は尋問の後、牢に戻ってからも、休むことはできなかった。関連部門から派遣された所謂"犯罪者"にあの手この手で苦しめられるのである。彼は数分ごとに殴られ、一晩中一睡もできない。これらの"犯罪者"は自称"マフィア"。獄中でカルマ氏を殴るのみならず、彼の行動全て、トイレに行くのにさえ借用証書を書かせる。借金の額面の累計は既に66万元に達した。支払わなければ家と妻子を捜し出し取り立てに行くと脅す。カルマ氏の食べる物をごみのように扱い、蒸パンを床に転がして踏みつけ、汚くなった蒸パンを彼の口に押し込む。硫酸で(溶かして)完全に消してやる、と脅す。

カルマ氏は、「このような残虐な体刑と苦難に精も根も尽き果て、生きる希望すら失わされた」と話した。世界が斯くも残酷で、人心が斯くも悪辣であることを身に沁みて思い知らされ、今が歴史の最も暗黒な時代に退行したのだと感じた彼は、死を覚悟して遺言状を書き、身内に渡して後のことを託そうとした。彼は絶望のあまり確かに遺言状を書いたのだが、警察は未だ、彼の遺言状を身内に渡してはいない。

カルマ氏が、自らの受けたこれらの非人道的な待遇について陳述する様子は極めて平静で、自身の体験を話しているのかどうかすら見極めがたく、まるで遠い過去に起こった恐ろしい出来事について話しているかのようであった。生死はもう彼にとってどうでも良いことのようにも見えた。しかし、陳述を聴いていた彼の親友によれば、これは地獄の如き苦難であった。(法廷にいた)たくましいカムの男達は雨の如く涙を流していた。まして夫人は - 彼女はこの半年余りの間に5回、遠い新疆に通い、心身共に疲れ果てつつも、幼い二人の娘には無理に笑顔を見せていたが、実際のところ最近彼女は衰弱により何度も倒れている - 胸も張り裂け、涙の海に沈まんばかり。2名の通訳も陳述を聴くに忍びず涙にくれ、浦志強、李会清両名の弁護士も涙を禁じ得なかった。

中国の法律、否、世界中のあらゆる国家の法律においては、拷問による自白強要を禁じる明確な規定がある筈だが、実際はどうなのだろうか。

2010年1月3日に逮捕されたカルマ・サンドゥプ氏の裁判は、6月1日に開廷予定であったものが遅延し、同22日に正式に開廷、6月23日現在も審理は続いているが状況は不明。従い、詳細を尽くすことは不可能ながら、昨日の法廷でのカルマ氏本人の陳述について得られた断片的な記録を世に広めるべく、ここに記す。

2010年6月23日 15:40

-------------------------------------------------------------------------

尋問の間、拷問が行なわれることは、広く知られているが、このように、法廷で証言されることも、それが法廷から外の世界に直接伝えられることも非常に稀だ。

最近逮捕された知識人たちはもちろんのこと、逮捕された後に程度の差こそあれ拷問を受けないチベット人、特に政治犯はまずいないと思われる。

公安が、外部の拷問専門家(請負人)を雇っているという話は、私も初めて聞いた。
同じマフィア同士、金のために連帯するのは当り前ということだろう。



追記:
カルマの弁護士、浦(Hu)志強氏はtwitter上で逐次裁判の様子を報告されている。
http://twitter.com/puzhiqiang

New York Timesの記事:
http://phayul.com/news/article.aspx?id=27583&article=Tibetans+Fear+a+Broader+Crackdown



rftibet at 11:40|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2008年05月29日

続チベッタンジェノサイド裁判

03991f52.JPG先の5月20日のブログでも紹介した。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/2008-05.html?p=2#20080522

中国共産党によるチベット人に対するジェノサイド

の真偽を審理する、正式な裁判がスペインのマドリッドで開かれている。

このことについて、今回の裁判に証人として出廷し、すでにダラムサラに帰ってきたた、ジャンペル モンラム氏にちょっと話を聞いてみた。

ちょっとと言っても彼は早口でまくしたてる癖があるので、たくさん聞いたように思う。ノート取れない早さなので今はあまり内容を覚えてない、、、

「それでみんな英語できない者ばかりだったけど、通訳付いたの?」
「シェルパの一人が付いてやったよ」
「へーシェルパ!それにしても君の早口じゃ大変だったろうね」
「大丈夫さ、ちゃんとみんな録音してたからさ」

「パルデン ギャンツォは得意の入れ歯抜きを披露するし、バクドは泣くしで、
ほんまに笑ったよ、、、は冗談だよ。書くなよ!」ヒヒヒ、、、
二人をよく知る人のみに通じるダジャレ。

「それにしても今までは監獄に入って中国にむちゃくちゃやられても、言いに行くとこがなかったから、随分悔しい思いをし続けてきた。
もちろん今までにも国連の人権委員会とかにも訴え何度も何人もが証人として証言してきた。
でも国連じゃいつも中国の力に負けてしまう。
国連だって国際裁判機関に対しこのことについて審理するように勧告してきたのだ。
スペインにはこの国際裁判を行う権限が有るという。
これからもたくさんの元政治犯が証人として呼ばれるだろう。
我々は真実しか語らない。ほとんどは元僧侶化、尼僧だしね。
これはチベット問題の新しい展開だと思って期待してるよ」

この時のパルデン ギャンツォ氏の話を
http://phayul.com/news/article.aspx?id=21272から引用する。
「50年に渡る同朋チベット人に対する中国のジェノサイド。
軍事侵略によりすでに100万人以上が殺された。
ここに至って遂に真理を裁く裁判所が我々の苦しみに耳を傾けて下さるという。
かつてチベットの監獄で日々拷問を受けていたころの私の夢は
数へ切れぬほどのチベットの兄弟だちが耐えねばならなかった恐怖をいつかある日
裁判所で証言することだった」


ところで誰を相手に訴えているかというと:
もちろんフーチンタオを含めて
seven former Chinese leaders are accused of genocide, torture, crimes against humanity and terrorism, including former President, Jiang Zemin, and former Prime Minister, Li Peng,
なのだそうです。全員の名前は記されていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

嘗て確か7,8年前、ダラムサラに資料館を新しく作る計画があった。私は設計を担当するだけではあったが、友人のイスラエル人が企画の中心だったので、企画にも少し関わった。その資料館は今完成してツクラカンの入口近くに<チベットミュージアム>と言う看板の下に開いてる。
この資料館の初めの名前は<チベット ジェノサイドミュージアム>だった。
それで私も仕事を引き受けたのだ。
しかし結局名前も内容もトーンを落とされてしまった。
誰が?政府がそのような方針だったから。
亡命政府はこれまで自分から<ジェノサイド>という言葉を使うことを避けてきたところがある。
でも今はもうダライラマ法王だって<カルチャージェノサイド>という言葉を使われている。
私は昔から<ジェノサイド>と考えてた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのうちフーチンタオも死刑という日が来るかも!?
日本にはこんな真似できないよね、、、もちろん。

それにしても少し遅すぎる。
それまでチベットが持ってくれることを祈るよ。







rftibet at 17:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月20日

チベット ジェノサイド裁判始まる。

cd0c2f68.jpgダライラマ法王はドイツでは首相の代役と会い、<ベルリンの壁>崩壊の場所に2万5千人を集めたという
25000人とは!大変な数ではないか?
日本でもしこんなにチベットサポーターが集まったらどうなるか?
日本人が少しは大人になった証拠になろう。

もう法王はイギリスに到着され明日にはブラウン首相と会談する

どこかの国とはチベット問題環境がだいぶ違うようだ。

丁度先ほどもイスラエルのチベットサポがートグループから電話があり、建設プロジェクトの話で私には嫌な話ではあったが、図書館を援助したがっていた。
変わったところではポーランド政府のエージェントも9−10−3を援助したいと接触してきした。
アメリカからは僧院を建てたいが、、という電話も最近あった。
欧米は相当熱くなってるようだ。


スペインでは何と、とうとう待ちに待った<チベット ジェノサイド裁判>が始まったのだ!
Victims of the Genocide in Tibet will Testify in Spain's High Court

詳しくは以下の英文へ
http://phayul.com/news/article.aspx?id=21272

これはスペインのチベットサポートNGOが中国を相手に訴えを起こしたものだ。
100万人以上ものチベット人が中国の侵略の結果死んで行った。これはジェノサイドそのものだ
この証言者としてダラムサラから3人の僧侶(1人は元僧侶)が招待された。
その写真を見てびっくり!
3人ともよくよく知ってる面々でした。
33年を監獄で過ごしたパルデン ギャンツォ氏は日本でも有名です。
59年に早くも逮捕されました。59年以後の証言者として重要な人です。

後ろの方で国旗を持って歩くのはジャンペル モンラム氏
彼はいつも私が引用するTCHRD(チベット人権民主センター)の職員で現在ナンバー2です。
私の近い友人でもあります。ブログを書くときなど情報を確認するためによく電話したりします。この前からいくら電話しても通じないのでどうしたのかな?と思っていたところでした。何とスペインにいるとはびっくりしました。
1887年9月27日中国ではじめての歴史的デモを行ったデブン僧院グループの一人です。天安門事件の2年前にです

もう一人僧衣を来て前を歩くのはバクド氏。
彼の証言は嘗てルンタプロジャクトがインタビューしまとめたものがあります。
少し長いのですが、スペインの法廷でも証拠として同様の話が語られることでしょうから、
以下をじっくりお読みください。
80年代終わりから90年代始めの頃のチベット人の抵抗と中国の弾圧の様が具体的に感じられることでしょう。

なお文章はルンタの高橋さんがまとめられたものです。

http://www.lung-ta.org/testimony/bagdo.html

rftibet at 18:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年05月01日

29日付TCHRD発表

bc793942.JPG以下はTCHRC(チベット人権民主センター)29日発表記事をA女史に翻訳して頂いたものです。

4/29/08 (即時公表用)
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080429a.html

「素早く迅速な」法的処分により17人のチベット人が中国により投獄される

中国の国営放送は今朝(29日)、2008年3月のラサ反乱に関連した罪により、17人(30人との別情報あり)のチベット人が3年から終身刑に渡る刑を受けたことを発表した。2008年3月10日以降ラサやチベット各地で反中国デモが起きて以来、チベット人が中国により厳しい拘禁刑を受けたのは今回が初めてである。今回厳しい判決を受けたチベット人達は、中国政府が告知した自首の期限が切れる前に降伏したチベット人の一部かどうかは、国営放送は明らかにしていない。

新華社通信は、「パッサンという名の仏僧を含めた2人(3人との情報もある)の男性が終身刑を受けた。(中略)パッサンは5人の僧侶を含めた10人のチベット人を率いて商店を焼き払い警官を攻撃した。(中略)5人の僧侶のうち、2人は20年の刑、他の3人は15年の刑を受けた。終身刑を受けたもう一人のチベット人はソナム・ノルブという名の、ラサ不動産会社に勤める運転手である」と伝えている。判決を受けた残りの10人については、詳しいことはわかっていない。

3月の汎チベットデモの後、中国当局は何千人ものチベット人を任意に逮捕した。国営放送は2300人のチベット人が逮捕されたと報道しているが、TCHRDは実際の数はこの何倍にも上ると見ている

チベット自治区共産党と政府関係者は、「チベット分離派」と「ダライ徒党」に反撃するために、何度かに渡り、迅速で素早い裁判が行われることを求めた。2008年4月4日、ラサ市共産党副書記長は、ラサで逮捕されたチベット人のうち、800人が裁判にかけられると言い渡した。2008年4月2日の夜に行われたチベット自治区法廷関係者の会議で、チベット自治政府副会長ペマ・ティンレーは、「法の力で敵に反攻するよう」呼びかけ、3月の反乱に加わった者に対して「素早く迅速な司法手続き」が行われるよう要請した。4月9日の中華人民共和国外務省での打ち合わせの際に、ジャンパ・プンツォクは記者に、「逮捕された953人のうち328人は釈放され、403人は裁判所により刑が申し渡される」と述べた。

チベット自治区外のチベット人居住地域では、反対運動に参加した何千人ものチベット人が現在拘留されている。チベット人による集団反乱後、中国人民武装警察と公安局は、特に、カルゼ(中国名:ガンジ)、ンガバ(中国名:アバ)、サンチュ(中国名:シャヘ)、カンロ(中国名:ガンス)地域のチベット人を多く逮捕している

チベットにおいて独立したマスコミと監督機関が存在せず、司法手続きがチベット人の基本的人権を守る代りに報復手段として利用されているなかで、TCHRDは中国占領下のチベットにおける法的手続きのあり方に懸念を示し、先月の反中国デモで意見と表現の自由という基本的人権を行使したチベット人が、今後中国政府により最悪の処分を受ける可能性を憂える。


rftibet at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)