weekend 関西

大阪発、定休日の多い不遇の日曜ランチを求めて。。。 希少な日曜ランチを中心に週末おでかけ日記

大澤屋酒店

IMG_4986向かって右手が酒屋、左手が立ち呑みスペースになっています。
L型カウンターと立ち呑みテーブルがあります。
生ビールで乾杯します。


1d109487おでんと乾き物だけのすっきりした角打ちです。
寒い夜におでんがふつふつといい感じに煮えてます。
焼き豆腐です。
中までしっかり味が滲みてます。


3ff61f10おでんの焼売です。
皮は少し溶けてますが味はしっかりです。



df6b5766奈良・長龍酒造・吉野杉樽酒をオーダーしました。
冷で飲みましたが杉の香りが爽やかで清澄なのどごしです。



aff95fac大根とジャガイモも味がしっかり染み込んでます。




大阪市西成区岸里3- 8-24



関連ランキング:居酒屋 | 岸里玉出駅天神ノ森駅東玉出駅


つばめいろ

IMG_4847ランチタイムに訪問しました。
この日のランチメニューは
・チキン南蛮
・海老と野菜の春巻き
・韓国風焼肉ご飯
・豚肉と茄子のオイスターソース炒め
・じゃが芋と鶏肉の甘辛コチジャン炒め
の5種類があります。

IMG_484813:00以降はおかずの2種類を組み合わせることも可能なので海老と野菜の春巻きと豚肉と茄子のオイスターソース炒めをオーダーしました。
キャベツの千切りサラダと春雨サラダも付いてます。
ご飯に合うおかずがいっぱいなのでお腹いっぱいになりました。

大阪市北区大淀中1-16-16



関連ランキング:ろばた焼き | 中津駅(阪急)大阪駅梅田駅(阪急)

常磐ホテル

IMG_5159車が玄関に入ると大勢のスタッフに仰々しく出迎えされます。湯村温泉という名前は他にもあるので甲府湯村温泉と呼ばれています。

今夜の宿はアメリカの日本庭園専門雑誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデン」が選んだ美しすぎる日本庭園ランキングで、今年も1位「足立美術館」2位「桂離宮」に次いで堂々3位をキープにしている常磐ホテルです。

皇室御用達で皇室の方々がしばしばお泊りになったり、将棋の名人戦・囲碁の棋聖戦など数々の名勝負の舞台にもなった山梨の迎賓館と呼ばれる老舗ホテルです。

客室は南アルプスを望む東館、富士山を眺める西館、日本庭園に溶け込む離れからなります。

IMG_5138美しい庭園を見ながら広い部屋でゆっくりと食事をするのは最高にいい贅沢ですね。
風呂上がりの火照った喉をビールで潤しましょう。


IMG_5135前菜盛り合わせです。
桜えび、う巻き、ソラマメ、鶏文化焼、フキ味噌、カナッペなど酒が進むメニューです。

IMG_5134よもぎユバ、リンゴのワイン煮です。




IMG_5137造りはマグロ、目鯛、モンゴイカです。




IMG_5140サワラの西京焼と新馬鈴薯です。




IMG_5143パイ包みのパイを割ると中には新玉ねぎと蟹が入っています。




IMG_5144ふきのとうとアマゴの葛粉揚げです。
二度揚げしてあるので頭からガブッとすべて食べられます。
たっぷりのフカヒレ餡がかかっています。


IMG_5141ワイン豚と春キャベツの豆乳味噌鍋です。
春キャベツの甘さ、ワイン豚の柔らかさが特徴的な鍋です。



IMG_5145タケノコご飯と春の山菜汁です。
タケノコご飯を食べると春を感じます。



IMG_5146デザートです。




IMG_5175朝食は基本の朝食がセッティングされています。
それとは別にハーフブッフェが用意されています。



IMG_5176目の前で焼いてくれるハムエッグなどのハーフブッフェです。
食材の補充も素早く行われるのでブッフェにありがちなストレスが全く感じません。


IMG_5157




IMG_5156




IMG_5155




山梨県甲府市湯村2-5-21



関連ランキング:旅館 | 甲府駅竜王駅金手駅

奥藤本店

IMG_5125鳥もつ煮が名物の奥藤ですが本店にやってきました。
宝酒造蕎麦焼酎・十割は珍しい蕎麦湯割りもありましたが、ここはロックで飲みました。



IMG_5124サービスの干しリンゴが付いてきました。
鳥もつ煮が来るまでの間繋ぎに丁度いい感じです。



IMG_5126鳥もつ煮です。
新鮮なレバー、砂肝、ハツ、きんかんを甘辛いタレで煮込んだおつまみです。
この店が発祥だそうです。

IMG_5128〆のざる蕎麦です。
北海道幌加内産そば粉と、富士の天然水を使って毎日そばを打ってる二八蕎麦です。


山梨県甲府市国母7-5-12



関連ランキング:そば(蕎麦) | 国母駅

ヤキトン ともちゃん

IMG_5117今夜の夕食はホテル近くのヤキトンの店です。
ヤキトンを初めとする豚料理メニューと沖縄料理メニューが充実しています。
沖縄料理には泡盛がぴったりきますね。
ということで菊之露お湯割りで飲みます。


IMG_5116突き出しです。




IMG_5121もつ煮です。
豚の腸は臭みもなく柔らかく煮込まれています。
具は豆腐、ニンジン、じゃがいも、こんにゃくが入ってあっさりとした味噌味です。
この感じのもつ煮は初めてでしたが色も薄く食べやすい味でした。

IMG_5122豚串のかしら(ほほ肉)、レバー、コブクロ(子宮)、ハラミ、ガツ(胃)をタレでオーダーしました。
辛子と味噌が添えられています。
それぞれの部位の違い、食感の違いを楽しみました。

IMG_5123〆のやきそばです。
沖縄そばの平打ち麺で沖縄料理店で食べ慣れた味です。



山梨県中巨摩郡昭和町西条5005



関連ランキング:居酒屋 | 国母駅

うゑず

IMG_5130すっかり恒例となったとみ田インスパイア系つけめん店訪問記シリーズ第二弾です。
山梨にあのとみ田の一番弟子の店があると聞いて450kmの道のりをやってきました。
途中休憩は伊吹と恵那峡の2回で軽くお茶の飲んだだけで先を急ぎます。
つけめん(並)320gを食べる予定なので食事は摂りません。
店主の上江洲さんは若くしてラーメン屋になる決意をして、とみ田で8年半にも及ぶ修行を経て、奥さんの実家がある山梨でラーメン店を開いたそうです。
とみ田を激しくリスペクトする中華蕎麦サンジと同じような暖簾と自販機が並んでいます。
隣のパチンコ店と提携し広い駐車場が確保されてるので行列ができていても駐車はスムーズです。
サンジでは行列に並んでる人が自販機で食券を購入するタイミングがバラバラでしたが、行列が丸椅子付近まで進んで来たら店員さんから「食券を購入してください」のタイミングで購入します。
店員さんが常に新しく行列に加わった人をチェックしていて、食券を購入したらすぐに渡すという一連の流れはたいへんスムーズです。
店内に案内されたらやがてとみ田風黒塗りのつけ麺ボウルが着丼です。
麺もとみ田さながらに整然と並べられ水切りもしっかりとされています。

IMG_5131卓上にはとみ田ダブルペッパー、一味が置いてあります。
こちらもとみ田風のボウルに濃厚なドロリとしたつけ汁が来ました。
ナルト、メンマ、角切りチャーシュー、海苔などの具材が入っています。
前半はそのまま、後半は一味を投入して一気にあっという間に完食です。
最後はスープ割り、ネギとゆず両方でお願いしました。
つけめんの味はもちろん接客面でも厳しかったとみ田譲りの真摯な接客態度にも好感を持てました。

山梨県中巨摩郡昭和町清水新居59-1 サンシャイン平岩 103



関連ランキング:ラーメン | 国母駅甲斐住吉駅甲府駅




すしまる

IMG_5078阪急サン広場地下にある立ち食い寿司です。
三番街やホワイティからJR大阪駅・阪急百貨店方面に抜ける時いつも前を通るので気になってました。



IMG_5079なんばウォークにある姉妹店で牡蠣の味をしめて今度は梅田に前からある本店に行ってみようと思います。
本日の牡蠣は三重県産です。



IMG_5099セブン・ドーターズ・シャルドネです。
セブン・ドーターズはカリフォルニア・ナパヴァレーのラザフォードにあるワイナリーです。
フルーティな白ワインです。


IMG_5102さっそくシェル牡蠣を注文します。
しかし三重県・鳥羽産の牡蠣は小さくて痩せてました。
なんばウォーク店で食べたシェル牡蠣とは勝手が違ったようです。
こりゃだめだ、撤収〜。



大阪市北区角田町8-8 阪急グランドビル阪急サン広場地下通り B1F



関連ランキング:寿司 | 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪急)

昔ばなし

IMG_4989自家製うどん・蕎麦の店です。
ディナータイムに訪問しました。
最近お気に入りの三岳をロックで頂きます。
プレミア料金がなくなって黒霧島+100円程度で飲める所が増えて嬉しいです。

IMG_4990げそポン酢です。
もみじおろしと九条ネギがたっぷりです。




IMG_4991牡蠣フライです。
揚げたて熱々の牡蠣フライです。
タルタルと辛子で食べました。



IMG_4994鰯がなかったので鰺南蛮漬けです。
二度揚げしてあるので骨まですべてバリバリ食べられます。



IMG_4993握り盛り合わせです。
鯖の〆具合が好みでした。



IMG_4992鉄火巻きです。



IMG_4995蕎麦で〆ました。
香りはないがツルツルと喉越しがいい普通の蕎麦でした。

大阪市天王寺区清水谷町5-19



関連ランキング:そば(蕎麦) | 谷町六丁目駅玉造駅(大阪市営)谷町四丁目駅


割烹市橋

IMG_49771割烹の文字に惹かれランチタイムに訪問しました。
割烹料理の醍醐味、ライブ感が楽しめるカウンターに座ります。
一番人気の市御膳をオーダーしました。
小松菜のお浸しです。
薄味でいい感じです。

IMG_4982造りはブリ、ヨコワ、ホタテの3種盛です。
ランチの造りとは思えないほどの厚みがずっしりです。
旬のブリ、ヨコワ(本マグロの幼魚)はねっとりとしてうまみ十分です。
これだけで刺身定食になりそうなボリュームです。

IMG_4981鯛のカマの荒焚きです。
身がびっしりと付いています。
豆腐、小芋、レンコンなどが付いてボリュームも十分です。


IMG_4984天ぷらは海老、白身魚、茄子、サツマイモ、しし唐です。
カラッと揚がっています。




IMG_4983焼き鮭と香の物です。





IMG_4977ふっくらと炊きあがった白米です。





IMG_4979ワカメのすまし汁です。
これで1000円は驚きです。




大阪市北区中津3-5-12



関連ランキング:割烹・小料理 | 中津駅(阪急)中津駅(大阪市営)梅田駅(阪急)

らきせぶ

IMG_5039ランチタイムに訪問しました。
ランチメニューは3種類あってパスタセット(1050円)、ビーフストロガノフセット(1150円)、リゾットセット(1350円)から選びます。
いずれもサラダ、パン、ドリンクが付きます。
オプションのスープは+450円、デザートは+300円で付けることができます。
最初に生ハムを随所に散りばめたフレッシュサラダが来ました。

IMG_504050時間じっくり煮込んだビーフストロガノフです。
思ったより酸味が尖ってます。
酸味には強い方なので大丈夫でしたが、酸味が苦手な人はちょっとキツイかもしれません。

IMG_5041ビーフストロガノフの下にはご飯があるのにパンが来ました。
炭水化物&炭水化物ですが午後からもエネルギーを消費するのでいいでしょう。



IMG_5042食後のコーヒーはいつものようにブラックで飲みましたが、好みの濃い目の深煎りコーヒーでした。
ロータスビスコフが付いてます。



大阪市中央区上本町西2-6-5



関連ランキング:洋食 | 谷町六丁目駅松屋町駅谷町九丁目駅


イタリアン酒場 テンパール

IMG_4883以前クルミ堂という焼きそばの店がいつの間にかイタリアンバルになってました。
中のレイアウトは少し変わっていますが以前の面影もあります。
キリン一番搾り生ビールです。


IMG_4885イワシのマリネです。
生臭みもなく美味しいマリネです。




IMG_4886海老のアヒージョです。
休前日なのでニンニクの匂いを気にせずに食べましょう。



IMG_4887バゲットに浸して残ったスープまで食べましょう。





IMG_4890ピザはアメリカンタイプです。
最近は石窯を備えてもっちもちの本格的なナポリピッツァを食べられる所がたくさんできています。
そちらですっかり慣れているので久しぶりに食べるアメリカンピザはなかなか違和感がありますね。

大阪市浪速区難波中1-9-11 KOUSAKUビル 1F



関連ランキング:イタリアン | 難波駅(南海)なんば駅(大阪市営)大阪難波駅

ロジィカフェ

IMG_5059商店街から少し外れた路地にあるカフェです。
路地にあるからロジィカフェ?
16:00までとランチタイムが長いのが使い勝手がいいカフェで、生パスタの文字に惹かれての入店しました。


IMG_5061ランチメニューは生パスタセットが2種類とピザセットの3種類だけです。
この日の生パスタはアンチョビと春波キャベツのトマトソースか泉州産スナップえんどうと湖産えびのペペロンチーノです。
バゲットとサラダが来ます。

IMG_5062アンチョビと春波キャベツのトマトソースにしました。
太目の生パスタでイタリアンとは一味違うカフェのパスタという感じで、水分とオイルが少な目で焼きそばのようなパスタでした。

大阪市旭区千林2-12-26



関連ランキング:カフェ | 千林駅千林大宮駅滝井駅

すしまる なんばウォーク店

IMG_50701なんばウォークの立ち食い寿司店です。
ワインと牡蠣のPOPに惹かれました。
まず赤ワインを飲みます。
ガラティーナ・ロッソです。
ネグロ・アマーロ70% と プリミティーヴォ30%の南イタリアらしいワインです。

IMG_5069あての玉子焼きです。




IMG_5072牡蠣はこの日は三重県志摩産です。
大振りの牡蠣でプリプリです。
味は
・タバスコ
・岩塩+レモン
・ワサビドレッシング
・トマトソース
・ボウモアをかけるスコットランドスタイル
いろいろありますがオーソドックスにタバスコで食べました。
大粒の牡蠣をつるっと口に流し込みます。
う〜ん、うまい。
200円でこれはいけますね。

IMG_5093次は白を飲んでみましょう。
ミュスカテ セーブルエメーヌです。
ミュスカデ100%でできた辛口白ワインです。


IMG_5094シェル牡蠣をもういっちょう。
岩塩+レモンでイキます。
またまたつるっと、う〜んうまい!


IMG_5095こんどはワサビ醤油で
つるっと、うん、これもうまい!



IMG_5097こんどは牡蠣を握りで食べてみます。
ポン酢をさっと一振り、おおっ〜これもうまいなあ。



IMG_5071最後は握り盛り合わせで〆ました。

大阪市中央区難波2 なんばウォーク1番街北通り



関連ランキング:寿司 | 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

ア ターブル

IMG_4874北新地のフレンチにランチタイムに訪問しました。
靴を脱いで上がるので玄関にはブーツがズラッと並んでいます。
メニューはランチ(1500円)とスペシャルランチ(2500円)の2つだけです。
スペシャルランチをチョイスしました。
アミューズは大和鶏のハム仕立てです。

IMG_4875前菜盛り合わせです。
キッシュやテリーヌ、鶏肝のリエットなどの周りにフレッシュ野菜が散りばめられています。


IMG_4876バゲットにはオリーブオイルが添えられます。




IMG_4877ビーツのポタージュスープです。
ビーツの味が生かされたスープです。



IMG_4878鱈のソテー(リゾット添え)です。
淡泊な鱈がバジル風味のリゾットとムール貝の出汁が効いて食が進みます。


IMG_4879若鳥のロティと蝦夷鹿のロティです。
若鳥は皮がパリッと焼いてあり弾力がある身はジューシーです。
蝦夷鹿はレアな火通しながらしっかりと肉汁を閉じ込めています。
赤身の肉は適度な歯ごたえがあるもののけっして硬くはなく、噛むたびに肉のうまみが出てきます。
鶏と鹿とそれぞれ100gくらいで十分なポーションで食べ応えがあります。

IMG_4880濃い目のコーヒーはいつものようにブラックで飲みました。





IMG_4881ピスタチオのアイスクリームとガトーショコラです。

大阪市北区曽根崎新地1-3-36 竹新ビル4F



関連ランキング:フレンチ | 北新地駅西梅田駅東梅田駅

天ぷらえびのや 博労町店

IMG_5089明太子食べ放題の天ぷら屋に明太子好きの知人に誘われてランチタイムに訪問しました。
普段明太子はあまり食べないのですが、カットしてない一腹丸ごとの明太子が食べられるのは嬉しいですね。
カットした明太子しか食べたことがないので、テンションが上がります。
オーダーしてから天ぷらを揚げるのでセルフのゴボウと生姜の酢漬けをつまんで待ちました。

IMG_5091オーダーは穴子一本定食です。
皿からはみ出した穴子、海老、レンコン、茄子、南瓜、白身魚、イカと盛りだくさんの定食です。
大根おろし一杯と濃い目のてんつゆが好みのタイプです。
味噌汁と丼飯が付きます。
明太子は塩が薄いのでご飯の共にぴったりです。

大阪市中央区博労町1-8-5 プレスト博労町 1F



関連ランキング:天ぷら | 長堀橋駅堺筋本町駅松屋町駅

肉喰

IMG_4894ミナミの路地裏で出会った国産黒毛和牛の焼肉店です。
1階がカウンター席、2階がテーブル席になってます。
まずビールです。


IMG_4897キムチをつまみながらビールを飲み干します。




IMG_4896ハイボールです。





IMG_4899赤身が美味しいハラミです。
表面に汗をかいてきたら返します。
返しは1回だけ、裏面は表の半分の時間で引き上げるのが焼肉奉行の掟です。

IMG_4901上ミノです。
ぶ厚いミノに絶妙の隠し包丁が入っています。
コリコリした噛みごこちがたまりません。

IMG_4903センマイです。
センマイは焼いても色の変化がわかりにくいので焼きすぎ注意です。


IMG_4898ピビンパで〆ました。

大阪市中央区千日前1-7-21



関連ランキング:焼肉 | 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

赤禿酒店

IMG_3658珍しい名字、珍名さんの酒屋です。
酒屋の裏手の路地にひっそりと角打ちの入口があります。
U字形のカウンターはいつも常連さんで満員の賑わいです。
宮崎の酒造メーカーの甕出し焼酎を置いていたり、日本酒の品揃えもなかなかのものがありしかも酒屋らしくリーズナブルな価格で楽しめます。

IMG_5086ハイボールからいきます。





IMG_5087あては角打ちらしくおでんと乾き物です。
その他に冷凍のいか焼き、洋食焼き、デラ焼き、焼きそばがあります。
おでんの大根です。
食べやすいよう真ん中でカットしてもらえます。

IMG_5084ジャガイモと卵です。
食べやすいようカットしてもらえます、


IMG_3654白玉酒造の天誅です。
魔王の製造元の白玉酒造で米焼酎をベースにして芋焼酎をブレンドして作られた白麹で醸された焼酎です。
あっさりしていて飲みやすいですね。


IMG_3655いか焼きです。
冷凍から出してきて電子レンジで温めますが、ソースがスパイシーで焼きたてのような味を楽しめます。

大阪市福島区吉野3-8-21



関連ランキング:日本酒バー | 野田駅(JR)玉川駅野田阪神駅

山幸彦のおみやげ屋

IMG_0655ホテル杉の湯に宿泊した翌朝、隣にある道の駅杉の湯川上に立ち寄りました。
駐車スペースが6台程の道の駅にしてはたいへん小じんまりとした規模です。
駐車スペースから見て右手が特産品販売コーナーで左側は麺類を販売する麺コーナーになっています。
今回は山幸彦のおみやげ屋でお土産を購入しました。
奈良限定のほうじ茶です。
限定の文字があると買ってしまいますね。

IMG_0652奈良の定番柿の葉寿司です。
まあよくある普通の柿の葉寿司です。


IMG_0653奥吉野川上村で毎朝杵で突かれている杵つき火打餅です。
非常に人気があり、午前中でほとんど売り切れる幻のよもぎ餅とも呼ばれています。
よもぎの味が濃く餡との相性もいいですね。

奈良県吉野郡川上村迫695 道の駅 杉の湯 川上



関連ランキング:その他 | 東吉野村その他





ホテル 杉の湯

IMG_0636入之波温泉・山鳩湯の立ち寄り湯を楽しんだ後宿泊しました。

夕食は半個室の食事処でいただきました。
食事のお供はスーパードライと奈良・北岡本店・やたがらす冷酒を選びました。


IMG_0628前菜7種盛です、彩りが美しい前菜の数々が並びます。



IMG_0630数の子です。



IMG_0632造りはマグロ、真鯛、カンパチ、ボタン海老です。



IMG_0635炊き合わせはアワビの若竹煮です。
若竹煮にアワビが入っているのは初めてですが、いい出汁が出ています。

IMG_0639ギンダラの味噌漬けの焼き物です。
香ばしく焼けています。


IMG_0641大和牛の陶板焼きです。
霜降り具合はほどほどの赤身肉で、脂っこくないのでいい感じです。

IMG_0642海老の変わり揚げです。
カラフルなあられがまぶしてあります。


IMG_0644しろうおの蒸し物です。
黄身酢の黄色が鮮やかです。


IMG_0640食事です。



IMG_0645デザートは苺と餅です。



IMG_0648朝食は奈良らしく茶粥が出ました。
ほうじ茶で煮だした茶粥はさらさらと入って行きました。
アマゴの干物がおいしかった。

奈良県吉野郡川上村迫695



関連ランキング:その他 | 東吉野村その他

喫茶ホラ!あな

IMG_0622国道169線を走行中にようやく見つけた休憩スポットです。
奈良県川上村の不動窟鍾乳洞の入口にある喫茶店です。
鍾乳洞に入る人はこちらで入場料を払うようになっています。
ランチタイムなので軽く食事をしていきましょう。


IMG_0624ロードサイドの喫茶店らしく軽食メニューはカレー、うどん、そば、丼などがあります。
こういうう所でもオーダーは最も無難な所で玉子丼にしました。
思った通り玉子丼は当たり外れが少ない無難なメニューでした。

IMG_0625コーヒーはいつものようにブラックで飲みましたが、予想通りの味でした。

奈良県 吉野郡川上村 大字柏木



関連ランキング:定食・食堂 | 東吉野村その他


Categories
Archives
  • ライブドアブログ